お題:壊れかけの真実 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:249字
[削除]

壊れた真実 ※未完
真実はいつも一つ!という言葉を皆一回は聞いたことがあるだろう。
その真実はいま1着のコートにより壊れようとしていた。
どういうことなんでしょうかね?とおもった人がいるだろう。
では説明しよう。
拓郎という男が密室殺人の被害者となったんだ。
そしてなんやかんやで犯人はこの中にいるということで、武志という男容疑者だ。そうだな。逮捕だ!
となっていたところにおこった。
後ろにあとずざった武志が拓郎のコートに引っ掛かってこけたのだ。そこからでてきた紙には。
    武志以外が犯人という。紙がでてきた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:愛すくりーむ お題:壊れかけの真実 制限時間:1時間 読者:189 人 文字数:1755字
この世界にはあまりにも嘘が溢れすぎている。実は私には真実が読める。読みたくなくても目の前にぼわぁっと現れるのだ。煙のように、まあうまくは言えないけどそんな風な。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DQN物故露死体 お題:どうあがいても町 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:661字
ナナちゃんと僕は付き合っている。会社にいるみんなにバレていて、よくからかわれるのだが、村ですれ違っても知り合いから「ヒューヒュー」とからかわれる事がよくある。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:syromid お題:たった一つの秋雨 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:518字
秋雨だ。肌寒い。私は薄手のコートをクローゼットから出した。ベージュのトレンチコートだ。今日はこれに黒いスキニーパンツで出かけよう。ブーツでもいいだろう。傘をさし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:フォロワーの想い 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:498字
こんな生活やってられっか!そう呟きながらスマホを布団に投げつける。コートを乱雑に床に放り投げ、俺は休息形態にトランスフォームする。布団が俺を呼んでいる。フォロワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:少年の裏切り 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:484字
これは、年頃の男子達には避けられない話題によって起こった話である。「お前、好きな女子いるか?」話は突然始まった。いつものように大輔の家に集まって遊んでいたときの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:誰かと火 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:297字
テニスコートで焚き火した。ネットを外し、ポールを片付けて。コートの中央で火を囲った。 夜だが本来休日だから、ライトは点いていない。いくつか並んだコートのうちの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:愛と欲望の囚人 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:957字
人のことを殺したりしてる人が、愛しているからみたいな事を言ってて、そんで主人公の人にそれは愛じゃない的なことを言われたりしている映画を観て、「愛じゃないんだ」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
視線が痛い ※未完
作者:むぢから お題:わたしの嫌いな電撃 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:656字
私が悪さをしないように、衛星軌道上から神様ならぬ人工衛星が見つめている。せめて暖かな眼差しで見守ってくれればいいのだけれど、機械にそれを求めるのは野暮だろう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:いわゆる傘 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:993字
時たまそういうことに出会うことがある。何が?ああ、いわゆる傘みたいな事。傘じゃーんっていうこと。そういうこと。そういうことに時たま出会うことがある。バイオハザー 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の勇者 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:176字
人に誇れるような人生を送ってきたわけではない。それよりも、いつだって人に知られることのない裏側ばかりを縫うように生きてきていた。だから今回、表舞台も表舞台、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:危ない失踪 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:609字
生命の存在しない地球を想像できるだろうか?僕は想像できないだってそれはもう地球じゃないから彼女が望んだものも無くなってしまうのだから…————————————— 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉