お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:680字

儚くも騒がしい蝉の鳴き声が響く。

刺さるように眩しい西日、額を伝う汗は拭っても拭ってもきりがない。

「なぁ、それ美味しい?」

「美味しいよ」

「イチゴチョコバーなんて甘ったるくないの?」

「チョコミントの方が無理、歯磨き粉みたいだろ」

「またそんなこと言う……なぁ、一口くれ」

「甘ったるいぞ」

「……味見」

眉を下げて、少し弱ったような声でねだってみると、“弟”は思いの外素直に「ん」とアイスを差し出した。
ナッツを混ぜたミルクチョコレートに包まれた、赤と茶色の粒々が混ざったピンク色がとろりと溶け出す。
こぼさないようにがぶりと噛みつくと、思っていたよりもスッキリとした甘さが口のなかに広がった。

「……意外といける」

「そりゃよかった」

「俺のもやろうか」

「いらない」

「……歯磨き粉みたいだから?」

意地悪かなと思いながらそう返すと、拗ねたように目をそらしてイチゴチョコバーにかぶりついた。
分かりやすい反応が可愛らしい。

暴力的なまでの西日が山に隠され、沈み始める。
淡い茜色が美しく、蝉の声が心なしか物寂しく聞こえてきた。

「兄貴」

「ん」

「日が暮れるな」

「……そうだな」

するり、と重ねてくる手を、握り返さずにそっと制する。

「まだだよ。まだ早い」

「……だめか?」

「だめ。……月が顔を出すまでは」

空に星が瞬き。

淡い月明かりに照らされ。

夜の帳が降りきったら。

俺たちは“兄弟”の枠を越える。

「……兄貴。やっぱりあとで、一口ちょうだい」

それはキスをねだる、遠回しの合図。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:493字
「アレは昼間にしか現れないの。」「アレとはあの兄弟のことを言っておられるのですか?」「ええ、そうよ。私たち吸血鬼は昼間、日の光を浴びたくないから、お目にかかれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からくちマスタード お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:417字
私が勤めている部署に2人の同い年の新入社員が配属された。その2人は新入社員の指導を任されていた私に真っ先に挨拶をしに来た。配属前から知っていたことだったが、兄弟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神宮司コウ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:344 人 文字数:851字
「よう、兄弟。今日も暇そうじゃねえか」「お前はいつも暇だろ」 お互いに暇なのには変わりない。 昼間はいつも静かである。これがあと少ししたら騒々しくなるだろう。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

さわなみ_(-ω-`_)⌒)_の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:680字
儚くも騒がしい蝉の鳴き声が響く。刺さるように眩しい西日、額を伝う汗は拭っても拭ってもきりがない。「なぁ、それ美味しい?」「美味しいよ」「イチゴチョコバーなんて甘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:彼の何か 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:789字
綺麗に巻いた、長い栗色の髪。くっきりとしたアーモンド型の眼。美しい上向きの睫毛に、すらっとした二重。薄い唇には淡い桜色がひかれている。こてん、と首をかしげると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:ゆるふわな豪雨 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:850字
天気予報で降水確率は60%だった。高いとも低いとも言えないどっちつかずな値は、どちらにもつかなかった割に的外れだった。「こんな雨を60%なんて言わないよな」「降 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:意外な死刑囚 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:680字
あなたの思い出の料理ってなんですか?尋ねた彼女の声は悲しそうに震えていた。小さく震えた悲しそうな声の理由はわからなかった。「私には母の味というものはわかりません 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:素朴な小説 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:904字
はじまりには言葉があったんだよ。つまりすべての原点は言葉なんだ。言いながらページを繰る彼は、本から目を離さず顔も上げない。口元には悠然とした微笑をたたえ、隙のな 〈続きを読む〉