お題:遅いアレ 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1213字

ミキのアレが弟のせいで来ない話
「アレが来ないのよ……」
 ミキがやけに暗い顔をしているから理由を尋ねると、周りをはばかるようにして言った。
「え、アレが!?」
 わたしは息を飲んだ。アレとはつまり、月の使者のことだろう。かぐや姫的な意味ではない。「チーデルウィーク」と呼んでる友人がいたが、女性特有のアレであろう。
 しかし、アレがこないということは、つまりそういうことで……。
「ミキ、心当たりあるの?」
 彼女はかぶりを振った。
 いや、でも、これはあるんだろう。花の女子高生だし、ミキは割と顔もかわいいから、声を掛けられたりしてどうのこうのってことも、考えられなくはない。
「ないよ……。どうして来てくれないんだろう?」
 あんな辛いものを心待ちにするだなんて、わたしには到底理解できない。だけど、不安に思う者なのかもしれない。
「一応、その……産婦人科とか行った方がいいんじゃないかな?」
「……え?」
 ミキはきょとんとした顔になる。
「な、なんで?」
「いやさ、その、検査とか受けてさ、何もなかったら安心すればいいし、もしもそのデキちゃってたら、それも早いうちのほうが取り返しがつくっていうか、そのまあ、実際取り返しはつかないんだけども、その……」
 同年代の男と手を繋いだこともないわたしは、しどろもどろになりながらもそう並べ立てる。
 わたしの力不足か、ミキは目をぱちくりさせるばかりだ。
「ホントさ、その、恥ずかしいことではないはずのことだから! 男の人とか、産婦人科に行く女はやらしい、みたいな見方してくるかもだけど、そんなのへ、偏見だしさ……」
「いや、何で産婦人科に行くの?」
「だから、生理来てないんでしょ?」
「は? 来てるよ。12歳から欠かさず」
 え。
「いや、アレって、そのアレじゃないの?」
「違うよ。アレはムカつくぐらい順調に来てるよ」
 そう言えばミキは重い方だった。一年の頃から一緒だが、時折それで保健室に行っている。思えば、今月の頭もそれで授業を途中で一度抜けていたっけ。
「じゃ、じゃあ、アレって何?」
「何って、グランダイオウムカデだよ」
 何じゃそら、と今度はわたしが激しく瞬きする番だった。
「え、来ないの? うちには毎月来てたんだよ。こんなおっきいムカデで、わたしがベッドで寝てると、上にのっかってくるの」
 ミキの説明では、そのムカデは3メートルぐらいあり、月に一度ミキの部屋に来ては、寝ている彼女の上を這いまわるのだという。
「それがあると気持ち悪いんだけどさ、何か快感で……」
 ていうか女の子にはみんな来てるものだと思ってた。あっけらかんとミキはそう言った。


「姉ちゃん」
 橋上ミキが家に帰ると、弟が近寄ってきた。弟が中学生になってからは避けられていたので、久々の会話である。
「どうしたの?」
「ずっと言おうと思ってたんだけど、姉ちゃんの部屋にいたデカいムカデ、俺殺しちゃったんだ……」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:誰かと失敗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1010字
社会人、花のOLとなって三年になった頃の話であった。 私は禿げ上がった中年男性と二人で頭を抱えていた。 もちろん、私の好みの男ではない。仕事場の上司で個人的な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆる奈落 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1207字
わたしの通っていた中学校には、「第二理科室で転ぶと、奈落に落ちる」という噂話があった。 それ以外に怪談らしい怪談のないその中学だったが、「奈落」というあまり使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:東京の、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1073字
「あのさ、東京の……」 しっ! と僕は自分の唇に人差し指を当てた。ミカは驚いた顔で僕を見返す。「ここでは東京の話はしちゃダメだ」 小声で、だけどきっぱりと僕は言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:神の土 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1291字
神さまの話に興味ありませんか、という勧誘なら受けたことはあるが、その少女が口にしたのはおよそ聞き覚えのない言葉だった。「神さまの土、いりませんか?」 植木鉢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:傷だらけの犯人 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1168字
「俺が中学の時にさ……」 目の前の女子生徒を見てもないような顔で、中村は突然語り出した。俺も、その女子生徒――津村も怪訝な顔でヤツを見た。「教室の机がズタズタの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の粉雪 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1293字
僕の住んでいる家の近くの高台の上には、小さな公園がある。公園へと続く石の階段のふもとにベンチと自販機が置かれているのだけれど、小学校の頃の僕は、学校の帰りにそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:近い蟻 必須要素:文末は全て「!」 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:2044字 評価:2人
蟻だ、蟻が近い! 蟻が近くにいる! 1メートル以上ある大きな蟻が、カチカチと顎を鳴らしているのが聞こえる! それは、バイオハザード! ここは、極秘の薬学研究所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:頭の中の始まり 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1239字
自称天才のイデオ博士は、人造人間を造ろうと企んだ。 その動機は、数多くの凡人と同じ理由からである。すなわち、イデオ博士はモテないのだ。「こんなにも天才な博士で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:それいけババァ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1203字
「今日はゆるキャラのオニババちゃんが来てくれました! みんな拍手で出迎えてください!」 舞台袖から現れたのは、二頭身の着ぐるみだった。最初の内は拍手の音が鳴り響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:魅惑の俺 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1363字
すごい美人の写真を牛山が持っているらしい。「あの野郎、足元見やがってさ、画像を転送してほしかったら1000円払えって言うんだぜ?」 馬場はそう言って憤慨してい 〈続きを読む〉