お題:平和とデマ 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:993字

ツユクサの影 ※未完
うっすらとレンズの曇っているゴーグルをかけていても、その巨大な建造物は気になった。私は自転車のペダルを漕いでいた足を地面につけて立ち止まり、ゴーグルを首元へ外す。途端に飛び込んでくる眩しい光に目をぱちぱちとさせた後、建造物を観察する。

それは確か、この街で有名なタワーのはずだった。タワーといっても特別な意匠を凝らしたわけでなく、外観はそこいらのビルと同様にほぼ長方形、壁の色は目立たないグレー、唯一窓だけが六角形と珍しい形だった。ハニカムタワーと呼ばれたそのタワーは街のシンボルとして何かと話題になった。街で一番高い建物で、展望台からの見晴らしは良かった。

もっとも現在、ハニカムタワーは無惨にも真ん中の辺りでぼっきりと折れてしまっている。大きな怪獣に上半分だけぱっくりと食べられたかのような有り様だ。
ハニカムタワーがこの様子ならば、タワーの足元や周辺の街も例の被害は免れていないだろう。

「はぁ」

溜め息が溢れたのはここまで自転車を漕ぎ続けていた疲れからだけではない。
私は自転車の荷台にくくりつけている荷物から水筒を取り出して水を飲んだ。水筒をしまって再びゴーグルを装着すると自転車のペダルにぐっと力を入れて先へ進む。
ひとまずは、ハニカムタワーを目指してみようと決めて。

街に入っても人は一人も見かけなかった。街は混乱した時のまま保存されているのかと錯覚するほど、何も手をつけられていなかった。ビルは崩壊していて、事故を起こした車はひしゃげたまま、木々は根本から倒れ、ひびの入った道路は砂や瓦礫やガラスが散らばっている。風が吹くと色んなものが舞い上がって視界が悪くなる。
私は帽子を深く被りなおし、マスクで鼻と口が覆われていることを確認し、息苦しくならないよう自転車をゆっくりと漕いだ。ここへ至るまでに散々見てきた光景だからか面白味がないと思ってしまって、それが自分の胸をひどく重たくさせた。
結局、ハニカムタワーに辿り着くまで誰にも会わなかった。

ハニカムタワーは窓ガラスが砕けていて、正しく廃墟と言っていい姿だった。
一階の外壁にはべたべたと紙が貼られていた。崩壊の危険とか立ち入り禁止とか人探しとか避難所の案内とか。それらをざっと目で追っていると一枚違った内容のものを見つけた。

「身元不明の少女保護」

私はテープで留められていたその紙を剥ぎ取った。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:平和とデマ 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:840字
平和です、この国は平和です。平和の国です。国民は平和を愛し、悲惨な戦争を憎みます。過去のあやまちを反省し、恒久の平和を作るべくみんなが日々努力しているのです。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すらいむですよろしくおねがいします お題:名付けるならばそれは囚人 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1239字
薬袋博は大陸浪人である。帝都を中心に中国と日本とを行き来し、向こうの珍しい品物を買い付けて本国で売る商売人、のはずなのだが、常に金欠に陥っている。まず中国への渡 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられたパラダイス 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:688字
私は長年使い古したカメラを持ってその地を訪ねた。今となっては廃墟となった家屋が奥行きをもって並んでいた。23年前、自由と平和を求めた薬物中毒者達は所有者不明とな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:季森 お題:初めての民話 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1560字
地平線のもっともっと向こうの方まで続いている、群青の空。ちぎられた雲が所々に散らばっている。地平線にはまばらに大きな山脈が小さくその身を覗かせていた。延々と続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すらいむですよろしくおねがいします お題:苦し紛れの傑作 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1427字
「ああ、どうしましょう」ずらっと並んだ食材の前で執事である柏木稔は悩んでいた。その理由は先ほど主人から申しつけられたらお願い、いや、滅多にない彼の我儘に起因する 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:腐った山 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:774字
あの子が子供のころ、積み木遊びが好きだったのをよく覚えている。それも円柱に三角を載せて満足するようなものではなく、ちょっと驚くような積み方をするのだ。誕生日、ク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:トカゲのエリート 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1601字
トカゲと呼ばれる忍者がいる。周囲と同化し、存在感を消し、その存在を何者にも悟られることがない。対峙した標的はトカゲが目の前にいることにも気づかないまま、いつの間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授賞叙事詩 ※未完
作者:ゼリーマン(60kb) お題:猫の作家デビュー 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1526字
ふと、西野高之は文学賞を受賞し、作家としての己の実力を試してみたくなった。 作家、である。足立区が生んだ真理人、宇宙の摂理をその手に掴み、哲学の深奥を究めた西 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冬琶 蜻蛉 お題:突然の夫 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1017字
悪魔が嫁を娶るなんて、聞いたことがなかった。フレインは、とある田舎町から出てきた靴売りの青年だ。帝都の活気ある大通りに面した、伝統を受け継ぐ靴屋の見習い。今日も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すらいむですよろしくおねがいします お題:突然の夫 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1421字
穏やかな昼下がりの午後、御巫探偵事務所のベルが鳴った。どうぞ、とこの事務所の主人ー御巫八雲が呼びかけると、恐る恐るといった様子で1人の若い女性が入ってきた。「よ 〈続きを読む〉

はるちかの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:死にかけの町 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1733字
「どこが風光明媚な観光客向けの町だって!?廃墟だらけで人ひとり見当たらないじゃないか!」町の大通りと思われる車道のど真ん中に突っ立ったハッシュが両拳を突き上げて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
導きの歌 ※未完
作者:はるちか お題:黒い紳士 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1420字
その悪魔と初めて出会った日のことは忘れられない。あの日の夜もまた、私は確かに憂鬱だった。およそ光の届かない闇の中へずるずると沈みこんでいった私は抜け出そうと足掻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:求めていたのは怒り 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2266字
「幻の国へ入るにはチケットがいるんだ。一人一枚。ただし、チケットの金額や入手方法なんて誰も知らない。チケットは一方通行で、一度入ったら帰ってこられないってウ・ワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Stargazer ※未完
作者:はるちか お題:暗い道のり 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2255字
闇の中でも彼女の姿を見つけるのは実に容易かった。陽が落ちて真っ暗だとは言っても、見通しのいい草原に満月の目映い光のおかけで白衣が目立っている。何より、家からほん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ティータイム ※未完
作者:はるちか お題:失敗の怒り 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1106字
部屋の扉がノックされ、書棚にはたきをかけていた手を止める。この時間帯には来訪客の予定はなかったはずだよな、と考えながら「はあい」と返事をしたら、なんだか間抜けな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
追跡 ※未完
作者:はるちか お題:つらい接吻 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1733字
二時間歩きづめでなくたって、夜も八時を過ぎていれば、いいかげん腹は減ってくるし休憩を挟みたくなる。左手首の腕時計をちらと見てから、隣を歩くクヨウの顔を見る。ねぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:あいつと娼婦 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2085字
「疲れたからちょっと休憩したい」運転手自ら言い出せば、助手席に座ってぼんやりと車窓を眺めているだけの片割れは頷くしかない。今までにも唐突な休息の申し出を咎められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
勇者選定の儀 ※未完
作者:はるちか お題:ダイナミックな「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1020字
勇者選定の儀は実に単純明快なものとなっている。宮廷魔術師により王都の北に位置する希望の丘に突き立てられた勇者の剣を引き抜けた者こそが名誉ある勇者として選ばれ、魔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:穏やかな社会 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:629字
今日が一学期の終業式で、明日からは夏休み。まだ明るい時間帯のうだるような暑さ、学校からの帰り道はたまたま人通りがなく、コンクリートの照り返しに辟易していた時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼が愛した女 ※未完
作者:はるちか お題:彼が愛した女 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1079字
彼女の第一印象は最悪だった。「ここは俺に任せて先に行け」と言うのは死亡フラグの常套句になりつつある。戦場でそんなことを言ったやつは大抵思わぬ伏兵が現れたり最終兵 〈続きを読む〉