お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:339字

習作73
「こんちゃー、私だよ」

黒い猫耳が生えた少女がディスプレイに写っている。
 少女があざとい仕草であいさつをする。

「うおおおおおおお」
「こんばんは!」
「配信待ってた!」

 あいさつに対応するように、ディスプレイに次々と訪れた人たちのコメントが流れてくる。

「ヴァーチャル猫又おじさんでーす☆今日はゲームの実況をしていきまーす☆」

 手を振って愛嬌を振りまいた。
 
 ――ヴァーチャル美少女受肉おじさん。通称バ美肉おじさん。
 ヴァーチャルリアリティの中で美少女となったおじさんのことだ。
 その中でも動画配信サービスで人気配信者の一人になっているのが、ヴァーチャル猫又おじさん――おれだ。

 という妄想を最近している。
 広告収入でウハウハになんねーかな。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:646字
日の光の届かない、常夜の第4層。階層都市オルデアは高層ビルが重なり合っている立体的な大型都市で、3層目から下は太陽を見ることはできない。ネオンサインのついた定食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:598字
「あのさ、ナウい妄想しようよ。」「は?」 前の席に座るクラスメイトが突然持ち掛けたこの話。 そもそも「ナウい」って何だよ……。死語じゃねーか。しかし無碍にするの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:知らぬ間の牢屋 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:151字
首筋に落ちた冷たい水滴で目が覚めた。堅い床に面した体が痛い。どこだ、ここは。薄暗い視界の中、どうやらここは牢屋であるらしいことを確認した。何せ、眼の前には、鉄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作110 ※未完
作者:夢路 お題:シンプルなネット 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:242字
「ねぇねぇ、Aはさ、SNSやってないの?」そう突然聞かれて面食らう。わたしの席の隣で、何人かの友達と話していたEがふとこちらを向いて、そう質問してきたのだ。「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作109 ※未完
作者:夢路 お題:汚い馬鹿 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:142字
あるところに一人の少年がいた。どこにでもいるストリートキッズ。生まれはゴミ溜め。名前もない。誰からも馬鹿にされ、蔑まれた。生きるため、生き残るため、彼は何でもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:臆病な同性愛 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:382字
携帯電話のメッセージの履歴を見る。彼女から、何件ものメッセージが来ていた。心がぎゅうと締め付けられた。わたしとあの子が仲良くなったのは、学校で同じクラスになっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:捨てられたぺろぺろ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:440字
雨の中に、それはいた。汚れだらけで弱々しく佇んでいた。わたしもその時、とても弱っていた。彼氏に振られて、顔面泣き腫らして。メイクも溶けてぐちゃぐちゃになってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:素朴な勇者 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:370字
自然豊かで穏やかなこの世界に、突如として魔王と呼ばれる存在が現れた。魔王は人間に仇なす存在、魔物を世界中に放ち、世界を混乱の渦に落としていた。 この異物に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:くさい動機 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:305字
ドアを叩く音が聞こえる。 おれは焦った。やつら、とうとうここまで来やがった。 何度も強くドアが叩かれる。 逃げなくては。 おれは着の身着のまま窓からこっそりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:赤い熱帯魚 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:236字
水槽に赤い影が走る。 薄暗い室内。水槽からぼんやりと漏れる光が唯一の光源だった。 色とりどりの小魚が群れて縦横無尽に水槽の中を泳いでいる。 この時が唯一の癒や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作103 ※未完
作者:夢路 お題:悲観的な冤罪 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:288字
「おいテメー何しやがる」 手首をきつく握られる感触に心臓が高鳴る。 敵意のこもった声が誰に向けられたかはその感触ですぐに分かった。「この、痴漢野郎!!」 怒鳴り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:熱いサラリーマン 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:439字
「おはよう!今日もいい日だな!」 今日も鼓膜を震わせる大声のあいさつが聞こえた。 おはようございます、と返す。 声の主は目から炎でも出ているかのように煌めかせ 〈続きを読む〉