お題:意外な夏休み 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1003字
[削除]

抽出されるメモリーだとしても
「『彼女』と恋人になってほしい。それが、我々からの仕事だ」
「……まじすか」
 被験者のアルバイト、として応募し、面接を終える。
 瞬時に紹介されたのは、白いワンピースを着こなした、清楚な美少女。
「い、いやいや、彼女の意志も確認せずに……」
「よろしくお願いいたします」
「まじすかっ」
「どうだろう、引き受けてくれるかね」
「ぜひにっ!」
 高校二年男子の嗜好の浅はかさに、自分でも恐ろしくなる。
 いくつかの注意事項と、彼女の自意識を尊重してほしいとの注意は受けた。
 ただ、安易に引き受けていいのかなってのは、やはり想うわけで。

(……でも、だって、仕方ないだろ)

 艶やかな黒髪に、男ではありえない肌のきれいさ。
 指も細くてきれいで、触っていいのかためらうような容姿。
 面会のビルを出て、陽の光を浴びた彼女は、どこかこの世の人間みたいには見えなくもあり。
「では明日から、時間を指定してお会いしましょう」
 ぎこちない会話も、無表情な反応も、"彼女"という関係のせいで、気になって仕方がない。
「う、うん、よろしくお願いします」
 ……とはいえ、やっぱり事情は気になった。
 面談の相手は、『とある理由により詳細は話せない』と、はぐらかされてはしまったのだけれど。
「でもさ、本当にいいの。君は俺のこと、好きでもないのに」
「"恋人"という関係を学ぶため、むしろ、その過程になぜ至るのかの情報が必要です」
「……そ、そっか」
「はい。あくまで敬一郎は、自然体に私と接してくれればいいのです」
「自然に、か」
「あくまで許容された範囲内で、ですが」
(……まぁ、健全なお付き合いということですね)
 当たり前の話だわな。
 ……それに、一ヶ月だけの関係なら、お互いに深入りしない方がいいのかもしれない。

 そう想いながら過ごす、彼女との――想定外の、幸せすぎる夏休み。

(一ヶ月、過ぎてほしくねぇな)

 独特な思考と対応をする彼女に、戸惑いながらも、俺は惹かれていった。
 一ヶ月の夏休み、それだけの関係だということに、怯えながらも。

 ――そんな日々が、折り返しを迎えた、ある日のことだった。

「……えっ?」
「――想定外です。適切な判断を計算中……」

 外出先で巻きこまれた、小さな事故。
 傷を負った彼女の足から見える、銀色の金具と、黒いチューブと、血のような液体と……。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:胡散 お題:意外な夏休み 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:794字
他愛ない会話だ。夏休みが終わってしまって、どこに行っていたのか、何をしたかと言う尽きない話になった。「今年どこ行ってた?」「あー……同じ夏を繰り返してた……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい行動 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:801字
そもそも、僕はあの場面でどう行動すれば良かったのだろうか。あとになってから後悔が押し寄せてくる。僕は高校3年生で、軽音楽部の副部長をしている。ちなみにパートはギ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちの絶望 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1632字
私は、私たちは絶望していた。何に絶望していたかというと、目の前のこの子供にだ。子供は、私と、同じ小説家のA、T三人の前に両手を広げ立ち塞がり、にんまりと厭らしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の躍動 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1324字
日本の組織は軍隊ではなくオウムの様なカルトである。その証拠に、大日本帝国は天皇を崇拝していた。今で言えば北朝鮮だ。この体質が今の日本企業に受け継がれている。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の失敗 ※未完
作者:匿名さん お題:失敗の失敗 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:628字
『神様って、いると思う?』「あぁ、きっといるよ。」『神様って、すごいの?』「あぁ、もちろん。僕たちだって神様が一人一人つくってくれるんだよ。」『じゃあ神様が失敗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い足 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:656字
小説が書けない。 小説が嫌いなわけではない。むしろなぶり尽くすように読むたちである。昼夜を失って投稿サイトをたびたび徘徊する。 とはいえ良い読者でもない。たっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たんぽぽ ※未完
作者:匿名さん お題:捨てられた娘 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:196字
「はい、これ」「ん?・・・育毛剤?」「うん。今日お誕生日でしょ。おじちゃん、悩んでるみたいだったから。店員さんに聞いたら、これが一番いいって」「ああ、そういえば 〈続きを読む〉