お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:680字

儚くも騒がしい蝉の鳴き声が響く。

刺さるように眩しい西日、額を伝う汗は拭っても拭ってもきりがない。

「なぁ、それ美味しい?」

「美味しいよ」

「イチゴチョコバーなんて甘ったるくないの?」

「チョコミントの方が無理、歯磨き粉みたいだろ」

「またそんなこと言う……なぁ、一口くれ」

「甘ったるいぞ」

「……味見」

眉を下げて、少し弱ったような声でねだってみると、“弟”は思いの外素直に「ん」とアイスを差し出した。
ナッツを混ぜたミルクチョコレートに包まれた、赤と茶色の粒々が混ざったピンク色がとろりと溶け出す。
こぼさないようにがぶりと噛みつくと、思っていたよりもスッキリとした甘さが口のなかに広がった。

「……意外といける」

「そりゃよかった」

「俺のもやろうか」

「いらない」

「……歯磨き粉みたいだから?」

意地悪かなと思いながらそう返すと、拗ねたように目をそらしてイチゴチョコバーにかぶりついた。
分かりやすい反応が可愛らしい。

暴力的なまでの西日が山に隠され、沈み始める。
淡い茜色が美しく、蝉の声が心なしか物寂しく聞こえてきた。

「兄貴」

「ん」

「日が暮れるな」

「……そうだな」

するり、と重ねてくる手を、握り返さずにそっと制する。

「まだだよ。まだ早い」

「……だめか?」

「だめ。……月が顔を出すまでは」

空に星が瞬き。

淡い月明かりに照らされ。

夜の帳が降りきったら。

俺たちは“兄弟”の枠を越える。

「……兄貴。やっぱりあとで、一口ちょうだい」

それはキスをねだる、遠回しの合図。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:493字
「アレは昼間にしか現れないの。」「アレとはあの兄弟のことを言っておられるのですか?」「ええ、そうよ。私たち吸血鬼は昼間、日の光を浴びたくないから、お目にかかれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からくちマスタード お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:417字
私が勤めている部署に2人の同い年の新入社員が配属された。その2人は新入社員の指導を任されていた私に真っ先に挨拶をしに来た。配属前から知っていたことだったが、兄弟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:神宮司コウ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:341 人 文字数:851字
「よう、兄弟。今日も暇そうじゃねえか」「お前はいつも暇だろ」 お互いに暇なのには変わりない。 昼間はいつも静かである。これがあと少ししたら騒々しくなるだろう。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

さわなみ_(-ω-`_)⌒)_の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:680字
儚くも騒がしい蝉の鳴き声が響く。刺さるように眩しい西日、額を伝う汗は拭っても拭ってもきりがない。「なぁ、それ美味しい?」「美味しいよ」「イチゴチョコバーなんて甘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:彼の何か 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:789字
綺麗に巻いた、長い栗色の髪。くっきりとしたアーモンド型の眼。美しい上向きの睫毛に、すらっとした二重。薄い唇には淡い桜色がひかれている。こてん、と首をかしげると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:ゆるふわな豪雨 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:850字
天気予報で降水確率は60%だった。高いとも低いとも言えないどっちつかずな値は、どちらにもつかなかった割に的外れだった。「こんな雨を60%なんて言わないよな」「降 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:意外な死刑囚 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:680字
あなたの思い出の料理ってなんですか?尋ねた彼女の声は悲しそうに震えていた。小さく震えた悲しそうな声の理由はわからなかった。「私には母の味というものはわかりません 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さわなみ_(-ω-`_)⌒)_ お題:素朴な小説 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:904字
はじまりには言葉があったんだよ。つまりすべての原点は言葉なんだ。言いながらページを繰る彼は、本から目を離さず顔も上げない。口元には悠然とした微笑をたたえ、隙のな 〈続きを読む〉