お題:でかい裏切り 必須要素: 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:921字

ありがちだったので、バトルにはやめました
友人がドライブに行こうと言い出した。興味がないのでとお断りの連絡をラインに入れたが、しかしすでに家の前の道から意味ありげなクラクションの音がしていた。パーパー言ってる。

出てみると案の定友人の車だった。正直車にほぼほぼ興味がないので、その車の車種とか車番とか聞かれても困る。ただ、
「ドライブに行こう」
と、友人が強い表情で言ってきて仕方がないので、ドライブに行くことにした。私は助手席に乗ることにした。のったと同時、ドアを閉めたと同時に友人は車を発進させた。

「ど、急、ド?」
どうして急にドライブなんて行こうって言い出したんですか?友人に訪ねてみると、なんか友人は思いつめた顔でぽつりぽつりと話し始めた。時々、エンジン音かなんかで聞き取りずらかったので、聞き返しつつ、私は辛抱強く話を伺った。

私としては、その話が面白かったら今度の即興さんのバトルで書こうという意図があった。思惑というか。

「こないだね、ドライブである峠に行ったんだよ。そしたら、その峠って、お化けが出るっていううわさがあったらしくてさ、でも俺何にも知らなくてなあ・・・。実際すげえ怖い目にあったんだ。それから知ったんだよ。その噂っていうのを、でな、その峠のお化けっていうのがな、俺の頭の中に直接話しかけてきたんだ」

車はお化けが出没するという噂のある峠に向かっているらしかった。

私はドキドキしながら、友人のその話を聞いた。今度の即興さんのバトルはこれで優勝できるかもしれないという様な事を考えて、興奮していた。

「お前が死にたくなければ、お前の代わりを寄越せって」
その瞬間、細工が施されていたのか、助手席のドアが勝手に開き、私は友人に突き飛ばされて、車外に転がり落ちた。

「な、し」
何してんだ!って叫んだが、そのあとすぐ、友人の車は、片方のドアが開きっぱなしでうまく運転ができないのか、ガードレールを突き破って奈落に落ちて行ってしまった。

私が茫然とその光景を見ていると、後ろから肩を叩かれ、振り返ると、そこにお化けがいた。

んで、この後なんやかんやあって、

私は懐妊した。

そんで、この話はこないだ書いた、『サーブに無縁だった』に続く。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 お題:危ない宇宙 必須要素: 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:512字
私は宇宙のとある星に住む、いわば宇宙人って奴だ。名前はユー。今日は初めて地球にきた。いずれは地球に住もうと考えているのだ。地球はとても平和な星だと聞く。私の住ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある峠で ※未完
作者:匿名さん お題:恋の悪魔 必須要素: 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:796字
とある峠を、軽トラックは音を立てながら走りすぎる。後ろにはパトカー、この峠を逃げられるかどうかが山場だ。助手席では、俺の愛するカレンが目をぎゅっとつぶっている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:穢された光 必須要素: 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1298字
【承前】爆弾を仕掛けた、なんて誰も教えてくれなかった。頭の中に真っ先に考えたのは、あまりにも不公平だという事だ。だってそうだろう。爆弾を仕掛けたなら、仕掛けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:アブノーマルな部屋 必須要素: 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:976字
私は彼女を後部座席に乗せて車を運転していた。向かう先はホテルである。誤解のないよう言っておくが、ラブホとか呼ばれる類のものではない。決して。今日は2人で飲んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:江戸崎竜胆@テキレボA-15 お題:思い出のユートピア 必須要素: 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:597字
あの景色は何処だったろう。ごとんごとん。私の家族は車を持っていない。だから、恐らくは友人の車だったろう。それすらも覚えていない曖昧な。ごとんごとん。慣れない車の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:りさくろ お題:気持ちいい液体 必須要素: 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:548字
海に面していない、内陸に生まれた私にとって、その広くどこまでも続く水平線はどこか違う世界に来たかのようだった。「ほら、ついたぞ」 お父さんがそう言って車の後方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
楽しい私 ※未完
作者:匿名さん お題:楽しい私 必須要素: 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:415字
楽しい、楽しい。こんなに楽しいことを知らなかったなんて、私は今までなんてもったいない時間を過ごしていたんだろう。目の前の素敵な楽しいことに夢中になり、時間が経つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:即興小説さん お題:阿修羅霧雨 必須要素: 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:1008字
買ってきたシュークリームが全て潰れていた。箱を開けてみると六つともクリームをぶちまけていた。会社近くの有名な洋菓子店で買ってから、自宅まで輸送にはかなり気を使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
今、私たちは ※未完
作者:匿名さん お題:1000の雑草 必須要素: 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:182字
「あいたた…」間抜けな声を上げながら私は車から降りた。可愛らしい水色のドアには泥がこびり付いており窓にもヒビが入ってしまっている。「高かったのになぁ…」そう言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:熱い夏休み 必須要素: 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:361字
初めて車を買ったときのことである。中古で買った。とても大切にしていた。思い出の車だ。 でも、その車はクーラーをつけると温風が出て来る。だから、夏はクーラーがつけ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:無意識の兄弟 必須要素:大学受験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1036字
大学受験の費用を兄が出してくれたおかげで大学へ行けることになった。「ありがとう兄さん」大丈夫だ。わざわざそんなのいいから。感謝だけ忘れないで。人への感謝。大事。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:頭の中の遭難 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:995字
つい最近細胞を擬人化したアニメとかが流行ったようですので、この程度の事はもはや何も難儀な事ではない。と思う。しかしお題がそうだからと言って実際に頭の中で遭難して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:計算ずくめの人々 必須要素:うまい棒 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1084字
「フレッ●ュプリキュ●のあのなんとかっていう世界だ!」私は計算が苦手だ。難しいからだ。だからと言って文学が得意かと言われたらそれはそれで違う気がする。おもに大体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説の幻覚 必須要素:靴の中敷 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:801字
寝ないと即興さんには挑めない。個人的な意見ではあるが、いつもそう思っている。私という生き物は、眠気に対して著しく耐性が低い。眠気を誘う魔法を唱えられたらパツイチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:意外な祖母 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:773字
晩年の祖母はおかしかった。とても驚かされることが多々あった。例えば気が付かないうちにそこにいたりすることがあった。「うわああ!」私にしたところで何かやましいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:理想的な惑星 必須要素:育毛剤 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:857字
「はげてきた」禿げてきたので病院に行って治療をすることにした。昨今そういうCMがすごい流れているし、保険証も持っているので病院に行くのは別に苦ではなかった。むし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:残念な水たまり 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:685字
「トランプを武器にして戦うとか・・・」今しがたちょうど携帯に通知が来て、ドコモさんのニュースの通知だったんだけども、ガガさんがトランプ氏を批判したらしい。私には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2538字 評価:1人
日本海から突然巨大な生物が出現した。しかも上陸してきた。あんぎゃーとか、うんぎゃーとか言いながら。その体は黒っぽくごつごつしていて、何目的なのか棘、角っていうの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:私と性格 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:670字
「またうん〇こがいらしたぞ」十五分の部、いざ挑戦。押したら必須要素がうん〇こだった。こないだも、昨日だったかな?うん〇こだった。「Twitterに上がる際に、〇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:苦し紛れの円周率 必須要素:ブラウン管 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:776字
ハトヨメの五巻に窓を割って脱出を試みるがどうしても割れないシーンがある。「どうしても割れない、円周率かお前は」そのセリフが好きで、今日久々に読み返したらやっぱり 〈続きを読む〉