お題:恋のハゲ 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:587字
[削除]

黙考・ハゲには恋をする資格があるか?
 私はガムを噛んでいる。思考を巡らせるスイッチとして、ガムを噛むのが癖になっているのだ。さてそこまでして私が何を考えているのかと言えば、「ハゲには恋をする資格があるか」ということだ。
 ハゲと言えば、現代人の美的感覚からすると異端に映るものの代表格だ。ハゲ、チビ、デブの三すくみ、と言われることもある。何の三すくみかと言えばまあその、外見的に忌避される特徴のだ。はっきりと言われることは少ないが、差別されても仕方がないと思われている、かわいそうであることの条件だ。私がこう考えていしまうこともまた、その特徴を持つ者からすると差別になるのだろう。扱いに困るとはこういうもののことなのだろう。
 本題であるが、被差別者たるハゲの人間は恋をする資格があるのだろうか。資格がなくとも子孫を残すことができるのは判明している。ハゲは遺伝するとはよく言われているし、また知られていることでもある。では、選ばれることはあるのだろうか。選ぶ側になれないハゲは子孫を残せないのか?部屋から出られないハゲは子孫を残せないのか?ハゲだからと外界に出られなかった彼女は、恋をする資格がないのか?人の幸福の一つとされる恋愛を、する資格すらも持たないと言うのか?
 病室から出られないまま、治療のたびに髪の毛を失っていく私の娘には、恋をする資格がないと言うのか!?ガムをかみしめても、答えは返ってこない。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:サカイP@2544/12万字 お題:君と失望 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:805字
――ああ、君には失望したよ。もう友達とは思えない。 はぁ? 何を言い出したのかと問われるとはね。 それはこちらのセリフだよ。全く。 気がつかないものなのかね。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:軽いぬるぬる 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:633字
暗く湿った、深い森の奥の奥。秘境とされる領域に迷い込んでしまった冒険者は途方に暮れていた。手元の地図と周りの地形を照らし合わせてみても、自分が何処に居るのか見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:プロの伝承 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:272字
ガム職人の後継者不足が深刻化している。このままだとプロのガム職人が居なくなり、その技術が失われてしまう。ガム職人の技術は世界でも類を見ないほどの繊細な技術とされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎喜 お題:消えた息子 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:779字
たとえばその目が嘘をついていたとして。 ゲームの中、その中で女性が「息子が消えてしまった」と嘆いている。それを見て、なんだかなあと頭を掻いた。喧嘩して家を出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:由利しぃず お題:黒尽くめの牢屋 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:1394字
全身真っ黒な出で立ちで固めたイベサー警備軍団に包囲された私は、滑り落ちたマイメガネの行方を案じながら男臭い檻で独り寂しく体操座りをしていた。学園祭の喧噪から遠 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:巫夏希@ティア119_み19a お題:白いカラス 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:1804字
鳥居の前に、白いカラスが立っていた。 いや、ただいただけではなくてこちらを見ていた。 まるでそれはこちらの様子を窺っているようにも見えた。「……カラスさん、ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すいかっち(磨く)/赤沼@ノベル お題:馬鹿な天才 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:887字
俺の同級生【ロックマン】は天才だ。本当に天才だ。日本を代表するほどの才能だと言っても過言じゃない。ハッキリ断言できる。俺ほどロックマンのことを知っている人間はい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
空を飛ぶ人生 ※未完
作者:なんと お題:彼が愛した監禁 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:251字
フーセンって本当はさ、色んなところに飛んでいけるの。風に流されてるだけに見えるのは、自分から流されにいってるから。だから私はフーセンになりたい。沢山のヘリウムを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:waterjacket お題:かゆくなる会話 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:594字
ある日の昼下がり、こんな会話があったのだ。「鈴木さん、ちょっといい?」「佐藤さん、なんでしょうか?」佐藤さんは現場のリーダー格で、鈴木さんは派遣社員だ。「お昼ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:としとし お題:弱い口 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:500字
その男の顎はほとんど顎の形をしておらず、つぶれた干し柿のように2重になっていた。男はキャンデーを舐めるのが習慣で常に舐めていた。口が弱く、食事はほとんど咀嚼せず 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日のゲストはモグラ 必須要素:足の小指 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1036字
「それで、なんと呼べばよいのでしょうか。えー、ミスター?」私は目の前に座る小太りな老人に尋ねた。老人はゆっくりとのんびりとした口調で答える。「モグラでいいよ。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたパラダイス 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:688字
私は長年使い古したカメラを持ってその地を訪ねた。今となっては廃墟となった家屋が奥行きをもって並んでいた。23年前、自由と平和を求めた薬物中毒者達は所有者不明とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の神話 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:244字
「あなたは、どれくらい有名な人なの?」「そうだなー……」 質問を受けた青年は、動くたびに周囲をキラキラと輝かせながらうーんと考えた。「僕は人気者だからね……10 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:儚い海辺 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:382字
「ゆうじ」みまは、木の枝で、砂にそう書いた。漁に出たまま、3年帰ってこない恋人の名前。みまは、時間さえあれば、この砂浜に来て、ゆうじがいるはずの海の彼方を見つめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した息子 必須要素:ペットボトル 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:513字
▶▷中々ひどいです◁◀嗚呼何故あの時あの子を助けれなかったのだろう私の妻はあの子をこの世に生みだした瞬間に亡くなった彼女は言った「私はあの子を残せただけでも良か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:腐った山 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:774字
あの子が子供のころ、積み木遊びが好きだったのをよく覚えている。それも円柱に三角を載せて満足するようなものではなく、ちょっと驚くような積み方をするのだ。誕生日、ク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし秘部 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜と悲しみ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:175字
松子は、夜毎に月と共に浮かぶ迷いにうなされて、ここ数日は全く眠ることもできなくなってしまった。幾度寝返りを打っても、気晴らしに階下へ降りて喉を潤してみても、ただ 〈続きを読む〉