お題:赤い神話 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1461字

血は赤い
 私は一度も怪我をしたことがない。
 このことを他人に告げると、皆口をそろえて嘘だと言う。しかし、事実であるからしかたない。私の両親によれば、私は他人と比べて体が弱く、普通の人であれば問題のないかすり傷でも失血死するかもしれない体質らしいので、絶対に怪我をしてはいけないのだ。両親は、私が怪我をすることとしないことの分別がしっかりできるようになるまで、徹底的に保護してくれていた。だから、この年になるまで、血を出すようなことは一回たりともなかった。
 こんな体質だから、外に出ることも少なく、友人たちと遊ぶこともほとんどなかった。しかし、おととい、初めて友人から外で遊ばないかという誘いがきた。両親に相談して――その友人が責任感があり信頼もできる人物であることの確認をされたが――許可を得ることができたので、私は初めて、今日、外に遊びに出ることになったのである。
 世間は冬だった。夏のように身を守れない軽装ではなく、しっかりとした分厚い生地の服で全身をくまなく埋めても、まったく暑くない。とてもありがたい季節だった。

「藤次、ごめん遅れた!」
「あ、いや、僕も今来たところだから」
「はは、なんかカノジョみてえ」

 約束の時間に五分遅れて、彼は到着した。伊谷将。僕の五年来の友人だ。彼は暑がりだからか、私よりずいぶん薄く、寒そうな恰好をしていた。マフラーでも貸そうかと提案したが、彼は蒸し殺す気か、と笑って断った。

「それで、結局今日はどこに行くの?」
「怪我しちゃいけねーって聞いたから、景色眺めながら茶でも飲むかと思って。あのハイビル行こうぜ」

 彼があのハイビル、と言って指さした建物を見て、私は拍子抜けした。なんだ、結局外と言っても、あまり動かないんじゃないか。それなら家に彼を招いたほうがよかったかもしれない。――と、そんなことを考えてしまったが、外の景色に直接触れていることが大切なんじゃないか、と思い直して飲み込んだ。
 ビルの中のカフェは落ち着いた雰囲気で、若くない大人たちがぽつぽつと座っていた。この中で一番若いのが私たちなので、なんとなく居心地が悪いな、と一瞬感じたが、大窓に面したカウンター席に座ると、それも気にならなくなった。
 適当な軽食を注文し、先に着いていたマグに注がれたコーヒーを飲む。

「あ、おいしい」
「だろ? てか、藤次。外食初めてだろ」
「うん。外食って、なんか、そわそわする」
「だろうな。俺もこの店、適当に選んじゃったからさ、金ギリギリである意味そわそわしてるんだけど」

 冗談めかして財布の小銭と札を確認する彼に、足りなければ肩代わりすると伝える。すると彼は笑って、

「ばーか。大丈夫だよ。そう簡単に他人に金貸すなよ」

 そういうところも含めてこれから教えてってやらんとな、と言って、彼は次の遊びの予定を考え出す。取り出されたスケジュール手帳はいろいろな色で埋められていて、そのどれもが彼の予定なのかと思うと、よく体がもつな、と感心してしまった。

「あ、そうだ。藤次、お前リップクリームって知ってる?」
「リップクリーム?」
「知らないだろうな。お前唇カッサカサだし。そのままだと切れるぞ。俺も今さっき切れたし」
「えっ」

 ほら、こうなる前に買って塗れよ。
 そう言って自分の唇の端に固まった赤錆色を指した伊谷を見て、私は心配になって自分の唇に触れた。血が出ていないか、指を唇で一周させる。

 唇から離して見た指先には、鮮やかな青い液体がついていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:しぐれる お題:赤い神話 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:856字
むかしむかし。かみさまは。あかいなみだをながしまして。まっかななみだをながしまして。とおくとおくへながれていって。そしていのちがうまれたのでした。「赤鬼、とお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い神話 必須要素:結婚相談所 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:773字
一人の男が歩いていた。「今日も、駄目だった」そう、落ち込んだように呟く男の、その姿は異様だった。道行く誰もが、振り返る。その様相は、一言で言うのなら赤だった。帽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:情熱的な幻想 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1298字
彼女との出会いは数ヶ月前、それは周期的に月が燃える、その始まりの夜であった。街では老若男女問わずに、燃え盛る月の由来なんて知らずに浮かれ騒ぎ、祭りを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ムチルダの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:どこかの情事 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1346字
うちのテレビが、どこかのラブホテルに仕掛けられた盗撮カメラにつながっている。 まるで夢みたいな話だ。しかし事実である。いつから、誰が、なんのためになんて知る由 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ムチルダ お題:赤い神話 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1461字
私は一度も怪我をしたことがない。 このことを他人に告げると、皆口をそろえて嘘だと言う。しかし、事実であるからしかたない。私の両親によれば、私は他人と比べて体が 〈続きを読む〉