お題:ナウい豪雪 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:60字

ナウい豪雪と津
凄く雪が降っていた
ザクザクと踏む音後沈んでしまいそうだ
津はそのまま沈んでもいい
そう思いながら雪をふみに踏みまくった
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:兎綺うさぎ お題:ナウい豪雪 必須要素:山田 制限時間:30分 読者:238 人 文字数:957字
「今年ってか来年の冬は、どうなるんだろうねぇ。」「え?もう冬の話?やめてくださいよ。」今年の冬の豪雪は記憶に新しい。なにしろ家の裏が埋まったり、中道のような狭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:79字
昔昔、気高い艦隊がいた彼らは敵を倒すために四方八方へ旅に出ていた旅先には敵がいて必ず彼らを立ちふさぐのであったしかし彼らは勇敢に戦いつづけたのであった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:131字
聡は一定のリズムで戦隊ごっこをしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」聡は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:気高い艦隊 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:101字
自宅で樹は運転していた。すると、なにやらべちゃっとした音が現れた。「なんだ、あの空き缶か。」ピンときてて樹はすっきりした。そして再び運転にもどった。むせるような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:黄金の車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
佑は繰り返すように笛の練習をしていた。すると、なにやらかすれた音が現れた。「うそ!?」佑は辺りを見回した。「なんだ、あの清掃道具か。」納得がいってて佑はふっと安 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:昼の高給取り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:108字
自宅で正は着替えしていた。すると、なにやら金物が落ちる音が現れた。「なんだ、あのコンビニのおつりか。」不安がとれて正はやれやれと思わず口にした。そして再び着替え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:昼の高給取り 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:124字
賢は一定のリズムで仕事をしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」賢は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいってて賢は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:白い月 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:138字
白い月と縁縁は一定のリズムでティータイムをしていた。すると、なにやら喉に詰まる症状が現れた。「うそ!?」縁は周囲に気を配った。「なんだ、あのお菓子か。」疑問がは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:白い月 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:105字
自宅で理は待ち伏せしていた。すると、なにやら見知らぬ人が現れた。「なんだ、あの待っていた人か。」ピンときてて理はすっきりした。そして再び待ち伏せにもどった。梅雨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:青い足 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:125字
賢は一定のリズムでDVD鑑賞をしていた。すると、なにやら見かけたことある子役が現れた。「え!?」賢は目を静かにつむった。「なんだ、あの有名俳優か。」納得がいって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:暗いつるつる 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:126字
佑は普段どおり発声練習をしていた。すると、なにやら妙に高い声が現れた。「うそ!?」佑は周囲を観察してた。「なんだ、あのヘリウムガスか。」納得がいってて佑はふっと 〈続きを読む〉