お題:理想的な悪役 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:887字
[削除]

模倣の筋書き
 辛みのきいた熱と刺激が、俺の頬を伝わっていく。
「嘘でしょ、石割くん……」
 ヒリヒリする頬を手でさすりながら眼をあげると、眼に涙をためた彼女の姿。
「俺も、そう想いたかったよ」
 次いで言葉を放ったのは、俺の頬へと拳をめり込ませた張本人。
「……だってお前ら、まだるっこしいからさ」
 高校から知人になった、二人の幼なじみ。
 あまりにも初心(うぶ)な関係に、ちょっとイタズラ心が起きた。
「金輪際、彼女に近寄るなっ……!」
 苦しそうな顔をする親友の顔は、まだ、俺が悪者じゃないって信じたがっている顔だ。

 ――いいねぇ。それでこそ、悪者になったかいがあるってものだ。

「面白かったよ、お前らの反応。まるで、疑いもしなくてさ」
 嘲笑う俺の声に、親友の拳はより硬くなる。
「大切にしろよ、鈍い者同士でな」
「……っ!」

 ――最後に殴られた後、ちょっと意識が飛んで、屋上で寝転んでいた。

「……殴られる必要はなかったんじゃない」
 少し、空を見上げてぼうっとしていると、皮肉気な声。
 ハンカチを差し出してきたのは、眼鏡をかけた少女。
 学園物語風に言うなれば、いかにも委員長と言った風情。
「とはいえこれくらいしないと、あの鈍い二人は進展しなかったぜ」
 俺の言葉に不満があるのか、少女は何も言わない。
「たばこ」
「いいじゃないか。この世界観に浸っている時だけの特権さ」
「進展しない二人に嫌われ、陰にその応援をする悪役ってのも、捻くれていいんじゃないか?」
「……この脚本を書いた人間は、ちょっと歪んでいるわね」
「――理想的な悪役を演じるってのも、難しいもんだな」
「被験者が必要なのよ。……リアルな体験型ゲームってのも、考えものね」

 そう、ここはゲームの世界。
 全てが現実と見まごうばかりに組み立てられたプログラムは、ただし、本物の人間の反応や感情もサンプリングされる。

「で。お前さんが俺の慰めをしてくれるのは、脚本通り? それとも……」
「……どう想う?」

 ――さて。
 薄く微笑む彼女の役割は、悪役を陥れる、魔女だったりするのかね?
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:理想的な悪役 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:289字
姫「勇者、助けてー」-----------↓以下、魔王の台詞○CP優位型魔王「人間共の物を考えない、無礼には絶望した! 姫を返してほしければ、オレを倒せ」○CP 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:都会の表情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:354字
「深夜2時までにコンビニに持ち込めば、都内ならその日のうちに配達されるよ」同小・同中・同高の幼馴染、大岡が言った。今年の4月に俺たちは揃って、就職した。地元の大 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:535字
やってしまった‥‥。鋭い刃に着いた血液は、俺がしてしまったことの重大さを物語っていた。あたり一帯に鉄の匂いが漂い、薄暗い空気の中で、俺はただ呆然と目の前のそれを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと食卓 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:653字
「どうしたんだい?食べないのかい?」隣の席のうしくんが微笑みながら言う。えずくのを抑えながら、どうにも食欲がわかなくってね、絞り出す。向かいのとりさんの皿には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉