お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1163字

プロのロープ
『あけましておめでとうございます』

印字された一文。

変わることのない文字の羅列を眺める。

「年が明けて、本当にめでたいのかねぇ」

愚痴が漏れる。

ただ年号が変わっただけなのに、みんなして何故こんなにも喜ぶのか。

そりゃ、何かに託けて休める人や稼げる人はいいかもしれないさ。

それを言ったらクリスマスも同じかもしれないけど。

「まあ、つい数日前にフラれた俺にしてみれば、あけましておめでとうだなんて素直に喜べない」

本当に、何がめでたいのか。

おめでたいのは、お前たちの頭の中だろ…なんて言いたくもなる。

「そんなことは言うのは良くないか」

本当は今日この日を彼女と過ごすはずだった。

だけど、今は誰もおらずもぬけの殻。

せめて、バイトでも入れておけば良かったものの、フラれてからそんな暇はなかった。

そして、今に至る。

「年始の番組も面白くないし、はてさて何をしようか」

神社にお参り?

冗談じゃない。

祈ったところで結果は変わらないさ。

なら、福袋を買いに行く?

今日は店もあまりやっていないだろうし、なにより混む。

「…困った」

いくら頭を回しても、答えは出てこない。

仕方なく、立ち上がってPCの電源をつけた。

普段見るサイトを巡回する。

「…ダメだ。どこもかしこもお祭り騒ぎ」

一番平和なのは過疎った掲示板くらいだろう。

だがそれも、目まぐるしく更新されるスレッドによってかき消される。

「はーっ。やめだやめ」

こんなサイトを巡回していたってなんの得にもならない。

ならば、どうするか。

「…選択肢は3つ、いや、2つある」

1. そのまま寝るか。

2. 起きて何かをするか。

「いや、1は有り得ないだろ…」

いくら休みとはいえ、そのまま寝続けるのは難しい。

それに、ここのところはショックもあってか充分に寝ている。

「はぁー…。フラれさえしなければ、今頃バラ色の正月を迎えていたっていうのに」

そう呟いても、あとの祭り。

事実は覆ることがない。

どうして別れたのか。

とか。

何が原因だったのか。

とか。

もう、なんか、全部どうでも良くなる。

「何が悲しくて一人寂しくコタツの中にいなければならないのか」

虚しさを通り越して、段々とムカムカしてきた。

「大体さ、俺にも、あいつにも、恋愛なんてものは早かったんだ」

誰かに言い聞かせるように、言葉を紡ぐ。

「なのに、なんでだろうな。

こんなにもぽっかりと穴が空いているはずなのに、苦しくもないのは」

だけど、こんな時でさえ、彼女のことを思い出す。

「…元気にやっていてくれるといいな」

それが、僕の出した最後の答え。

その言葉がこだまして、言葉は途切れた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ひぐ お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1078字
姉ちゃんは無職だ。歳はもうすぐ30。 恋人はもちろんいない。崖っぷちだ。 両親はそんな姉ちゃんにはなんにもいわないし、姉ちゃんはもうずっと何にも喋っていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:間違った幻覚 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1005字
寝ていたはず。寝ていたとは思いたい。だからこれは、夢である。夢じゃなきゃ困る。いや本当に、夢だよなこれは。うん。 これが例えば、ふと横を見たらクラスメイトのそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:肌寒い祖母 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:912字
あれだけ暖かかったおばあちゃんが、冷たくなっている。 棺に納められている姿は、ただ寝ているだけと勘違いしそうになる。しかし、あたしはおばあちゃんの寝ている所な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶるいがらっしー お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:494字
お前、それ苦手だって言ってなかったっけ、と友人に声をかけられたので、そうだよ、と返した。目の前にあるのは大嫌いな魚の煮付け。「ついに克服する気になったか。まあ食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:斬新な克服 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「サイコロを振る」 「はい?」 「出た目の順番に会った相手にケンカを売りましょう」 「えー?」 人生に行き詰ったので、クスリと宗教とマルチと風俗とオトコとオン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの好きな音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:694字
私には好きな音がある。それはふとした時に聞こえてくる、一つのフレーズ。同じものがあっても同じ響きは、そして同じ意味は無い、誰もが持っている音。そう、本当になんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男浪漫 ※未完
作者:匿名さん お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:165字
ガリガリガリガリ、と音が鳴る。土塊を砕き、空気に溶かす。それは、積み上げたモノの悲鳴、または歓喜。先に逝くぜ、とでも言うように。ここでは輪廻転生が流行っているら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:256字
ぷっと膨らんだ赤が零れる。この液体には目に見えない無数の螺旋が含まれている。そっと透かしたそれは、とても憎らしく見えて。指先の小さな傷を握り込み、穢れた血を押し 〈続きを読む〉

イトカ/欄橋(らんばし)の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:遠い宗教 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1290字
0と1。その境にあるものは、果たしてなんなのか。曖昧という言葉に隠されたもの。それは、真であり、裏である。では、0がいくつ並ぼうが、1がついていれば1なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:疲れた目 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1018字
渇く。今、黒を見ているから。飢える。赤を求めているから。目。今、僕は見ている。何を?何を。目は嘘をつかない。脳を騙さない。赤が欲しい。きっと足りないから。サクッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:イギリス式の平和 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1174字
空に立ち上る黒き煙。それが、終わり、あるいは始まりの合図だった。人々は理性を失ったかのように、暴れ始める。怒号が飛び交う中、ものを壊し、殴り、蹴り、刺し、屠り。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:猫のエリート 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:926字
かつて、この世界は5つの場所から成り立っていた。北の方角にある"アカ"と呼ばれる場所は、降り注ぐ光が照り返すほど白い世界が広がっている。東の方角にある"ミドリ" 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:近い窓 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1226字
白い一室。中にあるのは、椅子と机。それから、小さな窓。上を見れば、一面に正方形が連なっていて、壁を見れば白で埋め尽くされている。この部屋に、2つだけ違う色がある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:綺麗なドア 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1521字
その日、世界は光に包まれた。真っ白な世界。それが、僕が覚えている最後の光景だった。あれから、世界はどうなってしまったんだろう。粒子が輝く空間の中で思考を続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:小説の中の彼方 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1241字
夕暮れ時。逢う魔が時。門は開き、異形は世に解き放たれる。多世界を侵略するように。未開の地は彼らにとって新たな食料庫だ。どんなに食べ尽くしても、何も問題はない。全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:未熟なパラダイス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
出会いは突然だった。いいや、ある意味で言えば、別れかもしれない。「空を見上げよ」繰り返される日常を順風満帆な気持ちで過ごしていたその日、誰かの声が聞こえた。その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:フォロワーの敗北 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1521字
屋上から空を見上げる。一面の青空。雲一つないパレットの上には、青が広がり続けている。「はーっ…」どうしてこんなことになってしまったんだろう。わからないまま、ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋(らんばし) お題:阿修羅カラス 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1610字
胸の内に宿る儚き想い。焦燥。嘲笑。何もかもが、全てを壊す。いらない、何も。ここにあってはならないものだから。内にあれば、壊れてしまうから。だから、早く出さなけれ 〈続きを読む〉