お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1185字

プンナムパパラヤー
 どこの国の部族か忘れてしまったが、「プンナムパパラヤー」という祭りがある。
 非常に楽しげな響きなので、そのインパクトある名前はよく覚えている。
 「プンナムパパラヤー」は、その国の英霊のために開かれる祭りだ。
 周辺の部族と長年対立し続けていたため、その部族間抗争で亡くなった英霊は歴史上数多く、彼らの霊を慰めるために、毎年夏に行われているらしい。
 楽しげに聞こえる響きに似つかわしく、飲めや歌えやの大騒ぎをするのだそうだ。
 わたしもこの、「プンナムパパラヤー」をやってみようと思う。
 慰めた英霊は、わたしの先生にあたる人物だ。
 先生は非常に開明的な人物で、それ故に保守派の攻撃によくあっていた。
 SNS上の先生のアカウントに攻撃的なリプライが飛んでくるのは日常茶飯事で、一度などは「あなたは病気だから入院した方がいい」なんてひどい書き込みもあった。入院、と見せかけて収監しようという企みは目に見えている。
 わたしは先生のために、そういう連中と戦ってきた。リプライを送って来た連中を、片っ端から通報してやったのだ。
 しかし、資本主義政府の犬に成り下がっている運営側は、まったく連中を凍結してくれなかった。
 そればかりか、わたしや先生のアカウントを、「攻撃的な内容を含んでいる」として、凍結したり挙句BANしたりしてきたのだ。
 そのせいで、わたしの132個あったアカウントはすべてなくなってしまったし、自宅のIPアドレスや3台ある携帯電話のどれもから、新規のアカウントが作れなくなってしまった。
 そんな時間稼ぎをされている間に、先生は亡くなってしまった。
 表向きは病死ということになっているが、本当は違う。保守派が暗殺したのだ。
 看護師の中に暗殺者を紛れ込ませているのは明白だった。わたしが教えてもらった病院へお見舞いに行っても、「面会謝絶の状態です」と言って通してくれなかったのだから。
 先生は、この独裁主義の悪の帝国と戦って死んだ英霊だ。
 それを慰めるために、「プンナムパパラヤー」を開かなくてはならない。
 わたしはリプライを送って来た連中の内、愚かにも個人情報を開示しているアカウントを発見、この男を「プンナムパパラヤー」へ招待することにした。
 この愉快な祭りは、英霊を殺した側の血を英霊の墓の前で流すことで、故人の悲しみを浄めるという目的があるのだ。その血を流す役目を、負ってもらおうじゃないか……。


 昨日、午前一時ごろ、××県××市××の住宅に女が押し入り、住人の×××××さんが殺害されました。女はすぐに同居する家族に取り押さえられましたが、「こいつが先生を殺した」「プンナムパパラヤー」などと意味不明な供述をしており、警察は同期を調べています。
 なお、この住所はいんたーねっとじょうでふとくていたすうにこうかいさr
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:568字
もうあれからどのくらいが経っただろう。自分の周りの風景はどんどん色も匂いも、何もかもが変わっていく。私はただ、それを眺めているだけで、他には何も出来ない。今日も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
職業動物園 ※未完
作者:かの歌 お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:398字
午前5時。私はいつもこの時間に起きる。そして7時になるまで机に向かって小説を読む。 7時になり十分腹がすいてきた頃、私は朝食をとる。この日はシリアルが出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:989字
きょう、がっこうでさんすうのしゅくだいがでた。ぼくはさんすうがだいきらいだ。とくにわりざんがにがてだ。やっているとすぐにわけがわからなくなってしまってひとつのも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:闇の人体 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:613字
僕が死んだら、綺麗にして献体にしてよ。そんな風に言う奏太が眩しくて、俺には真似できなかった。自分が死んで、その体を切り刻まれたり、何かの薬に漬け込んで研究された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mint お題:去年の唇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
埃っぽい棚周りを小型の箒で一通り叩いてから扉を開いた。去年にここを一時離れてからまともに掃除の一つもしてなかったので、古臭いカビの香りが辺りに舞う。咳を一つし、 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かたい民話 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1160字
「第二次××市・町おこし計画?」 手渡された資料の表紙を見て、塚田は顔をしかめた。 またやるのかよ、と呟き、自分の机の上にその紙束を放り投げた。 塚田は××市の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲの小説合宿 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1177字
「リザードマンが持ち込みを?」 王国で第三位の規模を誇る出版社、ゲッテルベルク出版の下にやってきたコートの男、その素顔はまごうことなきリザードマンであった。「は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:安全な計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1061字
「リンゴが3個載ったカゴが5つ並んでいます。リンゴは全部で何個ありますか?」「……どうしたの、急に」 いきなり小学二年生レベルの計算問題を繰り出す真倉エミリに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3212字 評価:4人
先輩はひどく非合理な人間だ、と僕は思う。「ねえ?」 テーブルを差し挟んで向かいに座る先輩は、だらっと身体を突っ伏したまま僕に話しかけてきた。 僕は返事せずに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アブノーマルな螺旋 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1092字
誰にも言っていない秘密がある。 わたしのおへその上には、ねじがついているのだ。 ねじは突き出ていて、完全に中には収まっていない。ぴょこんとねじの頭、半ドーム状 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ワイルドな足 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1052字
改造人間専門の研究所「キマイラファクトリー」を訪れたのは、陸上選手を名乗る青年だった。「足の筋を事故で切ってしまった。日常生活に支障はないものの、もう陸上はで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:団地妻の豪雪 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1152字
訪問販売なんて業態が、何故今も残っているのだろうか。 俺はそんな疑問を自分の職業に対して抱えていた。 今は大抵の家のインターホンにもカメラがついていて、相手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:緑の囚人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1378字
森の中に、その人はいた。 茂みの中に隠れるように伏せていたので、最初はわからなかった。 「おい」と声をかけてきて立ち上がった時は、何か大きな野生動物のように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:素朴な女祭り! 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1238字
田中は童貞なのだが、周りの人間をバカにしている。 「女と寝てみたい」と言いながら、他のそれができた人間を下に見ようとしているのだ。「そういうのよくないぜ」 田 〈続きを読む〉