お題:ナウい豪雪 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:60字

ナウい豪雪と津
凄く雪が降っていた
ザクザクと踏む音後沈んでしまいそうだ
津はそのまま沈んでもいい
そう思いながら雪をふみに踏みまくった
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:兎綺うさぎ お題:ナウい豪雪 必須要素:山田 制限時間:30分 読者:253 人 文字数:957字
「今年ってか来年の冬は、どうなるんだろうねぇ。」「え?もう冬の話?やめてくださいよ。」今年の冬の豪雪は記憶に新しい。なにしろ家の裏が埋まったり、中道のような狭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:未熟な挫折 必須要素:美しい情景描写 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:619字
ヤドカリは遠くを見ていた。目の先には大きな殻があった。そこへたどり着きたいなそう思いながら使い古した殻を背負って海沿いの道路沿いを歩いていた。ビューと強い風が吹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:悲観的な螺旋 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:108字
上を見上げて君を待つひらっひらひらと舞い落ちる羽それはゆっくりと窓から差し込む光を散らしながら下から見上げる私は蟻を待つ蟻地獄のよう待てど来ないけど動けない飛べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:紅茶と壁 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:100字
自宅で匠は考え事していた。すると、なにやらのぞき込む顔が現れた。「なんだ、あの彼女か。」疑問がはれて匠はもやもやが晴れた。そして再び考え事にもどった。不安そうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:うわ・・・私の年収、体験 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:427字
年収をみて哲は生活を考えたどうにかしてお金を増やさなきゃ哲はなぜこのような事態なのかわからなかったこれでは何もできないではないか鬱鬱したので町に出向いたすると皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:プロの敗北 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:514字
昔昔、ある食料の豊かな山に虎と狼と羊が住んでいました。羊はいつもお腹を空かせていました。というのも食べたいものを他の二匹に取られてしまうからです。そこで羊は、ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:調和したガールズ 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1016字
最近、家の近くに大きなホテルができた。その名もホテル「ガールズ」。町並みと調和したホテルの色調はずいぶん昔からあった建物のように感じられた。あまりお金を持ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:素人の昼下がり 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:122字
ああ道がわからないもうじき夜になるただでさえ迷っているのに夜がさらに迫って辺りは真っ暗になったああ神は私を味方しないそして間も無く青年は逝った彼は素人だったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:清い足 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:238字
がさがさ仕事おわらないよ~おっ!?なんだい助けてあげようか?ありがとう、これお願いばたんまだ仕事をやってたのか助けようか?ありがとう、これお願いねかきかきまわり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:狡猾な湖 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:283字
湖には宝が沈んでいたあるとき勇者が宝をとりに湖にむかったするとそこに看板があったこの湖で帰ってきたものはいない勇者は怖くなり引き返そうとしたが村人になっていいわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:天国のババァ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:181字
天国のババァは異文化交流が好きだったとにかく自分と違うものを求めていた外国人がいる場所に行っては物足りなさを感じていたのだ「もう天国じゃだめだ、そうだ地獄へ行こ 〈続きを読む〉