お題:ナウい豪雪 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:60字

ナウい豪雪と津
凄く雪が降っていた
ザクザクと踏む音後沈んでしまいそうだ
津はそのまま沈んでもいい
そう思いながら雪をふみに踏みまくった
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:兎綺うさぎ お題:ナウい豪雪 必須要素:山田 制限時間:30分 読者:239 人 文字数:957字
「今年ってか来年の冬は、どうなるんだろうねぇ。」「え?もう冬の話?やめてくださいよ。」今年の冬の豪雪は記憶に新しい。なにしろ家の裏が埋まったり、中道のような狭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:今日の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:924字
待ち人来る。 今日の占いはそんな結果だった。 当たったことなんてもちろんないから、今日待ち人は来ない。 そもそも何を待ってるのかもわからない。 占いはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:自分の中の朝飯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:971字
「いけねえ! 遅刻だ!」 毎度のことながら朝は苦手で寝坊することも多い。 今日も寝坊して慌てて布団から飛び出て、急いで支度をして家を出た。 もちろん、朝飯を食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆる奈落 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1207字
わたしの通っていた中学校には、「第二理科室で転ぶと、奈落に落ちる」という噂話があった。 それ以外に怪談らしい怪談のないその中学だったが、「奈落」というあまり使 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:左の熱帯魚 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:340字
雨が降ったら傘を差そんな単純なことを知っているけど私はいざ雨が降った時に傘を持っていない困っている人がいたら助けてあげなさいああ当たり前じゃないか、、ってあれ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの決別 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:182字
苦し紛れの決別と僕絶対こっちの方がいいのに本気でそう思って相手を誘うことがあるいや誘うときは大体そうだしかしながら、「こっち」が本当にいいか悪いか判断するのは相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:子供の視力 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:142字
銀行出入り口でこけたこけたときに打ち所が悪く血が出てしまった「いたい、いたい」そういうとお母さんがやってきてハンカチで足をまくってくれた「こんなところに躓くなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:100のサーブ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:275字
100のサーブと刃サーブを打つサーブをうってレシーブが返ってくるパン、ポーン刃はその感覚が好きだっただから何回もサーブを鍛えた感覚の虜になっていたのだバシーン、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:最弱の視力 必須要素:予備校 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:863字
これはなんとも不思議な昔話昔あるところにウサギがいました。ウサギは何でも一番をとっていて動物界で人気でした。そこへカメが現れました。カメは言いました。ウサギさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:許されざるお茶 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:130字
尊はいつもと変わらず髪のセットをしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「うそ!?」尊はあたりを見回した。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」不安がとれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:冬の公認会計士 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:186字
あの頃は勉強ばっかしていたなあの時があって今の俺がいるんだ正志は運転しながら3年前に思いをはせていたすると突然、猫が飛び出してきたキキー、あっ!!正志は猫をかば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:出来損ないの職業 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:501字
就職活動の面接におち瞳はゆく当てもなくなってしまった帰りの電車でふと人目をひく広告を見た好きなことを仕事に輝いてこちらを見つめる女優さんを見て瞳はふと思いついた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:1407字 評価:0人
消えた天才中学の時、僕には一人、気になっている人物がいたその名は「鈴木太郎」彼は廊下に張り出されている成績表で常に1番を取っていたなんで1番なんだ、どこにでもい 〈続きを読む〉