お題:昨日食べた恨み 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1148字
[削除]

たいじ
コワレている、と評されることはあった。
他覚症状があるのであればそうなのだろう。
自覚症状は何一つとしてないけれど、客観的判断が、数値上の診断が全てを決める現代社会で、私の声はどこに影響を及ぼすこともないだろうから黙っているのが最善だ。



喉元過ぎれば熱さを忘れる、という。
私はナイフで肉を引っ掻く。さりさり、という乾いた音が真白な部屋に響き、銀の刃が落ちると真っ赤な肉面がそこから覗いた。

フォークを突き刺した。そこに力は全くない。
寝起きのように現実感がない光景だ。噛み締めても噛み締めても、肉汁だけが溢れて、充実は一つもない。




この頃眠れない。
眠っているのだろうが、眠れていない。
肉体は眠っても精神が眠らない。この体が休んでいるのは確かだが、私の精神は稼働開始から5日、不眠不休だ。


欠けた部分を羨むのは人間の原始的な反応の一つだ。
そこを疑うことは極論、人間自身への疑念に繋がる。
そんな危険なことこそ糾弾されてしかるべきで、むしろ欠点を埋めようとする私の行動こそ人間らしく、賞賛され肯定され理想とされ手本とされるべきなのではないか?


そしてその欠点は多くの場合先天的なものである。
生まれながらに容姿が醜い。生まれながらに頭が悪い。生まれながらに貧乏だ。生まれながらにつまらない。生まれながらに人と関われない。生まれながらに…………。

その「生まれながら」を、神ですら均すことはできなかった。何も変えられず、「生まれながら」の格差がこの世には溢れかえっている。
ただ、真に罪深いのは神ではない。

救いを待っている人間である。
彼らは気づいていない。気づこうともしていない。
彼らは目の前に現状を変えられる力を持ちながら、わざわざ偶像がそれを行使するのを願い、祈り、待っている。

世の中は終わったと嘆かれる。
次の世代はゴミだと憂われる。

では、その終わった世の中を改革するためには?
その問いには誰一人として答えない。それが「真実」だと知り得ないからだ。間違ったことをすれば、この間違った世界はさらに捻り歪んでしまうから。



だから全能たる神を作り出し、好き勝手する。
現在を変えるのは神であり、無力な我々ヒトは無慈悲な世の中の改革を口を開いて待たねばならない。





馬鹿らしい。
私はゴメンだ。だから、「生まれながら」を持つ奴からは奪ってやればいい。「生まれながら」何も持たない私は、そうする権利がある。ちょうど、天性の権能を振りかざす天才たちと同じように、生まれてきた私にはその祝福が与えられているのだから!






「ハレルヤ」
また何度目かの食事をつつがなく終えた。
達成感も充実感もない私の口内には、肉汁と、才能の味がした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:suyasuya お題:昨日食べた恨み 制限時間:30分 読者:198 人 文字数:496字
俺は人間が呼ぶところの「悪魔」という存在だ。普段は人間界から途方もなく離れた次元に存在する「魔界」で暮らしている。 魔界では俺の他に何千という悪魔がいて普段は人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:defcy お題:昨日食べた恨み 必須要素:旧約聖書 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:923字
人は、残酷ではあるが、他人を恨んだり、呪ったり、時には他人を許せなくなってしまうことがある。俺も、振り返ればつい昨日のことであるが、ヤツを呪わずにはいられないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りぜ お題:彼女の高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1443字
社会人になって3年目。何事も3年続ければ変わるとはよくいったもので、ようやく仕事にも慣れてきた。働き出して一番嬉しいことは、彼女とデートをするときに支払ってあ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:535字
やってしまった‥‥。鋭い刃に着いた血液は、俺がしてしまったことの重大さを物語っていた。あたり一帯に鉄の匂いが漂い、薄暗い空気の中で、俺はただ呆然と目の前のそれを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと食卓 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:653字
「どうしたんだい?食べないのかい?」隣の席のうしくんが微笑みながら言う。えずくのを抑えながら、どうにも食欲がわかなくってね、絞り出す。向かいのとりさんの皿には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉