お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1163字

プロのロープ
『あけましておめでとうございます』

印字された一文。

変わることのない文字の羅列を眺める。

「年が明けて、本当にめでたいのかねぇ」

愚痴が漏れる。

ただ年号が変わっただけなのに、みんなして何故こんなにも喜ぶのか。

そりゃ、何かに託けて休める人や稼げる人はいいかもしれないさ。

それを言ったらクリスマスも同じかもしれないけど。

「まあ、つい数日前にフラれた俺にしてみれば、あけましておめでとうだなんて素直に喜べない」

本当に、何がめでたいのか。

おめでたいのは、お前たちの頭の中だろ…なんて言いたくもなる。

「そんなことは言うのは良くないか」

本当は今日この日を彼女と過ごすはずだった。

だけど、今は誰もおらずもぬけの殻。

せめて、バイトでも入れておけば良かったものの、フラれてからそんな暇はなかった。

そして、今に至る。

「年始の番組も面白くないし、はてさて何をしようか」

神社にお参り?

冗談じゃない。

祈ったところで結果は変わらないさ。

なら、福袋を買いに行く?

今日は店もあまりやっていないだろうし、なにより混む。

「…困った」

いくら頭を回しても、答えは出てこない。

仕方なく、立ち上がってPCの電源をつけた。

普段見るサイトを巡回する。

「…ダメだ。どこもかしこもお祭り騒ぎ」

一番平和なのは過疎った掲示板くらいだろう。

だがそれも、目まぐるしく更新されるスレッドによってかき消される。

「はーっ。やめだやめ」

こんなサイトを巡回していたってなんの得にもならない。

ならば、どうするか。

「…選択肢は3つ、いや、2つある」

1. そのまま寝るか。

2. 起きて何かをするか。

「いや、1は有り得ないだろ…」

いくら休みとはいえ、そのまま寝続けるのは難しい。

それに、ここのところはショックもあってか充分に寝ている。

「はぁー…。フラれさえしなければ、今頃バラ色の正月を迎えていたっていうのに」

そう呟いても、あとの祭り。

事実は覆ることがない。

どうして別れたのか。

とか。

何が原因だったのか。

とか。

もう、なんか、全部どうでも良くなる。

「何が悲しくて一人寂しくコタツの中にいなければならないのか」

虚しさを通り越して、段々とムカムカしてきた。

「大体さ、俺にも、あいつにも、恋愛なんてものは早かったんだ」

誰かに言い聞かせるように、言葉を紡ぐ。

「なのに、なんでだろうな。

こんなにもぽっかりと穴が空いているはずなのに、苦しくもないのは」

だけど、こんな時でさえ、彼女のことを思い出す。

「…元気にやっていてくれるといいな」

それが、僕の出した最後の答え。

その言葉がこだまして、言葉は途切れた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ひぐ お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1078字
姉ちゃんは無職だ。歳はもうすぐ30。 恋人はもちろんいない。崖っぷちだ。 両親はそんな姉ちゃんにはなんにもいわないし、姉ちゃんはもうずっと何にも喋っていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九官鳥 お題:バイオ、と彼は言った 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:619字
バイオ、と彼は言った。が今日のお題らしいですが、特に何か決めうって始めたものじゃないです。どちらかといえば、時間制限をつけてグダグダ書きたかったもので、(この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:あきれた湖 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:238字
最近はやたら葬式が多い親族や親戚やら大勢いらっしゃって大変である「それとなく会話をするのよ」「社会人として常識ある会話をするのよ」そんなこんなでそつなくこなす母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱるりんな。 お題:早い少数派 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:643字
また一人、かけがえのない友人を失ってしまった。とても良い奴だったのにね。葬儀の参列者は私の予想を遥かに上回る多さだった。それは故人の人望を表れでもあり、葬式以外 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
秘密の会合 ※未完
作者:匿名さん お題:計算ずくめの夜風 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:290字
某日、僕はある場所にきていた。「どうも。シンさんいる?」 僕はドア越しに尋ねる。 すると中から男の声がして「シンさんだったら、さっき裏の森へいったよ」 シンが 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:やば、任務 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1179字
任務とは、責任をもって果たすべき務めの事である。 しかしこの言葉を子どもに向かって使う場合、ある種の幼稚性が生まれて、より単純な、例えば母親から告げられるお願 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの話 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:721字
「できたぁ!」 僕は発明家なのです。今日は頑張ってロボットを造ったんだ。ん?何でかって?……寂しいからだよ。え?聞いてないって?う、うそだぁ。僕自分から恥ずか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い天国 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:662字
「青い天国ぅ?」 それは1人の少女が偶然目にした言葉である。意味は幼い神や、天使たちが住まうところ……らしい。 正直意味がわからない。いくら神様や天使だったと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天国の色 ※未完
作者:匿名さん お題:青い天国 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:441字
「ねぇねぇ、お母さん。人間は死んだら天国に行くって聞いたけど、本当?」と、五歳の年長児のセイヤは母親に訊ねた。「そうね。でも、みんなが天国に行くわけではないのよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の検察官 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1001字
規律にやたらとうるさくて、やたらに注意してくる女子というのは、どこにでもいただろう。 大抵は「委員長」とか「ぶりっ子」だとか揶揄されている。 俺が小学生の時に 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋@2日目東ツ48bの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:暗黒の事件 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:999字
どうして、私だけ。どうして、貴方はなんともないの…。嘆いても喚いても、事実は変わらない。ガラスの向こうで笑う貴方。その姿は天使そのもので。ガラスに映る痛々しい姿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:複雑な地下室 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:837字
虚空へ向けて手を伸ばす。何度も、何度も、手を伸ばしてきた。だけど、捕まえられたものは一つもなかった。いつからだろう、現実に嫌気が指したのは。何度やっても届かない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不可侵食 ※未完
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:狡猾な殺し屋 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1348字
人を殺める。その事に快楽を覚えているものがいる。例えば、怯えるその表情が見たくて○すもの。例えば、死した血肉が好きで殺しているもの。それは人それぞれだ。だけど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:臆病な悪意 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1148字
恋なんて知らない。愛なんて知らない。そうして、自分を欺き続けてきた。自分に好意を寄せている人なんていない。そんな人、いるわけがない。一度そんな風に思ってしまうと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:混沌のフォロワー 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1647字
ここではない何処かへと想いを馳せる。自分はここにいるべきじゃない。むしろ、この場から今すぐ消え去らなければならない。そんな風に自分を追い込む。自分の目に映り込ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:宗教上の理由で小説練習 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:879字
薔薇の香りが鼻孔をくすぐる。(今年もこの季節が来ましたのね…)髪の毛を抑えながら空を見上げる。三寒四温が過ぎ去り、仄かな温かさ。透き通る風が肌をすり抜ける際、ほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:灰色のむきだし 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1130字
荒廃した土地を一人歩く。視線の先には、過去の栄華と残骸だけが積まれている。(これが…"代償"…か)人々は、叡智を手に入れた。それは喜ばしいことだと、皆が思ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:絶望的な食卓 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1081字
敵は複数、それに対してこちらは1人。(こいつは…やばいな…)冷や汗が流れ落ちる。窮地なんてもんじゃない。圧倒的な不利だ。(あの子、ちゃんと逃げられたかな)こんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:緑の目 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:774字
ここは鏡の迷宮。瞳に映るものは、果たして何か。それが、たとえば自己の虚像だとして、それを誰が受け入れられようか。人は自らを嫌う傾向にある。しかし、鏡無くして自ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋@2日目東ツ48b お題:ゆるふわな海 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1263字
暗い世界から抜け出すために、歩き続けた。その先にある何かを求めて。誰も来ないような山奥…ではなく、ここは海辺。本当は山に行きたかったけれど、今山に行ってしまった 〈続きを読む〉