お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:514字

いきざま
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。
夏はいい。
蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。
汗を拭いながら冷えた飲み物で喉を潤す。
アルコールを入れても、すぐに汗になって出ていってしまうので、いっこうに酔わない。
じっとりと体に絡みつく下着も、まだ脱がなくて大丈夫だ。
いや、ついさっきまで一刻も早く全裸になってシャワーを浴びたい、と思っていたのだけど。
そもそも、酒はそれほど飲まない。タバコもやめた。女の方もすっかり遠ざかっている。
それでも、浴びるほど酒を飲み、タバコの煙を深く吸い込み、女の体をまさぐるような、
そんなふうに生きることもできる、と考えていたりする。いつでも、そっち側へは行ける、と。
今日も浴びるように飲んだことにして、酔ったふりをして、路地に顔つっこんでゲーゲーやってみる。
そうすると、どこかからすえた匂いが漂って来る気がして、その感覚にひととき身を任せる。
そのままそこで寝てしまってもいい。ふりだけど。
大声で歌ってもいい。ふりだけど。
裸でおどってもいい。ふりだけど。
今日も、生きているふりをしている。
明日も、生きているふりをするのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:じょうじ お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:4時間 読者:123 人 文字数:1234字
ああ――悲痛な声で男は万年筆を投げる。机の上に転がると同時に筆の先から墨液が溢れて原稿用紙を濡らした。 自らが書いた美文に酔う人間はあれど、吐き散らした悪文に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:4時間 読者:189 人 文字数:1233字
ああ――悲痛な声で男は万年筆を投げた。机の上に転がると同時に筆の先から墨液が溢れて原稿用紙を濡らした。 自らが書いた美文に酔う人間はあれど、吐き散らした悪文に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
間違った冤罪 ※未完
作者:sionsiva お題:昔の冤罪 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:472字
ついに今日だ。ようやく長い務めを終えてついに今日外へ出られる。三ヶ月。短いといえば短い。しかし、自由を奪われる期間としては気が遠くなるくらい長い時間だった。俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉