お題:壊れかけの真実 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:249字
[削除]

壊れた真実 ※未完
真実はいつも一つ!という言葉を皆一回は聞いたことがあるだろう。
その真実はいま1着のコートにより壊れようとしていた。
どういうことなんでしょうかね?とおもった人がいるだろう。
では説明しよう。
拓郎という男が密室殺人の被害者となったんだ。
そしてなんやかんやで犯人はこの中にいるということで、武志という男容疑者だ。そうだな。逮捕だ!
となっていたところにおこった。
後ろにあとずざった武志が拓郎のコートに引っ掛かってこけたのだ。そこからでてきた紙には。
    武志以外が犯人という。紙がでてきた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:愛すくりーむ お題:壊れかけの真実 制限時間:1時間 読者:191 人 文字数:1755字
この世界にはあまりにも嘘が溢れすぎている。実は私には真実が読める。読みたくなくても目の前にぼわぁっと現れるのだ。煙のように、まあうまくは言えないけどそんな風な。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DQN物故露死体 お題:どうあがいても町 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:661字
ナナちゃんと僕は付き合っている。会社にいるみんなにバレていて、よくからかわれるのだが、村ですれ違っても知り合いから「ヒューヒュー」とからかわれる事がよくある。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:たった一つの秋雨 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:518字
秋雨だ。肌寒い。私は薄手のコートをクローゼットから出した。ベージュのトレンチコートだ。今日はこれに黒いスキニーパンツで出かけよう。ブーツでもいいだろう。傘をさし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:フォロワーの想い 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:498字
こんな生活やってられっか!そう呟きながらスマホを布団に投げつける。コートを乱雑に床に放り投げ、俺は休息形態にトランスフォームする。布団が俺を呼んでいる。フォロワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:少年の裏切り 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:484字
これは、年頃の男子達には避けられない話題によって起こった話である。「お前、好きな女子いるか?」話は突然始まった。いつものように大輔の家に集まって遊んでいたときの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:誰かと火 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:297字
テニスコートで焚き火した。ネットを外し、ポールを片付けて。コートの中央で火を囲った。 夜だが本来休日だから、ライトは点いていない。いくつか並んだコートのうちの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:愛と欲望の囚人 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:957字
人のことを殺したりしてる人が、愛しているからみたいな事を言ってて、そんで主人公の人にそれは愛じゃない的なことを言われたりしている映画を観て、「愛じゃないんだ」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
視線が痛い ※未完
作者:むぢから お題:わたしの嫌いな電撃 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:656字
私が悪さをしないように、衛星軌道上から神様ならぬ人工衛星が見つめている。せめて暖かな眼差しで見守ってくれればいいのだけれど、機械にそれを求めるのは野暮だろう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:いわゆる傘 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:993字
時たまそういうことに出会うことがある。何が?ああ、いわゆる傘みたいな事。傘じゃーんっていうこと。そういうこと。そういうことに時たま出会うことがある。バイオハザー 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した口 必須要素:三島由紀夫 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:631字
三島由紀夫は考える。近所の行きつけの喫茶店、いつもすわっている窓際の席。毎日、昼ご飯を食べた後に行くのだが、その時間にはちょうど窓からの木漏れ日がコーヒーグラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:狡猾な躍動 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:213字
時はさかなのぼり、日本列島ができて間もないころの話。当事の日本は、自らを神とあがめさせる王の独裁政権により、絶対的支配のもとに人々がくらしていた。休みもあたえら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の彼氏 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1773字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”日本が売られる”です。この名前そのものの書籍が大売れしているようですが、書いているのはジャーナリストです。この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は償い 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:630字
人はだれしも過ちを繰り返し生きている。そのたびに自問自答しそれぞれの人生を歩んでいるわけだが、結果としてよかったのか悪かったのか、それはだれにもわからない。戸塚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の汁 必須要素:バーボン 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:215字
朝目を覚ますと、昨晩飲み残したバーボンの瓶が床に転がっていた。飲み過ぎたせいか、昨夜のことはほとんど記憶に残っていない。目覚さましの熱いシャワーを浴びて、無地の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらないローン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:413字
おはようと声がする。それはいい目覚めとは言えなかった。窓にはまだ青みがかった夜の名残を残して、磨硝子越しに柔らかな光を部屋に注いでいる。わずかに霞んだ視界に、人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのアルパカ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:729字
「あ!そのキーホルダー……」大変驚いたような顔で、彼は僕のスクールバックについているものを指さす。それは白いアルパカで、もこもこの毛並みに赤いリボンを付けていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいうえお ※未完
作者:匿名さん お題:軽い霧 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:775字
目の前の参考書が悪魔に思えてきた。何周したってうろ覚えの箇所ばかりだ。何時間もかけて解いてるっていうのに、なぜ身につかないんだ。こんなやり方でいいのだろうか。も 〈続きを読む〉