お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:796字

夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。
「今、何時だろう」
ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホを開いた。ロック画面には、過去の自分が映っていた。今日までの人生の中で1番幸せだったと思える自分だ。変えることも出来ず、そのまま残されたその画面をそっとなぞった。
「もう7時じゃん!!」
私は、感傷的になりかけた気分を振り払うように叫んだ。ブロック塀に囲まれた歩道もない道路に私の声だけが響く。塀の上で日に包まれるようにして眠っていた野良猫が忌々しげに私を見ながら走り去って行った。
「帰って、ご飯の用意して、洗濯物回して……」
私は呟く。帰り道を歩く足を早めると、コツコツと窮屈なパンプスは音を鳴らした。

「はぁ、疲れた」
スーツを脱ぎ捨て、ベッドに倒れ込む。ご飯も食べていなければ、風呂にも入っていない。洗濯物は溜まりっぱなしだし、メイクだって落としていない。
やることの多さに閉口する。一年前の自分は、毎日これをこなしていたのだ。苦痛に感じなかったのは、まだ若かったからだろうか。私はベッドから起き上がった。せめてお風呂には入らないと、と思い、重たい足を引きずった。
風呂から上がった私は、冷蔵庫を開けた。ほとんど空っぽな冷蔵庫にはヨーグルトくらいしか入っていなかった。ため息をついた。
「こんなんじゃ、ダメだよね」
私は、ヨーグルトを胃に流しこんだ。明日は買い物に行かないと。そう思いながら思いながら洗濯機を回した。大きな音を立てて回る洗濯機は、一人暮らしには少し大きい。脱ぎ捨てたスーツをハンガーに掛けた。去年は苦ではなかったことが、今は辛かった。
職場からのメールを返そうと、スマホを開いた。ロック画面を見ると、涙が溢れた。
去年の幸せな私。
「こんなに辛いのはあなたのせいよ」
今は、仕事も家事も全てが辛かった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:826字
現場には必ず痕跡が残る。それを発見するのが警察の役目であるが、ボクはあえて違うものを現場に残した。 ボクを苦しめる学校のエリート。 それを地に落とすには手段を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の空 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:356字
文字が読めるようになってから、色のない本を手にとるようになった。ずっと白と黒の世界が広がっているのに、私の中に広がる世界はカラフルだった。ある時は外国の少年にな 〈続きを読む〉

ホノミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:796字
夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。「今、何時だろう」ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:許されざる傘 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1007字
「何見てんだよ」「何、と問われれば君だと答えますが」コンビニの前に座り、何見てんだよ、と凄んだ俺に一切怯むことなく、その女は答えた。年は多分25くらい。キャリア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:箱の中の駄洒落 必須要素:えへへ 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:4865字 評価:0人
「この箱の中に何が入っているでしょうか?」と彼女は聞きました。一応言っておきますが、彼女というのはただの代名詞であり、実際に彼女が僕の彼女だというわけではありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:プロの想い 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1212字
「この間、わがまま聞いてくれるって言ったじゃん」 彼はそう言った。軽い気持ちで約束をしたことをきっと彼の前に立つ社長は悔やんだことだろう。「曲を作るのは俺だ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幽霊電車 ※未完
作者:ホノミ お題:狡猾な電車 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:951字
心霊番組特集を見ていた時の話をしようか。一人暮らしをしていると、ついテレビをつけてしまうということが多い。最近はスマホを開く人が多いだろうが、SNSというものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:早すぎた音 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:857字
爆ぜるようなブザー音で男は目覚めた。事態が飲み込めず周囲を見渡す。けたましいブザー音は未だなり続けていた。「何が起きた?」彼は考える。まだミスはしていないはずだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:8月のクリスマス 必須要素:グミ 制限時間:1時間 読者:113 人 文字数:2791字 評価:2人
「メリークリスマス!」昨年はこうして貴方とクリスマス会なるものをしましたね。私は良く覚えていますよ。貴方もそうだったら嬉しいのだけれど。さて、こうして私が手紙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な大学 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:888字
父母は僕を一流の大学に行かせたがった。そのため、ずっと昔から塾に通い、英会話教室に通い、水泳もやらされた。文武両道の人格者、それが目標だったらしい。そして、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な経歴 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:995字
随分と綺麗な経歴ですこと、と赤いロングスカートに白いシャツを着た女性が呟く。彼女の首には真ん中に大きな宝石があしらわれたリボンタイが付いている。宝石の色は光の当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高いにわか雨 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:972字
「今日の降水確率は.....」お天気お姉さんとやらが、朝に似合わない高い声で今日の天気を告げていた。気象予報士も顔で選ぶ時代になったか、とつぶやく。それを聞いた 〈続きを読む〉