お題:絵描きの血痕 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:838字

コーヒーカップに絵を描く店員
 ドリップコーヒーが入ったプラスチック製のカップに落書きと共にLINEのIDらしきモノが書いてある。書いていた店員はそのカフェには相応しくないような憂鬱な雰囲気を纏う、声の小さな女だった。僕は奇妙に思って席からカウンター内を盗み見ると女もこちらを見ており、まるで誰かに指示でもされているかのようにぎこちなく微笑みを向けるのであった。気にしないようにやり過ごそうと文庫を開くも文字を追うだけで内容がまるで入ってこない、ましてやその退屈な文庫で暇を潰すより遥かに有意義なわざとらしい現実が目の前にあるのだ。女は僕を観察しているのだろうか、視線が纏わりつくような嫌な感覚があり、自分の内側に熱が篭って少しづつ耳を熱くしていく。反対に指先は冷たくなって、不可解な怖さが早くなる鼓動を意識させた。
 少しだけ残ったカップのコーヒーを持って店を出ようとすると、女が気を利かせた店員を振る舞い「カップ、捨てて置きましょうか」と微笑む。その見透かしたような悪意のある笑顔を無視して、車へと戻った。恥ずかしさと無意味さで息苦しいのに、そのIDを検索する。すると後ろ姿のアイコンと(蝶子)という名前が表示された。地味な印象に似つかわしくない派手な名前からまた気味の悪さを感じるが、退屈を凌ぐにはもってこいの素材が見つかった高揚感も確かにあった。
 (どういうつもりですか?)と試しに送ることにする。するとすぐに既読が付き、(貴方のせいですから笑)と返事が来る。もっと知りたいのに、踏み込んではいけない人間だと流石に分かっている自分もいる。(からかわないでください、普通にお話がしてみたい。)と返事をして駐車場から車を出す。運悪く店のすぐ前の信号に引っかかり、店の中を注意深く眺めてしまった。すると彼女は違う客を相手にしており、忙しく動き回っていた。

(そろそろ仕事が終わります、会いませんか?)

そんなはずは無い。今、返事をするタイミングなんて、無かったじゃないか。

(貴方、誰ですか)

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:気向行夫 お題:日本電話 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:608字
高校で友達の佳代子と昼食をとっていると、こんな話があった。「高校の近くにある〇〇公園の電話ボックス、出るんだって」「でるって……何が」「決まってるじゃん、幽霊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな墓 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1222字
空は青い。空気はじわじわと迫ってくる。蜃気楼のような空気が震えている様子も見える。ただ僕は汗をかきながら、空を見ている。夏だ。大嫌いなこの季節がやってきた。蝉が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みぺこ お題:ぐちゃぐちゃの処刑人 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:325字
白銀の光を残して刃が駆ける。 街を埋め尽くす異形の群れ。高層ビルを臨む空からは奇怪な体躯の鳥が。路地裏からは目を血走らせ、六の手足を生やした狼が。灯りを失った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の探偵 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1254字
「ここで僕の推理、聞いてくれませんか?」部屋の真ん中辺りを歩きながら探偵はにっこりと笑う。その推理は確実で、忠実で、繊細。だからこそその答えが導かれる。皆は彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:戦争と貯金 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1172字
戦争と貯金にはお金の使い方で対照的でありながら連関している気配がする。我々の貯金は銀行によって運用されるが、最終的にどこで使われているのだろう。日本の国債はア 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:戦争と貯金 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1353字
さきほどグーグルクロームが停止し、書き終わりかけた文章は終了間際に消失した。PC上で作文するものにとっては必ず経験する絶望感に襲われるが、即興小説は停止を許さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マンネリな川 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1373字
あるところに川がありました見た目はごく普通だけど、実はこの川の中には肉食な魚がたくさんいるらしい少し濁っていてどのくらいの深さなのかは見当もつかないそんな川に散 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mas お題:意外!それはハゲ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:508字
小野頭通りの天気は、このところ雨が続き、ダンスパーティに遅れそうな小鳥の急ぎ足のような音を盛んに響かせていた。車の上げる水しぶきの音は世界の終わりを告げるために 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:かゆくなる火 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1201字
焚火を見ているとFは痒くなってきた。一年間のうちに自分が作ったものや書いたものを集めて燃やす儀式が執り行われれている。それは毛糸で編まれた人形だったりセーター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:気向行夫 お題:鋭いボーイズ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:345字
エイタは高校生である。 登校すると友人のシンジが声を掛けてきた。「おはー」 気の抜けた返事だ。 寝ぼけているのではなく、こいつはいつもこんな感じだ。「エイタは 〈続きを読む〉

書店員の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:素人の犬 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:978字
「全然動かないじゃん、ここの子たち」 妻が退屈そうに呟く。近所のホームセンターのペットショップの犬たちはやる気がない。新しくできたイオンのペットショップの犬た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:賢い小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1384字
(今日は佐藤悠二さんの誕生日です)久々に開いたPCのディスプレイに表示されて、息を飲む。 何年か前に、悠二は死んだ。 酒も飲まずに夜を持て余していて、吸いたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:蓋然性のある小説新人賞 必須要素:バナナの皮 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1644字
ふた、ぜんせい?困ればググる。それに限る。すぐに(がいぜんせい)と読むことや、確からしさという意味合いを教えてくれる。むずかしいことは分かんないけど、こないだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:絵描きの血痕 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:838字
ドリップコーヒーが入ったプラスチック製のカップに落書きと共にLINEのIDらしきモノが書いてある。書いていた店員はそのカフェには相応しくないような憂鬱な雰囲気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:気高い育毛 必須要素:変なにおい 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1112字
モテたい、モテたい、それ以外には何もいらない。この焦燥感は僕の薄毛に由来しているはずだ、そうに違いない。僕はカツラを許さない、隠し事が嫌いなのだ。しかしながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:愛の耳 必須要素: 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:912字
カーテンの隙間を眺めると街灯の明かりが薄っすらと見える。隙間に人影が映ったら、こちらを覗く目と目が合ったら、など考えると怖くてそっと目を閉じる。 私は眠る前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:バイオセリフ 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:367字
(君にさよなら 僕にさよなら 春にさよなら 行き交う季節よ 私は狂ってはいないか バイオセリフ とびらを壊せバイオセリフ 早くを飛び出せバイオセリフ はやく風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:でかい汁 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:606字
(狂ったように踊れ。) これが祖母の最後の言葉でした。私は祖母の手を強く握っていましたが、祖母の言葉に従い病室で中居くんのようなロックダンスを泣きながら踊りま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:小説の瞳 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:375字
マグカップの淵についたコーヒーのシミが、いやらしい人間であることを実感させられる。人を見ながら、本を読みながら、ツイッターの画面をひたすらチッチと下に引っ張り 〈続きを読む〉