お題:純白の冬休み 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:745字

純白になった君の顔
彼女が僕に初めて話しかけてきたのは、夏が終わろうとしていた頃だった。
クラスでも目立たない僕に話しかける人は少なく、半年近くの時間が経ったこの時も、クラスの半数以上は話したことのない他人だった。
そんな僕に彼女は言った。
「ねぇ。ノート見せてくれない?」
これが第一声だった。
人間なんて分からないもので、こんな些細なきっかけで、僕と彼女は関係は始まった。

夏が終わり、秋には二人で近所の山までピクニック。
彼女の亡くなったお母さんは、花が好きで、沢山の花の名を教えてくれたらしい。
嬉しそうに微笑む彼女からは、いつもの傲慢さの欠片も見えなかった。
例え僕が荷物を全て持っていたとしても、僕はそれで良かったんだ。

そして運命の冬。
期末テストが終わり、浮足立った雰囲気の教室で彼女は言った。
「ねぇ。冬休みに、また山に行かない?秋に行った山なんだけど、湖が凍るみたいよ。」
彼女はそれから一時間に渡って、凍った湖の美しさや楽しさを力説してくれた。
結局、湖もお母さんとの思い出があったらしい。

そして今。僕と彼女は、凍った湖の上に立っていた。
その日、僕は朝から父に期末テストの点数で責められ、機嫌が悪かった。
対してなぜか彼女はずっと上機嫌で、段々僕は怒りがヒートアップするのを止められなかったんだ。

言ってはいけない真実を告げた。
「ねぇ。君のお母さんが僕のお母さんだって、君は知ってるの?」

最初、ポカンと口を開けていただけの彼女の顔が、みるみる真っ赤になった。
僕から逃れるように後ずさった彼女。
瞬間。
碓氷を踏み外した。
彼女は悲鳴を短く上げた。
僕は手を伸ばしたけれど、届かず、追って彼女が書いたと思われる手紙が湖に浮いた。
「好きです。付き合って下さい。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純白の冬休み 制限時間:15分 読者:250 人 文字数:1725字
[ジャンル:ファンタジー] 一面の雪景色。 その中で、見目麗しき青年クリスは横たわっていた。 路銀が尽きたからでも、食料が尽きたからでも、寝具がないからでもない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷めた修羅場 ※未完
作者:akari お題:賢いドロドロ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:730字
「……珈琲のお代わり、頼みましょうか?」「ええ、お願いします」 この会話を何度繰り返したことだろう。近くを通りかかるウェイターに注文しながら私はそんなことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I
作者:ぼた(サブサブ垢) お題:平和と空想 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1549字
見慣れた後姿が、爪先立ちになりながら片手を上へ伸ばしていた。下駄箱の靴を取るのに、そんなに伸びあがる必要はないだろう。「何やってんの?マツハ」 近付いて声を掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識のところてん 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1144字
日本って、世界で最も表現の自由があるんだなと思いました。 サブカルって日本発祥で世界に輸出できるレベルの産業です。コンピュータゲームはすでに登場から30年間経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の飛行 ※未完
作者:akari お題:傷だらけのパイロット 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:697字
空に手をかざす。指の隙間から漏れる光の眩しさに細め、空の藍を自身の目に焼き付ける。 ずっと昔からの変わらない癖だが、その際に抱く心情は随分変わったように思える 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きっかけ ※未完
作者:匿名さん お題:男の性格 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:939字
私はやることがなくて、西洋画家兼小説作家になった。この手の職業は皆が憧れるものだ。 住んでいるところが海沿いなので、都会に出たときだけになるが、稀に、弟子にし 〈続きを読む〉

橡樹 向日葵の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:愛すべき正義 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:434字
皆さんは譲れないものはありますか?まぁ誰だって一つくらいはあるよね。他人から見れば下らないと思えるようなコダワリなんだけど、ここだけはどうしても!みたいな何か。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:純白の冬休み 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:745字
彼女が僕に初めて話しかけてきたのは、夏が終わろうとしていた頃だった。クラスでも目立たない僕に話しかける人は少なく、半年近くの時間が経ったこの時も、クラスの半数以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の走る理由 ※未完
作者:橡樹 向日葵 お題:嘘の血 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:377字
走れ、走れ、走れ、走れたった数時間前まで、私は彼と笑い合っていたはずなのに。今はそれだけが、その思いだけが私の思考を支配していた。額から汗が流れ、目に入る。焼け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
輪廻 ※未完
作者:橡樹 向日葵 お題:優秀な部屋 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:360字
広い空間。果てしなく広がる空間。白く、広大な空間。何もない、ただ空間のみのこの場所。いきなり僕はここにいた。あれ?ここに来る前は何してたっけ。とボケたことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:希望の彼女 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:450字
ピンポーン!!!!軽快に玄関のインターホンが鳴った。某巨大通販サイトから、商品を発送したというメールが届いたのは昨日。相変わらず仕事が早い。「それではこちらにご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:煙草と熱帯魚 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:449字
水槽の奥に一人の男が座っていた。数時間前からだろうか。何度も何度も、煙草に火をつけては消してを繰り返す。今では銀色の灰皿は山のようになっていた。「ママ。これ、も 〈続きを読む〉