お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:598字

怠惰な俺と好奇なアイツ
「あのさ、ナウい妄想しようよ。」
「は?」
 前の席に座るクラスメイトが突然持ち掛けたこの話。
 そもそも「ナウい」って何だよ……。死語じゃねーか。しかし無碍にするのも悪いので一応返しておく。
「まぁHRまで時間があることだし、乗ってやってもいいんだけどさ、まずナウい妄想って何なの?」
「妄想の最先端を突っ走る妄想のことだよ。」
「妄想に最先端なんてものがあるのか……?例えばどんなの。」
「仮想現実でモデリングされた二次元の女の子とキャッキャウフフ……とか、スーパーハッカーになって、あ、この場合はクラッカーかな、世界の有力者や国家権力の闇を暴く妄想。」
 出たよ、こいつからオタ要素を除くと陰謀論しか残らねえ。そういう割り切ったところが奴の良いところでもあるんだけどな。
「それってつまり、自分が好きな妄想なら何でもいいってことか?」
「違う違う、時代の波に合わせた妄想のことさ。100年前や50年前の妄想と今の妄想は違うわけで、しいて言うならファンタジーとか時代劇とかは範疇外かなあ。」
「ほぉーん……。でナウい妄想してどうするよ。」
「いや、お前のナウい妄想も知りてえな、と思ってな。いざという時、役立つかもしれねえし。」
 絶対に役立たない。
「ナウい妄想がしたいって俺の妄想が知りたいってことで、結局は俺のことが知りたいってことじゃん。」
「バレたか。」
 何がバレたんだよ。しりt
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:339字
「こんちゃー、私だよ」 黒い猫耳が生えた少女がディスプレイに写っている。 少女があざとい仕草であいさつをする。「うおおおおおおお」「こんばんは!」「配信待ってた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:646字
日の光の届かない、常夜の第4層。階層都市オルデアは高層ビルが重なり合っている立体的な大型都市で、3層目から下は太陽を見ることはできない。ネオンサインのついた定食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

てんきゅの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:493字
「アレは昼間にしか現れないの。」「アレとはあの兄弟のことを言っておられるのですか?」「ええ、そうよ。私たち吸血鬼は昼間、日の光を浴びたくないから、お目にかかれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:598字
「あのさ、ナウい妄想しようよ。」「は?」 前の席に座るクラスメイトが突然持ち掛けたこの話。 そもそも「ナウい」って何だよ……。死語じゃねーか。しかし無碍にするの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:漆黒の闇に包まれし強奪 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:337字
私は「まりな」、高校2年生の16歳。諏訪の小っちゃな神社で代々巫女をやってきた一族の末裔。 でも、光が当たれば影ができるように、何事も物事には裏があって……そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:1000のアルパカ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:432字
アンデス山脈のふもとにある集落に、モンという男の子がいた。 モンの家族はその集落で一番の有力者で名家だったので、使役する使用人の数も、家畜の数も周囲の家とは比 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
時の香り ※未完
作者:てんきゅ お題:昨日のにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:387字
俺には不思議な力がある。 時間を嗅ぎ分けることができる、と言ってもあんまりピンと来ないかもしれない。事件が起きたり、事故が起きたりした場所に近づくと俺は苛んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:純粋な電車 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:581字
私は毎朝、電車に乗る。 行くために電車に乗れば、帰るためにも電車に乗る。そのたびに、電車の中で、「純粋な電車とは何だろう。」と考える。 純粋な、というその形容 〈続きを読む〉