お題:平和とデマ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:993字

ツユクサの影 ※未完
うっすらとレンズの曇っているゴーグルをかけていても、その巨大な建造物は気になった。私は自転車のペダルを漕いでいた足を地面につけて立ち止まり、ゴーグルを首元へ外す。途端に飛び込んでくる眩しい光に目をぱちぱちとさせた後、建造物を観察する。

それは確か、この街で有名なタワーのはずだった。タワーといっても特別な意匠を凝らしたわけでなく、外観はそこいらのビルと同様にほぼ長方形、壁の色は目立たないグレー、唯一窓だけが六角形と珍しい形だった。ハニカムタワーと呼ばれたそのタワーは街のシンボルとして何かと話題になった。街で一番高い建物で、展望台からの見晴らしは良かった。

もっとも現在、ハニカムタワーは無惨にも真ん中の辺りでぼっきりと折れてしまっている。大きな怪獣に上半分だけぱっくりと食べられたかのような有り様だ。
ハニカムタワーがこの様子ならば、タワーの足元や周辺の街も例の被害は免れていないだろう。

「はぁ」

溜め息が溢れたのはここまで自転車を漕ぎ続けていた疲れからだけではない。
私は自転車の荷台にくくりつけている荷物から水筒を取り出して水を飲んだ。水筒をしまって再びゴーグルを装着すると自転車のペダルにぐっと力を入れて先へ進む。
ひとまずは、ハニカムタワーを目指してみようと決めて。

街に入っても人は一人も見かけなかった。街は混乱した時のまま保存されているのかと錯覚するほど、何も手をつけられていなかった。ビルは崩壊していて、事故を起こした車はひしゃげたまま、木々は根本から倒れ、ひびの入った道路は砂や瓦礫やガラスが散らばっている。風が吹くと色んなものが舞い上がって視界が悪くなる。
私は帽子を深く被りなおし、マスクで鼻と口が覆われていることを確認し、息苦しくならないよう自転車をゆっくりと漕いだ。ここへ至るまでに散々見てきた光景だからか面白味がないと思ってしまって、それが自分の胸をひどく重たくさせた。
結局、ハニカムタワーに辿り着くまで誰にも会わなかった。

ハニカムタワーは窓ガラスが砕けていて、正しく廃墟と言っていい姿だった。
一階の外壁にはべたべたと紙が貼られていた。崩壊の危険とか立ち入り禁止とか人探しとか避難所の案内とか。それらをざっと目で追っていると一枚違った内容のものを見つけた。

「身元不明の少女保護」

私はテープで留められていたその紙を剥ぎ取った。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:平和とデマ 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:840字
平和です、この国は平和です。平和の国です。国民は平和を愛し、悲惨な戦争を憎みます。過去のあやまちを反省し、恒久の平和を作るべくみんなが日々努力しているのです。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
きっかけ ※未完
作者:匿名さん お題:男の性格 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:939字
私はやることがなくて、西洋画家兼小説作家になった。この手の職業は皆が憧れるものだ。 住んでいるところが海沿いなので、都会に出たときだけになるが、稀に、弟子にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暴かれた電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:777字
『正面から見ろ。目を逸らすな。世界一美しい宝石を前にしても、この世のものとは思えないような美しい娼婦を前にしても目を奪われるてはいけない』 石碑に浮かんだ文字な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:昔の朝飯 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:573字
細い指先でつまんだ茄子の漬物をひらひらと弄びながら、静香は言った。「翔太はさぁ、どうやったら茄子を食べてくれるのかなぁ」 静香はそれを口に放り込むと、奥歯でゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:3月の小説練習 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1174字
「卒業式ってなんで練習するんだと思う?」隣の藤倉がぼやく。俺だってわかんねぇよ。こんなに寒い体育館でぼんやり突っ立ってるのが好きなやつなんてそうそういないだろ。 〈続きを読む〉

はるちかの即興 小説


ユーザーアイコン
ツユクサの影 ※未完
作者:はるちか お題:平和とデマ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:993字
うっすらとレンズの曇っているゴーグルをかけていても、その巨大な建造物は気になった。私は自転車のペダルを漕いでいた足を地面につけて立ち止まり、ゴーグルを首元へ外す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
砂丘の魚 ※未完
作者:はるちか お題:黄色い決別 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:673字
「あのさあ、これ何してんの?」俺は声に気だるさを隠そうともせず、中腰で屈んでいるフジミの背中に問いかけた。「もうちょい、もうちょい」ぶつぶつ呟くフジミは足元の砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひらりひらり ※未完
作者:はるちか お題:斬新な妹 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1070字
「他人の心を開きたくば、まず己の心を開くべし。自分の話をした後で相手の話を聞くべきなのでしょう。不躾に詮索ばかりする人間は好まれませんが、自分語りをしない人間も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:緩やかな関係 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:804字
「泣かないでくれ」明らかに困った顔をしている魔法使いにそう言われた私も困っていた。いくら泣き止もうとしたところで、後から後から流れてくる涙を止める術はないみたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:振り向けばそこにサーブ 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1222字
記録者:ブルーリボンアッシュ先生の指示で、今日からグループのメンバーで交代しながら日誌を書くことになりました。日誌を書く順番はじゃんけんで決めました。私、リズ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
装飾 ※未完
作者:はるちか お題:私が愛した花 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:788字
水曜日はいつも雨が降っている。今朝も外は残念な空模様だった。重たくて嵩張るものを運ぶ日に限って雨が降るなんて本当についていない。憂鬱な気持ちにふたをして、鞄を濡 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レイニー ※未完
作者:はるちか お題:求めていたのはオチ 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1385字
AM7:26家を出てすぐの道路のど真ん中に蛙がいた。昨夜から降り続いている雨のせいで生息地から離れたのだろう、緑の少ない住宅街で蛙を見つけたのは何年ぶりかだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
メンテナンス ※未完
作者:はるちか お題:俺とロボット 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:888字
ピンポンと間抜けなインターホンが鳴る。玄関へ行こうとするアンさんを引き留めて、俺が玄関へ行き扉を開けた。「よう、元気にしてたか」予想通りに時刻通りに、斎木がニコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:楽観的な超能力 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1006字
彼女は号泣していた。普段は黒真珠のように美しい両目からぼろぼろと涙が溢れ、言葉にならない嗚咽がこぼれ、興奮で頬を赤く染めている。それはまさしく号泣という大袈裟な 〈続きを読む〉