お題:どこかの寒空 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1609字
[削除]

雪道
ふう、と息を吐くとその部分は白く染まっていた。自分の呼気が、ひいては体内が外気よりも熱いという証拠だ。痛む節々を押さええながら、積雪2センチの道を進む。
なぜ、こうなってしまったのだろう、と考えた。眼の前を歩く桜柳という探偵と何故か隣同士の部屋になり、それからしばらくして仕事が一緒になり、何故か夏の祭りにでかけたことしか覚えていない。そこまでの記憶しかないのに、景色は白く染め上げられている。なぜ、こうなってしまったのだろう。昨日は普通に帰ったつもりだったのに。確かに普通とは程遠い生活を送っているけれど、なんでこうなってしまったのだろう。
桜柳は雪の道を慣れたように進んでいく。雪があった国で生まれたのだろうか。この人のことを何も知らないから、全然わからないけれど。
「ちかちゃんは、寒いの苦手?」
しんしんとふりつもる雪の中で、桜柳が場に似合わないひょうきんな声を上げる。
「……苦手、ですかね」
「へえ。好きそうな顔してんのに」
「どういう顔ですか」
でも、熱いのはもっと苦手だ。自分で自分の感覚を制御できないのが苦手だ。熱いのも、寒いのも苦手。できれば調節された環境の中で一生を過ごしたいなと思う。
それから、桜柳さんはどうですか、という言葉が出ないことに気がついて、俺は本当にこの人に興味がないなあ、と自分で思い知る。桜柳さんだけじゃない、別に誰だって。誰だって興味はない。確かに自分が生きているのは他人がいるからであり、報酬があるからであり、それで成り立っているのだけど。でも一番はやっぱり何もかかわらないほうがいいと思う。
「みんな死んでましたね」
みんな死んだということは、誰も居なくなったということ。頭部をあれほど見事に破壊されるのだったら、もう命がないのは明らかだった。
「生きている人間が居ないと、商売上がったりなんですけど」
「まあ、なんか方法があるんちゃうかな。探せばあるよ、きっと」
知ったような口ぶりだな、思って、その先を追求するのを止る。桜柳という男はいつだって、知らないようでなにかを知っているような素振りを見せる。何かって何を? それはわからない。この街に引っ越してきたばかりの頃、苦虫を潰したようなあの顔に関係しているのだろうけど。これは俺と出会う前の話しだし、桜柳さんが言わないのであれば、それはきっと言う必要のないことだと思っての判断なんだろう。
道なりに進んでいくと、先程頭部を破壊されていた男と同じような人物がまばらに立っている。石膏のように固まっていて、ぴくりとも動かない。けれど多分、脳は生きているので思考だけがその場で残っているんだろう。おそらく口も手も、もちろん体も動かせないけれど、この人たちは生きている。
「どちらがいいんでしょうね。自我があるうちに自ら命を断つのと、放置されて永遠に生きるのと」
「なったことないからわからんなあ」
「今からなる可能性だってあるでしょう」
「あんまり考えたくないなあ」
そんなの俺だって考えたくない。自分が死ぬときのことなんて。けれど世界はなぜか時間が進んでいて、明らかに異常気象で、その上得体のしれないなにかが地上を蔓延っている。公共交通機関は死んでいるし、報道がなんとか保っているようだがそれももう時間の問題だろう。
これが世界の終わりというものなのなら、こんなにドラマティックなことはない。誰も居ない雪道、男が二人足跡を並べてなにか手がかりがないか歩いていく。桜柳先生には悪いけれど、多分きっと何もないんだと思う。そういうのが、きっと人生なんだ。誰も何も残らず消えてなくなる。
ずっとそうなりたいと、思っていたから。
「世界が終わったら、どうなるんでしょうね」
今まさに世界が終わるという場面で、桜柳さんは振り向いて答えた。
「そんなん、死ぬんちゃう?」
「……確かに」
何言うてるのと、ケラケラと桜柳さんは笑った。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:未熟なサーブ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:734字
嫌だー! 今日から当分体育の授業はバレーボールだ! サボりたい。体育自体苦手だけど特に球技は嫌だ。 運動神経のなさがもろに出る。 しかもチーム競技はまわりの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:素人の検察官 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:933字
何度目の指摘だろう、「違うでしょう」と言ってもコイツは納得しない。どうして定食屋である私が、知能労働者である検察官に代わって、頭をひねらないといけないのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:宿命の経歴 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:717字
俺はこの面接に賭けていた。絶対に合格してやる。 そして――。「ここには10年前から最近までの経歴に『選ばれし勇者』とありますが、どのような活躍をなされていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:日本海辺 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:570字
車を降りると潮の匂いがした。 日差しが照りつける中、強い風が心地よい。 「ここ、観光客が少ない穴場なんだ」 白いワンピースに麦わら帽子を着てくるあたり良くわか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪(創作垢) お題:大好きなうどん 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:976字
僕は雪下 冬野。なんでも食べるのが大好き!挽斗「・・・・・あんまり食べ過ぎるなよ?」冬野「いいじゃないか。 僕だってなんでも食べるのが好きだからさ」春子「嫌いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:小説家の足 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:800字
「神絵師の腕を喰えば、絵が上手くなる」 ネット上で一時期流行った、ミームだ。 勿論、殆どの人は冗談で言っている。 絵を書くのは腕だが、その腕に指示を与え、美しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:karin お題:地獄の春雨 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1068字
地獄の春雨ってなんだよ。全く意味ないじゃんかよ。Kくんは無茶振りに応えようと、必死で脳を回転させた。すると、にゃーぉ。Kくんが飼っている猫がパソコンのキーボード 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:団地妻の墓 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:599字
妻の遺骨はまだ手元にある。 本当なら墓を立ててやりたかった。 しかし、そのお金がなかった。 元々私の収入は多くなかったが、それでも娘を含めた一家三人でなんとか 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した口 必須要素:三島由紀夫 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:631字
三島由紀夫は考える。近所の行きつけの喫茶店、いつもすわっている窓際の席。毎日、昼ご飯を食べた後に行くのだが、その時間にはちょうど窓からの木漏れ日がコーヒーグラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:狡猾な躍動 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:213字
時はさかなのぼり、日本列島ができて間もないころの話。当事の日本は、自らを神とあがめさせる王の独裁政権により、絶対的支配のもとに人々がくらしていた。休みもあたえら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の彼氏 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1773字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”日本が売られる”です。この名前そのものの書籍が大売れしているようですが、書いているのはジャーナリストです。この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は償い 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:630字
人はだれしも過ちを繰り返し生きている。そのたびに自問自答しそれぞれの人生を歩んでいるわけだが、結果としてよかったのか悪かったのか、それはだれにもわからない。戸塚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の汁 必須要素:バーボン 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:215字
朝目を覚ますと、昨晩飲み残したバーボンの瓶が床に転がっていた。飲み過ぎたせいか、昨夜のことはほとんど記憶に残っていない。目覚さましの熱いシャワーを浴びて、無地の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらないローン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:413字
おはようと声がする。それはいい目覚めとは言えなかった。窓にはまだ青みがかった夜の名残を残して、磨硝子越しに柔らかな光を部屋に注いでいる。わずかに霞んだ視界に、人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのアルパカ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:729字
「あ!そのキーホルダー……」大変驚いたような顔で、彼は僕のスクールバックについているものを指さす。それは白いアルパカで、もこもこの毛並みに赤いリボンを付けていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいうえお ※未完
作者:匿名さん お題:軽い霧 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:775字
目の前の参考書が悪魔に思えてきた。何周したってうろ覚えの箇所ばかりだ。何時間もかけて解いてるっていうのに、なぜ身につかないんだ。こんなやり方でいいのだろうか。も 〈続きを読む〉