お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:277字

湖転生
 蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。
 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。
 第八ビルに住まう翁は、名をスラといった。ビルは巨大で中庭を有しており、中庭には小さな噴水がある。
 あるときスラは、杖を持つ手がすっぽ抜け、噴水に杖を落としてしまった。
 慌てて噴水を覗き込むも、浅いはずの底のどこにも、杖は見当たらない。
 もっとよく探そうと手を伸ばし、それから足元をすべらせ噴水に落ちてしまったことで、スラの体は噴水の底を通り抜けた。
 こうしてスラは阿修羅湖へとたどり着いたのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:俺と会話 必須要素:力士 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:866字
「仕事といっても、俺と会話してくれるだけでいいんです。駅前の喫茶店で、週に三日のペースで、時給制で。あ、日数とか時給いくらかとかは調整が利きますから。とにかく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:ダイナミックな土地 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:487字
ダイナミック入店という言葉をご存じだろうか。車に乗ったまま、壁やドアをぶち破って入店する行為のことだ。 基本的にはアクセルとブレーキの踏み間違えだとか、大幅な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:右の時雨 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:873字
右の時雨、左に日向。 ちょうど、雨の降る境界線に出くわしたらしい、視界の右側は雨が降っていて、左側はからりと晴れていた。見上げると右側の頭上で雲が切れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:楽しい喪失 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:228字
今日もつらい気持ちを抱えてお仕事に行きます。 それを見かねた同僚が、ひとつチラシをくれました。 それを持って指定の路地裏に行くと、やさしい顔のおにいさんが、廃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:犬の太陽 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:716字
「さあ、あの夕日に向かって走るわん!」 体育教師の犬が号令を上げる。感涙を流しながら生徒犬たちも彼に続いた。空は橙に染まる。代々受け継がれてきた犬の誇りもこうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:贖罪の痛み 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:398字
三本の磔。イエスを真ん中にして、その左右にひとりずつ、合わせて三人のオタクが十字架に架けられていた。 十字架にかけられていたひとりが、イエスに向かって言った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:小説家たちの深夜 必須要素:脂肪吸引 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:771字
小説家たちは夜な夜な題材を探し求めて街を徘徊しているという。彼らに遭遇しても、決して目を合わせてはいけない。たちまちあなたは取って食われて、小説にされてしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:限界を超えた模倣犯 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:466字
T**市O区の海水浴場で、ふたつの遺体を発見。溺死ではなく首を絞められた跡が残っており、犯行に使われたと思われるロープも近くの岩場で発見された。ロープは二本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:東京の俺 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:406字
三鷹に引っ越してきてからもうすぐ半年が経とうとしていた。心配していたほど田舎者扱いされることもなく、新しい友達もできて、まあそれなりの高校生活を送れている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉