お題:魅惑の孤島 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2302字
[削除]

創作料理・宝島 ※未完
宝島に関してはいろいろな噂があった。
宝島は海の上を動いている。宝島には金銀財宝はない。宝島に行けば真の男になれる……。中には、宝島はチート能力をゲットするための施設だという眉唾のものまであったが、まあこれは嘘だろう。
噂はたいていが宝島に行ったヤツから聞いたのだが……を枕詞に語られたが、中には自分が宝島に行ったと言って語る人もいた。おもしろいのは、また聞きの噂のほうが信憑性があるように思えるところで、宝島に行ったと豪語するヤツが語ったのはとんだホラ話だった。
チートうんぬんという意味不明なことを言ってたのが、その「本人」様の話だ。チートとかいう耳慣れない言葉を使ったりで、まったく信じる気になれなかった。
まあ、どの噂が本当でどの噂が嘘かはともかく、噂が流れ始めてから相当長い年月がたつのにいまだに噂されているから、宝島があるというところを疑う必要はなさそうだ。

少年・エンジーは情報収集を十分にすると、満を持して冒険仲間とともに宝島へ出発した。
運も良かったのだろう、エンジーの船は大きく迷うことなく宝島へ到着した。
驚いたのは、宝島が実は島ではなかったことだ。それは大きな船だった。こんな船を作れる人がいるはずはないから、神代に作られたものが今まで残っていたということだろう。神代のアイテムはてのひら大のサイズでも売ればすごい金額になると聞くから、この船はとんでもない価値なのだろう。島でこそなかったが、船自体が宝だったというわけだ。
そして、エンジーは宝島が海の上を動いているという噂は本当だったことに気づいた。

その巨大な船に到着したのは夕方で、船に乗りこむころには日が暮れかけていた。
太陽はちょうど巨大な船の向こう側へ沈んでいく。オレンジ色の夕日が縁取っていて、船の輪郭がよく見えた。全体を見ようとしても、それがあまりにも巨大なので船の影を見上げることになり、エンジーはくらりと一歩よろけた。
「大丈夫ですかい」
と船員(と呼ぶべきだろう。島ではなかったのだから島民とは呼べまい)の男が言った。男が肩を支えようと身構えたが、エンジーは自力でバランスを取った。
「大丈夫っす」
「ガハハ! 坊主、根性あるなあ! これなら、いい冒険者になれそうだ」
「それ本当っすか?」
「まあ、半分は適当だ! ガハハハハ!」
「なんなんすか……」
たしかに、根性うんぬんで冒険者としてうまくやっていけるかが決まるとも思えない。そもそも、先ほどのやりとりのどこに根性があると感じたのかも不明だった。
エンジーはがっくりとして下を見た。すこし目が慣れてきたとはいえ、暗い。床は平になっているようだから不安はないが、足元すらはっきりとは見えなかった。
「おっ」
 と男が言った。なにごとかと思い顔を上げると、前方に光が見えた。今、明かりがついたようだ。
「やっと火をつけたかよ、あのおっさんはよ!」
(あんたもおっさんでは?)
 エンジーはという言葉を飲み込んだ。
 それは赤い光だった。火の光よりもさらに赤く、不気味な感じもした。なんらかの文字が光の中に浮かんでいるようだが、エンジーの視力では判別できない。
「さ、行きましょうや」
「う、ウス……」
正直ためらいはあったが、「根性」と言われたのが影響したのかビビってるように思われまいという意識が働いた。
「お仲間はもう先に行ってますぜ」
言われて、仲間のことを考える余裕すら失っていたことに気づいた。あいつらは無事だろうか。
「……あれ? 行くって、あそこに行くと何があるんすか?」
「おお! そういえば言ってなかったな! すまんな!」
 男がガハハと笑った。笑い方など、下手をすれば陸の冒険者のおっさんよりも野性味がある。やたらムキムキしているし、このおっさんなら冒険者としても活躍できるだろうな、とエンジーは思った。
「あそこにあるのはな、飯屋だ。俺もこう見えて店員なんでさ」
「マジっすか」
「マジですぜ」
 と男は言った。

絶品だった。らあめんという見たこともない料理を、すすめられるままに食べたが、陸で大枚はたいて注文した肉なんかよりよほどうまかった。
エンジーが店まで案内される頃には、赤い光の正体もわかった。それは不思議な形のランプで、聞けば色紙で光の色を変えているようだった。ランプに書かれた文字も、そこからなら読むことができた。
『創作料理・宝島』と書いてあった。
不思議なカーテンのようなものをくぐって店に入ると、案内の男が「いらっしゃいあせ!」と言った。
仲間たちも、見たことなない料理をふるまわれていたようだった。酒も入っていないのに、エンジー以外は寝てしまっていた。
「そうだ。お題はいくらっすか」
思い出すとサッと血の気が引くようだった。すすめられるままに食べてしまったが、値段を聞いていない。
店のマスター(こちらもいかついおっさんだ)が言う。
「なあに、出世払いでいいさ」
「助かるっすけど、それでいいんすか?」
「いいってことよ。また来店するくらいできるだろ?」
(いや、できるっすかね……)と思ったが、言わない。
「そうさなあ。冒険でお宝をゲットしたら、そいつを持ってきてくれよ。その時はまた一杯食わせてやらあ」
その言葉に反応して、反射的によだれが出る。じゅるり……。この店の味に魅了されてしまったようだ。それをぬぐってから、エンジーは反論する。
「でも! お宝なんてゲットできるとも限らないっすよ」
「じゃあ、根性見せねえとな」
と言って、マスターは不敵に笑った。
エンジーは諦めて冒険がんばろうと思った。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夜猫 お題:魅惑の孤島 制限時間:30分 読者:218 人 文字数:754字
「来月にはなんとかなりそうね。」とある主婦は節約を重ねている。「やっと目標額達成だ。」とある大学生は、500円玉貯金を成功させる。「禁煙したかいがあった。やっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:認識の誤り お題:魅惑の孤島 必須要素:人間使用不可 制限時間:30分 読者:207 人 文字数:1153字
自然に溢れた場所。 なんていう言い方も出来る。 人工の手が入っていないつまらない場所。 なんていう言い方も出来る。 どれも正しいことで、どれも決め付けるには間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:鈍いぷにぷに 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:152字
時刻は十二時。同居している女性が帰ってきた。 普段は聞きもしないのに、あれこれ言ってくるのに、今日は一言も喋らない。 困った男は、SNSで友人に相談する。 ― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:冷静と情熱の間にあるのは博物館 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2512字
海の近くの小さな文学館。響きだけでなかなか美しいものだけれど、なんと私が住んでいる街に本当にあった。それを知ったのは何ヶ月も前で、そしてずっと行っていなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:戦争と男祭り! 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:456字
昔々、ある国に殿様がおってな。 その殿様は、ある悩みを抱えておったそうな。「のう、百姓どもを皆、兵にできぬのか?」「それはなりませぬ。そのような事をなされれば 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:賢い小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1384字
(今日は佐藤悠二さんの誕生日です)久々に開いたPCのディスプレイに表示されて、息を飲む。 何年か前に、悠二は死んだ。 酒も飲まずに夜を持て余していて、吸いたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:誰かは食堂 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:369字
昼の時間、学食が混雑する光景は、何処でも見られることだろう。 席の奪い合いが激化するのは、必然の事である。 一番――恐らく、誰しもが考えるのが、より早く食堂へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:日本霧 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:912字
真っ白な霧に覆われた道路を一両の車が走る。僅か先しか見渡せないほどに霧は濃く、まるで異世界に迷い込んでしまったかのような気分さえ車内の彼らに感じさせた。「ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:死にぞこないの錬金術 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:922字
陰鬱な黒い山脈を背に、その小屋は、ぽつんと立っていた。 私がこんな場所に来たのは、迷ったわけではなく、依頼を受けた為だ。 内容は、この小屋に住む錬金術師から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おかゆはガチャに課金しない お題:昼間の演技 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:739字
青い器に盛られたスープは透明感のある赤褐色で、まだ湯気を立てている。冷たく冷えた指先を器に押し当てて暖を取りながら、付けっ放しのテレビを眺め、レンジの中で未だ回 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の勇者 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:176字
人に誇れるような人生を送ってきたわけではない。それよりも、いつだって人に知られることのない裏側ばかりを縫うように生きてきていた。だから今回、表舞台も表舞台、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:危ない失踪 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:609字
生命の存在しない地球を想像できるだろうか?僕は想像できないだってそれはもう地球じゃないから彼女が望んだものも無くなってしまうのだから…————————————— 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉