お題:夜の妄想 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:305字
[削除]

※未完
ここは、ブッチャラケペッペペ王国である。
君たちはしらないだろうが実はこの王国は
(次からはブペペ王国と略されています)
王族が全滅してしまったのだ!
なぜかって?
それはね。
私の隣にいる田中たけとろくんがはかいへいきを作ったんだよな。
┏つぎはお前だ
)たけとろ?う、嘘だろ?うわぁぁぁぁっ
 にげなければ!くそうやつはいまミニガンを振り回している!
(てか撃たねぇの?読者)
やべぇよ!


はぁはぁつかれた。
さっきの続きだがブペペ王国にはいま王族や王様はいないんだ。
ん?そうだ。俺がなろう。王様に。



    そうして悲劇は繰り返す

FIN

この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
衝動 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:無意識の職業 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:981字
抱くのは憎悪。掲げるのは信念。しかして、心から求めることは、ただ殺戮のみ。ただ己の正義を執行するのではなく、狡猾に、傷を抉るように。血は至高だ。生をその身で味わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:アブノーマルな花 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1103字
「―――待って…!」――の背中へと手を伸ばす。けれど、その手は虚空を切り裂いた。「行かないで…! 一人に…しないで…」涙を流し、懇願する。それでも、――は止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:穢された悲劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:921字
瞳に映らないもの。それこそが幻想の正体。だから、私の瞳に映っているこの黒い景色は、夢でもなければ幻でもない。きっとそう、誰かが奪い去ってしまったもの。それは果た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:危ない失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:336字
部屋の中はもぬけの殻だった。 小さなテーブルの上に乗っているコーヒーはまだ湯気が立っていて、つい先程まで人がいたように思える。 けれども、いない。この小さなワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環蜜虫@遡行 お題:少年のふわふわ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:481字
ほんの30分前の出来事だった。出来事というにはあまりにも些細なきっかけというべきか。少年は、「それ」に目線をおとす。毛皮で身を包んだ、グニャグニャとした手触りの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
狸鍋 ※未完
作者:八待二進 お題:朝の狸 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:911字
山の麓に、子を持たず暮らしている老夫婦がいた。男の方は猟を、女の方は編み物をして暮らしていた。つつましい生活だが、二人は幸せだった。しかし、二人は子が要らない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:鳥の父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:234字
鳥の父は雛のために餌をとる餌は隣の鳥がよくいく場所鳥の父はそこで全部とっちゃう 雛はおかげでいっぱいご飯食べれる一方隣の鳥はそんな鳥の父が嫌いで少しだけしか餌を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:憧れの兄 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:160字
ないものねだりで兄弟姉妹が羨ましい兄なら色々と守ってくれそうな弟なら勉強教えて姉なら宿題やってもらって妹なら全部助けたくなるようなそんな感じしかし話をきくと大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うへへ、紳士 必須要素:靴紐 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:1559字
「今日もいい眺めだな……」 日課となりつつある電車での物色。 靴紐を直すふりをしてしゃがむとまぁ最高の眺めがそこに広がってるわけで……「今日は白か……あっちは赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アブノーマルな花 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:987字
山に一輪の花が咲いていた。 その花はとても綺麗で見るものを引き込み、そして死に追いやるという普通の花ではない一風変わった花。 だがその花を追い求め山に登る物は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の勇者 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:176字
人に誇れるような人生を送ってきたわけではない。それよりも、いつだって人に知られることのない裏側ばかりを縫うように生きてきていた。だから今回、表舞台も表舞台、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:危ない失踪 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:609字
生命の存在しない地球を想像できるだろうか?僕は想像できないだってそれはもう地球じゃないから彼女が望んだものも無くなってしまうのだから…————————————— 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉