お題:うへへ、御曹司 必須要素: 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:431字

雨足チェイス 18/9/14 5
雨は冷たく都会を冷やし、夜の帳をかけていく。
道行く人は震える手でささやかな灯火のように傘を差す。傘はせめぎ合い、人の波をむしろ寒空の中に留めていった。
モリモトは黒い街の中で、黒い傘を追う。気づかれないようにするため、彼も黒い傘だ。
モリモトは注意深く向こうの傘を見つめつつも、心の一点はどこか遊んでいた。
うへへ、と心の隅は言う。
今追う男は大手企業の御曹司だ。仕事には一応取り組むが、どちらかといえば親のレールを誇示し、派手に遊んでいる。だからモリモトに目を付けられたのだ。
そんな遊び好きな御曹司は、もちろん金を持っている。親を脅すなんてハイリスク必要はない。ただ、奴から金を奪えばいい。
慎重さを重視した結果、モリモトは視界の悪い雨の日をわざわざ狙い、ずぶ濡れになりながら尾行し続けていた。
御曹司はボディーガードを2人連れて雑踏に呑まれていく。近くに屈強な男がくっついているからわかりやすい。モリモトは鷹のような目つきで歩きだした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:うへへ、御曹司 制限時間:30分 読者:184 人 文字数:1518字
(うへへ、御曹司か) あたしは内心で舌なめずりをする。 テーブルを挟んで向かい側にはひとりの男の子が爽やかな笑みを浮かべている。 彼は明石誠二(あかしせいじ)。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された嘔吐 必須要素: 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:903字
びちゃびちゃと雨が降り続いている。 僕らは傘をさして歩いていた。 いわゆる、あいあい傘というヤツだ。それもとびきりの美少女と一緒に。「…………」 少女は喋らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな決別 必須要素: 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1121字
唐傘お化けと生活を共にして一か月程度がたった。「あの、ごはんができたんですけども・・・」と言って、唐傘お化けは毎朝起こしてくれるようになった。「あ、すいません」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:いわゆる鳥 必須要素: 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:931字
(#115) しとしとしと。今日も静かに雨が降っている。 私は窓辺に設えられたデスクに座り、ぼうっと灰色の空を見上げている。 自分の心のモヤモヤが、優しい雨によ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い血 必須要素: 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:825字
血小坂という坂がある。近所に。よく見て、血小板じゃないよ。血小坂だ。近所にある。緩やかながら、だらりと長く、途中一回下ってからもう一度上るようになっている。私が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
傘とハンカチ ※未完
作者:匿名さん お題:潔白なスキル 必須要素: 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:342字
彼女はいつでも清廉潔白だった。俺に対して接するときも、ほかの人でも。家での姿はわからないが、少なくとも身だしなみに気を使っているといえる。それはまさしく、彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひのえ お題:免れたしきたり 必須要素: 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:881字
「それでは生徒諸君。君たちに、この学校でのしきたりをお伝えいたします」 4月のとある日。 入学式の生徒会長挨拶で、生徒会長と思しき女子生徒が重々しく告げた。 緊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説の書き方 必須要素: 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:936字
人は傷つくと強くなる。私の場合、嫌なことがあると原稿用紙に向かった。お気に入りの万年筆(別に鉛筆でもボールペンでも何でも良かったのだが)を手に溢れ出す思いを書き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月のお金 必須要素: 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:475字
8月、臨時収入が入った。8月上旬、暑い昼下がり、俺は神社の境内で休んでいた。神社はビル街の路地を少し入ったところにあり、鎮守の杜で少し涼やかだった。「ねえお兄さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パラソル ※未完
作者:nur155 お題:遅すぎた紳士 必須要素: 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:373字
朝早く何となく散歩したくなって、コンビニにでも行こうと家を出た。コンビニでジュースを買って店の前で飲んでいると、遠くの方に緑と黄色の何かが浮いているのが見えた。 〈続きを読む〉

日出詩歌の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:ちっちゃな少数派 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:489字
当たり前だけど、僕らちっちゃな少数派は無惨にも多数派に押し潰された。多数派の奴らはどうしても自動車保険には入りたくないらしい。理由は簡単。部費で賄えないから。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:薄汚い男祭り! 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:399字
最後の夜は、汗と泥と、男たちの歓声にまみれていた。 「なんて薄汚い男祭り!」麻衣子はそれを見るなりうっ、と顔をしかめた。汗の匂いが熱気を伴って、彼女の鼻をつん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:3月の恋愛 必須要素:東京 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:176字
東京の空に、恋の色が舞っていく。そうしてわたしは別れを告げた。 君と歩いた桜並木を、もう一度辿っていく。桜の木にはもう花びらは無い。アスファルトと空を染め上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:昨日食べた極刑 必須要素:ランボルギーニ 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:494字
昨日俺は使い古されたランボルギーニの車内で息絶えた。別に愛車の中で練炭自殺しようとしたわけじゃない。そもそも、高級車なんて俺には買えないし、自殺願望すらなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:破天荒な踊り 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:361字
小さなクラブで歌う平凡な彼がデビューシングルを出したとき、彼のその踊りは世間を大いに賑わせた。あるテレビ番組で取り上げられた時は破天荒だと紹介された。つまり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:美しいぬめぬめ 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:357字
それを見たとき、棘が刺さったように美しいと感じた。髪の毛の光沢がきらりと陽光に輝いたその瞬間を。 美しさとは、手が届かないものだ。だからこそ、足掻いて手を伸ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:うへへ、御曹司 必須要素: 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:431字
雨は冷たく都会を冷やし、夜の帳をかけていく。 道行く人は震える手でささやかな灯火のように傘を差す。傘はせめぎ合い、人の波をむしろ寒空の中に留めていった。 モリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:小説の中のぐりぐり 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:381字
カナタはパソコンの画面の前で、うーんと唸り、頭を抱えた。 「ぐりぐり」の書き方がわからない。 カナタは小説を書くのが仕事だ。朝からパソコンに向かい、適度に休憩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:1000の職業 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:189字
俺は今まで1000の職業をこなしてきた。最初はコンビニのバイトだった。無愛想な客、無機質な接待に疑問を覚え、ある時やめた。次はスーパーの品出し。朝早く起きられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:許されざる多数派 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:500字
許せない、と直哉は怒った。 こんなことがありえていいはずがない。「どうして…」直哉はやるせない拳を学校の机に叩きつけ、ぎりりと歯を鳴らした。「どうして給食のオ 〈続きを読む〉