お題:暑い汁 制限時間:15分 読者:560 人 文字数:1473字

あったかいスープ
[ジャンル:中世欧米モノ?]

 今日も今日とて、冷え切った空気だ。
 僕は、空を見上げながら深呼吸をした。こういう気温の日は、空気が澄んでいて、まるで何か清浄なものが空気を清めていったような、そんな気がして、すこしだけ気分が高揚するのだ。
「さっ、今日も頑張ろう」
 そうして背伸びをする。
 僕の仕事は、牛乳配り。さりとて、もう僕を育ててくれた祖父は腰がやられていて、この仕事はできそうにない。長年してきた牛の世話、牛の乳搾りや清掃など、力のいりそうな部分以外の仕事を祖父がこなし、僕は配達にいったあと、その祖父ができなかった箇所をして、その間祖父は家事にいそしむ、というのが、僕の家の役割分担だった。裁縫はもう針に糸が通せなくなったから、と限界を訴えているから、というふうに、それも徐々に僕に移行していっているけれど。
 いつも貧乏な生活をしていたし、暖かいまっとうな食事なんて、ほとんどなかった。僕が仕事帰りに買って帰る、冷えたスープと、硬いパン、それがいつもの食事だった。祖父も僕も、家庭の味、といったような料理なんてできなかった。

 本当にいつものことだったから、僕はその日も、いきつけの店で、当たり前のように、スープを缶いっぱいに頼んだ。買った直後は暖かいけれど、家にたどりつくまでに冷めてきてしまうのだ。スープと女は熱いうちに、なんてことわざがあるけど、女はどうか知らないけれど、確かにスープは暖かいうちがおいしいだろうというのはごもっともなご意見だと、脳内で反芻しながら、おばちゃんが差し出すスープを受け取った時だった。

 少女が、飛び出してきて、僕にぶつかったのは。
「あわわ……」
 慌てた僕は手をすべらせたが、この小さな女の子にこんな熱いモノを浴びせてしまうわけにはいかない、ヤケドをしてしまう、と必死に缶を咄嗟にもう片方の手で横殴りのような形でうちやり、そして缶を受け取るはずだったほうの手で少女を守るように肩を寄せる。
 はたして、缶は軽い音を立てて転がり、少女は何がおこったのかわからず、きょとんとしていた。
「大丈夫だった?」
 今日の晩御飯が……。そんな僕の哀愁に気づくこともなく、少女はにこやかに答えた。
「うん!」
 その手に持っている飴玉で、僕らの夕飯代くらいにはなるんだな、ということが分かるくらい、華奢な細工のされたそれを、少女は持っていた。服も、少しばかり上等なそれだ。
「す、すいません、うちのこったら……」
 慌てて、綺麗な女性が駆け寄ってくる。
「あ、いいえ、ご無事で何よりです」
 少女をかばうときに咄嗟に膝をついてしまったので、軽くホコリを叩く仕草をする。
「弁償はさせていただきますので……」
「ああ、ありがたいです……、うちも裕福なほうじゃないので」
 ははは、と力なく笑う。相手の華奢な女性も、また、少しばかり苦い笑いで答えるのだった。


「お気に召しましたでしょうか」
「うまい、こんな上手いスープは、ばあさんが死んで以来じゃわい」
 祖父が、上機嫌で、エプロンをした、先ほどの女性に笑いかける。
 あのあと少し話をして、お互いの境遇というか、私生活について少しばかり話をしたら、でしたら今日は私が作ります、と張り切って答えてくれ、材料もあちらがご用意してくれるということだったので、御厚意に甘えたのだった。
「よかった」
「本当においしいです」
 かばった少女も、おいしそうにぱくついている。

 こんなに笑顔のともった美味しい、あったかい食事は、久々かもしれなかった。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ダミー お題:暑い汁 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:379字
健康とは人が生きる以上、切っても切り離せないものである。 故に、大きなブームには至らないものの、今日もどこかで新しい健康食品やダイエット法などが開発されている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い汁 制限時間:15分 読者:335 人 文字数:750字
「食え」目の前の食卓に乱暴に置かれた茶碗・・いや、もはやどんぶり並みのサイズを誇るそれにはなみなみと、というか表面張力の限界を語れるほどのミネストローネが注がれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:咲依@最近留守にしてる餌 お題:暑い汁 制限時間:15分 読者:159 人 文字数:790字
「お前も食ってみろよ、俺スペシャル」「結構です」夏に食うアッツアツのラーメンこそ至高だ、とかいいながら、顔じゅうに汗の粒を浮かべながらラーメンを食べているカズキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い汁 必須要素:おっぱい 制限時間:15分 読者:429 人 文字数:577字
今日はジリジリと灼けるような暑さである。外を数歩歩くだけで汗が滝のように吹き出る。いますぐ熱中症になってもおかしくない。道行く人は、顔を手で仰ぐかハンカチで抑え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の小説上達法 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:597字
12月、師匠は走りジングルベルは鳴り響き猫はこたつで丸くなるそんな季節。もっと簡潔に言うと年末年始の年末である。そんな誰もが忙しい季節に果たして小説のウデを上達 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
そでのした ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:右の悪役 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:566字
それ、と袖口から花がぼろぼろこぼれだしてならなかった。私は驚いて立ちすくんだが、目の前の迷子は泣くのをやめてぱあと顔を輝かせた。「ありがとう!」 そう言って花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ロケット お題:儚い稲妻 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:904字
バスン!とひときわ大きな音を上げたと思ったら、みるみる車のスピードが下がり、ついには止まってしまった。「あーりゃりゃ、これダメかもしんない。」 高松はのんきな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:儚い稲妻 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:941字
「結婚を前提に僕と同化して下さい!」集くんとの一番最初の会話は一般的少女である私の感覚で直訳すると、「籍は入れてやるから一発やらせてくれ!」という内容だった。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:儚い稲妻 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:962字
夢の終わりはずいぶんとあっけなかった。 正々堂々と私は夢に打ち込んできた。幼いころの夢。ネオンと、観衆と、華やかな音楽と、体を熱くするダンス。パパとママに連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七草春菊@小説家になろう お題:最強のヒロイン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:475字
瞬間、彼女の悲鳴が轟いた。くそっ、だから待っていろと言ったのに。 全速力で悲鳴のもとへと向かう。無事でいてくれよ。焦る気持ちが募る。 そして、ようやく彼女の元 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:631 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:590 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:528 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:837 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:694 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1035 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:845 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:760 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:846 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1029 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉