お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1185字

プンナムパパラヤー
 どこの国の部族か忘れてしまったが、「プンナムパパラヤー」という祭りがある。
 非常に楽しげな響きなので、そのインパクトある名前はよく覚えている。
 「プンナムパパラヤー」は、その国の英霊のために開かれる祭りだ。
 周辺の部族と長年対立し続けていたため、その部族間抗争で亡くなった英霊は歴史上数多く、彼らの霊を慰めるために、毎年夏に行われているらしい。
 楽しげに聞こえる響きに似つかわしく、飲めや歌えやの大騒ぎをするのだそうだ。
 わたしもこの、「プンナムパパラヤー」をやってみようと思う。
 慰めた英霊は、わたしの先生にあたる人物だ。
 先生は非常に開明的な人物で、それ故に保守派の攻撃によくあっていた。
 SNS上の先生のアカウントに攻撃的なリプライが飛んでくるのは日常茶飯事で、一度などは「あなたは病気だから入院した方がいい」なんてひどい書き込みもあった。入院、と見せかけて収監しようという企みは目に見えている。
 わたしは先生のために、そういう連中と戦ってきた。リプライを送って来た連中を、片っ端から通報してやったのだ。
 しかし、資本主義政府の犬に成り下がっている運営側は、まったく連中を凍結してくれなかった。
 そればかりか、わたしや先生のアカウントを、「攻撃的な内容を含んでいる」として、凍結したり挙句BANしたりしてきたのだ。
 そのせいで、わたしの132個あったアカウントはすべてなくなってしまったし、自宅のIPアドレスや3台ある携帯電話のどれもから、新規のアカウントが作れなくなってしまった。
 そんな時間稼ぎをされている間に、先生は亡くなってしまった。
 表向きは病死ということになっているが、本当は違う。保守派が暗殺したのだ。
 看護師の中に暗殺者を紛れ込ませているのは明白だった。わたしが教えてもらった病院へお見舞いに行っても、「面会謝絶の状態です」と言って通してくれなかったのだから。
 先生は、この独裁主義の悪の帝国と戦って死んだ英霊だ。
 それを慰めるために、「プンナムパパラヤー」を開かなくてはならない。
 わたしはリプライを送って来た連中の内、愚かにも個人情報を開示しているアカウントを発見、この男を「プンナムパパラヤー」へ招待することにした。
 この愉快な祭りは、英霊を殺した側の血を英霊の墓の前で流すことで、故人の悲しみを浄めるという目的があるのだ。その血を流す役目を、負ってもらおうじゃないか……。


 昨日、午前一時ごろ、××県××市××の住宅に女が押し入り、住人の×××××さんが殺害されました。女はすぐに同居する家族に取り押さえられましたが、「こいつが先生を殺した」「プンナムパパラヤー」などと意味不明な供述をしており、警察は同期を調べています。
 なお、この住所はいんたーねっとじょうでふとくていたすうにこうかいさr
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:568字
もうあれからどのくらいが経っただろう。自分の周りの風景はどんどん色も匂いも、何もかもが変わっていく。私はただ、それを眺めているだけで、他には何も出来ない。今日も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:826字
現場には必ず痕跡が残る。それを発見するのが警察の役目であるが、ボクはあえて違うものを現場に残した。 ボクを苦しめる学校のエリート。 それを地に落とすには手段を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:茶色い始まり 必須要素:男使用不可 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:3531字 評価:0人
幼稚園児の頃、画用紙を全部茶色とこげ茶色のクレヨンで塗りつぶしたことがある。 先生がそれを見て両親に何かを言ったらしく、わたしは楽しいところと騙されて、心療内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:許されざる新卒 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1186字
「面接を担当する山下です。今日はよろしくお願いします」「はい、よろしくお願いします」 声が震えているな、と山下は目の前の学生を見た。 少しくたびれたリクルートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:マイナーなクレジットカード 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1074字
深夜1時を過ぎた頃、一人の女が神社の石段を上っていた。 乱れた長い髪の下、その表情は鬼気迫るものがある。手にしたハンドバッグの口からは、木槌のようなものが覗い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:出来損ないの笑い声 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1079字
わたしの通っていた中学には、「蛇男」という怪談があった。 体育館の床下から「蛇男」の笑い声が聞こえてくる、というもので、在校生ならみんな知っている怪談であった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今度の負傷 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:964字
トシダ高校の野球部は呪われていると評判だ。毎年必ず大怪我する生徒が出る。 指導方法などの問題ではない。何せ、みんな練習中以外の時間に怪我をしているから。 5年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3220字 評価:1人
業界最大の登録者数を誇るコミック系SNS「コミック・コミュニティア」、通称「コミティア」。 ここではプロ・素人を問わず、多くの漫画家が日夜作品を発表し、しのぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1185字
どこの国の部族か忘れてしまったが、「プンナムパパラヤー」という祭りがある。 非常に楽しげな響きなので、そのインパクトある名前はよく覚えている。 「プンナムパパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:贖罪の会話 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1265字
こんな中学にしては珍しい、いい先生なのだと思っていた。 中二の時の担任の太田先生は、クラス内で孤立しがちな生徒によく話かけていた。 わたしが通っていた学校は結 〈続きを読む〉