お題:平和とデマ 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:993字

ツユクサの影 ※未完
うっすらとレンズの曇っているゴーグルをかけていても、その巨大な建造物は気になった。私は自転車のペダルを漕いでいた足を地面につけて立ち止まり、ゴーグルを首元へ外す。途端に飛び込んでくる眩しい光に目をぱちぱちとさせた後、建造物を観察する。

それは確か、この街で有名なタワーのはずだった。タワーといっても特別な意匠を凝らしたわけでなく、外観はそこいらのビルと同様にほぼ長方形、壁の色は目立たないグレー、唯一窓だけが六角形と珍しい形だった。ハニカムタワーと呼ばれたそのタワーは街のシンボルとして何かと話題になった。街で一番高い建物で、展望台からの見晴らしは良かった。

もっとも現在、ハニカムタワーは無惨にも真ん中の辺りでぼっきりと折れてしまっている。大きな怪獣に上半分だけぱっくりと食べられたかのような有り様だ。
ハニカムタワーがこの様子ならば、タワーの足元や周辺の街も例の被害は免れていないだろう。

「はぁ」

溜め息が溢れたのはここまで自転車を漕ぎ続けていた疲れからだけではない。
私は自転車の荷台にくくりつけている荷物から水筒を取り出して水を飲んだ。水筒をしまって再びゴーグルを装着すると自転車のペダルにぐっと力を入れて先へ進む。
ひとまずは、ハニカムタワーを目指してみようと決めて。

街に入っても人は一人も見かけなかった。街は混乱した時のまま保存されているのかと錯覚するほど、何も手をつけられていなかった。ビルは崩壊していて、事故を起こした車はひしゃげたまま、木々は根本から倒れ、ひびの入った道路は砂や瓦礫やガラスが散らばっている。風が吹くと色んなものが舞い上がって視界が悪くなる。
私は帽子を深く被りなおし、マスクで鼻と口が覆われていることを確認し、息苦しくならないよう自転車をゆっくりと漕いだ。ここへ至るまでに散々見てきた光景だからか面白味がないと思ってしまって、それが自分の胸をひどく重たくさせた。
結局、ハニカムタワーに辿り着くまで誰にも会わなかった。

ハニカムタワーは窓ガラスが砕けていて、正しく廃墟と言っていい姿だった。
一階の外壁にはべたべたと紙が貼られていた。崩壊の危険とか立ち入り禁止とか人探しとか避難所の案内とか。それらをざっと目で追っていると一枚違った内容のものを見つけた。

「身元不明の少女保護」

私はテープで留められていたその紙を剥ぎ取った。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:平和とデマ 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:840字
平和です、この国は平和です。平和の国です。国民は平和を愛し、悲惨な戦争を憎みます。過去のあやまちを反省し、恒久の平和を作るべくみんなが日々努力しているのです。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:青い娼婦 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:2199字
私娼窟には大麻の匂いが充満していて、私も武田くんもうっと息苦しさに唸った。いやはや、世も末である。今生天皇がまさに時の栄華を極めようというこの自分に、帝都東京に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
外側の幸せ ※未完
作者:匿名さん お題:不幸な外側 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:220字
外側に比べたら自分なんて幸せ者だ。なんて考えるのは傲慢以外の何者でもない。そう考えるのは見たこともない自分がいる環境の外側にいる他人の幸せを踏みにじる行為だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の会話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:522字
「ありがとう、はダンケシェン、と言います。では私に続いて発音してください。ダンケシェン。」「「「ダンケシェン」」」「何やってんだ?」ターゲットを手に入れたらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私の年賀状 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:343字
ない、ない、ない、!ッ、どこだったか確かここにあるはずなんだけど、かしいなぁ、自分の記憶ではここにあるはずなわけで、かしいなぁ、…え?、え^~っと、───友人と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは顔 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:699字
自分に群がってくる顔、顔、顔。その表情は好奇、侮蔑、おもねり、プライド様々だ。ただ、様々に見える表情でもそれらには自分に認知、まあ、相手の立場からすれば自分とオ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:燃える幻覚 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:2024字
例えば。 過去に火事に遭い、それが原因で家族または親しい誰かを失ったとしよう。その記憶は脳内にトラウマとして刻み付け、『火』に対して極度の恐怖感を植え付ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おゆみ お題:未来の月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:750字
今日はなんと、青空が白むほどの快晴である。普段はしてぃぼーいのわしも時には田舎行きの電車に乗る。土曜日の10時。なんともまぁ、子供連れが多いこと。その車両には2 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:You✦Tackey お題:未来の月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1390字
日暮れ時だった。私は橙に焼ける、上空の遥か彼方を見上げた。忽然と無造作に千切られたティッシュペーパーに似た雲が所々に在り、視線を落とすと太陽系の中心が、夕陽と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と熱帯魚 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:95字
ゆら、ゆらり。 あか、あお、きいろ、みどりとだいだい。 大きなすいそう、たくさんのおさかな。 そこに君も一緒にいれてあげる。 ゆら、ゆらり。 しろいろ増えたね 〈続きを読む〉

藍沢凪の即興 小説


ユーザーアイコン
イレギュラー ※未完
作者:藍沢凪 お題:運命のあそこ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1590字
目を覚ますとまだ薄暗い室内には雨の音だけが満ち満ちていた。掛け布団を抱えるように横向きで寝ていたようで、露になった右肩からキャミソールの肩紐がずれ落ちている。掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
number ※未完
作者:藍沢凪 お題:どす黒い正義 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1897字
「俺たちが生き残る手段を常に考えるべきだ。戦況は確実に悪化しているし、劣勢に追い込まれているのも事実。俺はやつらに味方すると決めたが、共倒れはごめんだ。大願成就 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Seven days ※未完
作者:藍沢凪 お題:スポーツの時計 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1985字
降って湧いた一週間の長期休暇をどのように潰すかは俺にとって何ら楽しみもなく、他人から与えられた大きな課題でしかなかった。しんと静まり返った部屋でBGM代わりにス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある雪の日の ※未完
作者:藍沢凪 お題:10のつるつる 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1719字
昨日は朝から珍しくも雪がちらちらと降っていて、一年に数回雪が降ればいいような街にも時間をかけて少しずつ積もっていった。夜になると雪は止んだけれど、気温は横ばいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍沢凪 お題:地獄の王子 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:935字
目前で横たわる彼女は様変わりしていた。淡いピンク色のふんわりとしたドレスはあちこちが破けて泥水を吸ったために萎んで汚れていた。丁寧に編み込まれていた髪は掴まれ振 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ななしの彼女 ※未完
作者:藍沢凪 お題:忘れたい職業 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1074字
彼女が隣の家に引っ越してきたその時、たまたま近所のスーパーから帰ってきた僕は彼女の家の玄関前を通る時に彼女から声をかけられて挨拶をした。ベリーショートの髪型と耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍沢凪 お題:死にかけの町 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1733字
「どこが風光明媚な観光客向けの町だって!?廃墟だらけで人ひとり見当たらないじゃないか!」町の大通りと思われる車道のど真ん中に突っ立ったハッシュが両拳を突き上げて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
導きの歌 ※未完
作者:藍沢凪 お題:黒い紳士 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1420字
その悪魔と初めて出会った日のことは忘れられない。あの日の夜もまた、私は確かに憂鬱だった。およそ光の届かない闇の中へずるずると沈みこんでいった私は抜け出そうと足掻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍沢凪 お題:求めていたのは怒り 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:2266字
「幻の国へ入るにはチケットがいるんだ。一人一枚。ただし、チケットの金額や入手方法なんて誰も知らない。チケットは一方通行で、一度入ったら帰ってこられないってウ・ワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Stargazer ※未完
作者:藍沢凪 お題:暗い道のり 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:2255字
闇の中でも彼女の姿を見つけるのは実に容易かった。陽が落ちて真っ暗だとは言っても、見通しのいい草原に満月の目映い光のおかけで白衣が目立っている。何より、家からほん 〈続きを読む〉