お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:277字

湖転生
 蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。
 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。
 第八ビルに住まう翁は、名をスラといった。ビルは巨大で中庭を有しており、中庭には小さな噴水がある。
 あるときスラは、杖を持つ手がすっぽ抜け、噴水に杖を落としてしまった。
 慌てて噴水を覗き込むも、浅いはずの底のどこにも、杖は見当たらない。
 もっとよく探そうと手を伸ばし、それから足元をすべらせ噴水に落ちてしまったことで、スラの体は噴水の底を通り抜けた。
 こうしてスラは阿修羅湖へとたどり着いたのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

小伏史央の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:過去の消しゴム 必須要素:軍艦 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:86字
クラスの消しゴムを集めて艦隊を作った。Bクラスのやつらも艦隊を作り、くっつけた机の海に、ふたつの艦隊が向かい合っている。 それからなんやかんやあって負けた。悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:残念な熱帯魚 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:632字
透明な膜が目の前を覆っていた。なんだろうと思って手を伸ばした。ひんやりとした。水が宙に浮かんでいるのだった。 水の塊。直方体の水が道を塞いでいる。 どうしたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:狡猾な彼女 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:634字
「狡猾な人が好き」と、サークルの新歓の席で豊美は言っていた。個性的なことをいうものだと思った。しかし彼女はそれを望んでいるのだし、好かれればあとはなんでもよいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:少年の海辺 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:471字
風呂は格好の遊びの時間だ。おれは風呂場のタイルに仰向けになって、自分の腹に慎重にお湯をかけていった。へそのところに水が溜まっていく。おれの腹の上に海が生まれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:苦い屍 必須要素:メロンパン 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:672字
あの森に入っちゃいけないよ。 小さいころからそう言い聞かされてきた。家のすぐそばに広がる森は、私が生まれたときにはすでに立ち入り禁止になっていて、厳重なバリケ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:10の宴 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:493字
小説の書き方なんてものはとっくの昔に忘れてしまった。しかしそんなものを忘れても、小説を書くうえで不都合が起こることは滅多にないから、今日も私は酒を飲む。 かつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:失敗のぬめぬめ 必須要素:戦闘機 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:504字
ヘッドラインは「オオサンショウウオ、戦闘機を丸呑みにする」。全国紙を賑わせたその摩訶不思議な文字列を見て、私はすかさず岡山県真庭市を訪れた。 [検閲段落] そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:最弱の夕日 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:541字
「さあ、あの夕日まで走るんだ!」 ボクらは青春の汗を目元でぬぐって、コーチの背中を追いかけていった。 夕日は存外に近くて、ものの五秒もせずにボクらは夕日に辿り着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:277字
蓬莱山に不老不死があるように、阿修羅湖には永久なる死があった。 輪廻転生から逸脱し、そのうえ解脱とも異なる世界が、その湖の底にはあるという。 第八ビルに住まう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:記録にない「えいっ!」 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:802字
自分の発言のほとんどは記録されない、ということにふと気づいて、ちょっと虚しくなった。このご時世、人々は自分の食事風景や、行った場所、風呂に入る時間でさえ、SN 〈続きを読む〉