お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:833字

ありきたりな殺意 ※未完
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。
同居人はひとりベッドルームで寝ているようだ。それなら一声かけてくれたらいいのに、と思うものの、もし声かけられても多分起きないだろうし、もしかしたら声をかけてくれたのかもしれない。
なんとなく会話がなくなってきたのはいつ頃からだったろうか。いまでは、本当に必要なことしか話さなくなってしまった。特に何が原因というものもないのだけど、これが世にいう倦怠期というものだろうか。いっそ、別れてそれぞれに生きていくのがいいのかも、と考えなくもないし、そう考えると何かわくわくするものも感じる。
嫌いなわけじゃないし、もちろん憎んでいるわけでもない。相手を大切に思う気持ちも、まあ、ひとなみにはあると思う。それは向こうもそうなんだろうと思う。
でも、大切に思うだけでは一緒に暮らしてゆくには十分ではないようだ。
では何が必要なのか、と問われると、答えに窮するわけだけど、とにかくぼくたちはそんな関係のままもう何年かをすごしている。それなりに楽しく、それなりに苦しみながら、まあまあ、世間一般的にごくありふれた、普通の関係ということなのかもしれない。

残った洗い物をしていて、何枚か重なった皿のいち枚を取り上げようとしたときに、その下に挟まっていた果物ナイフで 指を切ってしまった。たいした痛みはなかったのだけど、傷は案外深くて思いの外大量の出血にめまいがしそうになった。しばらく傷口を強く圧迫しながら、絆創膏を探しているうちに、そこら中に血が滴ってしまって、まるで何か事件現場のような感じになってしまって、少し楽しくなって、ひとりくすくす笑ったりしていた。

そこに同居人が起きてきて、その惨状をみて一瞬驚いた顔をしたのち、ぼそっと「おはよう」と言った。「おはよう」と返すと、「それ、あとで拭いといてね」と独り言のようにつぶやいて
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
間違った冤罪 ※未完
作者:sionsiva お題:昔の冤罪 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:472字
ついに今日だ。ようやく長い務めを終えてついに今日外へ出られる。三ヶ月。短いといえば短い。しかし、自由を奪われる期間としては気が遠くなるくらい長い時間だった。俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉