お題:どこかの情事 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1346字

優良チャンネル
 うちのテレビが、どこかのラブホテルに仕掛けられた盗撮カメラにつながっている。
 まるで夢みたいな話だ。しかし事実である。いつから、誰が、なんのためになんて知る由もなかった。一人暮らしなのもあって戸締りはしっかりしていたはずだし、合鍵も作ったことないし、家にあげた人間にこんな悪質なことをするやつはいなかった。と、思う。
 とはいえ、俺は一人暮らしである。そう、幸いにも一人暮らし。つまり、テレビをつけてそれが映るチャンネルに合わせて、そこで行われる情事を見ていても、誰も俺を咎めないのだ。天然素材をおかずにできるとはなんと贅沢な。しかも高画質で、複数のカメラが、絶妙な位置に仕掛けられているらしく、求めている画面がいつも確保されている。その画面の切り替えは自動なのか、手動なのか。そこがまた少し気味が悪いのだが、俺はその部屋で行われる行為のほうが気になった。しかたない、それが目的でこのチャンネルを使うのだから。

 今日の客は、顔立ちもスタイルもいい男と、少し肌の露出が多めの小柄の女の子だった。女の子は部屋に入るなり持っていたリュックをおろして中身を広げ、なんとセーラー服に着替えた。さきほど着ていた服よりもそちらのほうが似合っているし、よく見れば結構幼い感じがする。……まさか、エンコーか? と一抹の不安がよぎるが、すぐにそれがどうした、と俺の中の悪い俺がささやいた。結局この映像の中で起こっているのは、どこかの知らないラブホテルの部屋にいるやつらだけの問題だ。それを見てるだけの俺はなんら関係ないだろう、と。それもそうだと自分で納得した俺は、男の用意したコップの水で錠剤を飲む女の子を無表情に見ていた。
 二人は交代で軽くシャワーをしたあと、さっそく行為を始めた。セーラー服のまま、半裸になった男にベッドに押し倒される女の子。弱弱しい細腕が男の体を掴んでいる。男は少し乱暴に、女の子の服をまさぐり、好き放題にしていた。
 やがて事はエスカレートし、セーラー服もスカートもめくれあがり、そこからはいつも通りの交わり。女の子は少し苦しそうな顔をしていたが、男は構わないで自分の思うままにしていた。
 その背徳的な情事が終わると、男はさっさと服を着ながら、財布から数枚の札を取り出し、女の子に手渡した。女の子はそれを数え、少し不満そうな顔をして、人差し指を男に示した。すると男はもう一枚万札を取り出して彼女に与えて、ちょっと不機嫌そうに出て行った。
 女の子はその後、疲れた顔で札をもう一度勘定して、安っぽい財布の中にしまった。そしておもむろに立ち上がり、けだるげに服を着替え始める。

 そこまで見て、俺はチャンネルを変えた。明るいバラエティでも見ようと探している間、頭にこびりつくようによみがえってくる先ほどの情事。あの女の子は初恋だった子に似ている気がした。

 だが、あのチャンネルは、所詮どこかのラブホテルで見知らぬ誰かの情事が行われているだけである。俺にはなんの関係もないのだ。

 一か月後、わりと高額な請求書がテレビ会社から届いた。
 視聴している間、料金が発生する有料チャンネルだったらしい。
 その日から俺は、おとなしく一駅隣のレンタルビデオショップに通うことにした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:どこかの情事 必須要素:骸骨 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1664字
スケルトン・イン・クローゼット「知るかボケナス、とっとと帰れすっとこどっこいがぁ」 派手な音がしてゴミ箱が蹴倒される音が響いた。傍らで銀次が顔をあげる。「先生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:打算的な青春 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1005字
公園の空気が張りつめているのを感じ取らずにはいられなかった。今日、ある人と出会うために僕はここに居る。平凡な高校生に過ぎないが、見捨てずにはいられなかった。「彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:彼のにわか雨 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1713字
水底のナイフが錆びて腐る。かつてナイフは登山用品店の棚にあった。買ったのは息子に厳しいサラリーマンだった。小学校入学の祝いに、と言って六歳の息子と妻を連れて富 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の躍動 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1324字
日本の組織は軍隊ではなくオウムの様なカルトである。その証拠に、大日本帝国は天皇を崇拝していた。今で言えば北朝鮮だ。この体質が今の日本企業に受け継がれている。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ラメアー お題:恥ずかしい血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:942字
私の血液の色は緑色だ。 まだ物心がつく以前、私はマハナキタル星人という宇宙人に連れ去られその時彼らに自分の血液を緑色にされてしまったのだ。彼らが何故私の血液を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ムチルダの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:どこかの情事 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1346字
うちのテレビが、どこかのラブホテルに仕掛けられた盗撮カメラにつながっている。 まるで夢みたいな話だ。しかし事実である。いつから、誰が、なんのためになんて知る由 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:赤い神話 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1461字
私は一度も怪我をしたことがない。 このことを他人に告げると、皆口をそろえて嘘だと言う。しかし、事実であるからしかたない。私の両親によれば、私は他人と比べて体が 〈続きを読む〉