お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1185字

プンナムパパラヤー
 どこの国の部族か忘れてしまったが、「プンナムパパラヤー」という祭りがある。
 非常に楽しげな響きなので、そのインパクトある名前はよく覚えている。
 「プンナムパパラヤー」は、その国の英霊のために開かれる祭りだ。
 周辺の部族と長年対立し続けていたため、その部族間抗争で亡くなった英霊は歴史上数多く、彼らの霊を慰めるために、毎年夏に行われているらしい。
 楽しげに聞こえる響きに似つかわしく、飲めや歌えやの大騒ぎをするのだそうだ。
 わたしもこの、「プンナムパパラヤー」をやってみようと思う。
 慰めた英霊は、わたしの先生にあたる人物だ。
 先生は非常に開明的な人物で、それ故に保守派の攻撃によくあっていた。
 SNS上の先生のアカウントに攻撃的なリプライが飛んでくるのは日常茶飯事で、一度などは「あなたは病気だから入院した方がいい」なんてひどい書き込みもあった。入院、と見せかけて収監しようという企みは目に見えている。
 わたしは先生のために、そういう連中と戦ってきた。リプライを送って来た連中を、片っ端から通報してやったのだ。
 しかし、資本主義政府の犬に成り下がっている運営側は、まったく連中を凍結してくれなかった。
 そればかりか、わたしや先生のアカウントを、「攻撃的な内容を含んでいる」として、凍結したり挙句BANしたりしてきたのだ。
 そのせいで、わたしの132個あったアカウントはすべてなくなってしまったし、自宅のIPアドレスや3台ある携帯電話のどれもから、新規のアカウントが作れなくなってしまった。
 そんな時間稼ぎをされている間に、先生は亡くなってしまった。
 表向きは病死ということになっているが、本当は違う。保守派が暗殺したのだ。
 看護師の中に暗殺者を紛れ込ませているのは明白だった。わたしが教えてもらった病院へお見舞いに行っても、「面会謝絶の状態です」と言って通してくれなかったのだから。
 先生は、この独裁主義の悪の帝国と戦って死んだ英霊だ。
 それを慰めるために、「プンナムパパラヤー」を開かなくてはならない。
 わたしはリプライを送って来た連中の内、愚かにも個人情報を開示しているアカウントを発見、この男を「プンナムパパラヤー」へ招待することにした。
 この愉快な祭りは、英霊を殺した側の血を英霊の墓の前で流すことで、故人の悲しみを浄めるという目的があるのだ。その血を流す役目を、負ってもらおうじゃないか……。


 昨日、午前一時ごろ、××県××市××の住宅に女が押し入り、住人の×××××さんが殺害されました。女はすぐに同居する家族に取り押さえられましたが、「こいつが先生を殺した」「プンナムパパラヤー」などと意味不明な供述をしており、警察は同期を調べています。
 なお、この住所はいんたーねっとじょうでふとくていたすうにこうかいさr
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:568字
もうあれからどのくらいが経っただろう。自分の周りの風景はどんどん色も匂いも、何もかもが変わっていく。私はただ、それを眺めているだけで、他には何も出来ない。今日も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
衝動 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:無意識の職業 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:981字
抱くのは憎悪。掲げるのは信念。しかして、心から求めることは、ただ殺戮のみ。ただ己の正義を執行するのではなく、狡猾に、傷を抉るように。血は至高だ。生をその身で味わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:アブノーマルな花 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1103字
「―――待って…!」――の背中へと手を伸ばす。けれど、その手は虚空を切り裂いた。「行かないで…! 一人に…しないで…」涙を流し、懇願する。それでも、――は止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の勇者 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:176字
人に誇れるような人生を送ってきたわけではない。それよりも、いつだって人に知られることのない裏側ばかりを縫うように生きてきていた。だから今回、表舞台も表舞台、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:穢された悲劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:921字
瞳に映らないもの。それこそが幻想の正体。だから、私の瞳に映っているこの黒い景色は、夢でもなければ幻でもない。きっとそう、誰かが奪い去ってしまったもの。それは果た 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:危ない失踪 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:336字
部屋の中はもぬけの殻だった。 小さなテーブルの上に乗っているコーヒーはまだ湯気が立っていて、つい先程まで人がいたように思える。 けれども、いない。この小さなワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環蜜虫@遡行 お題:少年のふわふわ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:481字
ほんの30分前の出来事だった。出来事というにはあまりにも些細なきっかけというべきか。少年は、「それ」に目線をおとす。毛皮で身を包んだ、グニャグニャとした手触りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
狸鍋 ※未完
作者:八待二進 お題:朝の狸 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:911字
山の麓に、子を持たず暮らしている老夫婦がいた。男の方は猟を、女の方は編み物をして暮らしていた。つつましい生活だが、二人は幸せだった。しかし、二人は子が要らない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:鳥の父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:234字
鳥の父は雛のために餌をとる餌は隣の鳥がよくいく場所鳥の父はそこで全部とっちゃう 雛はおかげでいっぱいご飯食べれる一方隣の鳥はそんな鳥の父が嫌いで少しだけしか餌を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:憧れの兄 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:160字
ないものねだりで兄弟姉妹が羨ましい兄なら色々と守ってくれそうな弟なら勉強教えて姉なら宿題やってもらって妹なら全部助けたくなるようなそんな感じしかし話をきくと大抵 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:1419字
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」 大鷺高校文芸部の真倉エミリは 〈続きを読む〉