お題:魅惑の孤島 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:2302字
[削除]

創作料理・宝島 ※未完
宝島に関してはいろいろな噂があった。
宝島は海の上を動いている。宝島には金銀財宝はない。宝島に行けば真の男になれる……。中には、宝島はチート能力をゲットするための施設だという眉唾のものまであったが、まあこれは嘘だろう。
噂はたいていが宝島に行ったヤツから聞いたのだが……を枕詞に語られたが、中には自分が宝島に行ったと言って語る人もいた。おもしろいのは、また聞きの噂のほうが信憑性があるように思えるところで、宝島に行ったと豪語するヤツが語ったのはとんだホラ話だった。
チートうんぬんという意味不明なことを言ってたのが、その「本人」様の話だ。チートとかいう耳慣れない言葉を使ったりで、まったく信じる気になれなかった。
まあ、どの噂が本当でどの噂が嘘かはともかく、噂が流れ始めてから相当長い年月がたつのにいまだに噂されているから、宝島があるというところを疑う必要はなさそうだ。

少年・エンジーは情報収集を十分にすると、満を持して冒険仲間とともに宝島へ出発した。
運も良かったのだろう、エンジーの船は大きく迷うことなく宝島へ到着した。
驚いたのは、宝島が実は島ではなかったことだ。それは大きな船だった。こんな船を作れる人がいるはずはないから、神代に作られたものが今まで残っていたということだろう。神代のアイテムはてのひら大のサイズでも売ればすごい金額になると聞くから、この船はとんでもない価値なのだろう。島でこそなかったが、船自体が宝だったというわけだ。
そして、エンジーは宝島が海の上を動いているという噂は本当だったことに気づいた。

その巨大な船に到着したのは夕方で、船に乗りこむころには日が暮れかけていた。
太陽はちょうど巨大な船の向こう側へ沈んでいく。オレンジ色の夕日が縁取っていて、船の輪郭がよく見えた。全体を見ようとしても、それがあまりにも巨大なので船の影を見上げることになり、エンジーはくらりと一歩よろけた。
「大丈夫ですかい」
と船員(と呼ぶべきだろう。島ではなかったのだから島民とは呼べまい)の男が言った。男が肩を支えようと身構えたが、エンジーは自力でバランスを取った。
「大丈夫っす」
「ガハハ! 坊主、根性あるなあ! これなら、いい冒険者になれそうだ」
「それ本当っすか?」
「まあ、半分は適当だ! ガハハハハ!」
「なんなんすか……」
たしかに、根性うんぬんで冒険者としてうまくやっていけるかが決まるとも思えない。そもそも、先ほどのやりとりのどこに根性があると感じたのかも不明だった。
エンジーはがっくりとして下を見た。すこし目が慣れてきたとはいえ、暗い。床は平になっているようだから不安はないが、足元すらはっきりとは見えなかった。
「おっ」
 と男が言った。なにごとかと思い顔を上げると、前方に光が見えた。今、明かりがついたようだ。
「やっと火をつけたかよ、あのおっさんはよ!」
(あんたもおっさんでは?)
 エンジーはという言葉を飲み込んだ。
 それは赤い光だった。火の光よりもさらに赤く、不気味な感じもした。なんらかの文字が光の中に浮かんでいるようだが、エンジーの視力では判別できない。
「さ、行きましょうや」
「う、ウス……」
正直ためらいはあったが、「根性」と言われたのが影響したのかビビってるように思われまいという意識が働いた。
「お仲間はもう先に行ってますぜ」
言われて、仲間のことを考える余裕すら失っていたことに気づいた。あいつらは無事だろうか。
「……あれ? 行くって、あそこに行くと何があるんすか?」
「おお! そういえば言ってなかったな! すまんな!」
 男がガハハと笑った。笑い方など、下手をすれば陸の冒険者のおっさんよりも野性味がある。やたらムキムキしているし、このおっさんなら冒険者としても活躍できるだろうな、とエンジーは思った。
「あそこにあるのはな、飯屋だ。俺もこう見えて店員なんでさ」
「マジっすか」
「マジですぜ」
 と男は言った。

絶品だった。らあめんという見たこともない料理を、すすめられるままに食べたが、陸で大枚はたいて注文した肉なんかよりよほどうまかった。
エンジーが店まで案内される頃には、赤い光の正体もわかった。それは不思議な形のランプで、聞けば色紙で光の色を変えているようだった。ランプに書かれた文字も、そこからなら読むことができた。
『創作料理・宝島』と書いてあった。
不思議なカーテンのようなものをくぐって店に入ると、案内の男が「いらっしゃいあせ!」と言った。
仲間たちも、見たことなない料理をふるまわれていたようだった。酒も入っていないのに、エンジー以外は寝てしまっていた。
「そうだ。お題はいくらっすか」
思い出すとサッと血の気が引くようだった。すすめられるままに食べてしまったが、値段を聞いていない。
店のマスター(こちらもいかついおっさんだ)が言う。
「なあに、出世払いでいいさ」
「助かるっすけど、それでいいんすか?」
「いいってことよ。また来店するくらいできるだろ?」
(いや、できるっすかね……)と思ったが、言わない。
「そうさなあ。冒険でお宝をゲットしたら、そいつを持ってきてくれよ。その時はまた一杯食わせてやらあ」
その言葉に反応して、反射的によだれが出る。じゅるり……。この店の味に魅了されてしまったようだ。それをぬぐってから、エンジーは反論する。
「でも! お宝なんてゲットできるとも限らないっすよ」
「じゃあ、根性見せねえとな」
と言って、マスターは不敵に笑った。
エンジーは諦めて冒険がんばろうと思った。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夜猫 お題:魅惑の孤島 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:754字
「来月にはなんとかなりそうね。」とある主婦は節約を重ねている。「やっと目標額達成だ。」とある大学生は、500円玉貯金を成功させる。「禁煙したかいがあった。やっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:認識の誤り お題:魅惑の孤島 必須要素:人間使用不可 制限時間:30分 読者:204 人 文字数:1153字
自然に溢れた場所。 なんていう言い方も出来る。 人工の手が入っていないつまらない場所。 なんていう言い方も出来る。 どれも正しいことで、どれも決め付けるには間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@にじそうさく 3階H-09 お題:すごい旅行 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1974字
「水筒は持った?」「……うん」「着替えと、寝袋は?」「……うん、持ってるよ」「よろしい! あとはお姉ちゃんが全部持っていくからね。それじゃあ――」 出発だ! と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しば@クシーバ お題:1000の処刑人 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1893字
強い強い風が吹く。先日までの寒さを吹き飛ばすような温かい暴風、春一番だ。まあ得てして春一番が収まればまた寒くなったりするものだが。しかし今年はタイミングが悪かっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まくら お題:めっちゃ母性 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1278字
俺には好きな子がいる。幼稚園の頃からの幼馴染でいつも一緒。危なっかしくて目が離せない奴だと昔から思っていた。俺が支えて守ってやらなきゃと思い始めたのはいつからだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:滅天使://人生の2割しか自宅にいない確定 お題:そ、それは・・・冒険 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1997字
我が高校の生徒会長は、なんというか、なんとも言えない人だ。 部活は弁論部で、原稿を片手に人前に立って演説するときの「楽しそうだな」感はすごい。だからあがり症と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みーたん お題:騙されたうどん 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1105字
ドラマ「結婚できない男」で、スパゲティとパスタの違いを語るシーンがあって、それで阿部寛が言うには、決め手は麺の太さらしかった。いい笑顔で延々と語る阿部寛を引き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:遠野未明@ことほぐ お題:蓋然性のある計算 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1118字
島の南端に高い山がある。ほぼ岩なので草も木もそんなに生えてない。山頂にはギリギリ家一軒の立つスペースがあり、頭のてっぺんがまん丸な天文ドームのついた、二階建て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:信用のない声 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:1665字
「僕のふるさとは桃色のまちでした」うたうように彼が話す。「秋の日暮れに、八百屋に並ぶ桃がありますね。ああいう風に、ちょっと寂しげで暖かい色をしたまちでした」椅子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:楽しかった愛 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:181字
振り返った壁が緑色に見えた。勿論、それは錯覚だ。錯覚とは、やはり逃避か。目を逸らしても、現実は僕にその残酷さでもって突き刺さる。 あぁ、壊れてしまったんだ。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の夜中 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1013字
青い闇の中、魚が泳いでいる。 夕焼け色の魚。虹色の魚。月光の色をした魚。周囲に溶け込むような、青い闇と同じ色の魚。 私もまた、魚たちと闇の中を漂っている。 か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本誰か 必須要素:あげぽよ 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1584字
大変なことになってしまった。私は頭を抱えた。わたしの妹は今踊っている。ニタニタ笑いながら、盆踊りなのか、ベリーダンスなのかも全く分からない踊りを。それも、「あげ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱いオチ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:643字
「さあ、みんなで歌を唄いましょう!」「ラララ、ラララ、ラララ」少し離れたのどかな幼稚園の庭先で、園児たちが保母たちと歌を唄っている。雲ひとつ無い青い空。世界が溶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:子供のアパート 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:343字
なんてことのない、ちいさな公園。普段なら寂れたそこに、今日は子供たちが座り込んで何かやっているようだ。やがて「できたよ」「こっちも」と小さく歓声が上がる。木の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:3月の美術館 必須要素:甘栗 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2914字
私がなぜ美術館に行くことになったのか。それは友人である砂野の返しに返せぬ修羅の如き推しによるものであった。そもそも私は、美術というものに理解がない。ゴッホやルメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の夢 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:182字
厚いグラスに注がれる液体。夏の海に飛び込んだみたいに、ぷくぷく泡が浮かんでる。グラスを揺らせば、透明な宝石がカラカラ音を立てる。私は宝石が溶けかけたそれを、コク 〈続きを読む〉