お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:277字

湖転生
 蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。
 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。
 第八ビルに住まう翁は、名をスラといった。ビルは巨大で中庭を有しており、中庭には小さな噴水がある。
 あるときスラは、杖を持つ手がすっぽ抜け、噴水に杖を落としてしまった。
 慌てて噴水を覗き込むも、浅いはずの底のどこにも、杖は見当たらない。
 もっとよく探そうと手を伸ばし、それから足元をすべらせ噴水に落ちてしまったことで、スラの体は噴水の底を通り抜けた。
 こうしてスラは阿修羅湖へとたどり着いたのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆる奈落 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1207字
わたしの通っていた中学校には、「第二理科室で転ぶと、奈落に落ちる」という噂話があった。 それ以外に怪談らしい怪談のないその中学だったが、「奈落」というあまり使 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:過去の消しゴム 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:86字
クラスの消しゴムを集めて艦隊を作った。Bクラスのやつらも艦隊を作り、くっつけた机の海に、ふたつの艦隊が向かい合っている。 それからなんやかんやあって負けた。悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:残念な熱帯魚 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:632字
透明な膜が目の前を覆っていた。なんだろうと思って手を伸ばした。ひんやりとした。水が宙に浮かんでいるのだった。 水の塊。直方体の水が道を塞いでいる。 どうしたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:狡猾な彼女 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:634字
「狡猾な人が好き」と、サークルの新歓の席で豊美は言っていた。個性的なことをいうものだと思った。しかし彼女はそれを望んでいるのだし、好かれればあとはなんでもよいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の海辺 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:471字
風呂は格好の遊びの時間だ。おれは風呂場のタイルに仰向けになって、自分の腹に慎重にお湯をかけていった。へそのところに水が溜まっていく。おれの腹の上に海が生まれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:苦い屍 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:672字
あの森に入っちゃいけないよ。 小さいころからそう言い聞かされてきた。家のすぐそばに広がる森は、私が生まれたときにはすでに立ち入り禁止になっていて、厳重なバリケ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:10の宴 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:493字
小説の書き方なんてものはとっくの昔に忘れてしまった。しかしそんなものを忘れても、小説を書くうえで不都合が起こることは滅多にないから、今日も私は酒を飲む。 かつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:失敗のぬめぬめ 必須要素:戦闘機 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:504字
ヘッドラインは「オオサンショウウオ、戦闘機を丸呑みにする」。全国紙を賑わせたその摩訶不思議な文字列を見て、私はすかさず岡山県真庭市を訪れた。 [検閲段落] そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:最弱の夕日 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:541字
「さあ、あの夕日まで走るんだ!」 ボクらは青春の汗を目元でぬぐって、コーチの背中を追いかけていった。 夕日は存外に近くて、ものの五秒もせずにボクらは夕日に辿り着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:277字
蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。 第八ビルに住まう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:記録にない「えいっ!」 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:802字
自分の発言のほとんどは記録されない、ということにふと気づいて、ちょっと虚しくなった。このご時世、人々は自分の食事風景や、行った場所、風呂に入る時間でさえ、SN 〈続きを読む〉