お題:遅いアレ 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1213字

ミキのアレが弟のせいで来ない話
「アレが来ないのよ……」
 ミキがやけに暗い顔をしているから理由を尋ねると、周りをはばかるようにして言った。
「え、アレが!?」
 わたしは息を飲んだ。アレとはつまり、月の使者のことだろう。かぐや姫的な意味ではない。「チーデルウィーク」と呼んでる友人がいたが、女性特有のアレであろう。
 しかし、アレがこないということは、つまりそういうことで……。
「ミキ、心当たりあるの?」
 彼女はかぶりを振った。
 いや、でも、これはあるんだろう。花の女子高生だし、ミキは割と顔もかわいいから、声を掛けられたりしてどうのこうのってことも、考えられなくはない。
「ないよ……。どうして来てくれないんだろう?」
 あんな辛いものを心待ちにするだなんて、わたしには到底理解できない。だけど、不安に思う者なのかもしれない。
「一応、その……産婦人科とか行った方がいいんじゃないかな?」
「……え?」
 ミキはきょとんとした顔になる。
「な、なんで?」
「いやさ、その、検査とか受けてさ、何もなかったら安心すればいいし、もしもそのデキちゃってたら、それも早いうちのほうが取り返しがつくっていうか、そのまあ、実際取り返しはつかないんだけども、その……」
 同年代の男と手を繋いだこともないわたしは、しどろもどろになりながらもそう並べ立てる。
 わたしの力不足か、ミキは目をぱちくりさせるばかりだ。
「ホントさ、その、恥ずかしいことではないはずのことだから! 男の人とか、産婦人科に行く女はやらしい、みたいな見方してくるかもだけど、そんなのへ、偏見だしさ……」
「いや、何で産婦人科に行くの?」
「だから、生理来てないんでしょ?」
「は? 来てるよ。12歳から欠かさず」
 え。
「いや、アレって、そのアレじゃないの?」
「違うよ。アレはムカつくぐらい順調に来てるよ」
 そう言えばミキは重い方だった。一年の頃から一緒だが、時折それで保健室に行っている。思えば、今月の頭もそれで授業を途中で一度抜けていたっけ。
「じゃ、じゃあ、アレって何?」
「何って、グランダイオウムカデだよ」
 何じゃそら、と今度はわたしが激しく瞬きする番だった。
「え、来ないの? うちには毎月来てたんだよ。こんなおっきいムカデで、わたしがベッドで寝てると、上にのっかってくるの」
 ミキの説明では、そのムカデは3メートルぐらいあり、月に一度ミキの部屋に来ては、寝ている彼女の上を這いまわるのだという。
「それがあると気持ち悪いんだけどさ、何か快感で……」
 ていうか女の子にはみんな来てるものだと思ってた。あっけらかんとミキはそう言った。


「姉ちゃん」
 橋上ミキが家に帰ると、弟が近寄ってきた。弟が中学生になってからは避けられていたので、久々の会話である。
「どうしたの?」
「ずっと言おうと思ってたんだけど、姉ちゃんの部屋にいたデカいムカデ、俺殺しちゃったんだ……」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家たちの行動 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1214字
「ズル休み! 大人の深夜相談室!」 ラジオDJ・セオドア鳴子が高らかにコーナータイトルをコールする。「このコーナーでは、リスナーのみなさんから寄せられたお悩みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かたい民話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1160字
「第二次××市・町おこし計画?」 手渡された資料の表紙を見て、塚田は顔をしかめた。 またやるのかよ、と呟き、自分の机の上にその紙束を放り投げた。 塚田は××市の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲの小説合宿 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1177字
「リザードマンが持ち込みを?」 王国で第三位の規模を誇る出版社、ゲッテルベルク出版の下にやってきたコートの男、その素顔はまごうことなきリザードマンであった。「は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:安全な計算 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1061字
「リンゴが3個載ったカゴが5つ並んでいます。リンゴは全部で何個ありますか?」「……どうしたの、急に」 いきなり小学二年生レベルの計算問題を繰り出す真倉エミリに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3212字 評価:4人
先輩はひどく非合理な人間だ、と僕は思う。「ねえ?」 テーブルを差し挟んで向かいに座る先輩は、だらっと身体を突っ伏したまま僕に話しかけてきた。 僕は返事せずに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アブノーマルな螺旋 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1092字
誰にも言っていない秘密がある。 わたしのおへその上には、ねじがついているのだ。 ねじは突き出ていて、完全に中には収まっていない。ぴょこんとねじの頭、半ドーム状 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ワイルドな足 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1052字
改造人間専門の研究所「キマイラファクトリー」を訪れたのは、陸上選手を名乗る青年だった。「足の筋を事故で切ってしまった。日常生活に支障はないものの、もう陸上はで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:団地妻の豪雪 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1152字
訪問販売なんて業態が、何故今も残っているのだろうか。 俺はそんな疑問を自分の職業に対して抱えていた。 今は大抵の家のインターホンにもカメラがついていて、相手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:緑の囚人 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1378字
森の中に、その人はいた。 茂みの中に隠れるように伏せていたので、最初はわからなかった。 「おい」と声をかけてきて立ち上がった時は、何か大きな野生動物のように思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:素朴な女祭り! 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1238字
田中は童貞なのだが、周りの人間をバカにしている。 「女と寝てみたい」と言いながら、他のそれができた人間を下に見ようとしているのだ。「そういうのよくないぜ」 田 〈続きを読む〉