お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:417字

昼間"だけ"兄弟
私が勤めている部署に2人の同い年の新入社員が配属された。
その2人は新入社員の指導を任されていた私に真っ先に挨拶をしに来た。
配属前から知っていたことだったが、兄弟だという2人は、顔立ちがよく似ていた。
非常に真面目に働いてくれて、困ったことがあれば兄弟間でフォローする、理想の兄弟だった。
ある日、私はその兄弟を呑みに誘った。
…実は私は酒が呑めないのだが、2人の本音が聞きたいという出来心でそう決心した。これが大きな間違いだった。
兄弟は2人揃って呑めない私にとっては信じられないほどの酒を呑んだ。間違いなくうちの部長を超えている。
それから2人は私を放っておいて恐ろしいほどの勢いで罵声を浴びせ始めたのだ。酒とは本当に恐ろしい。私はその場から逃げたくなった。その様子は兄弟とは信じられないものだであり、私はこの日を境にこの2人を「昼間だけ兄弟」と呼ぶようになった。それと同時に二度とこの兄弟を呑みに誘ってたまるか、と心に誓った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:493字
「アレは昼間にしか現れないの。」「アレとはあの兄弟のことを言っておられるのですか?」「ええ、そうよ。私たち吸血鬼は昼間、日の光を浴びたくないから、お目にかかれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:680字
儚くも騒がしい蝉の鳴き声が響く。刺さるように眩しい西日、額を伝う汗は拭っても拭ってもきりがない。「なぁ、それ美味しい?」「美味しいよ」「イチゴチョコバーなんて甘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神宮司コウ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:851字
「よう、兄弟。今日も暇そうじゃねえか」「お前はいつも暇だろ」 お互いに暇なのには変わりない。 昼間はいつも静かである。これがあと少ししたら騒々しくなるだろう。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

からくちマスタードの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:からくちマスタード お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:417字
私が勤めている部署に2人の同い年の新入社員が配属された。その2人は新入社員の指導を任されていた私に真っ先に挨拶をしに来た。配属前から知っていたことだったが、兄弟 〈続きを読む〉