お題:赤い神話 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1461字

血は赤い
 私は一度も怪我をしたことがない。
 このことを他人に告げると、皆口をそろえて嘘だと言う。しかし、事実であるからしかたない。私の両親によれば、私は他人と比べて体が弱く、普通の人であれば問題のないかすり傷でも失血死するかもしれない体質らしいので、絶対に怪我をしてはいけないのだ。両親は、私が怪我をすることとしないことの分別がしっかりできるようになるまで、徹底的に保護してくれていた。だから、この年になるまで、血を出すようなことは一回たりともなかった。
 こんな体質だから、外に出ることも少なく、友人たちと遊ぶこともほとんどなかった。しかし、おととい、初めて友人から外で遊ばないかという誘いがきた。両親に相談して――その友人が責任感があり信頼もできる人物であることの確認をされたが――許可を得ることができたので、私は初めて、今日、外に遊びに出ることになったのである。
 世間は冬だった。夏のように身を守れない軽装ではなく、しっかりとした分厚い生地の服で全身をくまなく埋めても、まったく暑くない。とてもありがたい季節だった。

「藤次、ごめん遅れた!」
「あ、いや、僕も今来たところだから」
「はは、なんかカノジョみてえ」

 約束の時間に五分遅れて、彼は到着した。伊谷将。僕の五年来の友人だ。彼は暑がりだからか、私よりずいぶん薄く、寒そうな恰好をしていた。マフラーでも貸そうかと提案したが、彼は蒸し殺す気か、と笑って断った。

「それで、結局今日はどこに行くの?」
「怪我しちゃいけねーって聞いたから、景色眺めながら茶でも飲むかと思って。あのハイビル行こうぜ」

 彼があのハイビル、と言って指さした建物を見て、私は拍子抜けした。なんだ、結局外と言っても、あまり動かないんじゃないか。それなら家に彼を招いたほうがよかったかもしれない。――と、そんなことを考えてしまったが、外の景色に直接触れていることが大切なんじゃないか、と思い直して飲み込んだ。
 ビルの中のカフェは落ち着いた雰囲気で、若くない大人たちがぽつぽつと座っていた。この中で一番若いのが私たちなので、なんとなく居心地が悪いな、と一瞬感じたが、大窓に面したカウンター席に座ると、それも気にならなくなった。
 適当な軽食を注文し、先に着いていたマグに注がれたコーヒーを飲む。

「あ、おいしい」
「だろ? てか、藤次。外食初めてだろ」
「うん。外食って、なんか、そわそわする」
「だろうな。俺もこの店、適当に選んじゃったからさ、金ギリギリである意味そわそわしてるんだけど」

 冗談めかして財布の小銭と札を確認する彼に、足りなければ肩代わりすると伝える。すると彼は笑って、

「ばーか。大丈夫だよ。そう簡単に他人に金貸すなよ」

 そういうところも含めてこれから教えてってやらんとな、と言って、彼は次の遊びの予定を考え出す。取り出されたスケジュール手帳はいろいろな色で埋められていて、そのどれもが彼の予定なのかと思うと、よく体がもつな、と感心してしまった。

「あ、そうだ。藤次、お前リップクリームって知ってる?」
「リップクリーム?」
「知らないだろうな。お前唇カッサカサだし。そのままだと切れるぞ。俺も今さっき切れたし」
「えっ」

 ほら、こうなる前に買って塗れよ。
 そう言って自分の唇の端に固まった赤錆色を指した伊谷を見て、私は心配になって自分の唇に触れた。血が出ていないか、指を唇で一周させる。

 唇から離して見た指先には、鮮やかな青い液体がついていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:しぐれる お題:赤い神話 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:856字
むかしむかし。かみさまは。あかいなみだをながしまして。まっかななみだをながしまして。とおくとおくへながれていって。そしていのちがうまれたのでした。「赤鬼、とお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い神話 必須要素:結婚相談所 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:773字
一人の男が歩いていた。「今日も、駄目だった」そう、落ち込んだように呟く男の、その姿は異様だった。道行く誰もが、振り返る。その様相は、一言で言うのなら赤だった。帽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:打算的な青春 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1005字
公園の空気が張りつめているのを感じ取らずにはいられなかった。今日、ある人と出会うために僕はここに居る。平凡な高校生に過ぎないが、見捨てずにはいられなかった。「彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:彼のにわか雨 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1713字
水底のナイフが錆びて腐る。かつてナイフは登山用品店の棚にあった。買ったのは息子に厳しいサラリーマンだった。小学校入学の祝いに、と言って六歳の息子と妻を連れて富 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の躍動 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1324字
日本の組織は軍隊ではなくオウムの様なカルトである。その証拠に、大日本帝国は天皇を崇拝していた。今で言えば北朝鮮だ。この体質が今の日本企業に受け継がれている。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ラメアー お題:恥ずかしい血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:942字
私の血液の色は緑色だ。 まだ物心がつく以前、私はマハナキタル星人という宇宙人に連れ去られその時彼らに自分の血液を緑色にされてしまったのだ。彼らが何故私の血液を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ムチルダの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:どこかの情事 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1346字
うちのテレビが、どこかのラブホテルに仕掛けられた盗撮カメラにつながっている。 まるで夢みたいな話だ。しかし事実である。いつから、誰が、なんのためになんて知る由 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:赤い神話 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1461字
私は一度も怪我をしたことがない。 このことを他人に告げると、皆口をそろえて嘘だと言う。しかし、事実であるからしかたない。私の両親によれば、私は他人と比べて体が 〈続きを読む〉