お題:純白の冬休み 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:745字

純白になった君の顔
彼女が僕に初めて話しかけてきたのは、夏が終わろうとしていた頃だった。
クラスでも目立たない僕に話しかける人は少なく、半年近くの時間が経ったこの時も、クラスの半数以上は話したことのない他人だった。
そんな僕に彼女は言った。
「ねぇ。ノート見せてくれない?」
これが第一声だった。
人間なんて分からないもので、こんな些細なきっかけで、僕と彼女は関係は始まった。

夏が終わり、秋には二人で近所の山までピクニック。
彼女の亡くなったお母さんは、花が好きで、沢山の花の名を教えてくれたらしい。
嬉しそうに微笑む彼女からは、いつもの傲慢さの欠片も見えなかった。
例え僕が荷物を全て持っていたとしても、僕はそれで良かったんだ。

そして運命の冬。
期末テストが終わり、浮足立った雰囲気の教室で彼女は言った。
「ねぇ。冬休みに、また山に行かない?秋に行った山なんだけど、湖が凍るみたいよ。」
彼女はそれから一時間に渡って、凍った湖の美しさや楽しさを力説してくれた。
結局、湖もお母さんとの思い出があったらしい。

そして今。僕と彼女は、凍った湖の上に立っていた。
その日、僕は朝から父に期末テストの点数で責められ、機嫌が悪かった。
対してなぜか彼女はずっと上機嫌で、段々僕は怒りがヒートアップするのを止められなかったんだ。

言ってはいけない真実を告げた。
「ねぇ。君のお母さんが僕のお母さんだって、君は知ってるの?」

最初、ポカンと口を開けていただけの彼女の顔が、みるみる真っ赤になった。
僕から逃れるように後ずさった彼女。
瞬間。
碓氷を踏み外した。
彼女は悲鳴を短く上げた。
僕は手を伸ばしたけれど、届かず、追って彼女が書いたと思われる手紙が湖に浮いた。
「好きです。付き合って下さい。




作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純白の冬休み 制限時間:15分 読者:256 人 文字数:1725字
[ジャンル:ファンタジー] 一面の雪景色。 その中で、見目麗しき青年クリスは横たわっていた。 路銀が尽きたからでも、食料が尽きたからでも、寝具がないからでもない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:情熱的な幻想 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1298字
彼女との出会いは数ヶ月前、それは周期的に月が燃える、その始まりの夜であった。街では老若男女問わずに、燃え盛る月の由来なんて知らずに浮かれ騒ぎ、祭りを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

橡樹 向日葵の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:愛すべき正義 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:434字
皆さんは譲れないものはありますか?まぁ誰だって一つくらいはあるよね。他人から見れば下らないと思えるようなコダワリなんだけど、ここだけはどうしても!みたいな何か。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:純白の冬休み 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:745字
彼女が僕に初めて話しかけてきたのは、夏が終わろうとしていた頃だった。クラスでも目立たない僕に話しかける人は少なく、半年近くの時間が経ったこの時も、クラスの半数以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の走る理由 ※未完
作者:橡樹 向日葵 お題:嘘の血 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:377字
走れ、走れ、走れ、走れたった数時間前まで、私は彼と笑い合っていたはずなのに。今はそれだけが、その思いだけが私の思考を支配していた。額から汗が流れ、目に入る。焼け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
輪廻 ※未完
作者:橡樹 向日葵 お題:優秀な部屋 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:360字
広い空間。果てしなく広がる空間。白く、広大な空間。何もない、ただ空間のみのこの場所。いきなり僕はここにいた。あれ?ここに来る前は何してたっけ。とボケたことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:希望の彼女 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:450字
ピンポーン!!!!軽快に玄関のインターホンが鳴った。某巨大通販サイトから、商品を発送したというメールが届いたのは昨日。相変わらず仕事が早い。「それではこちらにご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橡樹 向日葵 お題:煙草と熱帯魚 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:449字
水槽の奥に一人の男が座っていた。数時間前からだろうか。何度も何度も、煙草に火をつけては消してを繰り返す。今では銀色の灰皿は山のようになっていた。「ママ。これ、も 〈続きを読む〉