お題:恋のハゲ 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:587字
[削除]

黙考・ハゲには恋をする資格があるか?
 私はガムを噛んでいる。思考を巡らせるスイッチとして、ガムを噛むのが癖になっているのだ。さてそこまでして私が何を考えているのかと言えば、「ハゲには恋をする資格があるか」ということだ。
 ハゲと言えば、現代人の美的感覚からすると異端に映るものの代表格だ。ハゲ、チビ、デブの三すくみ、と言われることもある。何の三すくみかと言えばまあその、外見的に忌避される特徴のだ。はっきりと言われることは少ないが、差別されても仕方がないと思われている、かわいそうであることの条件だ。私がこう考えていしまうこともまた、その特徴を持つ者からすると差別になるのだろう。扱いに困るとはこういうもののことなのだろう。
 本題であるが、被差別者たるハゲの人間は恋をする資格があるのだろうか。資格がなくとも子孫を残すことができるのは判明している。ハゲは遺伝するとはよく言われているし、また知られていることでもある。では、選ばれることはあるのだろうか。選ぶ側になれないハゲは子孫を残せないのか?部屋から出られないハゲは子孫を残せないのか?ハゲだからと外界に出られなかった彼女は、恋をする資格がないのか?人の幸福の一つとされる恋愛を、する資格すらも持たないと言うのか?
 病室から出られないまま、治療のたびに髪の毛を失っていく私の娘には、恋をする資格がないと言うのか!?ガムをかみしめても、答えは返ってこない。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:軽いぬるぬる 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:633字
暗く湿った、深い森の奥の奥。秘境とされる領域に迷い込んでしまった冒険者は途方に暮れていた。手元の地図と周りの地形を照らし合わせてみても、自分が何処に居るのか見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:プロの伝承 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:272字
ガム職人の後継者不足が深刻化している。このままだとプロのガム職人が居なくなり、その技術が失われてしまう。ガム職人の技術は世界でも類を見ないほどの繊細な技術とされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎喜 お題:消えた息子 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:779字
たとえばその目が嘘をついていたとして。 ゲームの中、その中で女性が「息子が消えてしまった」と嘆いている。それを見て、なんだかなあと頭を掻いた。喧嘩して家を出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:由利しぃず お題:黒尽くめの牢屋 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:1394字
全身真っ黒な出で立ちで固めたイベサー警備軍団に包囲された私は、滑り落ちたマイメガネの行方を案じながら男臭い檻で独り寂しく体操座りをしていた。学園祭の喧噪から遠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:巫夏希@ティア119_み19a お題:白いカラス 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:1804字
鳥居の前に、白いカラスが立っていた。 いや、ただいただけではなくてこちらを見ていた。 まるでそれはこちらの様子を窺っているようにも見えた。「……カラスさん、ど 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:すいかっち(磨く)/赤沼@ノベル お題:馬鹿な天才 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:159 人 文字数:887字
俺の同級生【ロックマン】は天才だ。本当に天才だ。日本を代表するほどの才能だと言っても過言じゃない。ハッキリ断言できる。俺ほどロックマンのことを知っている人間はい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
空を飛ぶ人生 ※未完
作者:なんと お題:彼が愛した監禁 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:251字
フーセンって本当はさ、色んなところに飛んでいけるの。風に流されてるだけに見えるのは、自分から流されにいってるから。だから私はフーセンになりたい。沢山のヘリウムを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:waterjacket お題:かゆくなる会話 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:220 人 文字数:594字
ある日の昼下がり、こんな会話があったのだ。「鈴木さん、ちょっといい?」「佐藤さん、なんでしょうか?」佐藤さんは現場のリーダー格で、鈴木さんは派遣社員だ。「お昼ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:としとし お題:弱い口 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:500字
その男の顎はほとんど顎の形をしておらず、つぶれた干し柿のように2重になっていた。男はキャンデーを舐めるのが習慣で常に舐めていた。口が弱く、食事はほとんど咀嚼せず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:夜の冬 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:315 人 文字数:1019字
ちょっとうっかりしていました。とうに凍てついた夜の道、街灯の灯りさえも寒さを想起させる寂しい夜の道。こう言う時誰かが隣にいてくれたらどんなにいいだろうか。寂し 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカのうどん 必須要素:BMW 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:3407字
「今日はうどんにしようか」 僕の呟きに答える声はない。返ってきたのはコツコツと蹄がフローリングの床にぶつかる音だけだ。キッチンから振り返れば、白くボリュームのあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい雨 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1332字
ぽつぽつと語り出した彼の目に、不思議な色が見えたこと。どうして見逃してしまったんだろうか。「ぼくはきみと出会った。ただそれだけのことですよ。これは偶然にして必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昔のお茶 必須要素:アンドロイド 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:2050字
このお茶、君は覚えているかな? うん、そう。確かこれだったよね。 あの時の君はあまり喋らなかったから、意志疎通もままならなくて大変だったんだよ? 「こらこら、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の土 必須要素:力士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:533字
私はその日の放課後も図書館にいた。本棚から適当に一冊手に取り、奥の窓辺の椅子に腰掛けた。指先で弄ぶようにしてぱらぱらと本のページをめくる。胸の高鳴りを感じながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された昼 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:407字
「実はね、今は夜なのよ」「はあ?」 日の光が眩しく射している十二時過ぎ。誰に聞いても十中八九「昼」と答えるだろう典型的な昼に、彼女はそう言った。嘘を言っているよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暑い感覚 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:532字
これは昨夜見た夢の話だ。 20XX年、地球は未来からのタイムトラベラーと戦争をしていた。 スーパーマーケットの中で。 まあ、これは夢だからツッコミ禁止な! そ 〈続きを読む〉