お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:833字

ありきたりな殺意 ※未完
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。
同居人はひとりベッドルームで寝ているようだ。それなら一声かけてくれたらいいのに、と思うものの、もし声かけられても多分起きないだろうし、もしかしたら声をかけてくれたのかもしれない。
なんとなく会話がなくなってきたのはいつ頃からだったろうか。いまでは、本当に必要なことしか話さなくなってしまった。特に何が原因というものもないのだけど、これが世にいう倦怠期というものだろうか。いっそ、別れてそれぞれに生きていくのがいいのかも、と考えなくもないし、そう考えると何かわくわくするものも感じる。
嫌いなわけじゃないし、もちろん憎んでいるわけでもない。相手を大切に思う気持ちも、まあ、ひとなみにはあると思う。それは向こうもそうなんだろうと思う。
でも、大切に思うだけでは一緒に暮らしてゆくには十分ではないようだ。
では何が必要なのか、と問われると、答えに窮するわけだけど、とにかくぼくたちはそんな関係のままもう何年かをすごしている。それなりに楽しく、それなりに苦しみながら、まあまあ、世間一般的にごくありふれた、普通の関係ということなのかもしれない。

残った洗い物をしていて、何枚か重なった皿のいち枚を取り上げようとしたときに、その下に挟まっていた果物ナイフで 指を切ってしまった。たいした痛みはなかったのだけど、傷は案外深くて思いの外大量の出血にめまいがしそうになった。しばらく傷口を強く圧迫しながら、絆創膏を探しているうちに、そこら中に血が滴ってしまって、まるで何か事件現場のような感じになってしまって、少し楽しくなって、ひとりくすくす笑ったりしていた。

そこに同居人が起きてきて、その惨状をみて一瞬驚いた顔をしたのち、ぼそっと「おはよう」と言った。「おはよう」と返すと、「それ、あとで拭いといてね」と独り言のようにつぶやいて
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
間違った冤罪 ※未完
作者:sionsiva お題:昔の冤罪 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:472字
ついに今日だ。ようやく長い務めを終えてついに今日外へ出られる。三ヶ月。短いといえば短い。しかし、自由を奪われる期間としては気が遠くなるくらい長い時間だった。俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉