お題:君と許し 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:528字

『君と許し』
 跪き、頭を垂れる。床に敷き詰められた緋毛氈、高い窓から射し込むわずかな光を反射して、漂う埃が煌めく。
 呼吸の音さえ伽藍に反響しそうな、張り詰めた沈黙が辺りを支配する。
 ロザリオの石を繰って君は小さく呟く。祈りに似た、その実ひたすら許しを乞うだけの文句を絶え間なく綴る。強張った頬、固く閉ざした目、苦し気に眉根を寄せたその横顔はいっそ脅迫的なほどだ。垂れた髪がかすかに震えている。
 君はまだ知らない。君の神さまは死んでしまったことを。背信と風化と倦怠、それらによって神は息の根を止められた。いまやそれは慣用句か冗句のなかにしか存在しない。
 木偶のような、残骸のような神にそれでも君は祈る。
 僕は君に背後から近づく。俯く花の茎のように細い首筋にそっと触れる。一瞬、君の言葉が途絶える。肩が跳ねる。君が振り返るより早く僕の指先はロザリオの留め金を外す。
 小さく音を立てて、糸で繋いだ鉱石と身代わりのシンボルは床に落ちた。
 もう神はいない。君の神はいない。
 泣き出しそうに歪む君の顔は何よりも美しい。前髪を払って、その眼を覗き込んだ。
 神はもういない。でも、僕がいる。
 祈るならば、縋るならば、僕にすればいい。
 永遠に僕が、許してあげよう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

此瀬 朔真の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:君と許し 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:528字
跪き、頭を垂れる。床に敷き詰められた緋毛氈、高い窓から射し込むわずかな光を反射して、漂う埃が煌めく。 呼吸の音さえ伽藍に反響しそうな、張り詰めた沈黙が辺りを支 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:簡単な別れ 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:926字
めんどくさくなってきた。 緑と白の吹き出しが順番に、だらだらと画面に表示され続ける。綴られていることといえば中身があるようなないような、いつまでも同じところを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:黒い闇 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1456字
深夜、路地裏。街灯もろくにない、立ち並ぶのは寝静まった民家ばかり。わざと危険な場所を選んで歩くのはこれが仕事だからだ。辺りに紛れる黒いパーカーの、前開きのファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:12月のぷにぷに 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:582字
暗い空からほわほわと、舞い落ちる白。ピンクとブラウン、カスタードのトリコロールの手袋がそれをそうっと受け止める。やわらかな毛糸にとまった雪のひとひらを、こちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:過去のガールズ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1124字
あらまあ、いやだわあははは。大口を開けて笑うご婦人方はどうやら買い物帰り。近所のスーパーのビニール袋、はみ出している長ネギは炎天下にしおれ気味。そりゃそうだ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:団地妻の人々 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:967字
陰口告げ口噂話、根も葉もきりもない井戸端会議。分厚い板チョコみたいな、おんなじ形の建物の群れ。暮らしているのは似たり寄ったりの家族。繰り返されるのは変わり映え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:苦しみの小説練習 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1107字
バックスペースキーを連打する望月の顔は険しい。書いては消し、書いては消し、書かずに消す。実際に残った文字は、費やした時間に比べると驚くほど少ない。「……あのさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:愛、それは模倣犯 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:671字
「ささやかなテロ」から一か月。学園は相変わらず賑やかで、学生たちが胸を張って闊歩する。変わったことと言えば、「魔王」と「帝王」により強行されそうになった学則の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:燃える愉快犯 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:723字
化け猫は笑っていた。いつも通りにやにやと、しかしよく見るとその笑みは普段よりも深い。目が爛々と輝き、口の端はきゅうっと吊り上がっている。「さて、ついにこのとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:此瀬 朔真 お題:当たり前の酒 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1026字
こん、とカウンターに空いたグラスを置く。ぽん、と壜の栓が抜ける。とくとく、と琥珀色の液体が注がれる。からん、と氷が鳴る。 店にやってきてからそろそろ二時間、こ 〈続きを読む〉