お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1338字

独白体
 冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへんにあった空の香水ボトルへ光学合成剤を入れ、アロマスティックじみて細長くつるつるしたペン状の端末を突き刺す。
 光学合成剤が溶けきるまでのあいだ、わたしはワインの付け合わせを探し、干からびたスモークサーモンを野菜室の奥のほうで発見する。
 スモークサーモンをゴミ箱へ捨てながら、わたしは彼女のことを考える。ゴミ箱のなかには彼女の筐体が入っていた箱がある。箱には "Personal Monologue Conductor" と綴られている。世にいくつの端末があれど、わたしが愛用しているのは、対話型ではなく、独話型とでもいうべき端末だ。

 ボトルから取りだして、何回か振ると、それがキックスターターの代わりになって、端末はふるえ、自立運動をし始める。そっと机の上に置くと、ペン軸を中心に円錐形に回転し、やがて彼女は現れる。

 街で走る光学機器系企業の自動車、そのタイヤに広告が投影されているのを見たことがあるだろうか。あらかじめ回転体に組みこまれたいくつもの光源が、回転の中で変色し、ひとつの像を映し出す。あれの応用技術で彼女はここに存在している。

 今日の彼女は球体。ペンが作る円錐の中にちょうど球が収まっている。ミドルスクールの頃、こういう図形の体積を導出する問題があったなと思う。ワインのグラスを傾けつつ、その表面をよく観察すると、無数の角体が密集していて、いうなればトンボの複眼のよう。仕事終わりにこの手の集合体を眺めるのはいくらか気分が悪い。でもまあ、人智を超えた異形の物体であることが多い彼女のなかでは、比較的オーソドックスな外観だ。
 独話型の名の通り、彼女に姿を変えるよう申しこんでも、その要請が聞き入られることはない。彼女の自律システムは外部と対話するようにはできていない。その裡にあるモノローグを、ただ一方的に伝えることしかできない。
 気味の悪い外観とは裏腹に、彼女は、細く、ピアニッシモの、木管楽器のような、無簧式の声で歌いはじめる。歌は無調律のようで、変拍子で、ちぐはぐな調性で、おおよそ聴きやすいとは言い難く、理解しがたく、それでも、わたしの胸になにか引っかかりを残し、そしてその引っかかりさえも消してしまおうと、自立した存在であることを証明するために、わたしの胸から消え去ろうとしている。

 頬のなかでアイスキューブを転がし、グラスへ吐き出す。

 歌はいつしか途絶え、回転する円錐はやせ細っていき、一本の棒がことりと倒れる。わたしは端末を拾いあげ、両手で握り、ボトルの上で真っ二つに折る。光学合成剤の透明なしずくがさらさら流れていく。
 端末をボトルのふちで何回か叩いて、しずくを落としきったあと、机の引き出しを開けて、端末を入れる。引き出しを閉めると、過去にわたしが手折ってきた端末たちがお互いにぶつかり合うじゃらじゃらとした音が聞こえてくる。

 本来、光学合成剤を使用したあとの端末は捨てるものらしいが、わたしは捨てきれずに、いつまでも彼女たちを机の中に封じこめている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:SPICE5 お題:女のパソコン 制限時間:1時間 読者:143 人 文字数:1713字
弟が寝た頃合いを見計らって、こっそりと父の部屋に忍び込む。(お父さん、ごめんね) 自分のパソコンは持っていないけど授業等で時折使うためインターネットの閲覧法は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完2 ※未完
作者:ckt お題:弱い想い 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:3764字
僕は旅をしていた。 寒い地域で、羊の毛のようなもこもこした生地にくるまれるようなコートを着て、黒い景色の中、ランプを掲げて進んでいた。そこでは恐ろしい妖精が現 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:うへへ、雲 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:3211字
「どうして、雪の女王…ううん、あおいちゃん、あおいちゃん!」「護りたい心が先走ること、君にもあるだろ」「だけど、あおいちゃん、…どうして、こんなこと」「……」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:青い母 制限時間:2時間 読者:22 人 文字数:2701字
私はいつもの場所にいる。ここだけが私の居場所なのだ。いつからそうなっていたのだろう。「また来たのね。」貴女は私にそう言うと、窓から海を見つめた。海を見ると必ずほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:3月のお金 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:918字
残り520円。おれは2週間をこれで乗り越えなければならない。こうなったのは全部あれのせいだ。パチ○コ断ちしてた俺の前に現れた『リニューアルオープン』の旗。新たな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:お月見@聖女此処に降臨せり お題:黄金の敗北 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:3352字
ガラスケースに並ぶのは上品な輝きを放つ宝石たちだ。店内の明かりも計算され尽くしたものなのか、しっとりとした光でアクセサリーを包んでいる。品の良い老人が椅子に座り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:初めての外側 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:4197字
「ひとぉつ。ふたぁつ。みぃつ」間延びする姉に倣い、わたしも静かに瞳を閉じ数え歌をそらんじる。ゆっくりと目を閉じて。これも村のくだらないしきたりの一つだ。しかし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フォロワーの病院 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:2014字
熱い。熱い。熱い。大きな真っ赤な炎が、うねり、風と踊っている。私の肌は血に飢えた炎のケダモノに喰われ始めている。髪の焦げるにおい。皮膚を焼き、ただれさせる。息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
しきたり ※未完
作者:川ノ上 お題:誰かのしきたり 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:4918字
その子供十六の夜を迎えたとき、親は子を夜の学校に送り出さなくてはならない。これは村のしきたりだ。 ちなみにこんな古びた田舎には学校は一つしかない。目的地は旧校舎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:独☆蟲 洋ゲー大好き侍 お題:ダイナミックな月 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:3073字
人類が月面着陸に成功するのは、これで7度目となる。 きっと人間たちはその科学の発展の恩恵にかまけて、すっかり月を自分たちの支配下においたつもりになっているのだ 〈続きを読む〉

cicadaの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:cicada お題:とてつもない友人 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1870字
金曜日の仕事終わり、くたくたに疲れていたぼくのもとへエドがやってきた。デスクに両手を乗せて、ひさしぶりに料理をふるまうから来てくれないかと誘われる。集合場所は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:cicada お題:私とスキル 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:2200字
動画タイトルに輝くWRの二文字。世界記録を投稿してから二時間。勝利の余韻に浸り、酔ったようにF5キーを連打していた私の目に飛びこんできたのは、その記録からコン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:cicada お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1338字
冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宇宙の始末 ※未完
作者:cicada お題:激しいババァ 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1790字
解剖実習のバイトをクビになってしまったぼくは、次の仕事を探していた。 ネットの情報だけでは足りず、駅前のドラッグストアで求人雑誌をぺらぺらと捲りながら、似たよ 〈続きを読む〉