ユーザーアイコン
お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:525字

それでも最後の瞬間までは

 毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。
 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの毛布を何処へ行くにも引きずってゆくのは全く理に適った行為だ。シュルツもそれをようく分かっていたから、ライナスに毛布を持たせるのを忘れなかった。
 この先、人類社会がどこまで発展しても、コールドスリープカプセルを満載した宇宙船たちが地球から平然と出航するようになっても、そこに毛布は積み込まれる。たとえ食事がチューブペーストやサプリメントに置き換えられても、ふわふわの毛布だけは、別の存在に置き換えることはできない。千年後の人類から眠りや不安や恐怖がすっかり取り除かれていたら話は別だが、それは多分、もう人類とは違う別の何かだろう。
 おそらくは狩猟採集時代の頃から、連綿と、毛皮を捨てた人間たちを代わりに包んできた毛布を、遠い未来の彼方で、誰かが握りしめている。震える背中を丸め、溢れる不安を押しとどめようとするように、胸の前でぎゅっと暖かな毛布を合わせて、宇宙船が崩壊する音を、生命維持装置が切れるまでのカウントダウンの声を聞いている。仮想現実が消え始める。五感を伴う幻の毛布も、
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
もこもこ ※未完
作者:匿名ちゃん お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:282字
「面白い遊びをしようか」「え!なに、どんな遊び?」「雲がなんの形に見えるか考えるゲームだ」父さんはそう言って、片側が夕焼け色に染まった、雲の一片を指差した。「あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
閲覧注意 ※未完
作者:カミジョー@女子中学生かも? お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:511字
お気に入りだったぬいぐるみはボロボロになっていた。デフォルメされたクマのぬいぐるみは、あちらこちらから綿がはみ出し、ボタンの目の片方はどこかに消え、片腕と片耳は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:俺と男の子 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
迷子センターは今日も大盛況だった。休日のショッピングモールともなれば、家族連れの子供が迷子になりにやってくるようなものだ。館内放送はひっきりなしに子供の特徴を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:汚い汗 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:949字
夏休み。セミの声が隆盛を極める頃、俺たち野球部は今日も今日とて厳しい練習に打ち込んでいた。 朝は一時間の走り込みから始まり、続けざまにベースランニング。終わっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:びお~ら お題:緩やかなピアノ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:405字
妹が死んだ。生まれつき心臓の弱かった妹は、僅か11歳で幕引きを迎えた。「どうして、どうして私じゃなくてあなたなの?」体温を失った、今にも潰れてしまいそうなくらい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:緩やかなピアノ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:762字
衝動的に買った非常用持ち出し袋の中を改める前に、私はすっかり満足してしまった。パンの缶詰と水と懐中電灯と、あとはいくつかの携帯トイレ。変わりものと流行りものと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:不本意な秀才 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:611字
二位であること。それが僕を僕たらしめる、人生そのものだった。 勉強、運動、そのほか習い事。どれをとっても僕は、自力ではどれだけ頑張っても二位どまりだった。 万 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
03
作者:なばな お題:どうあがいても魔王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:442字
取り立て、特別な事はなかった。流行りの小説の転生だとか、異世界だとか。そんなこと、物語でもないのだから起こるわけもなく。けれど、まあ、魔法のような、奇跡のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:ゆるふわ愛され小説修行 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1016字
昔から、男の人から、何かしてあげようと言われることが多かったです。 自分は、ブリブリしてるつもりはなかったんですけど、クラスメイトとか、同サークルの女子たちか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ゆるふわ愛され小説修行 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:945字
日付というものが意味をなさなくなってから、子、孫、ひ孫、玄孫と年月日が流れていった。この事態を引き起こした大人連中は自分の代で世界が終わると思っていただろうに 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉