お題:可愛い仕事 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:915字

言ってやった
ある種の妖精というのはいたずらをその生の主目的としているらしい。

「あ、妖精だ」
ティッシュを出そうと思ってポケットを探ると、リトマス試験紙の切れ端が落ちてきて、それが陽性の反応を示して色が変色していた。

それを拾ってごみ箱を探しているときに、妖精を見つけた。妖精は四枚の羽根でホバリングをしながら、人の靴箱に接近していた。何をするつもりなのかと、陽性のリトマス試験紙を捨てることも忘れて眺めていると、私の靴箱から私の右の上履きを取り出し、それをどこかに連れ去ろうとしていた。

「せい!」
これはいかんと、私は履いていたパンプスをそのけしからん妖精めがけてシュートした。サッカーなど生まれてこの方やったことない私であったが、私の足から放たれたパンプスは美しい放物線を描き、件の要請にクリティカル?テクニカル?どっちかのヒットをした。

「うわすげ!えっと・・・」
ゴール前で並んでいる人の頭上をボールが飛び越えて、キーパーの手の届かないゴールの上の端の網のところに入ってゴール!ってアナウンサーが興奮する様な、そんなうまい具合のヒットだった。こういう時すぐにそういう選手名を言えたら、例えとしてもいいんだろうけども、出てこない。全く出てこない。サッカーの事も知らなければ、選手の事も知らない。だからラモスみたい。でいいか?ラモスしか知らねえ。

「ラモスみたい!」
そんで、私は片足けんけんの状態でパンプスと上履きの間でチーズバーガーになっている妖精に接近して、そいつを掴み、キャンドゥでペンを買った際に、もらった犬のプリントされた袋に入れた。

「いやあ、討ち取ったりぃ!」
そんで、コーエーのゲームのような事を言った。敵武将を倒したときのようなセリフ。

そのままトイレに行って、個室に入って、陽性を髪留めで縛って尋問したところ、妖精はそういう仕事なんだそうだ。

そういう事でお給金をもらって、それでお菓子とかを買って食べて暮らしているんだそうだ。

おばけのホーリーか?

そんなことを思った。

あと、不用意にそういうことを学校ですると、いじめにあっているんじゃないかと心配になるからするなと言った。言ってやった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:可愛い仕事 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:423字
「お疲れさん。……どうだった?」 酒場に入ってきた俺を確認して、店主であり依頼主のオヤジが声をかけてくる。「問題なく完了だ。いつもこんな可愛い仕事なら助かるんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:可愛い仕事 必須要素:SF 制限時間:1時間 読者:235 人 文字数:2028字
二度寝する時の気分は面白い。あの、長いようで短い時間。たったの10分の眠りでさえ、何時間にも思えたり……その逆だったり。二度寝はドキドキとふわふわを運んでくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:左の花 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:804字
曽祖父の残した絵画の前で、ぼうっと見惚れている時間が昔から好きだった。豊かなブロンドの髪、白い肌、赤い唇、青い瞳の少女が、左隣に一輪だけ咲いている紫色の薔薇に手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:凛とした船 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:446字
ノアの箱舟が好きだ。人間はともかく、さまざまなありとあらゆる動物が乗り込むところがいい。もし本当に箱舟があったなら、世界の終わりがきたならば、私は人間以外の生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:忘れたい社会 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:703字
世の中には、生きていくうえで不要なものが多すぎる。その中から生きている間のヒマツブシに値するものを探している間に人生が終わってしまう。 彼女が選んだヒマツブシ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:不本意な草 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1119字
右の上履きに左手を載せ、左のハイヒールの踵にに右手を載せ。首を30度傾けて、仰角10度。アルカイックスマイルを浮かべたなら、それが私の決めポーズ。不本意な草をコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:幼い、と彼は言った 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:362字
一つだけ願いが叶うなら、君の上履きになりたい。それすらも難しいなら右側だけでもいい。 身体の一部になれないならば、外側から私という存在を埋めてしまえばいい。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こウメッこ お題:残念なダイエット 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:823字
残念なダイエット右の上履き前々回あたりに書いた創作BL(石井×大倉)の続きのようなもの。ーーーーーーーーーーーーーーーー会社ではデスクが向かい側。女子の人気は圧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kyun お題:大人のロボット 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:897字
ボクは大人のロボットが見たかった。幼いころ、学校の帰りでガキ大将だった子に、巫山戯て上履きを知らない家の中に投げられたときがあった。今でもそうだが、ボクはよく物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:誰かは喪失 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:631字
「あーした天気になーあっれ!!」重力を無視して天に吸い込まれるように垂直に上がってゆく『私』の上履き。昔はよく、ああやって友達と天気占いをしたものだと、くるくる 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:真紅の怒りをまといし階段 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:818字
丑三つ時に目が覚めた。トイレに行きたいという衝動が私の意識の外壁を突き破って夢中までに侵入したようであった。反射的に枕から顔を起こしてビデオデッキについている時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:孤独な夕方 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1062字
昔、うちのところのばあさんが、その当時子供である私に次のような話をした。「子供がいつまでも外で遊んでいると、直腸食べが来るぞ」と。普通、スタンダードにお化けとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:運命の少数派 必須要素:ポエム 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:962字
「明日の天気はどうだろうなあ・・・晴れたらいいなあ。洗濯物も乾くし、あと、晴れたらいいなあ」心ばかりのベランダで空模様を眺めていると、突然後ろから衝撃が走った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つらい駄作 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:918字
「何か、これが自分だ。みたいな作品はありますか?」電話でそう聞かれて、言葉に窮した。これが自分だ?これが和委志千雅っていうの?なんだそれ?何者だ?「あ、あ、いっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恥ずかしい夕方 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:900字
目を覚ますと、夕方であった。くしゃみで目を覚ました。お酒を飲んで酩酊したうえでのこととはいえ、その場で布団もかけずに寝ていたのは不覚であったと思う。日中は暖かい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アルパカの大雪 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:948字
アルパカに乗りたい。そんな思いが自分の中で浮上した。浮上したと書いたのは、それが本当に急に浮かんできたからだ。ぷかぁっと、浮かんできた。顔を出してきた。理由はわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:激しい情事 必須要素:正月 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1715字
ジョージとの情事を行ってから、4、5日が経過した。「・・・」本音だけども、ジョージとの情事が発生するとは思っていなかったので、こうなんというか、ショッキングだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:興奮したカラス 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:941字
鳥というのは、逆にされると動かなくなるらしい。逆っていうのがちょっと分かりづらいかもしれないので、簡単なイメージとしては、鳥←を逆にするみたいな事。上下逆。そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素晴らしい借金 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:953字
友達の一人が、実家に帰るという話を聞いた。「え?何?帰るの?」ラインを送ってみた所、その日の返信は来なかった。まあ、夜中の10時に連絡したんだから、みていないと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:輝く宿命 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1178字
九月の初めのころから、ハロウィンの商戦が行われるように思う。「昔は、もうクリスマスだったかなあ・・・」私が小さい頃のイメージはそうだった。なんか夏のなんか、があ 〈続きを読む〉