お題:どこかの情事 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1346字

優良チャンネル
 うちのテレビが、どこかのラブホテルに仕掛けられた盗撮カメラにつながっている。
 まるで夢みたいな話だ。しかし事実である。いつから、誰が、なんのためになんて知る由もなかった。一人暮らしなのもあって戸締りはしっかりしていたはずだし、合鍵も作ったことないし、家にあげた人間にこんな悪質なことをするやつはいなかった。と、思う。
 とはいえ、俺は一人暮らしである。そう、幸いにも一人暮らし。つまり、テレビをつけてそれが映るチャンネルに合わせて、そこで行われる情事を見ていても、誰も俺を咎めないのだ。天然素材をおかずにできるとはなんと贅沢な。しかも高画質で、複数のカメラが、絶妙な位置に仕掛けられているらしく、求めている画面がいつも確保されている。その画面の切り替えは自動なのか、手動なのか。そこがまた少し気味が悪いのだが、俺はその部屋で行われる行為のほうが気になった。しかたない、それが目的でこのチャンネルを使うのだから。

 今日の客は、顔立ちもスタイルもいい男と、少し肌の露出が多めの小柄の女の子だった。女の子は部屋に入るなり持っていたリュックをおろして中身を広げ、なんとセーラー服に着替えた。さきほど着ていた服よりもそちらのほうが似合っているし、よく見れば結構幼い感じがする。……まさか、エンコーか? と一抹の不安がよぎるが、すぐにそれがどうした、と俺の中の悪い俺がささやいた。結局この映像の中で起こっているのは、どこかの知らないラブホテルの部屋にいるやつらだけの問題だ。それを見てるだけの俺はなんら関係ないだろう、と。それもそうだと自分で納得した俺は、男の用意したコップの水で錠剤を飲む女の子を無表情に見ていた。
 二人は交代で軽くシャワーをしたあと、さっそく行為を始めた。セーラー服のまま、半裸になった男にベッドに押し倒される女の子。弱弱しい細腕が男の体を掴んでいる。男は少し乱暴に、女の子の服をまさぐり、好き放題にしていた。
 やがて事はエスカレートし、セーラー服もスカートもめくれあがり、そこからはいつも通りの交わり。女の子は少し苦しそうな顔をしていたが、男は構わないで自分の思うままにしていた。
 その背徳的な情事が終わると、男はさっさと服を着ながら、財布から数枚の札を取り出し、女の子に手渡した。女の子はそれを数え、少し不満そうな顔をして、人差し指を男に示した。すると男はもう一枚万札を取り出して彼女に与えて、ちょっと不機嫌そうに出て行った。
 女の子はその後、疲れた顔で札をもう一度勘定して、安っぽい財布の中にしまった。そしておもむろに立ち上がり、けだるげに服を着替え始める。

 そこまで見て、俺はチャンネルを変えた。明るいバラエティでも見ようと探している間、頭にこびりつくようによみがえってくる先ほどの情事。あの女の子は初恋だった子に似ている気がした。

 だが、あのチャンネルは、所詮どこかのラブホテルで見知らぬ誰かの情事が行われているだけである。俺にはなんの関係もないのだ。

 一か月後、わりと高額な請求書がテレビ会社から届いた。
 視聴している間、料金が発生する有料チャンネルだったらしい。
 その日から俺は、おとなしく一駅隣のレンタルビデオショップに通うことにした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:さはら@文フリ感謝 お題:どこかの情事 必須要素:骸骨 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:1664字
スケルトン・イン・クローゼット「知るかボケナス、とっとと帰れすっとこどっこいがぁ」 派手な音がしてゴミ箱が蹴倒される音が響いた。傍らで銀次が顔をあげる。「先生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:情熱的な幻想 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1298字
彼女との出会いは数ヶ月前、それは周期的に月が燃える、その始まりの夜であった。街では老若男女問わずに、燃え盛る月の由来なんて知らずに浮かれ騒ぎ、祭りを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ムチルダの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:どこかの情事 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1346字
うちのテレビが、どこかのラブホテルに仕掛けられた盗撮カメラにつながっている。 まるで夢みたいな話だ。しかし事実である。いつから、誰が、なんのためになんて知る由 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:赤い神話 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1461字
私は一度も怪我をしたことがない。 このことを他人に告げると、皆口をそろえて嘘だと言う。しかし、事実であるからしかたない。私の両親によれば、私は他人と比べて体が 〈続きを読む〉