お題:誰かの人 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:719字

中二
 空中に絵を描く技術は、念動力で行っているのだという。空気を構成するものは並べ替えると色がつくようで、友人の指先がなぞった軌跡に、赤だったり青だったりが浮かび上がって、誰かの横顔を描く。
「共感覚者なんだ」
 中学生ともなると自分を特別に見せたがるもので、幽霊が見えるとか前世の記憶があるとか、みんな嘘つきになる年頃だから、そいつも同じなんだと普通に思った。ああはいはい、すごいね、とほかの奴らにやるように対応していたらムキになって、こんなふうに見えてるんだ、と宙に絵を描きはじめた。
 空中の横顔は指を離しても消えずに、いびつな線を維持してぷかぷか浮いていた。糸通しに描いてある外人の顔にちょっと似ていた。これは『化学』だという。授業中、教師の話す声がするあいだ、目の前にこんな顔が見えているのだとか。
「これは、すごい……絵の具も使わずに絵が描けるなんて」
「そこに驚くんじゃないよ。念動力なんかべつにすごくない。それよりもっと僕の見る世界に驚けよ」
 友人にしか見えない世界なんてどうとでもいえるし、とくべつ興味もわかない。共感覚のすばらしさ、いかに自分がすごいかを、下校の道のりのあいだ、延々と語り続ける。
 友人がくっついてきたまま、家についた。
「あ、鍵なくした」
 横から伸びた手が触れると、ガチャリと音がして鍵が開いた。友人の顔を見ると、「念動力だよ」という。本当に開いていた。
「すごい」
「べつにすごくないよ。それでな、共感覚の……」
「あ、部屋が荒らされてる。空き巣かな」
「隣の家に住んでる若い男だよ。金に困ってた」
 いきなり犯人を言い当てたので感心すると、「過去視だよ。べつに普通だ」と言って、また共感覚のはn
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Uyu@白羅命 お題:誰かの人 必須要素:二人称 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:534字
もう長い間ずっとこうしているような、かと思えば一瞬のような気がする。この小さな私の世界は、時に優しく、時に激しく、私を包み込んでいた。何故私がここにいるのか、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説のジジィ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:803字
書かれた当初はフレッシュな若者だった主人公も、今では歳をとった。早いうちに読まれれば、全盛期の働きを見せるところが、閉じたページの暗闇に挟まれているうち、足腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:怪しい海風 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:556字
人のにおいを嗅ぎ分けるのが昔から得意だった。ろくに顔も名前も覚えられない、興味を持てない人物に対しても、過去のにおいの記憶と結びつけて思い出せるのだから便利だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:2654字 評価:2人
枕元に誰かが立っている気配がして、見ないように羽毛布団を頭のうえまで引き上げた。深夜、真っ暗にした部屋で携帯など見て夜更かししているからこんな目に遭う。誰かは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生きている宗教 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:842字
教師になってはじめて受け持った生徒のひとりが、どんなに注意しても席につかないのには参った。机を離れて走り回る、という意味ではなく、おとなしく立っているだけなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ガラクタの山 ※未完
作者:にい お題:汚い狙撃手 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:623字
師匠に教わったのはまず、身を隠す術、擬態の技術だった。暗殺は感づかれてはならない。周囲に溶け込み、標的の油断を誘い、人知れず任務は達成されなければならない。森 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:傷だらけの地下室 必須要素:イタリア 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1325字
ヤカンでお湯を沸かして、器も用意したというのに、あいにくインスタントの味噌汁が切れていた。仕方なく、お湯を注いで冷まして飲む。味がしなくとも、味噌汁のつもりで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2401字 評価:1人
扉が開くのは三度に一度の確率と言っていい。何十回となく通ってきたから、大体そのくらいの割合であるとわかる。確実ではなく、偶然性に頼るところのある事柄があると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
サービス ※未完
作者:にい お題:どす黒いお茶 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:797字
雑居ビルに入ったファーストフード店の窓際の席。そこからは向かいのビルの同じ高さにある美容室がよく見えた。こちらからよく見えるということは、向こうからも見えると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:哀れな道 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:785字
買ったばかりの靴が足に合っていなくて、三歩と歩けずに転ぶ。外を歩かずに生活することはできないし、何度も転んでいると、路面とも馴染みになってくる。やあ、また転ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:静かな挫折 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:814字
路地裏で燃え尽きている男を見かけた。生きたまま火でもつけられたのか、真っ白な灰になってひどい有様だ。触ると端からほろほろ崩れて、これはまずいと直に触れるのはや 〈続きを読む〉