お題:夜の妄想 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:305字
[削除]

※未完
ここは、ブッチャラケペッペペ王国である。
君たちはしらないだろうが実はこの王国は
(次からはブペペ王国と略されています)
王族が全滅してしまったのだ!
なぜかって?
それはね。
私の隣にいる田中たけとろくんがはかいへいきを作ったんだよな。
┏つぎはお前だ
)たけとろ?う、嘘だろ?うわぁぁぁぁっ
 にげなければ!くそうやつはいまミニガンを振り回している!
(てか撃たねぇの?読者)
やべぇよ!


はぁはぁつかれた。
さっきの続きだがブペペ王国にはいま王族や王様はいないんだ。
ん?そうだ。俺がなろう。王様に。



    そうして悲劇は繰り返す

FIN

この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤健志(sugar)/グリッシーニ塩味 お題:くだらない嘔吐 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:469字
くだらないことなら、山ほどある。たとえば、明日の天気だとか。たとえば、どこかの国の誰かの言葉とか。そんなことにこだわっていたら、未来なんてこない。くだらないこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心残り ※未完
作者:akari お題:苦しみの死 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:256字
大地と二人だけの夕食。いつもの日常。けれど、それは今日で最後らしい。「お母さん! お母さん!」 大地が泣きながら私を呼んでいる。そんな我が子に笑顔を返せない自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:煙草と出会い 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:456字
冬になった。吐く息が白くなるのを見ると、毎年のことなのに少し驚く。夏は息のかたちが見えないのに冬は見える、夏に見えて冬に見えるものの正体を眼前にくゆらせる。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未56 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:子供の就職 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:657字
実際問題ーー使えない大人を排除することはいい法案だと思う。 国民投票……主に子供の票により、大人の生命が決まる。そこには悪も、正義もない。ただ純粋にこの人が役 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:僕と死刑囚 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:798字
「お前は明日死刑になるとしたら、最後に何を食べたい?」 それが、彼から僕への質問だった。 「難しい質問ですね」 英文の直訳のような答えを返してしまったのも無理 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
赤い服の人は ※未完
作者:アマハム お題:贖罪のサラリーマン 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:582字
がつん、と頭を床に擦り付ける。「実は、お前に黙っていたことがある!」 ああ、なんと惨めなんだろう。大の大人が帰宅早々土下座をかましている風景は。 目の前に誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:アマハム お題:輝く別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:69字
一組の男女が人気のない道端で対面していた。真剣な面持ちでお互い見つめ合うとまず女が口を開いた。「さようなら」 ふんわりと呟くと、男は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:意外!それは諦め 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1313字
「恋に悩める君に、絶対に告白に失敗しない方法を教えてあげるわ」 いきなり目の前に現れたお姉さんは、そんなことを言い出した。 この人は恋の女神らしい。なるほど、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人魚伝説 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:煙草と伝説 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:993字
海岸線を眺めながら紫煙を薫らす老人は、ゆっくりと語り始めた。「あれは、ワシがまだ半人前の頃じゃった」 衰えてはいたが、その体躯にはまだ頑健な筋肉が宿っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、ぬめぬめ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:729字
鼻歌交じりに仕事をこなしていたら、うっかりミスをした。バケツに入ったペンキのなかから、指定された色を使って箱に塗る、誰にでもできる簡単なお仕事だ。ただ、ペンキ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女が愛した口 必須要素:三島由紀夫 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:631字
三島由紀夫は考える。近所の行きつけの喫茶店、いつもすわっている窓際の席。毎日、昼ご飯を食べた後に行くのだが、その時間にはちょうど窓からの木漏れ日がコーヒーグラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:狡猾な躍動 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:213字
時はさかなのぼり、日本列島ができて間もないころの話。当事の日本は、自らを神とあがめさせる王の独裁政権により、絶対的支配のもとに人々がくらしていた。休みもあたえら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の彼氏 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1773字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は”日本が売られる”です。この名前そのものの書籍が大売れしているようですが、書いているのはジャーナリストです。この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は償い 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:630字
人はだれしも過ちを繰り返し生きている。そのたびに自問自答しそれぞれの人生を歩んでいるわけだが、結果としてよかったのか悪かったのか、それはだれにもわからない。戸塚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の汁 必須要素:バーボン 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:215字
朝目を覚ますと、昨晩飲み残したバーボンの瓶が床に転がっていた。飲み過ぎたせいか、昨夜のことはほとんど記憶に残っていない。目覚さましの熱いシャワーを浴びて、無地の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらないローン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:413字
おはようと声がする。それはいい目覚めとは言えなかった。窓にはまだ青みがかった夜の名残を残して、磨硝子越しに柔らかな光を部屋に注いでいる。わずかに霞んだ視界に、人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのアルパカ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:729字
「あ!そのキーホルダー……」大変驚いたような顔で、彼は僕のスクールバックについているものを指さす。それは白いアルパカで、もこもこの毛並みに赤いリボンを付けていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:748字
この仕事を始めて2年になるがやはり解せない事が多すぎる。それも怪異としか言いようがない存在を相手にしている以上は仕方がない。「とはいえこれは酷えな。」独りごちつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに孤島 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2286字
朝、男は必ず歯を磨く。目を覚まして一番に磨かなければ、食事と一緒に雑菌を食べているというのが男の理屈だ。 磨き始めるときいつも男は半分夢の中だ。男は朝強い方で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あいうえお ※未完
作者:匿名さん お題:軽い霧 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:775字
目の前の参考書が悪魔に思えてきた。何周したってうろ覚えの箇所ばかりだ。何時間もかけて解いてるっていうのに、なぜ身につかないんだ。こんなやり方でいいのだろうか。も 〈続きを読む〉