お題:昨日食べた恨み 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1148字
[削除]

たいじ
コワレている、と評されることはあった。
他覚症状があるのであればそうなのだろう。
自覚症状は何一つとしてないけれど、客観的判断が、数値上の診断が全てを決める現代社会で、私の声はどこに影響を及ぼすこともないだろうから黙っているのが最善だ。



喉元過ぎれば熱さを忘れる、という。
私はナイフで肉を引っ掻く。さりさり、という乾いた音が真白な部屋に響き、銀の刃が落ちると真っ赤な肉面がそこから覗いた。

フォークを突き刺した。そこに力は全くない。
寝起きのように現実感がない光景だ。噛み締めても噛み締めても、肉汁だけが溢れて、充実は一つもない。




この頃眠れない。
眠っているのだろうが、眠れていない。
肉体は眠っても精神が眠らない。この体が休んでいるのは確かだが、私の精神は稼働開始から5日、不眠不休だ。


欠けた部分を羨むのは人間の原始的な反応の一つだ。
そこを疑うことは極論、人間自身への疑念に繋がる。
そんな危険なことこそ糾弾されてしかるべきで、むしろ欠点を埋めようとする私の行動こそ人間らしく、賞賛され肯定され理想とされ手本とされるべきなのではないか?


そしてその欠点は多くの場合先天的なものである。
生まれながらに容姿が醜い。生まれながらに頭が悪い。生まれながらに貧乏だ。生まれながらにつまらない。生まれながらに人と関われない。生まれながらに…………。

その「生まれながら」を、神ですら均すことはできなかった。何も変えられず、「生まれながら」の格差がこの世には溢れかえっている。
ただ、真に罪深いのは神ではない。

救いを待っている人間である。
彼らは気づいていない。気づこうともしていない。
彼らは目の前に現状を変えられる力を持ちながら、わざわざ偶像がそれを行使するのを願い、祈り、待っている。

世の中は終わったと嘆かれる。
次の世代はゴミだと憂われる。

では、その終わった世の中を改革するためには?
その問いには誰一人として答えない。それが「真実」だと知り得ないからだ。間違ったことをすれば、この間違った世界はさらに捻り歪んでしまうから。



だから全能たる神を作り出し、好き勝手する。
現在を変えるのは神であり、無力な我々ヒトは無慈悲な世の中の改革を口を開いて待たねばならない。





馬鹿らしい。
私はゴメンだ。だから、「生まれながら」を持つ奴からは奪ってやればいい。「生まれながら」何も持たない私は、そうする権利がある。ちょうど、天性の権能を振りかざす天才たちと同じように、生まれてきた私にはその祝福が与えられているのだから!






「ハレルヤ」
また何度目かの食事をつつがなく終えた。
達成感も充実感もない私の口内には、肉汁と、才能の味がした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:suyasuya お題:昨日食べた恨み 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:496字
俺は人間が呼ぶところの「悪魔」という存在だ。普段は人間界から途方もなく離れた次元に存在する「魔界」で暮らしている。 魔界では俺の他に何千という悪魔がいて普段は人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:defcy お題:昨日食べた恨み 必須要素:旧約聖書 制限時間:30分 読者:221 人 文字数:923字
人は、残酷ではあるが、他人を恨んだり、呪ったり、時には他人を許せなくなってしまうことがある。俺も、振り返ればつい昨日のことであるが、ヤツを呪わずにはいられないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷めた修羅場 ※未完
作者:akari お題:賢いドロドロ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:730字
「……珈琲のお代わり、頼みましょうか?」「ええ、お願いします」 この会話を何度繰り返したことだろう。近くを通りかかるウェイターに注文しながら私はそんなことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I
作者:ぼた(サブサブ垢) お題:平和と空想 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1549字
見慣れた後姿が、爪先立ちになりながら片手を上へ伸ばしていた。下駄箱の靴を取るのに、そんなに伸びあがる必要はないだろう。「何やってんの?マツハ」 近付いて声を掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の飛行 ※未完
作者:akari お題:傷だらけのパイロット 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:697字
空に手をかざす。指の隙間から漏れる光の眩しさに細め、空の藍を自身の目に焼き付ける。 ずっと昔からの変わらない癖だが、その際に抱く心情は随分変わったように思える 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:昔の朝飯 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:573字
細い指先でつまんだ茄子の漬物をひらひらと弄びながら、静香は言った。「翔太はさぁ、どうやったら茄子を食べてくれるのかなぁ」 静香はそれを口に放り込むと、奥歯でゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:3月の小説練習 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1174字
「卒業式ってなんで練習するんだと思う?」隣の藤倉がぼやく。俺だってわかんねぇよ。こんなに寒い体育館でぼんやり突っ立ってるのが好きなやつなんてそうそういないだろ。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い娼婦 必須要素:主人公が誰かを愛す 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:963字
客を取る立場でありながら誰か一人を欲するなんて許されない罪である。「ねえさまごめんなさい」泣きながら彼女は夜に消えた。男の手を取ったのだ。たすけてもらえてよかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とびだせ事件 必須要素:レモン 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:1190字
ころん、ころんとレモンが部屋の床を転がっている。今、この場で聞こえる音といえばそれくらいで、他に音を立てるものは存在しない。というのも、この部屋の中は惨状という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識のところてん 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1144字
日本って、世界で最も表現の自由があるんだなと思いました。 サブカルって日本発祥で世界に輸出できるレベルの産業です。コンピュータゲームはすでに登場から30年間経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな人間 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1003字
「うっふんあっはんすっぽんぽん~~~」 屈強な男が、いやらしいポーズをしながら怪人を叩きのめした。 彼はセクシーの味方、セクシーマンレッドである。今日もこうして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし傘 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1166字
傘が電信柱の、あれ、なんかこう釘みたいなあれに引っかかってたんですよ。なんだろうあれ。なんか修繕する人が足場に使うのかな?にしては高すぎるな。ああいたずらで登ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼い音 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:386字
ピンと背筋が伸びるような凛とした音というのが第一印象だった。長く細く、そして美しい指が鍵盤の上で踊っている。思わずため息がこぼれる。自分とは違う……。 自分も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の父 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1182字
「洗濯物一緒にしないでって何度も言ってるでしょ! なんで何回言っても分からないの!?」 私がそう言うと父はいつも決まって「すまん」と言うだけで、本当に反省してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い子犬 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:903字
犬を買った。 別に高くも安くもない、普通の雑種犬だ。 私自身、これといって犬にこだわりもないので、何でもよかったのだ。ただ、半世紀以上生きてきて、父と母もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカのうどん 必須要素:BMW 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:3407字
「今日はうどんにしようか」 僕の呟きに答える声はない。返ってきたのはコツコツと蹄がフローリングの床にぶつかる音だけだ。キッチンから振り返れば、白くボリュームのあ 〈続きを読む〉