ユーザーアイコンμ
お題:激しいババァ 制限時間:2時間 読者:35 人 文字数:1790字

宇宙の始末 ※未完
 解剖実習のバイトをクビになってしまったぼくは、次の仕事を探していた。

 ネットの情報だけでは足りず、駅前のドラッグストアで求人雑誌をぺらぺらと捲りながら、似たような仕事はないかと探してみる、が、あまり条件の合致するものは見当たらない。クビになった瞬間は、ああ、ついにやってしまったな、でもまあ、しょうがないか、くらいの軽い気持ちでいたのに、いざその立場になってみると、同じような職種の少なさにがっかりするし、前みたいに好条件で雇ってもらえるところなんてそうそうないという事実に愕然としてしまう。

 いろいろと大変な仕事だったが、やりがいのある仕事でぼくは好きだった。
 やることと言えば死体の運搬と、こまごました解剖道具の準備。たしかにそれだけと言えばそれだけなのだが、勝手を知らないと、ときには失敗してしまうこともある。
 ぼくらのところにはじつに様々な死体が送られてきた。消化器系の病気で死んでしまった者から警察の検分から回されてきた轢死体まで、その取り扱う範囲は広い。
 なかでもとくに思い出に残っているのが麻薬中毒者の死体だ。麻薬漬けの体を解剖台へ引きあげるのはなかなかに重労働だった。薬品の影響か体重はいくらか重くなっているし、少しでも焦ろうものなら、死体の皮膚が桃の皮でもむくみたいにこそげ落ちてしまう。ぼくはそれを有機溶剤を大量に摂って死んだティーンエイジャーの死体で一度やらかしたことがある。
 
 なぜクビになったのかといえば、こっそり〝戦利品〟を持ち帰っていたことがバレてしまったからだ。
 ぼくはたまに腎臓や尿管、膀胱の一部を切り取って持ち帰っていた。もちろん、焼いて食べるなんてことはしない。ぼくにカニバリズムの趣味はない。興味があるのはその中身だ。合併症によるものなのかしらないが、消化器系がダメになった死体にはよく結石が詰まっている。そしてその中には、ごくまれに、完璧な対称性を伴った石が見つかることがある。星型の、アステロイドにも似たそれは、ぼくに人体の奇跡を思わせる。数学的に美しい、人体の小宇宙に輝く一つの光点。くだらないかもしれないが、ぼくはこの小さな物体が好きでたまらなかった。

 さて、そんな一大事がバレたのに、なぜ警察の厄介になっていないか。なんとまあ、ぼくの上司にあたる解剖助手もまた、こっそりと戦利品を収集していたのだ。人体の透明標本を作るのが夢で、若く骨密度の高い女性の骨盤は貴重だとぼくに教えてくれた(彼の主な仕事は、解剖実習中の撮影と、解剖記録の整理だった。おそらくは撮影された写真もまた、彼の手によって複製され、コレクションの一部となっているのだろう)。

 彼はぼくに、お互いに秘密にし合おうといい、そうして、わずかばかりの口止め料と引き換えに仕事を辞めさせられてしまった。



 それからいくばくかして、ぼくは特殊清掃のバイトを始めた。求人雑誌でもネットでもなく、最終的には知人からの紹介によってバイトを再開することができた。給料はいいし、上司の安井さんはいい人で、おおむね満足していた。安井さんは、ぼくの初仕事の折、死体とその遺留品への抵抗感のなさに最初は戸惑っていたが、ぼくが医大生であることを告げると、あごの無精ひげを指で撫でつけながら、なにか感心したような表情を浮かべていた。

 初仕事から数日後、ぼくにとっては二回目の仕事がやってきた。仕事場所はぼくの住むマンションからさほど遠くないところにあるアパートの一室。数日前からなにかと話題になっていた。ガス漏れの異臭騒ぎから、孤独老人の死体が見つかったというもので、ここら辺では結構な騒ぎになっていた。
 齢は七十半ば、女性。夫は数か月前に介護老人保健施設で病死。残された彼女はキッチンのコンロからガスホースを引っこ抜いて、そいつをそのまま口にくわえて布団の上で寝っ転がっていたらしい。発見されたときには布団は床の色とほとんど同じ色に変色していて、目撃した住人や巡査含め何人かが嘔吐してしまったというから、その清掃もしなければならないのだろう。なんとなく気が滅入る。仕事に向かうバンへ清掃道具を積みこみながら安井さんにそのことを告げた。

 「もっとほかに気分が落ち込むことがあるだろう」

 「死体のことですか?それなら以前お話ししたように、ぼくは
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
肉の壁(仮) ※未完
作者:アマハム お題:暴かれた体 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:2078字
男が気付くと、そこは一面肉壁が広がる世界だった。 肉壁、としか言いようのないものは、足元も視界も新鮮な肉の色を持って埋め尽くしている。 んく、と喉を鳴らすと同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:記録にない声 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:3454字
「あたし、しょーらい大きくなったら、歌手になりたい」追憶の中、まだ舌足らずだった彼女は私にそう言ってくれた。「だからさ、美由もいっしょにたとうよ」笑って、私より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:12月の食器 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:3376字
私の職業はサンタクロースという。ご存知だとは思うが、一年に一度、夜空を駆けながら世界中の子供たちにプレゼントを配って回るあのサンタだ。三百六十五日、そのうちの一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:静かな体 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:2747字
カーテンの隙間から、ふんわりと春の日差しが溢れてくる。明かりに気付かないふりして毛布にくるまって寝返りをうって日差しから背を向ける。 ずっと暗闇に包まれて眠っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:私と野球 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:1726字
張り詰めた空気。冷めた雰囲気と燃え上がる熱気が静かに拮抗し、透徹な水面の心に波紋を起こした。左足を前に出す。引っ張られるように体が動き、顔を上げた。ゆっくりと移 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:高い曲 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:2747字
音楽は人を結ぶ。そんな言葉を体現したかのような物語がありました。ある辺鄙な村に、一人の耳がきこえない女がいました。見た目も地味な上に内向的で、小食に小柄。弱々し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渡辺 渚 お題:恥ずかしい尿 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:1025字
山向こうで空が鳴いている雨の気配だ。私は肩がけにしたトートバッグの中に手をやり、折り畳み傘があることを確認する。今日は一日曇りの予報だったはずだが…夕立が来るの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:赤い闇 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:3055字
あたしがいつからこんな生活を始めたのか、思い出せる記憶の中にそれらしいきっかけは見当たらない。俗にいう、物心とやらが出来た頃には地べたで寝起きする習慣が見に付い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:うへへ、喜劇 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:2423字
東京、少しだけ田舎。駅は工事したてで新しくて、駅前も再開発途中で、新しく近くにスーパーが出来たてホヤホヤ建っている。駅の反対側にはなんだか中途半端に解体してる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:笠井積木 お題:俺は朝飯 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:1972字
俺はどこにでもいるごく普通の朝飯だ。イケメンでもないし、女の子にもモテない。なにせ、見た目は湯気の立った白米に、焼き立ての紅鮭、子供が嫌がるほうれん草のおひた 〈続きを読む〉

μの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:μ お題:見憶えのある栄光 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:2385字
ぼくは会衆席の最前列に座り、ここはどこだろうと考える。いや、どこなのかはわかっている。正確じゃない。そうじゃなくて、ぼくが座っているところがほんとうはどういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:とてつもない友人 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1870字
金曜日の仕事終わり、くたくたに疲れていたぼくのもとへエドがやってきた。デスクに両手を乗せて、ひさしぶりに料理をふるまうから来てくれないかと誘われる。集合場所は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:私とスキル 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:2200字
動画タイトルに輝くWRの二文字。世界記録を投稿してから二時間。勝利の余韻に浸り、酔ったようにF5キーを連打していた私の目に飛びこんできたのは、その記録からコン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:μ お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:1338字
冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
宇宙の始末 ※未完
作者:μ お題:激しいババァ 制限時間:2時間 読者:35 人 文字数:1790字
解剖実習のバイトをクビになってしまったぼくは、次の仕事を探していた。 ネットの情報だけでは足りず、駅前のドラッグストアで求人雑誌をぺらぺらと捲りながら、似たよ 〈続きを読む〉