お題:どこかの寒空 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1609字
[削除]

雪道
ふう、と息を吐くとその部分は白く染まっていた。自分の呼気が、ひいては体内が外気よりも熱いという証拠だ。痛む節々を押さええながら、積雪2センチの道を進む。
なぜ、こうなってしまったのだろう、と考えた。眼の前を歩く桜柳という探偵と何故か隣同士の部屋になり、それからしばらくして仕事が一緒になり、何故か夏の祭りにでかけたことしか覚えていない。そこまでの記憶しかないのに、景色は白く染め上げられている。なぜ、こうなってしまったのだろう。昨日は普通に帰ったつもりだったのに。確かに普通とは程遠い生活を送っているけれど、なんでこうなってしまったのだろう。
桜柳は雪の道を慣れたように進んでいく。雪があった国で生まれたのだろうか。この人のことを何も知らないから、全然わからないけれど。
「ちかちゃんは、寒いの苦手?」
しんしんとふりつもる雪の中で、桜柳が場に似合わないひょうきんな声を上げる。
「……苦手、ですかね」
「へえ。好きそうな顔してんのに」
「どういう顔ですか」
でも、熱いのはもっと苦手だ。自分で自分の感覚を制御できないのが苦手だ。熱いのも、寒いのも苦手。できれば調節された環境の中で一生を過ごしたいなと思う。
それから、桜柳さんはどうですか、という言葉が出ないことに気がついて、俺は本当にこの人に興味がないなあ、と自分で思い知る。桜柳さんだけじゃない、別に誰だって。誰だって興味はない。確かに自分が生きているのは他人がいるからであり、報酬があるからであり、それで成り立っているのだけど。でも一番はやっぱり何もかかわらないほうがいいと思う。
「みんな死んでましたね」
みんな死んだということは、誰も居なくなったということ。頭部をあれほど見事に破壊されるのだったら、もう命がないのは明らかだった。
「生きている人間が居ないと、商売上がったりなんですけど」
「まあ、なんか方法があるんちゃうかな。探せばあるよ、きっと」
知ったような口ぶりだな、思って、その先を追求するのを止る。桜柳という男はいつだって、知らないようでなにかを知っているような素振りを見せる。何かって何を? それはわからない。この街に引っ越してきたばかりの頃、苦虫を潰したようなあの顔に関係しているのだろうけど。これは俺と出会う前の話しだし、桜柳さんが言わないのであれば、それはきっと言う必要のないことだと思っての判断なんだろう。
道なりに進んでいくと、先程頭部を破壊されていた男と同じような人物がまばらに立っている。石膏のように固まっていて、ぴくりとも動かない。けれど多分、脳は生きているので思考だけがその場で残っているんだろう。おそらく口も手も、もちろん体も動かせないけれど、この人たちは生きている。
「どちらがいいんでしょうね。自我があるうちに自ら命を断つのと、放置されて永遠に生きるのと」
「なったことないからわからんなあ」
「今からなる可能性だってあるでしょう」
「あんまり考えたくないなあ」
そんなの俺だって考えたくない。自分が死ぬときのことなんて。けれど世界はなぜか時間が進んでいて、明らかに異常気象で、その上得体のしれないなにかが地上を蔓延っている。公共交通機関は死んでいるし、報道がなんとか保っているようだがそれももう時間の問題だろう。
これが世界の終わりというものなのなら、こんなにドラマティックなことはない。誰も居ない雪道、男が二人足跡を並べてなにか手がかりがないか歩いていく。桜柳先生には悪いけれど、多分きっと何もないんだと思う。そういうのが、きっと人生なんだ。誰も何も残らず消えてなくなる。
ずっとそうなりたいと、思っていたから。
「世界が終わったら、どうなるんでしょうね」
今まさに世界が終わるという場面で、桜柳さんは振り向いて答えた。
「そんなん、死ぬんちゃう?」
「……確かに」
何言うてるのと、ケラケラと桜柳さんは笑った。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:帝王の結婚 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1833字
ふと、何の気もなしに立ち上がって、辺りを見回した。 キーボードを叩く音や、電話での会話。 いつもの喧騒が、どことなく遠く聞こえた。「それにしてもナベちゃん、来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:誰かは床 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1230字
遭難ではない。ここは陸の孤島ではない。ただ、夏は栄えるが、冬になると客足は極端に遠のく地。 かつてスキー場があったものの、交通の便が悪いため閉鎖し、冬の娯楽が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:ダイナミックな境界 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1735字
「では、ここで試験です」 いい笑顔で言われた。「田中裕二さん、あなたはこの三年間、東京京都大学を目指して頑張ってましたね?」「ちょっと待て」「寝る間も惜しんで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
藁床 ※未完
作者:えめ助@文フリ大阪F-14 お題:昔の床 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:718字
「これなら何とかなると思うよ」 畳を持ち上げてまじまじと眺めて彼はそう言った。 注いだ直後から汗をかきはじめる氷入りの麦茶を二つ持ってキッチンからリビングに戻り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:知らぬ間の「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:836字
目にも留まらぬ速さでこちらに駆けてきた者の名は、赤田智和。イタリア人とサウジアラビア人のハーフで、ブラジル国籍を持っている。「How are you?」 全力 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
石竹の押し花 ※未完
作者:いしゅと お題:子供の暴力 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1640字
十数年ぶりに訪れたその街で、横峯くんと出会った。記憶の中には小学生の彼しかいないはずなのに、すぐ彼だと気づいたのが我ながら不思議だった。向こうも私に気づいたらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とろろ お題:未熟な軽犯罪 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:866字
「ちょっと」思わぬ方向から店員に呼び止められた。一気に全身が緊張して、足が止まる。凍り付いたように動けないでいる自分の目の前で、店員が売棚に並んでいる飴玉をいく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チタン合金 お題:難しい奈落 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1138字
知識とは人を豊かにする。知識の量がその後の生き方をも左右する。だから、知識を蓄えねばならない。僕はそう教えられて育ったし、僕自身も知識を得ることが、何よりの楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:静かな躍動 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:741字
「マジか」 玲奈の手に掲げられたそのチケットを見て私は呟いた。「マジやで」 玲奈は無表情を装っているが、頬が僅かに緩んでいるのがわかる。 私が教室に着いてすぐ話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:彼女が愛した少数派 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1716字
僕が本屋で立ち読みしている時、隣の男女の声が聞こえてきた。「あー、あった」「うわ、こんなにたくさんある。すごいな」「ね?言ったでしょ?光るものは光るものなんだ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の夜中 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1013字
青い闇の中、魚が泳いでいる。 夕焼け色の魚。虹色の魚。月光の色をした魚。周囲に溶け込むような、青い闇と同じ色の魚。 私もまた、魚たちと闇の中を漂っている。 か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本誰か 必須要素:あげぽよ 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1584字
大変なことになってしまった。私は頭を抱えた。わたしの妹は今踊っている。ニタニタ笑いながら、盆踊りなのか、ベリーダンスなのかも全く分からない踊りを。それも、「あげ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱いオチ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:643字
「さあ、みんなで歌を唄いましょう!」「ラララ、ラララ、ラララ」少し離れたのどかな幼稚園の庭先で、園児たちが保母たちと歌を唄っている。雲ひとつ無い青い空。世界が溶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:子供のアパート 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:343字
なんてことのない、ちいさな公園。普段なら寂れたそこに、今日は子供たちが座り込んで何かやっているようだ。やがて「できたよ」「こっちも」と小さく歓声が上がる。木の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月の美術館 必須要素:甘栗 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2914字
私がなぜ美術館に行くことになったのか。それは友人である砂野の返しに返せぬ修羅の如き推しによるものであった。そもそも私は、美術というものに理解がない。ゴッホやルメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の夢 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:182字
厚いグラスに注がれる液体。夏の海に飛び込んだみたいに、ぷくぷく泡が浮かんでる。グラスを揺らせば、透明な宝石がカラカラ音を立てる。私は宝石が溶けかけたそれを、コク 〈続きを読む〉