お題:昨日食べた恨み 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1148字
[削除]

たいじ
コワレている、と評されることはあった。
他覚症状があるのであればそうなのだろう。
自覚症状は何一つとしてないけれど、客観的判断が、数値上の診断が全てを決める現代社会で、私の声はどこに影響を及ぼすこともないだろうから黙っているのが最善だ。



喉元過ぎれば熱さを忘れる、という。
私はナイフで肉を引っ掻く。さりさり、という乾いた音が真白な部屋に響き、銀の刃が落ちると真っ赤な肉面がそこから覗いた。

フォークを突き刺した。そこに力は全くない。
寝起きのように現実感がない光景だ。噛み締めても噛み締めても、肉汁だけが溢れて、充実は一つもない。




この頃眠れない。
眠っているのだろうが、眠れていない。
肉体は眠っても精神が眠らない。この体が休んでいるのは確かだが、私の精神は稼働開始から5日、不眠不休だ。


欠けた部分を羨むのは人間の原始的な反応の一つだ。
そこを疑うことは極論、人間自身への疑念に繋がる。
そんな危険なことこそ糾弾されてしかるべきで、むしろ欠点を埋めようとする私の行動こそ人間らしく、賞賛され肯定され理想とされ手本とされるべきなのではないか?


そしてその欠点は多くの場合先天的なものである。
生まれながらに容姿が醜い。生まれながらに頭が悪い。生まれながらに貧乏だ。生まれながらにつまらない。生まれながらに人と関われない。生まれながらに…………。

その「生まれながら」を、神ですら均すことはできなかった。何も変えられず、「生まれながら」の格差がこの世には溢れかえっている。
ただ、真に罪深いのは神ではない。

救いを待っている人間である。
彼らは気づいていない。気づこうともしていない。
彼らは目の前に現状を変えられる力を持ちながら、わざわざ偶像がそれを行使するのを願い、祈り、待っている。

世の中は終わったと嘆かれる。
次の世代はゴミだと憂われる。

では、その終わった世の中を改革するためには?
その問いには誰一人として答えない。それが「真実」だと知り得ないからだ。間違ったことをすれば、この間違った世界はさらに捻り歪んでしまうから。



だから全能たる神を作り出し、好き勝手する。
現在を変えるのは神であり、無力な我々ヒトは無慈悲な世の中の改革を口を開いて待たねばならない。





馬鹿らしい。
私はゴメンだ。だから、「生まれながら」を持つ奴からは奪ってやればいい。「生まれながら」何も持たない私は、そうする権利がある。ちょうど、天性の権能を振りかざす天才たちと同じように、生まれてきた私にはその祝福が与えられているのだから!






「ハレルヤ」
また何度目かの食事をつつがなく終えた。
達成感も充実感もない私の口内には、肉汁と、才能の味がした。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:suyasuya お題:昨日食べた恨み 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:496字
俺は人間が呼ぶところの「悪魔」という存在だ。普段は人間界から途方もなく離れた次元に存在する「魔界」で暮らしている。 魔界では俺の他に何千という悪魔がいて普段は人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:defcy お題:昨日食べた恨み 必須要素:旧約聖書 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:923字
人は、残酷ではあるが、他人を恨んだり、呪ったり、時には他人を許せなくなってしまうことがある。俺も、振り返ればつい昨日のことであるが、ヤツを呪わずにはいられないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:打算的な青春 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1005字
公園の空気が張りつめているのを感じ取らずにはいられなかった。今日、ある人と出会うために僕はここに居る。平凡な高校生に過ぎないが、見捨てずにはいられなかった。「彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:彼のにわか雨 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1713字
水底のナイフが錆びて腐る。かつてナイフは登山用品店の棚にあった。買ったのは息子に厳しいサラリーマンだった。小学校入学の祝いに、と言って六歳の息子と妻を連れて富 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ラメアー お題:恥ずかしい血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:942字
私の血液の色は緑色だ。 まだ物心がつく以前、私はマハナキタル星人という宇宙人に連れ去られその時彼らに自分の血液を緑色にされてしまったのだ。彼らが何故私の血液を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:2289字
色々あって、妻と離婚することにした。子供の親権や養育費、慰謝料などの相談をするため、僕はそこそこ名のある法律事務所へと足を運んだ。「なるほど」ベテランと思しき弁 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すずめ お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:666字
「私だったら右の弁護士かな」「えーっ、趣味わるぅ」うるせぇよ、と思う。聞かれたから答えたのに趣味が悪いとは何事か、お前がいいって言ったやつの方がよっぽど趣味悪い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:正しい行動 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:801字
そもそも、僕はあの場面でどう行動すれば良かったのだろうか。あとになってから後悔が押し寄せてくる。僕は高校3年生で、軽音楽部の副部長をしている。ちなみにパートはギ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちの絶望 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1632字
私は、私たちは絶望していた。何に絶望していたかというと、目の前のこの子供にだ。子供は、私と、同じ小説家のA、T三人の前に両手を広げ立ち塞がり、にんまりと厭らしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の躍動 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1324字
日本の組織は軍隊ではなくオウムの様なカルトである。その証拠に、大日本帝国は天皇を崇拝していた。今で言えば北朝鮮だ。この体質が今の日本企業に受け継がれている。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の失敗 ※未完
作者:匿名さん お題:失敗の失敗 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:628字
『神様って、いると思う?』「あぁ、きっといるよ。」『神様って、すごいの?』「あぁ、もちろん。僕たちだって神様が一人一人つくってくれるんだよ。」『じゃあ神様が失敗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い足 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:656字
小説が書けない。 小説が嫌いなわけではない。むしろなぶり尽くすように読むたちである。昼夜を失って投稿サイトをたびたび徘徊する。 とはいえ良い読者でもない。たっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たんぽぽ ※未完
作者:匿名さん お題:捨てられた娘 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:196字
「はい、これ」「ん?・・・育毛剤?」「うん。今日お誕生日でしょ。おじちゃん、悩んでるみたいだったから。店員さんに聞いたら、これが一番いいって」「ああ、そういえば 〈続きを読む〉