お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:796字

夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。
「今、何時だろう」
ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホを開いた。ロック画面には、過去の自分が映っていた。今日までの人生の中で1番幸せだったと思える自分だ。変えることも出来ず、そのまま残されたその画面をそっとなぞった。
「もう7時じゃん!!」
私は、感傷的になりかけた気分を振り払うように叫んだ。ブロック塀に囲まれた歩道もない道路に私の声だけが響く。塀の上で日に包まれるようにして眠っていた野良猫が忌々しげに私を見ながら走り去って行った。
「帰って、ご飯の用意して、洗濯物回して……」
私は呟く。帰り道を歩く足を早めると、コツコツと窮屈なパンプスは音を鳴らした。

「はぁ、疲れた」
スーツを脱ぎ捨て、ベッドに倒れ込む。ご飯も食べていなければ、風呂にも入っていない。洗濯物は溜まりっぱなしだし、メイクだって落としていない。
やることの多さに閉口する。一年前の自分は、毎日これをこなしていたのだ。苦痛に感じなかったのは、まだ若かったからだろうか。私はベッドから起き上がった。せめてお風呂には入らないと、と思い、重たい足を引きずった。
風呂から上がった私は、冷蔵庫を開けた。ほとんど空っぽな冷蔵庫にはヨーグルトくらいしか入っていなかった。ため息をついた。
「こんなんじゃ、ダメだよね」
私は、ヨーグルトを胃に流しこんだ。明日は買い物に行かないと。そう思いながら思いながら洗濯機を回した。大きな音を立てて回る洗濯機は、一人暮らしには少し大きい。脱ぎ捨てたスーツをハンガーに掛けた。去年は苦ではなかったことが、今は辛かった。
職場からのメールを返そうと、スマホを開いた。ロック画面を見ると、涙が溢れた。
去年の幸せな私。
「こんなに辛いのはあなたのせいよ」
今は、仕事も家事も全てが辛かった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤健志(sugar)/グリッシーニ塩味 お題:くだらない嘔吐 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:469字
くだらないことなら、山ほどある。たとえば、明日の天気だとか。たとえば、どこかの国の誰かの言葉とか。そんなことにこだわっていたら、未来なんてこない。くだらないこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心残り ※未完
作者:akari お題:苦しみの死 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:256字
大地と二人だけの夕食。いつもの日常。けれど、それは今日で最後らしい。「お母さん! お母さん!」 大地が泣きながら私を呼んでいる。そんな我が子に笑顔を返せない自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:煙草と出会い 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:456字
冬になった。吐く息が白くなるのを見ると、毎年のことなのに少し驚く。夏は息のかたちが見えないのに冬は見える、夏に見えて冬に見えるものの正体を眼前にくゆらせる。それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未56 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:子供の就職 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:657字
実際問題ーー使えない大人を排除することはいい法案だと思う。 国民投票……主に子供の票により、大人の生命が決まる。そこには悪も、正義もない。ただ純粋にこの人が役 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:僕と死刑囚 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:798字
「お前は明日死刑になるとしたら、最後に何を食べたい?」 それが、彼から僕への質問だった。 「難しい質問ですね」 英文の直訳のような答えを返してしまったのも無理 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
赤い服の人は ※未完
作者:アマハム お題:贖罪のサラリーマン 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:582字
がつん、と頭を床に擦り付ける。「実は、お前に黙っていたことがある!」 ああ、なんと惨めなんだろう。大の大人が帰宅早々土下座をかましている風景は。 目の前に誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:アマハム お題:輝く別れ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:69字
一組の男女が人気のない道端で対面していた。真剣な面持ちでお互い見つめ合うとまず女が口を開いた。「さようなら」 ふんわりと呟くと、男は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:意外!それは諦め 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1313字
「恋に悩める君に、絶対に告白に失敗しない方法を教えてあげるわ」 いきなり目の前に現れたお姉さんは、そんなことを言い出した。 この人は恋の女神らしい。なるほど、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人魚伝説 ※未完
作者:雷藤和太郎 お題:煙草と伝説 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:993字
海岸線を眺めながら紫煙を薫らす老人は、ゆっくりと語り始めた。「あれは、ワシがまだ半人前の頃じゃった」 衰えてはいたが、その体躯にはまだ頑健な筋肉が宿っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は償い 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:630字
人はだれしも過ちを繰り返し生きている。そのたびに自問自答しそれぞれの人生を歩んでいるわけだが、結果としてよかったのか悪かったのか、それはだれにもわからない。戸塚 〈続きを読む〉

ホノミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:796字
夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。「今、何時だろう」ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:許されざる傘 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1007字
「何見てんだよ」「何、と問われれば君だと答えますが」コンビニの前に座り、何見てんだよ、と凄んだ俺に一切怯むことなく、その女は答えた。年は多分25くらい。キャリア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:箱の中の駄洒落 必須要素:えへへ 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:4865字 評価:0人
「この箱の中に何が入っているでしょうか?」と彼女は聞きました。一応言っておきますが、彼女というのはただの代名詞であり、実際に彼女が僕の彼女だというわけではありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:プロの想い 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1212字
「この間、わがまま聞いてくれるって言ったじゃん」 彼はそう言った。軽い気持ちで約束をしたことをきっと彼の前に立つ社長は悔やんだことだろう。「曲を作るのは俺だ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幽霊電車 ※未完
作者:ホノミ お題:狡猾な電車 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:951字
心霊番組特集を見ていた時の話をしようか。一人暮らしをしていると、ついテレビをつけてしまうということが多い。最近はスマホを開く人が多いだろうが、SNSというものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:早すぎた音 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:857字
爆ぜるようなブザー音で男は目覚めた。事態が飲み込めず周囲を見渡す。けたましいブザー音は未だなり続けていた。「何が起きた?」彼は考える。まだミスはしていないはずだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:8月のクリスマス 必須要素:グミ 制限時間:1時間 読者:121 人 文字数:2791字 評価:2人
「メリークリスマス!」昨年はこうして貴方とクリスマス会なるものをしましたね。私は良く覚えていますよ。貴方もそうだったら嬉しいのだけれど。さて、こうして私が手紙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な大学 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:888字
父母は僕を一流の大学に行かせたがった。そのため、ずっと昔から塾に通い、英会話教室に通い、水泳もやらされた。文武両道の人格者、それが目標だったらしい。そして、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な経歴 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:995字
随分と綺麗な経歴ですこと、と赤いロングスカートに白いシャツを着た女性が呟く。彼女の首には真ん中に大きな宝石があしらわれたリボンタイが付いている。宝石の色は光の当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高いにわか雨 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:972字
「今日の降水確率は.....」お天気お姉さんとやらが、朝に似合わない高い声で今日の天気を告げていた。気象予報士も顔で選ぶ時代になったか、とつぶやく。それを聞いた 〈続きを読む〉