お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:514字

いきざま
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。
夏はいい。
蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。
汗を拭いながら冷えた飲み物で喉を潤す。
アルコールを入れても、すぐに汗になって出ていってしまうので、いっこうに酔わない。
じっとりと体に絡みつく下着も、まだ脱がなくて大丈夫だ。
いや、ついさっきまで一刻も早く全裸になってシャワーを浴びたい、と思っていたのだけど。
そもそも、酒はそれほど飲まない。タバコもやめた。女の方もすっかり遠ざかっている。
それでも、浴びるほど酒を飲み、タバコの煙を深く吸い込み、女の体をまさぐるような、
そんなふうに生きることもできる、と考えていたりする。いつでも、そっち側へは行ける、と。
今日も浴びるように飲んだことにして、酔ったふりをして、路地に顔つっこんでゲーゲーやってみる。
そうすると、どこかからすえた匂いが漂って来る気がして、その感覚にひととき身を任せる。
そのままそこで寝てしまってもいい。ふりだけど。
大声で歌ってもいい。ふりだけど。
裸でおどってもいい。ふりだけど。
今日も、生きているふりをしている。
明日も、生きているふりをするのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:じょうじ お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:4時間 読者:121 人 文字数:1234字
ああ――悲痛な声で男は万年筆を投げる。机の上に転がると同時に筆の先から墨液が溢れて原稿用紙を濡らした。 自らが書いた美文に酔う人間はあれど、吐き散らした悪文に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:4時間 読者:187 人 文字数:1233字
ああ――悲痛な声で男は万年筆を投げた。机の上に転がると同時に筆の先から墨液が溢れて原稿用紙を濡らした。 自らが書いた美文に酔う人間はあれど、吐き散らした悪文に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
間違った冤罪 ※未完
作者:sionsiva お題:昔の冤罪 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:472字
ついに今日だ。ようやく長い務めを終えてついに今日外へ出られる。三ヶ月。短いといえば短い。しかし、自由を奪われる期間としては気が遠くなるくらい長い時間だった。俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉