お題:幸福な美術館 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1125字

終わらせたくないような気もする宿題
もし、あなたの望みが何でも叶うのならば何を願いますか。
「変な看板」
小さな美術館の扉には古臭い字体でそんな文句が刻みつけられていた。少年は手を伸ばしてぺたぺたと触れてみる。
「あ」
金属の感触は快い冷たさだったが、指紋がべったり付いてしまった。指紋と言うと指先だけの印象を与えてしまいかねない。少年の残してしまった痕は指先どころではなかったのだから、手形とでも言うべきだろうか。仕方ないと少年はあまり気に止めることもなく、扉を開いた。
「こんにちは、ボク。どうしたのかな」
受付の女性がにこやかに話しかける。少年は少し背伸びをして高い受付台からひょっこりと顔を出して答える。
「夏休みの宿題で、何か絵に描きたいんです。いいですか」
首から下げた画板を見せる時には、思い切り背伸びをしなければならなかった。受付の女性は勿論というように頷き、座り込んではいけない等いくつかの注意を教えてくれた。
美術館は盛況という訳でもないらしく、人の影はまばらだった。下手に注目されたりすれば終わる宿題も終わらないというものだ。少年は自分の幸運にお気に入りの歌でも口ずさみたい気分だったが、流石に気が引けて声を出さず、唇だけを動かした。
別段、何を描けという指定は教師からはされていなかった。なら描きやすいものが良い。人物や生き物はじっとしていないから描きづらい。風景はそこら中に溢れすぎていて、どこを切り取ったものやら考えるだけで夏休みが終わりそうだった。そんな訳で少年は動かず、輪郭や額縁がはっきりしている芸術品を描くべくここに来たのだった。
「ど、れ、に、し、よ、う、か、な」
小声で適当にあちこちを指差し、少年は亀の形をした焼き物を描くことにした。
あまり写実的ではなく、デフォルメされた形は描きやすそうに見えて安心したのもつかの間のことだった。曲線数本で描けるシルエットは洗練され尽くしていて、少年が画用紙に同じような曲線を描いてもどうにも亀の形を為さず、ただの饅頭じみたものになってしまう。厄介なものを選んでしまったかな、と題材を選び直すことも検討したが、意地があった。そうこうしているうちに、受付の女性が「もう帰った方がいいかもしれないよ」と声をかけてくれる。閉館時間にはまだ間があったが、家に帰るには良い頃合いだった。
「まだ途中だから、また来ます」
少年が絵を隠しながらそう言うと女性は可愛らしいものを見た少女のように目を細めてくすぐったそうに笑う。
入る時に手形をべったり付けてしまった板を今度も触り、「これ、ちゃんと完成しますように」と少年は呟いた。すこし考えて、今日一番の小さな声でこう付け加える。
「今度来た時もあのお姉さんがいますように」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:未熟なサーブ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:734字
嫌だー! 今日から当分体育の授業はバレーボールだ! サボりたい。体育自体苦手だけど特に球技は嫌だ。 運動神経のなさがもろに出る。 しかもチーム競技はまわりの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やのたつみ お題:素人の検察官 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:933字
何度目の指摘だろう、「違うでしょう」と言ってもコイツは納得しない。どうして定食屋である私が、知能労働者である検察官に代わって、頭をひねらないといけないのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:宿命の経歴 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:717字
俺はこの面接に賭けていた。絶対に合格してやる。 そして――。「ここには10年前から最近までの経歴に『選ばれし勇者』とありますが、どのような活躍をなされていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいうえお ※未完
作者:匿名さん お題:軽い霧 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:775字
目の前の参考書が悪魔に思えてきた。何周したってうろ覚えの箇所ばかりだ。何時間もかけて解いてるっていうのに、なぜ身につかないんだ。こんなやり方でいいのだろうか。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きむかいゆきお お題:日本海辺 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:570字
車を降りると潮の匂いがした。 日差しが照りつける中、強い風が心地よい。 「ここ、観光客が少ない穴場なんだ」 白いワンピースに麦わら帽子を着てくるあたり良くわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪(創作垢) お題:大好きなうどん 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:976字
僕は雪下 冬野。なんでも食べるのが大好き!挽斗「・・・・・あんまり食べ過ぎるなよ?」冬野「いいじゃないか。 僕だってなんでも食べるのが好きだからさ」春子「嫌いな 〈続きを読む〉

お月見@聖女此処に降臨せりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:幸福な美術館 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1125字
もし、あなたの望みが何でも叶うのならば何を願いますか。「変な看板」小さな美術館の扉には古臭い字体でそんな文句が刻みつけられていた。少年は手を伸ばしてぺたぺたと触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:信用のない声 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1665字
「僕のふるさとは桃色のまちでした」うたうように彼が話す。「秋の日暮れに、八百屋に並ぶ桃がありますね。ああいう風に、ちょっと寂しげで暖かい色をしたまちでした」椅子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:過去のお尻 必須要素:200字以内 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:200字
「女の尻を追っかけてって言葉があるよね」ふと女性が思いついたように口にした。「あれは追っかけてる時が一番楽しいんだろうけどさ、もし捕まえちゃったらどうするんだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:黄金の敗北 制限時間:2時間 読者:47 人 文字数:3352字
ガラスケースに並ぶのは上品な輝きを放つ宝石たちだ。店内の明かりも計算され尽くしたものなのか、しっとりとした光でアクセサリーを包んでいる。品の良い老人が椅子に座り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:遅すぎた火 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:1769字
悲しい音色の笛が遠くに聴こえて、彼は目を閉じた。辺りは粘つく夜の気配に包まれ、手を伸ばそうとも自分の指先すら見えない。吸い込む空気は湿り気を帯びて彼の肺を水気で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:不思議な目 必須要素:セリフ無し 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:2287字
絵の具のチューブから絞り出したような色の葉からこぼれ落ちる木漏れ日を数える少年がいた。風が木の葉を揺らすたびに道路に落ちた木漏れ日は形を変える。母から無理に被せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:贖罪の美術館 必須要素:復讐劇 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2198字
こんばんは。こんな夜更けに芸術鑑賞ですか。いえ、文句を言っている訳ではありませんよ。あなたが門の前に立ってらっしゃるのが気にかかっただけです。ええ、もうとうに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:それいけサーブ 必須要素:チョイ役 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:2515字
彼は舞台の袖と呼ばれる場所に立っていた。絢爛豪華なりし舞台は今、演劇の行われている真っ最中である。彼の作ったティアラを載せた王女が天真爛漫に貴族の間を跳ね回る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:8月の自動車 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:770字
「朝顔が咲くところを見たい」子供がそう言うので、私は朝早くに目覚ましをかけた。「ほら起きて。朝顔が咲いてしまうよ」だが、当の本人は眠気には勝てないらしく、寝言を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:昨日の風 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:589字
昨日の夜はとても楽しかった。密かに憧れている同じクラスの翔太くんと帰ることができたから。部活が長引いてしまい、校門を出た時にはもう辺りは真っ暗だった。グラウンド 〈続きを読む〉