ユーザーアイコンμ
お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:1338字

独白体
 冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへんにあった空の香水ボトルへ光学合成剤を入れ、アロマスティックじみて細長くつるつるしたペン状の端末を突き刺す。
 光学合成剤が溶けきるまでのあいだ、わたしはワインの付け合わせを探し、干からびたスモークサーモンを野菜室の奥のほうで発見する。
 スモークサーモンをゴミ箱へ捨てながら、わたしは彼女のことを考える。ゴミ箱のなかには彼女の筐体が入っていた箱がある。箱には "Personal Monologue Conductor" と綴られている。世にいくつの端末があれど、わたしが愛用しているのは、対話型ではなく、独話型とでもいうべき端末だ。

 ボトルから取りだして、何回か振ると、それがキックスターターの代わりになって、端末はふるえ、自立運動をし始める。そっと机の上に置くと、ペン軸を中心に円錐形に回転し、やがて彼女は現れる。

 街で走る光学機器系企業の自動車、そのタイヤに広告が投影されているのを見たことがあるだろうか。あらかじめ回転体に組みこまれたいくつもの光源が、回転の中で変色し、ひとつの像を映し出す。あれの応用技術で彼女はここに存在している。

 今日の彼女は球体。ペンが作る円錐の中にちょうど球が収まっている。ミドルスクールの頃、こういう図形の体積を導出する問題があったなと思う。ワインのグラスを傾けつつ、その表面をよく観察すると、無数の角体が密集していて、いうなればトンボの複眼のよう。仕事終わりにこの手の集合体を眺めるのはいくらか気分が悪い。でもまあ、人智を超えた異形の物体であることが多い彼女のなかでは、比較的オーソドックスな外観だ。
 独話型の名の通り、彼女に姿を変えるよう申しこんでも、その要請が聞き入られることはない。彼女の自律システムは外部と対話するようにはできていない。その裡にあるモノローグを、ただ一方的に伝えることしかできない。
 気味の悪い外観とは裏腹に、彼女は、細く、ピアニッシモの、木管楽器のような、無簧式の声で歌いはじめる。歌は無調律のようで、変拍子で、ちぐはぐな調性で、おおよそ聴きやすいとは言い難く、理解しがたく、それでも、わたしの胸になにか引っかかりを残し、そしてその引っかかりさえも消してしまおうと、自立した存在であることを証明するために、わたしの胸から消え去ろうとしている。

 頬のなかでアイスキューブを転がし、グラスへ吐き出す。

 歌はいつしか途絶え、回転する円錐はやせ細っていき、一本の棒がことりと倒れる。わたしは端末を拾いあげ、両手で握り、ボトルの上で真っ二つに折る。光学合成剤の透明なしずくがさらさら流れていく。
 端末をボトルのふちで何回か叩いて、しずくを落としきったあと、机の引き出しを開けて、端末を入れる。引き出しを閉めると、過去にわたしが手折ってきた端末たちがお互いにぶつかり合うじゃらじゃらとした音が聞こえてくる。

 本来、光学合成剤を使用したあとの端末は捨てるものらしいが、わたしは捨てきれずに、いつまでも彼女たちを机の中に封じこめている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:SPICE5 お題:女のパソコン 制限時間:1時間 読者:149 人 文字数:1713字
弟が寝た頃合いを見計らって、こっそりと父の部屋に忍び込む。(お父さん、ごめんね) 自分のパソコンは持っていないけど授業等で時折使うためインターネットの閲覧法は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
肉の壁(仮) ※未完
作者:アマハム お題:暴かれた体 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:2078字
男が気付くと、そこは一面肉壁が広がる世界だった。 肉壁、としか言いようのないものは、足元も視界も新鮮な肉の色を持って埋め尽くしている。 んく、と喉を鳴らすと同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:記録にない声 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:3454字
「あたし、しょーらい大きくなったら、歌手になりたい」追憶の中、まだ舌足らずだった彼女は私にそう言ってくれた。「だからさ、美由もいっしょにたとうよ」笑って、私より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:12月の食器 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:3376字
私の職業はサンタクロースという。ご存知だとは思うが、一年に一度、夜空を駆けながら世界中の子供たちにプレゼントを配って回るあのサンタだ。三百六十五日、そのうちの一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:静かな体 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:2747字
カーテンの隙間から、ふんわりと春の日差しが溢れてくる。明かりに気付かないふりして毛布にくるまって寝返りをうって日差しから背を向ける。 ずっと暗闇に包まれて眠っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:私と野球 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:1726字
張り詰めた空気。冷めた雰囲気と燃え上がる熱気が静かに拮抗し、透徹な水面の心に波紋を起こした。左足を前に出す。引っ張られるように体が動き、顔を上げた。ゆっくりと移 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:高い曲 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:2747字
音楽は人を結ぶ。そんな言葉を体現したかのような物語がありました。ある辺鄙な村に、一人の耳がきこえない女がいました。見た目も地味な上に内向的で、小食に小柄。弱々し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渡辺 渚 お題:恥ずかしい尿 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:1025字
山向こうで空が鳴いている雨の気配だ。私は肩がけにしたトートバッグの中に手をやり、折り畳み傘があることを確認する。今日は一日曇りの予報だったはずだが…夕立が来るの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:赤い闇 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:3055字
あたしがいつからこんな生活を始めたのか、思い出せる記憶の中にそれらしいきっかけは見当たらない。俗にいう、物心とやらが出来た頃には地べたで寝起きする習慣が見に付い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:うへへ、喜劇 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:2423字
東京、少しだけ田舎。駅は工事したてで新しくて、駅前も再開発途中で、新しく近くにスーパーが出来たてホヤホヤ建っている。駅の反対側にはなんだか中途半端に解体してる 〈続きを読む〉

μの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:μ お題:見憶えのある栄光 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:2385字
ぼくは会衆席の最前列に座り、ここはどこだろうと考える。いや、どこなのかはわかっている。正確じゃない。そうじゃなくて、ぼくが座っているところがほんとうはどういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:とてつもない友人 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1870字
金曜日の仕事終わり、くたくたに疲れていたぼくのもとへエドがやってきた。デスクに両手を乗せて、ひさしぶりに料理をふるまうから来てくれないかと誘われる。集合場所は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:私とスキル 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:2200字
動画タイトルに輝くWRの二文字。世界記録を投稿してから二時間。勝利の余韻に浸り、酔ったようにF5キーを連打していた私の目に飛びこんできたのは、その記録からコン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:1338字
冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宇宙の始末 ※未完
作者:μ お題:激しいババァ 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:1790字
解剖実習のバイトをクビになってしまったぼくは、次の仕事を探していた。 ネットの情報だけでは足りず、駅前のドラッグストアで求人雑誌をぺらぺらと捲りながら、似たよ 〈続きを読む〉