お題:どこかの寒空 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1609字
[削除]

雪道
ふう、と息を吐くとその部分は白く染まっていた。自分の呼気が、ひいては体内が外気よりも熱いという証拠だ。痛む節々を押さええながら、積雪2センチの道を進む。
なぜ、こうなってしまったのだろう、と考えた。眼の前を歩く桜柳という探偵と何故か隣同士の部屋になり、それからしばらくして仕事が一緒になり、何故か夏の祭りにでかけたことしか覚えていない。そこまでの記憶しかないのに、景色は白く染め上げられている。なぜ、こうなってしまったのだろう。昨日は普通に帰ったつもりだったのに。確かに普通とは程遠い生活を送っているけれど、なんでこうなってしまったのだろう。
桜柳は雪の道を慣れたように進んでいく。雪があった国で生まれたのだろうか。この人のことを何も知らないから、全然わからないけれど。
「ちかちゃんは、寒いの苦手?」
しんしんとふりつもる雪の中で、桜柳が場に似合わないひょうきんな声を上げる。
「……苦手、ですかね」
「へえ。好きそうな顔してんのに」
「どういう顔ですか」
でも、熱いのはもっと苦手だ。自分で自分の感覚を制御できないのが苦手だ。熱いのも、寒いのも苦手。できれば調節された環境の中で一生を過ごしたいなと思う。
それから、桜柳さんはどうですか、という言葉が出ないことに気がついて、俺は本当にこの人に興味がないなあ、と自分で思い知る。桜柳さんだけじゃない、別に誰だって。誰だって興味はない。確かに自分が生きているのは他人がいるからであり、報酬があるからであり、それで成り立っているのだけど。でも一番はやっぱり何もかかわらないほうがいいと思う。
「みんな死んでましたね」
みんな死んだということは、誰も居なくなったということ。頭部をあれほど見事に破壊されるのだったら、もう命がないのは明らかだった。
「生きている人間が居ないと、商売上がったりなんですけど」
「まあ、なんか方法があるんちゃうかな。探せばあるよ、きっと」
知ったような口ぶりだな、思って、その先を追求するのを止る。桜柳という男はいつだって、知らないようでなにかを知っているような素振りを見せる。何かって何を? それはわからない。この街に引っ越してきたばかりの頃、苦虫を潰したようなあの顔に関係しているのだろうけど。これは俺と出会う前の話しだし、桜柳さんが言わないのであれば、それはきっと言う必要のないことだと思っての判断なんだろう。
道なりに進んでいくと、先程頭部を破壊されていた男と同じような人物がまばらに立っている。石膏のように固まっていて、ぴくりとも動かない。けれど多分、脳は生きているので思考だけがその場で残っているんだろう。おそらく口も手も、もちろん体も動かせないけれど、この人たちは生きている。
「どちらがいいんでしょうね。自我があるうちに自ら命を断つのと、放置されて永遠に生きるのと」
「なったことないからわからんなあ」
「今からなる可能性だってあるでしょう」
「あんまり考えたくないなあ」
そんなの俺だって考えたくない。自分が死ぬときのことなんて。けれど世界はなぜか時間が進んでいて、明らかに異常気象で、その上得体のしれないなにかが地上を蔓延っている。公共交通機関は死んでいるし、報道がなんとか保っているようだがそれももう時間の問題だろう。
これが世界の終わりというものなのなら、こんなにドラマティックなことはない。誰も居ない雪道、男が二人足跡を並べてなにか手がかりがないか歩いていく。桜柳先生には悪いけれど、多分きっと何もないんだと思う。そういうのが、きっと人生なんだ。誰も何も残らず消えてなくなる。
ずっとそうなりたいと、思っていたから。
「世界が終わったら、どうなるんでしょうね」
今まさに世界が終わるという場面で、桜柳さんは振り向いて答えた。
「そんなん、死ぬんちゃう?」
「……確かに」
何言うてるのと、ケラケラと桜柳さんは笑った。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:贖罪の孤独 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:830字
今日も隣を歩く足音は、少し霞んだ音。単調なリズム。伏せられた目はどこか不思議に暗かった。君とこうして歩いて何年が経ったのだろう。こんなことを続けていていいのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:臆病な映画館 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:493字
都内某所。ビルの谷間にその小さな映画館がある。昭和の空気を感じさせる内装以上に特徴的なのは、その営業時間。なんと、年に一度。それも上映するのは古くてマイナーな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SADAO お題:自分の中の宗教 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:386字
お題、 自分の中の宗教 強い人、弱い人。それが精神でも肉体でもどうでもいい。 ひとは一人では生きていくことはできない。だから救いの手を僕は差し伸べるんだ。 自己 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:春の小説 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:441字
街一番の桜の木。その根元に一冊のノートが置いてあった。不思議に思い中を確認すると、それは誰かが手書きで書いた物語だった。内容は一人の少女の心情を唯唯書き綴った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼が愛した女 ※未完
作者:はるちか お題:彼が愛した女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1079字
彼女の第一印象は最悪だった。「ここは俺に任せて先に行け」と言うのは死亡フラグの常套句になりつつある。戦場でそんなことを言ったやつは大抵思わぬ伏兵が現れたり最終兵 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:裏切りの彼 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:830字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ドイツ式の春雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:644字
「お母さん、今日ドイツ人のマット君が来るから」 息子から突然飛び出した言葉に私は心底びっくりさせられた。急に言われても困る。こちらにも心の準備というものがあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:ダイナミックな息子 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字
その日も彼は談話室の端に置かれている一人がけソファの上で窮屈そうに膝を抱え、真剣な眼差しで文庫本を読んでいた。私が彼を認識する時は決まって、談話室のあのソファの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:寒い旅行 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:880字
独り寝の寒さが心身とこたえる。元々一人用だったベッドがやたらと広く感じた。目を瞑れば、あの時の思い出が蘇って、全く眠らせてくれない。記憶に一人旅行をさせれば涙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にせくまもん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1062字
手の甲を顔に近づけて、吸い込んだ煙をゆっくり吐き出す。その手にまとわりついたバニラの匂いを静かに嗅いぐ。どうしてこんなことになったのか。二週間前に仕事を首になっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アブノーマルな花 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:987字
山に一輪の花が咲いていた。 その花はとても綺麗で見るものを引き込み、そして死に追いやるという普通の花ではない一風変わった花。 だがその花を追い求め山に登る物は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の勇者 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:176字
人に誇れるような人生を送ってきたわけではない。それよりも、いつだって人に知られることのない裏側ばかりを縫うように生きてきていた。だから今回、表舞台も表舞台、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:危ない失踪 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:609字
生命の存在しない地球を想像できるだろうか?僕は想像できないだってそれはもう地球じゃないから彼女が望んだものも無くなってしまうのだから…————————————— 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉