お題:イギリス式の風 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:603字

アラーム ※未完
 部屋中に設置された時計が、一斉に午前五時を示した。部屋のあるじは偏執的なまでに正確さにこだわり、一秒のズレもないように、常に手入れを欠かさない。家にいるあいだはほとんど一日、時計の針を合わせる作業をしているといっていいくらいで、それで几帳面な彼が、一秒のズレのない針の音、決められた時間にぴたりと鳴り出すアラームに満足しているかといえば、そうでもないのだった。
 ひとつだけ、どうしてもこの時間になると、ズレを示す時計があるからだ。もともと、部屋にあるものはすべて目覚まし時計で、彼の起きるこの早朝にアラームが鳴るようセットされている。ビッグベンを小さくしたようなデザインのそれは年代物で、母親が大事にしていたものを、彼が譲り受けた、思い出の品だった。
 子供のころから朝が苦手で、寝坊が怖くて眠れなかった彼に、目覚まし時計を複数設置するという方法を教えてくれたのも母だった。同じような悩みを抱えていて、だから時計を贈ったついでの当然の助言だったが、習慣とはむしろ影響された側のほうが、極端にハマってしまうもの。ふたつでは心もとなく、片方が壊れて場合に備えてもう一個、と彼の部屋の目覚ましはどんどん増えていった。彼が恐れていたのは故障で、だからこそ手入れは熱心にしたし、壊れたものはすぐに捨てた。ただひとつ、最初にもらった時計だけを除いて。
 彼には捨てられなかった。五時より十分早くなりだした時計のおk
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
東京地下洞窟 ※未完
作者:匿名さん お題:東京洞窟 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:260字
東京地下洞窟を知っているか?張り巡らされた地下鉄トンネルよりも遙か下に、ぽっかりと空いた大穴だ。まさに空虚としか言いようのない、黒インクのように暗い穴の淵に立つ 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:昨日食べた狼 必須要素:ご飯 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2731字 評価:0人
棺の蓋が遠慮がちにノックされた。お腹が空いたのだろう、ペットが餌をねだるように、飼い主を起こしにきたのだ。ぬいぐるみを抱いた、ドレス姿の幼い少女は、まだ自分で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ばらまく ※未完
作者:にい お題:フハハハハ!それは解散 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:851字
友人と電車でお出かけした帰りに、どうも深刻な顔でため息をついているものだから、悩みでもあるのかと聞いてみた。一日、買い物したり遊んだりでこっちは充実していたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:情熱的な凶器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:773字
愛を告げると相手が死んでしまう死神の彼女は、自分だけは恋をしてはならないと、厳しく自分を律していた。そうは言っても十代の女子で、気になる男子のひとりやふたり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:2596字 評価:1人
遭難した。空は晴れ渡り、電線に並んだスズメが平和的にさえずり、のどかに手押し車を押しながら老人が散歩する、ごく普通の住宅街で。しかも、文明の利器、スマートフォ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:鋭い巨人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:990字
「登れるものなら、登ってみるがいい」 甥っ子たちにジャングルジムがわりにされることに嫌気が差した男は、ついに強硬手段に出ることにした。つまり、全身をトゲトゲの装 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:素朴な借金 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:865字
「まず、これが万札だとするだろ」 茶碗から味のりが奪われていって、その行く末をつい見守ってしまう。なにやら借金の重大性、取り返しのつかなさについて語っているが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:箱の中の弔い 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:800字
ある金持ちが亡くなって、訃報を聞きつけた親戚たちは我先にと集まり、家から土地から財産をとりあった。いつでも出遅れることで有名なのろまな男は、そのときも遅れてや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2824字 評価:2人
しゃんしゃん、とステッキを振るだけで、虚空から雪の結晶が生み出された。机一面に降り注ぎ、黒い斑点が広がっていき、やがては白く降り積もる。パウダースノー。長くは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:恐ろしい床 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:862字
応接室で出迎えた所長は礼儀正しく、まずまずの好印象だったのだが、ひとつ気になる点があった。お茶菓子は高級そうで、紅茶も丁寧に淹れられており、もてなしの心を感じ 〈続きを読む〉