お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:417字

昼間"だけ"兄弟
私が勤めている部署に2人の同い年の新入社員が配属された。
その2人は新入社員の指導を任されていた私に真っ先に挨拶をしに来た。
配属前から知っていたことだったが、兄弟だという2人は、顔立ちがよく似ていた。
非常に真面目に働いてくれて、困ったことがあれば兄弟間でフォローする、理想の兄弟だった。
ある日、私はその兄弟を呑みに誘った。
…実は私は酒が呑めないのだが、2人の本音が聞きたいという出来心でそう決心した。これが大きな間違いだった。
兄弟は2人揃って呑めない私にとっては信じられないほどの酒を呑んだ。間違いなくうちの部長を超えている。
それから2人は私を放っておいて恐ろしいほどの勢いで罵声を浴びせ始めたのだ。酒とは本当に恐ろしい。私はその場から逃げたくなった。その様子は兄弟とは信じられないものだであり、私はこの日を境にこの2人を「昼間だけ兄弟」と呼ぶようになった。それと同時に二度とこの兄弟を呑みに誘ってたまるか、と心に誓った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:493字
「アレは昼間にしか現れないの。」「アレとはあの兄弟のことを言っておられるのですか?」「ええ、そうよ。私たち吸血鬼は昼間、日の光を浴びたくないから、お目にかかれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:680字
儚くも騒がしい蝉の鳴き声が響く。刺さるように眩しい西日、額を伝う汗は拭っても拭ってもきりがない。「なぁ、それ美味しい?」「美味しいよ」「イチゴチョコバーなんて甘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神宮司コウ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:348 人 文字数:851字
「よう、兄弟。今日も暇そうじゃねえか」「お前はいつも暇だろ」 お互いに暇なのには変わりない。 昼間はいつも静かである。これがあと少ししたら騒々しくなるだろう。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

からくちマスタードの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:からくちマスタード お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:417字
私が勤めている部署に2人の同い年の新入社員が配属された。その2人は新入社員の指導を任されていた私に真っ先に挨拶をしに来た。配属前から知っていたことだったが、兄弟 〈続きを読む〉