お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:514字

いきざま
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。
夏はいい。
蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。
汗を拭いながら冷えた飲み物で喉を潤す。
アルコールを入れても、すぐに汗になって出ていってしまうので、いっこうに酔わない。
じっとりと体に絡みつく下着も、まだ脱がなくて大丈夫だ。
いや、ついさっきまで一刻も早く全裸になってシャワーを浴びたい、と思っていたのだけど。
そもそも、酒はそれほど飲まない。タバコもやめた。女の方もすっかり遠ざかっている。
それでも、浴びるほど酒を飲み、タバコの煙を深く吸い込み、女の体をまさぐるような、
そんなふうに生きることもできる、と考えていたりする。いつでも、そっち側へは行ける、と。
今日も浴びるように飲んだことにして、酔ったふりをして、路地に顔つっこんでゲーゲーやってみる。
そうすると、どこかからすえた匂いが漂って来る気がして、その感覚にひととき身を任せる。
そのままそこで寝てしまってもいい。ふりだけど。
大声で歌ってもいい。ふりだけど。
裸でおどってもいい。ふりだけど。
今日も、生きているふりをしている。
明日も、生きているふりをするのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:じょうじ お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:4時間 読者:119 人 文字数:1234字
ああ――悲痛な声で男は万年筆を投げる。机の上に転がると同時に筆の先から墨液が溢れて原稿用紙を濡らした。 自らが書いた美文に酔う人間はあれど、吐き散らした悪文に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:4時間 読者:185 人 文字数:1233字
ああ――悲痛な声で男は万年筆を投げた。机の上に転がると同時に筆の先から墨液が溢れて原稿用紙を濡らした。 自らが書いた美文に酔う人間はあれど、吐き散らした悪文に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:誰かと失敗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:1010字
社会人、花のOLとなって三年になった頃の話であった。 私は禿げ上がった中年男性と二人で頭を抱えていた。 もちろん、私の好みの男ではない。仕事場の上司で個人的な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:アブノーマルな転職 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:425字
休みてえええええええただひたすら小学生の市民プールにしか行かなかった夏休みのようなやすみがほしいいいいいいいいそうだ!転職しようぜ!会社を辞めた 完全な勢いだけ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:t お題:勇敢な孤島 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:627字
かつて勇敢な戦士のみがたどり着けるとされた聖域があった。それは山頂であったのか、城であったのか、はたまた島であったのか。そこにいたのはごく平凡な少女。側には彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ お題:せつない大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:953字
男は荒野を歩いていた。 荒野を旅する用心棒である男は町から町へと旅をしていた。 途中で芸人一団の馬車に乗せてもらって次の街へと移動していたのだが。 馬の休憩中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:犯人は夏休み 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:124字
僕は名探偵家で勉強をしていたでもなんか手がつかない思いっきり外に出て図書館に向かったいたいた眼鏡をかけた友達がそこにいた「いこうよ」「えー受験やし」いいじゃん近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へちま お題:ラストはゲーム 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
繋いだ手に力を込めると、ぎゅっと強く握り返された。じわりと温もりが繋がれた指先から伝播して広がる。父も私と同じで離れがたいのだと、なんとなく分かった。並んで歩く 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
間違った冤罪 ※未完
作者:sionsiva お題:昔の冤罪 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:472字
ついに今日だ。ようやく長い務めを終えてついに今日外へ出られる。三ヶ月。短いといえば短い。しかし、自由を奪われる期間としては気が遠くなるくらい長い時間だった。俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉