お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:277字

湖転生
 蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。
 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。
 第八ビルに住まう翁は、名をスラといった。ビルは巨大で中庭を有しており、中庭には小さな噴水がある。
 あるときスラは、杖を持つ手がすっぽ抜け、噴水に杖を落としてしまった。
 慌てて噴水を覗き込むも、浅いはずの底のどこにも、杖は見当たらない。
 もっとよく探そうと手を伸ばし、それから足元をすべらせ噴水に落ちてしまったことで、スラの体は噴水の底を通り抜けた。
 こうしてスラは阿修羅湖へとたどり着いたのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:277字
蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。 第八ビルに住まう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:記録にない「えいっ!」 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:802字
自分の発言のほとんどは記録されない、ということにふと気づいて、ちょっと虚しくなった。このご時世、人々は自分の食事風景や、行った場所、風呂に入る時間でさえ、SN 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:灰色の光 必須要素:アルパカ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:899字
頭上にUFOが現れた。小学校からの帰り道のことだった。とてもいい天気なのに、急に空が灰色になった気がして、見上げるとUFOがいたのだった。うわーすっげーと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:疲れた雑草 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:698字
雑草にも五分の魂。草むしりで無慈悲にも抜かれていく彼らに、少し同情を覚えた。「ほらそこ手が止まってるよ」 せんせいに注意されても、じっと雑草を眺め続ける。果た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:冷静と情熱の間にあるのは昼下がり 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:410字
(赤) 強い日差しを見に浴びて、光の照らす街を撮る。昼下がり、ビルの屋上から覗くレンズは、人でごった返していた。交差点を人が行き交っているのを、フレームに収める 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:殺された多数派 必須要素:ラーメン 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:662字
声の大きな少数派によって多数派は抹消された。節度を守っていればラーメンは自由に楽しんで食べればいいはずだった。それがいつしか、条件の厳しい規制がかかり、ルール 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:俺と動機 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:553字
君が生きる理由を知りたいと思った。君が生きることの喜び、君が生きることの悲しみ、君が生きることで得られるすべての感情の中の、一体どれが君の生きる理由なのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:明るい大雪 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:454字
雪が降る。「どうだ明るくなったろう」 雪を降らせた男が、誇らしげに言った。雪は一粒一粒が発光していた。こんなに白い降雪を見るのは初めてだったので、私はただ頷い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:未熟な希望 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:538字
もうすぐあの樹に実がなるだろう。家の前に生えたヒメリンゴの樹に。ここに引っ越してきたときから、ずっと楽しみにしていた。 田舎の道の、コンクリートの行き止まりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:あきれた姉妹 必須要素:ボールペン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:454字
「だってボールペンって鉛筆の上位互換じゃん?」 とお姉ちゃんは言っていたけれど、そんなことないだろって思う。 どういう根拠で上位互換なのか聞くと、「消されないし 〈続きを読む〉