お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1163字

プロのロープ
『あけましておめでとうございます』

印字された一文。

変わることのない文字の羅列を眺める。

「年が明けて、本当にめでたいのかねぇ」

愚痴が漏れる。

ただ年号が変わっただけなのに、みんなして何故こんなにも喜ぶのか。

そりゃ、何かに託けて休める人や稼げる人はいいかもしれないさ。

それを言ったらクリスマスも同じかもしれないけど。

「まあ、つい数日前にフラれた俺にしてみれば、あけましておめでとうだなんて素直に喜べない」

本当に、何がめでたいのか。

おめでたいのは、お前たちの頭の中だろ…なんて言いたくもなる。

「そんなことは言うのは良くないか」

本当は今日この日を彼女と過ごすはずだった。

だけど、今は誰もおらずもぬけの殻。

せめて、バイトでも入れておけば良かったものの、フラれてからそんな暇はなかった。

そして、今に至る。

「年始の番組も面白くないし、はてさて何をしようか」

神社にお参り?

冗談じゃない。

祈ったところで結果は変わらないさ。

なら、福袋を買いに行く?

今日は店もあまりやっていないだろうし、なにより混む。

「…困った」

いくら頭を回しても、答えは出てこない。

仕方なく、立ち上がってPCの電源をつけた。

普段見るサイトを巡回する。

「…ダメだ。どこもかしこもお祭り騒ぎ」

一番平和なのは過疎った掲示板くらいだろう。

だがそれも、目まぐるしく更新されるスレッドによってかき消される。

「はーっ。やめだやめ」

こんなサイトを巡回していたってなんの得にもならない。

ならば、どうするか。

「…選択肢は3つ、いや、2つある」

1. そのまま寝るか。

2. 起きて何かをするか。

「いや、1は有り得ないだろ…」

いくら休みとはいえ、そのまま寝続けるのは難しい。

それに、ここのところはショックもあってか充分に寝ている。

「はぁー…。フラれさえしなければ、今頃バラ色の正月を迎えていたっていうのに」

そう呟いても、あとの祭り。

事実は覆ることがない。

どうして別れたのか。

とか。

何が原因だったのか。

とか。

もう、なんか、全部どうでも良くなる。

「何が悲しくて一人寂しくコタツの中にいなければならないのか」

虚しさを通り越して、段々とムカムカしてきた。

「大体さ、俺にも、あいつにも、恋愛なんてものは早かったんだ」

誰かに言い聞かせるように、言葉を紡ぐ。

「なのに、なんでだろうな。

こんなにもぽっかりと穴が空いているはずなのに、苦しくもないのは」

だけど、こんな時でさえ、彼女のことを思い出す。

「…元気にやっていてくれるといいな」

それが、僕の出した最後の答え。

その言葉がこだまして、言葉は途切れた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ひぐ お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1078字
姉ちゃんは無職だ。歳はもうすぐ30。 恋人はもちろんいない。崖っぷちだ。 両親はそんな姉ちゃんにはなんにもいわないし、姉ちゃんはもうずっと何にも喋っていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:楽観的な冤罪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:646字
まさか、こんなことで。とも思ったが、これはきっとひとつのきっかけに過ぎなかったのだと思う。前々から彼女には、僕に対して思うところがあったのだ。僕にとってはとるに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:臆病なお天気雨 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:745字
山間部に住んでいた私にしたら、当たり前のことで何とも思ってなかった。「晴れなのに雨が降ってるんだね」東北なまりで私の隣を歩く転校生。太陽の下に降る雨を不思議そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タサオカ お題:賢い狂気 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:869字
バーサーカーと呼ばれる職種があるのを皆さんご存知だろうか?狂戦士、詠んで字のごとく狂える戦士のことである。彼らが前衛に居れば大変頼もしいだろう、敵はこちらに攻撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:愛すべき税理士 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:460字
正直僕は彼についてよく知っているわけではないが、彼は多くの人に愛されている。どこから話せばいいだろうか。一言で言うならば、まず人当たりが良い。とても穏やかな性格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:見憶えのある光 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:697字
光があると生き物は近づく。それは本能に従う行為で、罠を仕掛けるのに最適だ。「……一匹か」 望遠鏡でライトアップされた場所を何度確認しても、鹿は一匹しかいない。 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:優秀なババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1104字
失敗。その言葉を、どれだけ多くの者が言っただろうか。あれもダメ、これもダメ。結局は一人でから回っていただけだった。…いや、はじめから絡まってなんかいなかった。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:燃える食卓 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:902字
景色は廻る。春夏秋冬、止まることなく、惑星は廻る。時には色を添えて、また、色を落として…。見る者を魅了するこの光景は、何千年前から繰り返されてきたもの。決して覆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1163字
『あけましておめでとうございます』印字された一文。変わることのない文字の羅列を眺める。「年が明けて、本当にめでたいのかねぇ」愚痴が漏れる。ただ年号が変わっただけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:幸福なキス 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1074字
お題無視「西条(さいじょう)登(のぼる)。彼の能力は肉体強化と聞いているが」その言葉に、ゆっくりと頷く。「えぇ。教頭の仰る通りです」「ならば、あれはなんだ」目の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:ありきたりな湖 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:868字
「がっ!」勢いよく打ち込まれた拳に耐え切れず、土手まで吹き飛ばされた。土煙が舞い、周囲に穴が生まれる。(いっ…てぇ!)いくら受け身を取ったからといって、叩きつけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:イタリア式の正月 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:933字
お題無視メカ単発砂漠の中で孤立した部隊が声を上げる。「くっ!敵の位置は!」「ダメです!この砂嵐の所為で特定できません!」「なら何故、こちらの位置は特定されている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された門 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:642字
虚構の城の奥底で、ハデスは笑う。生を忌み嫌い、死を司り、世界を呪わんとするその者は、世界を腐蝕する。それが、生きる意味であると、死が救いであることを教えるために 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:興奮した発言 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:848字
ありきたりな日常。こんな日々がずっと続くのだと、そう思っていた。しかし、不変的な日常なんてものは存在しない。あるのはただ、出会いというの名の元に在り続ける小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:残念な稲妻 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1281字
一筋の光が世界を包む。それに気づいた人は僅かで、他はそれに気づくことすらままならず、消えてしまった。それほどまでに、世界の終末はあっけなかった。皆もっとドラマチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:僕の好きな小説新人賞 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:970字
お題無視:残光のフェルエスタ単発シーン周囲一帯が砂漠。吹き荒れる砂嵐は視界を塞ぐ。この光景は何度もシミュレータの中で見た。しかし、実戦と練習では訳が違う。一撃で 〈続きを読む〉