お題:幸福な美術館 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1125字

終わらせたくないような気もする宿題
もし、あなたの望みが何でも叶うのならば何を願いますか。
「変な看板」
小さな美術館の扉には古臭い字体でそんな文句が刻みつけられていた。少年は手を伸ばしてぺたぺたと触れてみる。
「あ」
金属の感触は快い冷たさだったが、指紋がべったり付いてしまった。指紋と言うと指先だけの印象を与えてしまいかねない。少年の残してしまった痕は指先どころではなかったのだから、手形とでも言うべきだろうか。仕方ないと少年はあまり気に止めることもなく、扉を開いた。
「こんにちは、ボク。どうしたのかな」
受付の女性がにこやかに話しかける。少年は少し背伸びをして高い受付台からひょっこりと顔を出して答える。
「夏休みの宿題で、何か絵に描きたいんです。いいですか」
首から下げた画板を見せる時には、思い切り背伸びをしなければならなかった。受付の女性は勿論というように頷き、座り込んではいけない等いくつかの注意を教えてくれた。
美術館は盛況という訳でもないらしく、人の影はまばらだった。下手に注目されたりすれば終わる宿題も終わらないというものだ。少年は自分の幸運にお気に入りの歌でも口ずさみたい気分だったが、流石に気が引けて声を出さず、唇だけを動かした。
別段、何を描けという指定は教師からはされていなかった。なら描きやすいものが良い。人物や生き物はじっとしていないから描きづらい。風景はそこら中に溢れすぎていて、どこを切り取ったものやら考えるだけで夏休みが終わりそうだった。そんな訳で少年は動かず、輪郭や額縁がはっきりしている芸術品を描くべくここに来たのだった。
「ど、れ、に、し、よ、う、か、な」
小声で適当にあちこちを指差し、少年は亀の形をした焼き物を描くことにした。
あまり写実的ではなく、デフォルメされた形は描きやすそうに見えて安心したのもつかの間のことだった。曲線数本で描けるシルエットは洗練され尽くしていて、少年が画用紙に同じような曲線を描いてもどうにも亀の形を為さず、ただの饅頭じみたものになってしまう。厄介なものを選んでしまったかな、と題材を選び直すことも検討したが、意地があった。そうこうしているうちに、受付の女性が「もう帰った方がいいかもしれないよ」と声をかけてくれる。閉館時間にはまだ間があったが、家に帰るには良い頃合いだった。
「まだ途中だから、また来ます」
少年が絵を隠しながらそう言うと女性は可愛らしいものを見た少女のように目を細めてくすぐったそうに笑う。
入る時に手形をべったり付けてしまった板を今度も触り、「これ、ちゃんと完成しますように」と少年は呟いた。すこし考えて、今日一番の小さな声でこう付け加える。
「今度来た時もあのお姉さんがいますように」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:情熱的な幻想 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1298字
彼女との出会いは数ヶ月前、それは周期的に月が燃える、その始まりの夜であった。街では老若男女問わずに、燃え盛る月の由来なんて知らずに浮かれ騒ぎ、祭りを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りぜ お題:彼女の高給取り 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1443字
社会人になって3年目。何事も3年続ければ変わるとはよくいったもので、ようやく仕事にも慣れてきた。働き出して一番嬉しいことは、彼女とデートをするときに支払ってあ 〈続きを読む〉

お月見@聖女此処に降臨せりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:幸福な美術館 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1125字
もし、あなたの望みが何でも叶うのならば何を願いますか。「変な看板」小さな美術館の扉には古臭い字体でそんな文句が刻みつけられていた。少年は手を伸ばしてぺたぺたと触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:信用のない声 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1665字
「僕のふるさとは桃色のまちでした」うたうように彼が話す。「秋の日暮れに、八百屋に並ぶ桃がありますね。ああいう風に、ちょっと寂しげで暖かい色をしたまちでした」椅子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:過去のお尻 必須要素:200字以内 制限時間:2時間 読者:36 人 文字数:200字
「女の尻を追っかけてって言葉があるよね」ふと女性が思いついたように口にした。「あれは追っかけてる時が一番楽しいんだろうけどさ、もし捕まえちゃったらどうするんだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:黄金の敗北 制限時間:2時間 読者:57 人 文字数:3352字
ガラスケースに並ぶのは上品な輝きを放つ宝石たちだ。店内の明かりも計算され尽くしたものなのか、しっとりとした光でアクセサリーを包んでいる。品の良い老人が椅子に座り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:遅すぎた火 制限時間:2時間 読者:50 人 文字数:1769字
悲しい音色の笛が遠くに聴こえて、彼は目を閉じた。辺りは粘つく夜の気配に包まれ、手を伸ばそうとも自分の指先すら見えない。吸い込む空気は湿り気を帯びて彼の肺を水気で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:不思議な目 必須要素:セリフ無し 制限時間:2時間 読者:47 人 文字数:2287字
絵の具のチューブから絞り出したような色の葉からこぼれ落ちる木漏れ日を数える少年がいた。風が木の葉を揺らすたびに道路に落ちた木漏れ日は形を変える。母から無理に被せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:贖罪の美術館 必須要素:復讐劇 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2198字
こんばんは。こんな夜更けに芸術鑑賞ですか。いえ、文句を言っている訳ではありませんよ。あなたが門の前に立ってらっしゃるのが気にかかっただけです。ええ、もうとうに閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:それいけサーブ 必須要素:チョイ役 制限時間:2時間 読者:39 人 文字数:2515字
彼は舞台の袖と呼ばれる場所に立っていた。絢爛豪華なりし舞台は今、演劇の行われている真っ最中である。彼の作ったティアラを載せた王女が天真爛漫に貴族の間を跳ね回る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:8月の自動車 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:770字
「朝顔が咲くところを見たい」子供がそう言うので、私は朝早くに目覚ましをかけた。「ほら起きて。朝顔が咲いてしまうよ」だが、当の本人は眠気には勝てないらしく、寝言を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:昨日の風 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:589字
昨日の夜はとても楽しかった。密かに憧れている同じクラスの翔太くんと帰ることができたから。部活が長引いてしまい、校門を出た時にはもう辺りは真っ暗だった。グラウンド 〈続きを読む〉