お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:339字

習作73
「こんちゃー、私だよ」

黒い猫耳が生えた少女がディスプレイに写っている。
 少女があざとい仕草であいさつをする。

「うおおおおおおお」
「こんばんは!」
「配信待ってた!」

 あいさつに対応するように、ディスプレイに次々と訪れた人たちのコメントが流れてくる。

「ヴァーチャル猫又おじさんでーす☆今日はゲームの実況をしていきまーす☆」

 手を振って愛嬌を振りまいた。
 
 ――ヴァーチャル美少女受肉おじさん。通称バ美肉おじさん。
 ヴァーチャルリアリティの中で美少女となったおじさんのことだ。
 その中でも動画配信サービスで人気配信者の一人になっているのが、ヴァーチャル猫又おじさん――おれだ。

 という妄想を最近している。
 広告収入でウハウハになんねーかな。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:646字
日の光の届かない、常夜の第4層。階層都市オルデアは高層ビルが重なり合っている立体的な大型都市で、3層目から下は太陽を見ることはできない。ネオンサインのついた定食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:598字
「あのさ、ナウい妄想しようよ。」「は?」 前の席に座るクラスメイトが突然持ち掛けたこの話。 そもそも「ナウい」って何だよ……。死語じゃねーか。しかし無碍にするの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:つまらない机 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:262字
少年が使っている勉強机。 何の変哲もない机だ。 しかし、少年が寝静まると、このありふれた勉強机はあらゆる夢を見せる舞台に変貌する。 おもちゃ箱から、おもちゃた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:大きな人間 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:278字
住んでいた島に、突如巨人が攻め込んできた。 大きな大きな体躯の人間。それが巨大な船に乗って、海を渡ってやってきた。 武装した巨人たちは、島の中を見渡した。 耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:真紅の怒りをまといし空想 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:437字
男が呪文を唱えると、周囲から目に見えない力が集まって、力場が形成された。 それが凝縮されて、カタチが現れる。 赤く赤く燃える炎を纏った魔神。 そう言いようのな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:明日の祖母 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:557字
後悔の念がいつまでも絡みついて消えない。 遺影に映る祖母を見て、わたしはそう思った。 わたしの親は忙しく家を開けることが多かった。 幼いわたしの面倒を見てくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:見憶えのある検察官 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:293字
殺人事件の弁護人として、ぼくは法廷に立っていた。 検察官は赤いスーツを身にまとったスルドそうな雰囲気の男だ。 胸元のヒラヒラが特徴的だ。なんでも無敗の男だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:黄色い決別 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:256字
古ぼけた小さな電車に足を踏み入れた。 ぼくは東京へ続く電車に乗ろうとしていた。 そしてこんな田舎とは別れを告げる。 今まで、この狭くて何もない田舎には嫌気が差 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:男の何か 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:583字
ない。あれがない。何がないのだ。ナニがない。 起きた瞬間、おれは本能的な恐怖を感じた。 やけに股が軽いと思って見てみれば、男の子の象徴がなくなっていることに気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:気高い怒り 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:268字
丘の上に見渡す限りの銀の絨毯。 それは鎧を纏った人の軍勢だ。 それが整列し、列の一番先には一人の女性がいた。 女ながらに同じように鎧を纏い、戦旗を掲げている。 〈続きを読む〉