お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:598字

怠惰な俺と好奇なアイツ
「あのさ、ナウい妄想しようよ。」
「は?」
 前の席に座るクラスメイトが突然持ち掛けたこの話。
 そもそも「ナウい」って何だよ……。死語じゃねーか。しかし無碍にするのも悪いので一応返しておく。
「まぁHRまで時間があることだし、乗ってやってもいいんだけどさ、まずナウい妄想って何なの?」
「妄想の最先端を突っ走る妄想のことだよ。」
「妄想に最先端なんてものがあるのか……?例えばどんなの。」
「仮想現実でモデリングされた二次元の女の子とキャッキャウフフ……とか、スーパーハッカーになって、あ、この場合はクラッカーかな、世界の有力者や国家権力の闇を暴く妄想。」
 出たよ、こいつからオタ要素を除くと陰謀論しか残らねえ。そういう割り切ったところが奴の良いところでもあるんだけどな。
「それってつまり、自分が好きな妄想なら何でもいいってことか?」
「違う違う、時代の波に合わせた妄想のことさ。100年前や50年前の妄想と今の妄想は違うわけで、しいて言うならファンタジーとか時代劇とかは範疇外かなあ。」
「ほぉーん……。でナウい妄想してどうするよ。」
「いや、お前のナウい妄想も知りてえな、と思ってな。いざという時、役立つかもしれねえし。」
 絶対に役立たない。
「ナウい妄想がしたいって俺の妄想が知りたいってことで、結局は俺のことが知りたいってことじゃん。」
「バレたか。」
 何がバレたんだよ。しりt
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:339字
「こんちゃー、私だよ」 黒い猫耳が生えた少女がディスプレイに写っている。 少女があざとい仕草であいさつをする。「うおおおおおおお」「こんばんは!」「配信待ってた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:646字
日の光の届かない、常夜の第4層。階層都市オルデアは高層ビルが重なり合っている立体的な大型都市で、3層目から下は太陽を見ることはできない。ネオンサインのついた定食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

てんきゅの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:昼間の兄弟 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:493字
「アレは昼間にしか現れないの。」「アレとはあの兄弟のことを言っておられるのですか?」「ええ、そうよ。私たち吸血鬼は昼間、日の光を浴びたくないから、お目にかかれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:ナウい妄想 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:598字
「あのさ、ナウい妄想しようよ。」「は?」 前の席に座るクラスメイトが突然持ち掛けたこの話。 そもそも「ナウい」って何だよ……。死語じゃねーか。しかし無碍にするの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:漆黒の闇に包まれし強奪 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:337字
私は「まりな」、高校2年生の16歳。諏訪の小っちゃな神社で代々巫女をやってきた一族の末裔。 でも、光が当たれば影ができるように、何事も物事には裏があって……そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:1000のアルパカ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:432字
アンデス山脈のふもとにある集落に、モンという男の子がいた。 モンの家族はその集落で一番の有力者で名家だったので、使役する使用人の数も、家畜の数も周囲の家とは比 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
時の香り ※未完
作者:てんきゅ お題:昨日のにおい 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:387字
俺には不思議な力がある。 時間を嗅ぎ分けることができる、と言ってもあんまりピンと来ないかもしれない。事件が起きたり、事故が起きたりした場所に近づくと俺は苛んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てんきゅ お題:純粋な電車 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:581字
私は毎朝、電車に乗る。 行くために電車に乗れば、帰るためにも電車に乗る。そのたびに、電車の中で、「純粋な電車とは何だろう。」と考える。 純粋な、というその形容 〈続きを読む〉