ユーザーアイコン
お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:712字

天国に住まう千羽の鳥 ※未完

 「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂糖(のような味。正確な成分は分からない。どっちみち魔法で変成している)千羽の鳥。もう助かる見込みがない患者の部屋に、作りものの魔法の鳥たちはそっと放たれる。彼らは手のひらに乗るほど小さく、紙で折られたように華奢で、そのまま食べることもできる。口に含めば柔らかく溶ける。心地よい爽やかさと甘さは、人によって微妙に異なるらしい。ある人は蜂蜜入りのホットミルクだといい、ある人は暖かい梅酒のようだと言った。
 何も口に含めないほど弱ってしまった患者の場合は、彼ら自らが患者の身体に留まる。そしてゆっくりと、魔法の力を借りて、その身体に溶け込む。作用は経口摂取したときと同じ。付き添いの家族は、作り物の魔法の鳥たちに優しく寄り添われた患者を見ては、その童話めいた光景にしばしば泣いてしまう。

 この魔法は、終末医療の一貫として、という理由がなければ、使用を許可されない。
 甘く暖かな鳥たちを一羽服用するごとに、患者は現世の苦痛を忘れ、今世での温もりの記憶を再体験する。
 子供のころに走り回った近所の公園。家族とともに作ったクッキー。クラスメイトたちと作った秘密基地で見上げた青空のこと。恋人。恋人たち。膝の上で眠っていた暖かな猫の記憶。
 そして、その温もりの記憶よりも鳥たちの数が多ければ、今世で叶わなかったぬくもりを、その願いを、記憶として体験する。
 優しい母を。殴らない恋人を。失われなかった子供の成長を。
 すべての鳥を服用し終わる頃には、もう、未練は
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハイメア お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:1518字
あるところに、愛に飢えた少年がいました。彼はひたすら愛に飢えていました。どれほど求めても満たされることがありません。ゲーム脳だった彼は、これを「レベルが低いか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Mr'フクロウ お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:671字
抱き寄せた彼女の身体はもう冷たくなりかけていたが、それでも構わなかった。人が望むぬくもりというのは、必ずしも摂氏で表せるものではないのだから。彼女が人生の最後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:春の躍動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1059字
もう四月も半ばを過ぎるというのに雪がちらついている。 気まぐれな春の天気というわけではない。この辺りは、ずいぶんと長い間冬を引きずっていた。 この年になってか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:でよんし お題:緑の水 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:190字
女子学生を中心に爆発的人気で連日長蛇の列が止まらない人気店があるそうだ。何でも緑色の水を出すお店何だそうで...それで緑の水ってじゃあ一体何なんだ? お茶でもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:イタリア式の映画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:320字
愛している、とか聞こえたかもしれない。友人がイタリア映画が見たいとかわけわかんないことを言うからそんな感じのやつを借りてきたらがっつり恋愛映画だった。同性と騒 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:不幸な太陽 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:422字
コップに入った水道水。そこに牛乳一滴垂らしても、白く染まることはない。霧散して、間もなく消えてしまうだけだった。 だから、私は重ねることにした。 髪は短く、明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:煙草と町 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:373字
No smoking。大抵の場所に貼ってある、煙草に赤丸斜線のイラストを避けて、コンビニの前にいたけれど。これでは少々、絵面が悪いのかもな、なんて。ーーだから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の博物館 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:204字
「あれはなんです?」ぼくはある剥製を指差し聞いた.「なんでも"ネコ"という生き物だそうです.いまから百年前まではあちこちに生きていたそうです」「ふむ.猫というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている電撃 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:379字
午前4時。急に雨が降ってきた。土砂降りだった。深夜に一人でいると雨の音を聞くだけで、元気が出た。わたし一人ではないと思えるから、その音は好きだった。カーテンの隙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にいろちゃん@Vのモノ お題:戦争と夕日 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:324字
その日は、夕焼け空だった。あまりにも美しいその空は、先ほどまで起こっていたここでの惨状を忘れさせてしまうかのような、そんな空だった。人は争いあう。理由はいろいろ 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:黒い家事 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:662字
ここではない世界のどこかには、家も壁も道も服も何もかも、満月のような真っ白に染め抜いた町があるのだという。その話を聞いたとき、聴衆の私たちは朗らかに大笑いした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの紳士 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:357字
世知辛いことではあるが、天上の神々にもヒエラルキーがある。 その地位は、司るものによってそれとなく決定され、人間にとって重大と見なされている概念を司る神々は上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉