お題:東京の朝飯 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:761字

案内人 ※未完
「おっさん、ここ長いの?」
段ボールで寝ていたおっさんは眉を顔をしかめながら目を開いた。
「あぁそうだ。ここを譲る気はないがなんだ。お前みたいなのが何の用だ。」
「床屋行かない?金払うから」


連れてきてもらった公園はなかなかのどかな場所だ。木陰にベンチがあり、遠くに池も見える。
「なかなかだねぇ。」
「それで、まだ俺は解放されないのか」
「いいじゃない、どうせ暇でしょ」
「人間は嫌いなんだよ」
おっさんはずっとこちらを見ず、地面か遠くを見ている。髭がないのが落ち着かないのか、ずっとあごを触っている。
「俺も嫌いだよ」
でも旅先でなら不思議と積極的になれる。
「飯屋とかは?何か食べに行こうよ。昔行ってたとことかでいいけど。」
「飯屋なんてもう3年は行ってない。昔行ってたったってなぁ…」
「何が好きなの?牛とか鳥とか、焼きとか鍋とか。」
「そうだなぁ… 好きなもの… 天ざるかね…」
「蕎麦!いいねぇ。行きつけとかあるの?」
「蕎麦十っつってね… ちょっと遠いが… 15分くらいかね」
「よし行こう!」


「お前も変なやつだな。ホームレスに案内させて観光なんて、いつもこんなことしてんのか」
「いや?今日が初めてだよ。というかこんな旅行自体がほとんど初めてだし。」
「はぁー。ますます変なやつだな。」
「散々奢られといて失礼だぞ」
「こっちからお願いしたわけじゃねぇ」
ぶっきらぼうだが顔は笑っている。

知らない場所に行くってのは自分の知識が無になるってことだ。事前に調べなければどこを歩けばいいかさっぱり分からない。オフィスビルしか無い街を歩き回ってもしょうがない。ただショッピングに興味がなければテーマパークにも興味はない。その場の空気を味わえるような場所がいい。そういう場所は、地元の人間しか知らない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の誤解 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1200字
「先生。」 講堂前の広場の掃き掃除を終えた私は暖炉の火の勢いよくパチパチと燃えさかる職員室で書類仕事をしていた牧師姿の青年に声を掛けた。職員室にいたのは彼一人だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵画の晩餐 ※未完
作者:小雀助(こがらすけ) お題:やわらかい信仰 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:195 人 文字数:960字
「最後の晩餐」 足音と時折の秘密話。壁にかけられた絵画はどれも美しい。 けれどその中で、「一際」目を惹く絵がある。 壁にかけられた絵画は横に長く。そこに描かれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:poti お題:ワイルドなネット 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:187 人 文字数:2225字
野生的なネットという単語を聞いたことがあるか。そんなことも知らないのか、君はなんて不幸な奴なんだ…この敬虔なるキリスト教徒、十二使徒にも数えられてるんじゃないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:哀れなぷにぷに 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:176 人 文字数:943字
僕の名前は十二使徒読み方は十二使徒(とうじつかず)変わった名前だ僕はトイレは共同 風呂なし 2畳のアパートで一人暮らしだ一人はとても寂しい・・・だから動物を飼う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:新感覚冷やし系魔法少女ヒャド お題:あいつのぬるぬる 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:342 人 文字数:1534字 評価:1人
この状況は、どう考えても僕の人生の中で最大のピンチだと思います。 男十三人、女十三人で盛大に行われた飲み会の翌朝、前から気になっていた女子の部屋、その女子と同 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつのぬるぬる 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:389 人 文字数:2912字 評価:1人
『きっかけはなんでもいい』例え嘘でも偶然でも思い込みでも、そんなのはあとからいくらでも付け足していくことができる。没後に絵を評価される絵かきのようなものだ。音楽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オムラ お題:あいつのぬるぬる 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:287 人 文字数:1193字 評価:0人
れろっ。効果音をつけるとしたら、多分こんな感じ。アンデレは、おもむろにペテロの手を舐めた。上目で様子をうかがってくる感じが鬱陶しい。「ペテロはさー、クラスの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まい お題:あいつのぬるぬる 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:241 人 文字数:2326字 評価:1人
「めりくりー! あけおめー! ことよろー!」「いっぺんに済ますな。そして気が早い」 Xmasを来週に控えた今日、非リア同盟を結んでいる女友達と喫茶店でクリパの打 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:麻々ソーマ お題:あいつのぬるぬる 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:323 人 文字数:1195字 評価:1人
月明かりが照らす世界。夜の街というのは一種の異界を描いている。 その街の中を、俺は飛ぶ。建物から建物へと、影を伝って移動する。「……見つけた」 帰宅途中らしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぬぼ お題:あいつのぬるぬる 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:226 人 文字数:1717字 評価:0人
神はヒトに知性を与えたもうた。ヒトは知性を持つと勝手気ままに動き始めた。そして月日が経ち―――もう人は神の予想の範囲を超えていた。第3回!!チキチキ!!十二使徒 〈続きを読む〉

はろーの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:はろー お題:美しいわずらい 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1112字
見られている。今日も。見られているのは私というより私のアカウント情報だということは分かっていても多少落ち着かなくなる。街を歩けば、電車に乗れば、みんな私をじっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
案内人 ※未完
作者:はろー お題:東京の朝飯 必須要素:十二使徒 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:761字
「おっさん、ここ長いの?」段ボールで寝ていたおっさんは眉を顔をしかめながら目を開いた。「あぁそうだ。ここを譲る気はないがなんだ。お前みたいなのが何の用だ。」「床 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:くだらない小説 必須要素:宇宙人 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1227字
「この地球上にいるあなた以外の人間は全て私なの。私のコピー。」「でも見た目からして全然違うじゃないか」「そうよ。でも全部私なの。私の中にあるものを膨らませたり縮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジュウダ ※未完
作者:はろー お題:鈍い彼女 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:220字
「思ってるのの5倍は痛いよ」と彼女は言った。チンピラは何も言わなかったが少し怯んでいるようでもあった。「金がいるならあげる。君、バッグから出して。」彼女の両手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:左の嫉妬 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:406字
小さなころ、幼稚園児のころ、僕はよく砂を舐めていた。舌に乗せたときに広がるにおい、奥歯で噛んだ時のジャリジャリという感覚。記憶力は悪い方なのになぜか砂を食べてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:恐ろしい目 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:605字
恐ろし気な目が3日前から僕を背後から見ている。トイレに行っても風呂に入っても買い物に行ってもそれは背後にある。しかし僕が後ろを見てもそれを見ることはない。しかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
うそつき兵徳 ※未完
作者:はろー お題:8月の能力者 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:777字
あるところにたいそう顔の醜い男が住んでおりました。男は顔の醜さゆえにどこへも奉公へいけず、日がな一日、家で草鞋を編んだり、飯を炊いたりしておりました。「お前をそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:ロシア式の伝承 必須要素:時限爆弾 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:888字
「腹の子は母を○すぞ」青年は言った。お前は誰だ。「俺はアルだ。お前の子供はお前の妻を○すがそれでいいのか。」いいかって良いわけないだろう。なぜそんなことが分かる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:フニャフニャの家事 必須要素:火星 制限時間:1時間 読者:93 人 文字数:463字
「火星って95%が二酸化炭素らしいよ。あとほとんど窒素。」「へー」「気圧は地球の0.6%だって。7ヘクトパスカルだってヤバくない?」「ヤバいねー」なぜそんなとこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:鈍い情事 必須要素:CD 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:1037字
我が国最高レベルの人工知能がはじき出した結果が彼女だったわけだが、なんだか詐欺にでも遭ったような気分だ。よく言えばカワウソ、悪く言えばビーバーみたいな顔をしてい 〈続きを読む〉