お題:東京の許し 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:884字

料理漫画
 わたしたちはきょうだいだった。きょうだいになった。四年前のはなしだった。わたしはそのとき高校三年生で、とつぜんふたつしたのきょうだいが出来た。母親は初婚だった。わたしと弟と父親と母親。四人家族。二年前までの家族構成。
 それはある雨の強い日の出来事だった。ビニール傘をさしてあるく母親を、白い乗用車がひき殺した。
 それはある晴れた日の出来事だった。酔ってふらついた同僚によって白線の外側に押し出された父親が、電車にひき殺された。
 わたしと弟はふたりきりになった。ふたりきりの家族が四人に増えたと思ったら、かんたんにまたふたりに戻ってしまった。ハッピーエンドにつながる第一歩だと思った。思い違いだった。ふたりが四人に、四人がふたりに。ただ元に戻っただけなのかもしれない。もともと、あるべきすがたに、戻っただけなのかも。しれない。
 わたしと弟は、弟の進学を機に、東京に出てきた。東京はわたしたちを許してくれた。解放感を感じた。実感はなかった……気がする……が、地元では肩身が狭い思いをしていたのかもしれない。
 東京にでたわたしはすでに学生ではなく、たとえばレジを打ったりだとか、たとえばお酒を注いだりだとか、たとえば……いろいろとしごとをして、生計をたてていた。弟の学費は、両親の残した生命保険から賄っていた。金銭てきな観点だけでいえばわたしもじゅうぶん学生生活を送ることはできたけれど、わたしはそうしなかった。なんとなく、なんとなく。しごとをして、給金を貰って、そのお金でじぶんと弟のたべる夕食の材料を買う。それがわたしの生きがいだった。のこされたよすがだった。わたしがレジを打ったりだとかお酒を注いだりだとかそのほかにいろいろとしごとをしたその延長線上に、弟の食事と弟の生命が繋がっている。じごくに落とされた罪人がひっしに蜘蛛の糸を掴むように、わたしはそんな細い細いつながりに縋っていた。きっといつか、ぷつりと切れてしまうだろう、そう分かってはいても。血も過去も繋がっていないわたしと弟のあいだをつなぐのは、わたしが材料を買い、わたしがつくる夕食だけだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ラストは天国 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:885字
俺は今、とんでもない事態に陥っているどうしてこんなことになったのか、自分ですらわからないほどだ。俺の彼女は、車に、トラックに轢かれたーー。絶望した。世界を呪った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々野忠司 お題:刹那の修道女 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:578字
刹那市へ来た。ここは修道女の町だ。風が強く、常に砂が舞っているため僕はローブで顔を覆っている。町を歩いているのは全員修道女で、みんなが自分の帰る教会や修道院を探 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:団地妻の策略 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:462字
俺はいまめっちゃ団地妻に誘われてる。団地妻。何だか淫靡な響きだ。通ってるスポーツジムで知りあったんだよね。彼女は年のわりにはやはり鍛えてるだけあってスタイルがい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒味缶 お題:わたしの嫌いな人々 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:899字
「ああ……いやだな」気持ちが沈む感覚を抱えながら、私は通学路を歩く。学校が近づくにつれ、胃の中の冷たい感覚が次第におもりのように感じてくる。つめたくて、重い。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:不屈の民話 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:271字
不屈とは、どんな困難にぶつかっても、意志を貫くこと。また、そのさまである。 民話とは、民衆の生活の中から生まれ、民衆によって口から口へと伝えられてきた説話。昔 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:俺の恋人 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:1273字
まず、最初に歯間ブラシが消えた。「え?あれ?」風呂場でシャワーを浴びていた。そんで風呂桶のヘリのところに、リステリンだとかシャンプーだとか、歯ブラシだとか、リン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:せつないクリスマス 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:485字
今年のクリスマスも1人だった。大手出版社に勤めるサラリーマン小林崇志は、帰り道にシャンパン、コンビニのチキン、100円のケーキを買い込んで、独り家路についていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左の学校 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:363字
夢を見ていた。悪魔が言った。「このまま道沿いにずうっと行け、左の学校が見えるまで」どうせこういう夢は指示に従わなきゃ翌朝目が覚めずぽっくりなんてオチになるのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い窓 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:262字
私の家は貧乏だった。住んでいたのは築40年のボロアパートで、窓の隙間から風が吹き込んで、冬になると家の中でも氷点下なんてことがよくあった。そんな物理的に寒い家だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:ひねくれた悪 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:796字
彼はホラー映画のモンスターに憧れた。特に人間に憎悪を抱いていたとかそんなことはない。ただ好きだった。最初はこっそり包丁を懐に隠してスリラーの犯人のような心地にな 〈続きを読む〉

⊂(( 禁 x 酒 ))⊃の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:つまらない家 必須要素:周囲とのレベルの違いを見せつけるような巧みな描写 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:753字
それはそれはつまらない家だった。 藁、木、煉瓦、お菓子、コンクリート、石、雪、そのほか、そのほか。 古今東西、家というものはそれはもう様々な材料で作成されてき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:都会の熱帯魚 必須要素:携帯 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:947字
都会の熱帯魚は携帯電話を持ってる。なぜならば、携帯電話は生活必需品であるからだ。 たとえば肺で呼吸をする人間にとって酸素が必要であるように、蒲公英が遠くへ種付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:求めていたのは交わり 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1110字
明日の弁当を用意しているさなか、バランに挟まれた妖精を見つけた。「ああ! ようやく見つけていただけました!」 バラン……ようするにおかずとおかずを仕切るあの芝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:走る粉雪 必須要素:レズ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:810字
粉雪を歌いながら走るバイクが一台。通学路、午後七時、火曜日と木曜日。乗っているひとには、頭がない。デュラハンというものだろうか、ここは池袋ではないのに。 さい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:輝く潮風 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:992字
輝く潮風に乗ってやってきたのだと彼女はいった。まるでハロウィンの渋谷にいそうな、やっすっぽい魔女のコスプレ衣装のようなものを着て、生え際が黒くなったクリームイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:俺と夕方 必須要素:1200字以内 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1060字
おれと夕方は恋人同士だ。 おれと夕方が出会ったのは、ちょうど三年前だ。それが運命的な出会いだったのかどうか、おれには判断できかねるが、夕方はいう。あなたとの出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:素晴らしい笑顔 必須要素: 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:994字
先日、愛飲している缶チューハイに新しい味が増えました。今回はパッケージに限定の文字がないので、限定ではないのかもしれません。クリアライム。きょう、いま、飲んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:臆病な殺人犯 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:689字
ある特技を買われて、探偵になった。所長はぼくにいった。きみの特技は非常に珍しいものだ、胸を張りなさい、誇りに思いなさい。と。所長はぼそりと続けた。まあわたしは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:死にかけの民話 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:861字
よくある設定だった。漫画、小説、アニメ、いろいろなメディアで誰もかが目にしたことのあろう設定だ。端的にいえば、ものがたりに魂やら命やらが宿る、という設定だ。日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:愛すべき液体 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:846字
愛すべき液体。それはお湯である。 と。彼女はいった。 彼女の趣味が温泉巡りだったからかもしれない。 彼女の主食はカップラーメンだったからかもしれない。 彼女の 〈続きを読む〉