お題:遅いアレ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1213字

ミキのアレが弟のせいで来ない話
「アレが来ないのよ……」
 ミキがやけに暗い顔をしているから理由を尋ねると、周りをはばかるようにして言った。
「え、アレが!?」
 わたしは息を飲んだ。アレとはつまり、月の使者のことだろう。かぐや姫的な意味ではない。「チーデルウィーク」と呼んでる友人がいたが、女性特有のアレであろう。
 しかし、アレがこないということは、つまりそういうことで……。
「ミキ、心当たりあるの?」
 彼女はかぶりを振った。
 いや、でも、これはあるんだろう。花の女子高生だし、ミキは割と顔もかわいいから、声を掛けられたりしてどうのこうのってことも、考えられなくはない。
「ないよ……。どうして来てくれないんだろう?」
 あんな辛いものを心待ちにするだなんて、わたしには到底理解できない。だけど、不安に思う者なのかもしれない。
「一応、その……産婦人科とか行った方がいいんじゃないかな?」
「……え?」
 ミキはきょとんとした顔になる。
「な、なんで?」
「いやさ、その、検査とか受けてさ、何もなかったら安心すればいいし、もしもそのデキちゃってたら、それも早いうちのほうが取り返しがつくっていうか、そのまあ、実際取り返しはつかないんだけども、その……」
 同年代の男と手を繋いだこともないわたしは、しどろもどろになりながらもそう並べ立てる。
 わたしの力不足か、ミキは目をぱちくりさせるばかりだ。
「ホントさ、その、恥ずかしいことではないはずのことだから! 男の人とか、産婦人科に行く女はやらしい、みたいな見方してくるかもだけど、そんなのへ、偏見だしさ……」
「いや、何で産婦人科に行くの?」
「だから、生理来てないんでしょ?」
「は? 来てるよ。12歳から欠かさず」
 え。
「いや、アレって、そのアレじゃないの?」
「違うよ。アレはムカつくぐらい順調に来てるよ」
 そう言えばミキは重い方だった。一年の頃から一緒だが、時折それで保健室に行っている。思えば、今月の頭もそれで授業を途中で一度抜けていたっけ。
「じゃ、じゃあ、アレって何?」
「何って、グランダイオウムカデだよ」
 何じゃそら、と今度はわたしが激しく瞬きする番だった。
「え、来ないの? うちには毎月来てたんだよ。こんなおっきいムカデで、わたしがベッドで寝てると、上にのっかってくるの」
 ミキの説明では、そのムカデは3メートルぐらいあり、月に一度ミキの部屋に来ては、寝ている彼女の上を這いまわるのだという。
「それがあると気持ち悪いんだけどさ、何か快感で……」
 ていうか女の子にはみんな来てるものだと思ってた。あっけらかんとミキはそう言った。


「姉ちゃん」
 橋上ミキが家に帰ると、弟が近寄ってきた。弟が中学生になってからは避けられていたので、久々の会話である。
「どうしたの?」
「ずっと言おうと思ってたんだけど、姉ちゃんの部屋にいたデカいムカデ、俺殺しちゃったんだ……」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:正しいお金 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1416字
「このお金の使い方はできそこないだ、楽しめないよ」 会社の先輩のおごりで焼き肉を食べていたら、突然隣のテーブルから知らない男がそう言ってきた。「いや、誰ですあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:難しい成熟 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1128字
「新しい物語ができたから、聞いてくれるかしら?」「いいわよ、やりなさい」 大鷺高校文芸部所属の真倉エミリは、部活動の一環としてオリジナルの絵本や紙芝居を近隣の保 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3450字 評価:0人
俺が中学一年生の頃、学校でスリングショットが流行ったことがある。 スリングショットというのは、いわゆる「パチ○コ」のことだ。大人が朝から列なして、くわえタバコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:8月のサッカー 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1217字
サッカーは冬のスポーツだ。1試合平均で11キロ走ると言われているわけで、そんなものを夏にするのは愚の骨頂、熱中症まっしぐらである。学校の授業でだって、持久走を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遅いアレ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1213字
「アレが来ないのよ……」 ミキがやけに暗い顔をしているから理由を尋ねると、周りをはばかるようにして言った。「え、アレが!?」 わたしは息を飲んだ。アレとはつまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とびだせ伝承 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1344字
わたしの住んでいる地域には、「七太郎」という伝承がある。 ローカル版の桃太郎的な話で、七日で千里を走るという七太郎が、山にすくう鬼を退治するという物語だ。「で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:肌寒い列車 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1432字
寒い。 夏真っ盛りのこの時期に、そんな感想を抱くのは、冷房の効きすぎた電車の中だ。 しまったな、弱冷車に移動しよう。 そう思った時、折よく車内アナウンスがかか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:12月の夢 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1220字
「最近、12月の夢を見るんだ」 夏休みの前日に、草枕ユウトはそんなことを言った。「何で12月なんだ?」 わからない、とユウトは沈んだ表情でかぶりを振る。「言い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけデザイナー 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1167字
大型ショッピングモールのトイレの前を通りかかって、わたしは「あれ?」と違和感を覚えた。 ここにはよく来るのだが、今何かおかしかった。立ち止まってよく見ると、柱 〈続きを読む〉