ユーザーアイコンμ
お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:47 人 文字数:1338字

独白体
 冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへんにあった空の香水ボトルへ光学合成剤を入れ、アロマスティックじみて細長くつるつるしたペン状の端末を突き刺す。
 光学合成剤が溶けきるまでのあいだ、わたしはワインの付け合わせを探し、干からびたスモークサーモンを野菜室の奥のほうで発見する。
 スモークサーモンをゴミ箱へ捨てながら、わたしは彼女のことを考える。ゴミ箱のなかには彼女の筐体が入っていた箱がある。箱には "Personal Monologue Conductor" と綴られている。世にいくつの端末があれど、わたしが愛用しているのは、対話型ではなく、独話型とでもいうべき端末だ。

 ボトルから取りだして、何回か振ると、それがキックスターターの代わりになって、端末はふるえ、自立運動をし始める。そっと机の上に置くと、ペン軸を中心に円錐形に回転し、やがて彼女は現れる。

 街で走る光学機器系企業の自動車、そのタイヤに広告が投影されているのを見たことがあるだろうか。あらかじめ回転体に組みこまれたいくつもの光源が、回転の中で変色し、ひとつの像を映し出す。あれの応用技術で彼女はここに存在している。

 今日の彼女は球体。ペンが作る円錐の中にちょうど球が収まっている。ミドルスクールの頃、こういう図形の体積を導出する問題があったなと思う。ワインのグラスを傾けつつ、その表面をよく観察すると、無数の角体が密集していて、いうなればトンボの複眼のよう。仕事終わりにこの手の集合体を眺めるのはいくらか気分が悪い。でもまあ、人智を超えた異形の物体であることが多い彼女のなかでは、比較的オーソドックスな外観だ。
 独話型の名の通り、彼女に姿を変えるよう申しこんでも、その要請が聞き入られることはない。彼女の自律システムは外部と対話するようにはできていない。その裡にあるモノローグを、ただ一方的に伝えることしかできない。
 気味の悪い外観とは裏腹に、彼女は、細く、ピアニッシモの、木管楽器のような、無簧式の声で歌いはじめる。歌は無調律のようで、変拍子で、ちぐはぐな調性で、おおよそ聴きやすいとは言い難く、理解しがたく、それでも、わたしの胸になにか引っかかりを残し、そしてその引っかかりさえも消してしまおうと、自立した存在であることを証明するために、わたしの胸から消え去ろうとしている。

 頬のなかでアイスキューブを転がし、グラスへ吐き出す。

 歌はいつしか途絶え、回転する円錐はやせ細っていき、一本の棒がことりと倒れる。わたしは端末を拾いあげ、両手で握り、ボトルの上で真っ二つに折る。光学合成剤の透明なしずくがさらさら流れていく。
 端末をボトルのふちで何回か叩いて、しずくを落としきったあと、机の引き出しを開けて、端末を入れる。引き出しを閉めると、過去にわたしが手折ってきた端末たちがお互いにぶつかり合うじゃらじゃらとした音が聞こえてくる。

 本来、光学合成剤を使用したあとの端末は捨てるものらしいが、わたしは捨てきれずに、いつまでも彼女たちを机の中に封じこめている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:SPICE5 お題:女のパソコン 制限時間:1時間 読者:157 人 文字数:1713字
弟が寝た頃合いを見計らって、こっそりと父の部屋に忍び込む。(お父さん、ごめんね) 自分のパソコンは持っていないけど授業等で時折使うためインターネットの閲覧法は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7才 お題:苦い心 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:657字
吸い込むとすべてが苦いと感じた。私を取り囲むすべてが。そしてそれが暫く経つと、頭がカーっと熱くなり、心が完成した。苦味、そして心。2039年、人工知能は苦みばし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ お題:早い祖父 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:2421字
祖父はいつも朝起きるのが早かった。「年寄りは早く目が覚めるもんじゃよ」そう言ってニカッと笑う祖父は、いつもは厳しくて怖いジジイのくせして少年のような顔を浮かべた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:忘れたい男 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:3380字
昔、大切な友人達がいた。今はもう会えない友人達。いつか、そこに行くまで、そこで待っていてくれ—…「はいはい。もう聞き飽きましたよ、その話」片手にビールジョッキを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ひよめき お題:平和とむきだし 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1994字
祖国リューエリーに勝ち目はなかったのだ。先の戦役により、わが国は完膚なきまでに叩きのめされた。あの屈辱的完全降伏以外の道はなかった。北方平原に身を横たえるツヒ連 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:椎名 葛 お題:見憶えのあるぷにぷに 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:901字
「猊下」「何だ」「ぷにぷにしております」「そうだな」「猊下」「何だ」「これは何でしょう」「養殖カイルだ」「養殖カイル」「主立って、私の世界線に存在する生き物…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんて@118 お題:生きている天使 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:3736字
+++★ちょっと偉すぎるかも? 妖怪のランクを決めておいた方が良い。 とりあえず最高ランクで きみが見ている景色をわたしも見てみたかった。 きみの事がもっと知り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい体 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:86字
ある日、僕は目が覚めた、身体が何だか変だが、目覚ましを止めて洗面台の方へ足を運んで顔を洗う為に鏡を見たら僕は凄くびっくりしてしまった。僕の身体が犬の身体になって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ト・ヘン@F.Archer お題:愛と欲望の霧 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:819字
愛とは何か。それを問えば十人十色の答えが返ってくるだろう。例えばそれは美しく純粋なものであったり。例えばそれは温かく時に燃やし尽くすものであったり。例えばそれは 〈続きを読む〉

μの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:μ お題:見憶えのある栄光 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:2385字
ぼくは会衆席の最前列に座り、ここはどこだろうと考える。いや、どこなのかはわかっている。正確じゃない。そうじゃなくて、ぼくが座っているところがほんとうはどういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:とてつもない友人 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:1870字
金曜日の仕事終わり、くたくたに疲れていたぼくのもとへエドがやってきた。デスクに両手を乗せて、ひさしぶりに料理をふるまうから来てくれないかと誘われる。集合場所は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:私とスキル 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:2200字
動画タイトルに輝くWRの二文字。世界記録を投稿してから二時間。勝利の余韻に浸り、酔ったようにF5キーを連打していた私の目に飛びこんできたのは、その記録からコン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:47 人 文字数:1338字
冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宇宙の始末 ※未完
作者:μ お題:激しいババァ 制限時間:2時間 読者:42 人 文字数:1790字
解剖実習のバイトをクビになってしまったぼくは、次の仕事を探していた。 ネットの情報だけでは足りず、駅前のドラッグストアで求人雑誌をぺらぺらと捲りながら、似たよ 〈続きを読む〉