お題:秋の血 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1350字
[削除]



 窓からびゅうと吹きこんできた風が思いのほか冷たくて、身をすくめた。寒い。もう秋なんだ、と今更のように実感する。
 私は部屋を見渡し、作り付けのクローゼットの扉を開ける。しばらく物色すると、今の時期にぴったりな大柄なコートを発掘できた。着てみると私の身長には少し合わない一品なのだが、まあ、この寒さをしのぐには丁度いい。
 アパートの一室であるこの部屋を抜け出し、電灯に照らされた夜の街を行く。空を見上げると星が出ていた。雲は晴れているらしい。こうも街中が明るいと美しい夜空と言うのは全く見れなくて、それが少し残念だった。
 私の足は真っ直ぐに行きつけの酒場へと向いていた。こんなさびしい一人の夜、飲まなければやってはいられない。
 もう何度も足を運んだ、くたびれた暖簾を掻き分けて店へと入る。いらっしゃい、と控えめに声をかけてくれた店長意外に、客は一人しかいなかった。だというのに、その一人が知り合いなものだから、世間の狭さを実感する。
 カウンターに座ってちびちびとグラスを煽っていたらしいその男は、私の姿を見て片手を挙げた。
「やあ」
 そうされてしまっては、隣に座るほかない。一人になりたい気分だったが、まあそれならそれで仕方がないだろう。私はこれ見よがしにため息をついて、彼の隣に座った。
「久しぶりだね。どうだい、仕事は?」
「何時もどおりよ。そっちこそどうなの」
「順調さ。どうしたんだいそのコート。君には大きすぎるようだけど」
「手に届くところにあったから羽織ってきただけ」
 店長が前にやってきたので、とりあえず生を一つ、と頼む。
 隣の男が意外そうな顔をした。
「生なんて飲むのかい。お洒落にカクテル頼んでるイメージだったけど」
「漸く仕事が上がったところなの。一気に流し込んで面倒を忘れたい気分なのよ、今は」
 ビールはすぐに運ばれてくる。食べるものはどうしようかと少し迷ったけれど、それよりも喉の渇きを先に潤そうと考え、それを手にとった。
 男が愉しそうな顔をしながらグラスを持ち上げてくるのが視界の端に映る。ため息をもう一つこぼして、グラスを軽くぶつけた。
「乾杯」
「何に対してのよ」
「勿論、君の仕事上がりに対して」
「思っても無いくせに」
 ぐい、と喉の奥に流し込む。にがい。だけど、おいしい。ビールが胃袋の中に落ちていく感覚と一緒に、疲れきった身体が癒えていく。そんな気がした。
「君、一気に飲みすぎだ。中毒になる。酒に殺されるよ」
「ふん、酒に人間が殺せるわけがないじゃない。殺すのは何時だって人間よ。私が私を殺すの」
「もう酔いが回ってるのかい? しかし、そんな無茶な自殺の方法を選ぶ必要はないじゃないか。死にたいなら俺が殺してあげるよ」
「あんたの手にかかるなんて真っ平ごめんだわ。自分の死に方は自分で決める」
「それは結構なことだ」
 男は笑って、
「だけどね」
 と、目を細める。
「だったら殺される場所を選べるように、気をつけておくべきだと思うね」
 ふん、と私は鼻を鳴らす。メニュー表を開いて、さて、何を食べようかと思案する。
「臭うよ、血」
 黙っていればいいのに、余計なことを言う男だ、と思った。コートの裏に隠している赤が重く感じるじゃないか。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:よしづきゆうら お題:かたい寒空 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:350字
下調べはばっちりだ。 瓶はゆらさないように保管しておき、かたむけた背の高いタンブラーのなかをつたうようにして、ゆっくりしずかに注いでいく。 ふかみのある濁った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よしづきゆうら お題:素朴な言い訳 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:176 人 文字数:1015字
おもったとおり、山にあるちいさな公園からみるお月さまは格別だった。 秋の夜空はたかくて、どこまでも澄んでいる。人恋しくなるようなすこし肌寒い夜を、やわらかな光 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:果沖千穂 お題:求めていたのは命日 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:156 人 文字数:810字
彼が死んだらしいという噂を聞いたのは、もう4年前のことだ。 彼とは、大学の寮で同室だった。社交的な性格ではなく、みんなの集まる寮の広間には寄り付かないで部屋で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほこりつもる お題:かゆくなる夜 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:314 人 文字数:1558字
ビールを4本あけた。左の二の腕がかゆい。30日前、一匹の蛾がお風呂場に舞い込んだ。断れなかった新聞がポストに溜まっていたために、そのスキマからしのびこんだと思わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななせʅ(´⊙౪⊙`)ʃグンマー お題:日本小説修行 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:306 人 文字数:1209字
頭が痛いのは、もうすぐ雨が来るからだろうか。それとも、君のせいだろうか。長年使いこんだおかげで、いたるところ錆だらけの自転車を押して、駅に向かう。どうせ歩くのな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナミヒロ お題:求めていたのは巨人 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:223 人 文字数:1393字
溢れ出たまばゆい光に目を焼かれた。とっさに両腕を顔にやって目を庇う。真白に塗りつぶされた視界は輪郭の判別がつかない。光の中心なら尚更である。「成功ですか!?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大人の武器 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:292 人 文字数:2708字
ペペロは揺れていました。昔何度かいったことのある少年自然の家のアスレチックにあるロープだけの橋のちょうど真ん中で揺れていました。怖くて前にも後ろにもいけない感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:0401 お題:かっこ悪い本 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:532 人 文字数:576字
「先輩……それは何ですか……?」先輩はもうすでに酔いがある程度まわっているらしく、自分の足にガムテープを張り付けては勢いよくめくり、自分のスネ毛を収集し「いてぇ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヤンヘラが主食のフェル お題:許せない策略 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:492 人 文字数:937字
カランと、オシャレなグラスに入った氷は崩れる。中には名前も知らないカクテルが入っていた。何故僕が、このカクテルの名を知らないのか。それは、僕の目の前でゆるりとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:マボグラビティ お題:名前も知らない狸 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:1537字
「おいんとこの山はの~、そりゃあ昔は、賑やかやったじゃ」「はぁ……さいですか……」「しかもの~、これが面白いやつがいてな、皆からは仙人なんて呼ばれとったんじゃが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の夜中 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1013字
青い闇の中、魚が泳いでいる。 夕焼け色の魚。虹色の魚。月光の色をした魚。周囲に溶け込むような、青い闇と同じ色の魚。 私もまた、魚たちと闇の中を漂っている。 か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本誰か 必須要素:あげぽよ 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1584字
大変なことになってしまった。私は頭を抱えた。わたしの妹は今踊っている。ニタニタ笑いながら、盆踊りなのか、ベリーダンスなのかも全く分からない踊りを。それも、「あげ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱いオチ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:643字
「さあ、みんなで歌を唄いましょう!」「ラララ、ラララ、ラララ」少し離れたのどかな幼稚園の庭先で、園児たちが保母たちと歌を唄っている。雲ひとつ無い青い空。世界が溶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:子供のアパート 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:343字
なんてことのない、ちいさな公園。普段なら寂れたそこに、今日は子供たちが座り込んで何かやっているようだ。やがて「できたよ」「こっちも」と小さく歓声が上がる。木の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月の美術館 必須要素:甘栗 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2914字
私がなぜ美術館に行くことになったのか。それは友人である砂野の返しに返せぬ修羅の如き推しによるものであった。そもそも私は、美術というものに理解がない。ゴッホやルメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の夢 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:182字
厚いグラスに注がれる液体。夏の海に飛び込んだみたいに、ぷくぷく泡が浮かんでる。グラスを揺らせば、透明な宝石がカラカラ音を立てる。私は宝石が溶けかけたそれを、コク 〈続きを読む〉