お題:イギリス式の風 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:603字

アラーム ※未完
 部屋中に設置された時計が、一斉に午前五時を示した。部屋のあるじは偏執的なまでに正確さにこだわり、一秒のズレもないように、常に手入れを欠かさない。家にいるあいだはほとんど一日、時計の針を合わせる作業をしているといっていいくらいで、それで几帳面な彼が、一秒のズレのない針の音、決められた時間にぴたりと鳴り出すアラームに満足しているかといえば、そうでもないのだった。
 ひとつだけ、どうしてもこの時間になると、ズレを示す時計があるからだ。もともと、部屋にあるものはすべて目覚まし時計で、彼の起きるこの早朝にアラームが鳴るようセットされている。ビッグベンを小さくしたようなデザインのそれは年代物で、母親が大事にしていたものを、彼が譲り受けた、思い出の品だった。
 子供のころから朝が苦手で、寝坊が怖くて眠れなかった彼に、目覚まし時計を複数設置するという方法を教えてくれたのも母だった。同じような悩みを抱えていて、だから時計を贈ったついでの当然の助言だったが、習慣とはむしろ影響された側のほうが、極端にハマってしまうもの。ふたつでは心もとなく、片方が壊れて場合に備えてもう一個、と彼の部屋の目覚ましはどんどん増えていった。彼が恐れていたのは故障で、だからこそ手入れは熱心にしたし、壊れたものはすぐに捨てた。ただひとつ、最初にもらった時計だけを除いて。
 彼には捨てられなかった。五時より十分早くなりだした時計のおk
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆる奈落 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1207字
わたしの通っていた中学校には、「第二理科室で転ぶと、奈落に落ちる」という噂話があった。 それ以外に怪談らしい怪談のないその中学だったが、「奈落」というあまり使 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:汚いぬくもり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:816字
母親といってまず思い出すのがエプロンだ。大きめのポケットがお腹のところについていた。小さかった頃の俺はよくそのなかに入り込んで、母親が家事をするのをお腹にくっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:汚れた魚 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:926字
道端で露店を開いているのを見かけた。看板は『オリジナルクイズ』。すごくつまらなそうだと思って早速近づいてみた。小汚い格好の意外と歳だけは若い男が、空き缶を地べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:天才の善 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1498字
人生に疲れ、未来もなく、人との関わりも絶った者だけに開ける道がある。気がつくとその者は暗い森に迷い込み、あてどもなく歩いた先で、ひとりの人間と出会うことになる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:左の整形 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:887字
ガスバーナーであぶると、ムラセくんの顔は溶ける。普段は粘土くらいの硬度だが、熱すると形を保つこともできなくなり、半分水のまじったような、スライムみたいな感じに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幻想通貨 ※未完
作者:にい お題:哀れな就職 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:694字
初任給はどんぐり5個。あまりにも恵まれない。仕事内容はとんでもなく過酷で、一日じゅう、ペットボトルの蓋が機械によって閉められていくのを、えんえんと見つめていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
接待 ※未完
作者:にい お題:くだらない凡人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:753字
「ささ、こちらへどうぞ。遠慮なさらず」 席を勧めるときの低姿勢だけは誰にも負けない。平身低頭、コネのある人物に対してのおべっか使いにおいてお前に並ぶ者はいないな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:謎の孤島 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:880字
出身地を聞かれてとりあえず「陸の孤島だ」とでも答えておけば、勝手にど田舎を想像してくれる。海にぽつんと浮かぶ実際の孤島でなくとも、山地の多いこの国のことだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2790字 評価:2人
人を指さしてはいけません、とお母さんには教わったものだけど、相手が人でないならその限りではない。対象をこれとわかりやすく示すためにはいい方法でもある。「あっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:絶望的な痛み 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:911字
「あの家族は、痛みを感じないんだぜ」 そんな嘘をつかれるなんて、一体どれだけ嫌われているのかと思いきや、どうやら嘘ではなかったらしい。痛くないからなにをしてもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
水槽 ※未完
作者:にい お題:かっこいい熱帯魚 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:745字
プロフィールの趣味にアクアリウムと書きたいがために、水槽から何から買い揃えはじめた。形から入るタイプというか、とにかく人にかっこよく見られるためならなんでもす 〈続きを読む〉