お題:夜の母 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1078字

一夜の邂逅
私の家は母子家庭でした。
小さい頃から母と2人、薄汚れたアパートで暮らしていました。
貧しい暮らしでしたが、自分が不幸だと思ったことはありません。
冬の寒い夜など、母が私の小さな手を両手で包み込んで温めながら、昔話などを聞かせてくれました。
そうして母に包まれているのが、私は好きでした。

或る夜、見たこともないような立派な車が、私を迎えにきました。
見知らぬ大人に促されるまま、私は車に乗り込みました。
母は黙ってその様子を見ていましたが、その面は悲しそうでした。
やがてやはり見たこともないような広い庭を持つ豪邸につれていかれました。
車が門を潜り本館につくまで、5分ほどかかったと記憶しております。

広すぎて落ち着かない、寒々しささえ覚える畳の間に連れていかれ、しばし待たされました。
やがて1人の女性が私を尋ねてきました。淡い色の着物に身を包んだ、細面の、美しい女性でした。

その女性は、私に様々な質問をしてきました。
「学校は楽しいですか?」
「はい、とっても楽しいです」
「好きな教科はなんですか?」
「図工の時間に絵を描くのが好きです」
「お勉強はお嫌いですか?」
「あまり好きではありません」

私が頬を赤らめて応えると、女性は慎ましやかに笑い声をあげました。
不思議と嫌な気はしませんでした。

とりとめのない会話が続き、最後に女性はこう尋ねました。

「…あなたは、お母さまがお好きですか?」
「はい、母は僕を育てるために、寝る間も惜しんで働いてくれています。感謝していますし、ええと、と、とても偉いと思います。大好きです」

拙い語彙で精一杯母への敬愛を伝えると、女性は寂しそうな顔をしました。
やがていとまを告げ、女性はがらんとした和風の間から去り、私も帰されました。
大きな屋敷から元のボロアパートへ戻され、元の生活がまた始まりました。

あの謎の女性は私の本当の母ではなかったか、と思うようになったのは、大分後のことです。
その頃には一緒に暮らしている母が、自分の本当の母ではないことに気づいていました。
それを知ったところで、私の母への想いはなんら変わるものではありませんでした。
実の息子以上の愛情を注いで育てられた、と今でも思っているからです。

その母もなくなり、今は先祖代々の墓地に眠っています。
あの謎の女性は誰だったか、その後私は知ろうとも思いませんでした。
あの邂逅は一夜の奇妙な夢だった、と思うことにしています。

先祖代々の墓に眠る”母”の息子であることを誇りに、私はこれからも生きていくことでしょう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

いしゅとの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:素人の門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1004字
「何、あなたも記憶を消したいと」「はい、お願いします」私が記憶を除去する装置を発明してから、様々な人間が記憶の抹消を依頼しに私のもとを訪れた。過去のトラウマを忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:春の兄弟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:967字
「おいタケオ、薫子ちゃんが来たぞ。しっかりきめろよ」兄ちゃんが僕に囁いたとおり、道の向こうから薫子君が待ち合わせ場所にくるのがみえた。春の光に、つややかな黒髪が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未熟なカップル 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:2003字
「こら、もう下校時間だぞ」夕方、廊下の隅で朱里と無駄話に興じていると、音楽教師の”熊髭”に注意された。”熊髭”とはもちろんあだ名で、顔の下半分を覆う繁みのような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:天国の吐息 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:798字
暗闇の中、何物かの吐息が聞こえる。周囲には誰の姿も見当たらない。というか真っ暗闇で、視界には何も映らない。思考が混濁している。記憶の糸を手繰ってみる。妹の蛍の顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:不屈の躍動 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字
山岳地帯でまたしても武装蜂起がおこったと聞き、α帝国皇帝は玉杯を床に叩きつけた。「往生際の悪いネズミどもめが、いつまで叶わぬ夢に固執するつもりだ!」遊牧騎馬民族 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:彼女が愛した食事 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:926字
もう何匹目になるかわからなかったが、俺は襲い掛かってくるトロールを切り伏せた。次元の回廊となっているこの森は、よくモンスターが出没する。とても素人が一人で抜けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:右のカップル 必須要素:漫画 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1660字
とある漫画喫茶の中。私の右に座った一組のカップルが、一冊の漫画を一緒に読みながらはしゃいでいる。「この後主人公が覚醒して、この超つええ敵を倒しちゃうんだぜ」「き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:灰色の天使 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1340字
盲腸で入院した友人の見舞いの帰り、病院の中庭で彼女を見つけた。木漏れ日が降り注ぐ中、車いすに座り、黙って灰色の空を見上げる彼女。パジャマにカーディガンを羽織った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:初めての孤独 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:649字
家のドアをくぐっても、明かりはついていなかった。当然のことだったが、やはり一抹の寂寥を覚えずにはいられなかった。勝手なものだと思う。つい先日までは、その明かりが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:漆黒の闇に包まれし液体 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:884字
ナハンは王の召使である。病床の王に食事を運んでいく途中の廊下、ナハンは隠しから一本の小瓶を取り出した。瓶の中には、漆黒の闇と見紛うばかりの液体が揺蕩っている。ナ 〈続きを読む〉