お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:796字

夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。
「今、何時だろう」
ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホを開いた。ロック画面には、過去の自分が映っていた。今日までの人生の中で1番幸せだったと思える自分だ。変えることも出来ず、そのまま残されたその画面をそっとなぞった。
「もう7時じゃん!!」
私は、感傷的になりかけた気分を振り払うように叫んだ。ブロック塀に囲まれた歩道もない道路に私の声だけが響く。塀の上で日に包まれるようにして眠っていた野良猫が忌々しげに私を見ながら走り去って行った。
「帰って、ご飯の用意して、洗濯物回して……」
私は呟く。帰り道を歩く足を早めると、コツコツと窮屈なパンプスは音を鳴らした。

「はぁ、疲れた」
スーツを脱ぎ捨て、ベッドに倒れ込む。ご飯も食べていなければ、風呂にも入っていない。洗濯物は溜まりっぱなしだし、メイクだって落としていない。
やることの多さに閉口する。一年前の自分は、毎日これをこなしていたのだ。苦痛に感じなかったのは、まだ若かったからだろうか。私はベッドから起き上がった。せめてお風呂には入らないと、と思い、重たい足を引きずった。
風呂から上がった私は、冷蔵庫を開けた。ほとんど空っぽな冷蔵庫にはヨーグルトくらいしか入っていなかった。ため息をついた。
「こんなんじゃ、ダメだよね」
私は、ヨーグルトを胃に流しこんだ。明日は買い物に行かないと。そう思いながら思いながら洗濯機を回した。大きな音を立てて回る洗濯機は、一人暮らしには少し大きい。脱ぎ捨てたスーツをハンガーに掛けた。去年は苦ではなかったことが、今は辛かった。
職場からのメールを返そうと、スマホを開いた。ロック画面を見ると、涙が溢れた。
去年の幸せな私。
「こんなに辛いのはあなたのせいよ」
今は、仕事も家事も全てが辛かった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
衝動 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:無意識の職業 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:981字
抱くのは憎悪。掲げるのは信念。しかして、心から求めることは、ただ殺戮のみ。ただ己の正義を執行するのではなく、狡猾に、傷を抉るように。血は至高だ。生をその身で味わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:アブノーマルな花 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1103字
「―――待って…!」――の背中へと手を伸ばす。けれど、その手は虚空を切り裂いた。「行かないで…! 一人に…しないで…」涙を流し、懇願する。それでも、――は止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の勇者 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:176字
人に誇れるような人生を送ってきたわけではない。それよりも、いつだって人に知られることのない裏側ばかりを縫うように生きてきていた。だから今回、表舞台も表舞台、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:穢された悲劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:921字
瞳に映らないもの。それこそが幻想の正体。だから、私の瞳に映っているこの黒い景色は、夢でもなければ幻でもない。きっとそう、誰かが奪い去ってしまったもの。それは果た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:危ない失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:336字
部屋の中はもぬけの殻だった。 小さなテーブルの上に乗っているコーヒーはまだ湯気が立っていて、つい先程まで人がいたように思える。 けれども、いない。この小さなワ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:環蜜虫@遡行 お題:少年のふわふわ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:481字
ほんの30分前の出来事だった。出来事というにはあまりにも些細なきっかけというべきか。少年は、「それ」に目線をおとす。毛皮で身を包んだ、グニャグニャとした手触りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
狸鍋 ※未完
作者:八待二進 お題:朝の狸 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:911字
山の麓に、子を持たず暮らしている老夫婦がいた。男の方は猟を、女の方は編み物をして暮らしていた。つつましい生活だが、二人は幸せだった。しかし、二人は子が要らない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:鳥の父 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:234字
鳥の父は雛のために餌をとる餌は隣の鳥がよくいく場所鳥の父はそこで全部とっちゃう 雛はおかげでいっぱいご飯食べれる一方隣の鳥はそんな鳥の父が嫌いで少しだけしか餌を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:憧れの兄 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:160字
ないものねだりで兄弟姉妹が羨ましい兄なら色々と守ってくれそうな弟なら勉強教えて姉なら宿題やってもらって妹なら全部助けたくなるようなそんな感じしかし話をきくと大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ホノミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:796字
夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。「今、何時だろう」ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:許されざる傘 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1007字
「何見てんだよ」「何、と問われれば君だと答えますが」コンビニの前に座り、何見てんだよ、と凄んだ俺に一切怯むことなく、その女は答えた。年は多分25くらい。キャリア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:箱の中の駄洒落 必須要素:えへへ 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:4865字 評価:0人
「この箱の中に何が入っているでしょうか?」と彼女は聞きました。一応言っておきますが、彼女というのはただの代名詞であり、実際に彼女が僕の彼女だというわけではありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:プロの想い 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1212字
「この間、わがまま聞いてくれるって言ったじゃん」 彼はそう言った。軽い気持ちで約束をしたことをきっと彼の前に立つ社長は悔やんだことだろう。「曲を作るのは俺だ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幽霊電車 ※未完
作者:ホノミ お題:狡猾な電車 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:951字
心霊番組特集を見ていた時の話をしようか。一人暮らしをしていると、ついテレビをつけてしまうということが多い。最近はスマホを開く人が多いだろうが、SNSというものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:早すぎた音 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:857字
爆ぜるようなブザー音で男は目覚めた。事態が飲み込めず周囲を見渡す。けたましいブザー音は未だなり続けていた。「何が起きた?」彼は考える。まだミスはしていないはずだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:8月のクリスマス 必須要素:グミ 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:2791字 評価:2人
「メリークリスマス!」昨年はこうして貴方とクリスマス会なるものをしましたね。私は良く覚えていますよ。貴方もそうだったら嬉しいのだけれど。さて、こうして私が手紙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な大学 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:888字
父母は僕を一流の大学に行かせたがった。そのため、ずっと昔から塾に通い、英会話教室に通い、水泳もやらされた。文武両道の人格者、それが目標だったらしい。そして、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な経歴 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:995字
随分と綺麗な経歴ですこと、と赤いロングスカートに白いシャツを着た女性が呟く。彼女の首には真ん中に大きな宝石があしらわれたリボンタイが付いている。宝石の色は光の当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高いにわか雨 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:972字
「今日の降水確率は.....」お天気お姉さんとやらが、朝に似合わない高い声で今日の天気を告げていた。気象予報士も顔で選ぶ時代になったか、とつぶやく。それを聞いた 〈続きを読む〉