お題:不本意な天国 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:23字
[削除]

不本意な神様
「ったく…」
神様も理不尽な物だ。
俺の名は、
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:不本意な天国 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:475字
環境に不満はない。ただ一つ満足いかないことを挙げるとするなら、私自身のこと。片親やお金に苦しむ家庭が恵まれていないだなんて思わない。とはいえ、一般的には家庭に恵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカイP@仮想物書き お題:不本意な天国 必須要素:入れ歯 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:909字
「スマンがお主は転生してしまった」「はぁ……」 とある日曜日。 僕、常盤トオルは小説の新刊を手に入れるべく、アニメイトに向かっていた。 お目当ては金髪美少女が大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:鈍い駄洒落 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:440字
真面目な事は美徳である。誰もがそう信じて疑わなかったから、あんなことになってしまったのだろう。早川まじめは、「真面目である事」を両親から骨の髄まで叩き込まれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:春の年賀状 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1139字
日課でポストを開けたら、年賀状が出てきた。「は?」あまり知られていない事ではあるが、私はポストを開けるのを日課にしている。もちろん中に入っているものの大半はチラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーな天国 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:971字
知り合いについてきて、ついてきて頼むから、焼きそばとかおごるからと言われて、海に行った。すでにお盆も終わっているし、クラゲも出まくっているんじゃないか、そもそも 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:シアン お題:苦しみのバラン 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:371字
あー、俺は何をしているんだろう。俺は人間だったはず。そして死んだ。大学院に入り、植物の研究に没頭していた。そしてある日、アマゾンの奥深くに珍しい植物があると聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:都会のパソコン 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1084字
新宿御苑感が限界値に達した。「あああああ、新宿御ねん!」時たま、そういう症状が発症して、新宿御苑に行きたくなる。新宿御苑に行きたくなる気持ちが限界に達すると、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:楽観的な超能力 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:642字
大丈夫だって大丈夫だって先輩、何度そのセリフ繰り返すんです?大丈夫だって大丈夫だって大丈夫じゃないでしょ先輩、でもあと2時間しかないっすよ大丈夫だって俺を信じろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:何かの電車 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:883字
資料を広げながら旧都市遺構のうっそうとした林の中を歩いてもう1時間近くになる。 21世紀末の異常気象によって壊滅した沿岸都市群は、半世紀の間にすっかりコンクリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:赤い光 必須要素:資料 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:1043字
子供のころから無駄に健康だった。学校とか休んだことがなかった。小学校六年間で休んだのは二回。一度目は親戚の結婚式で群馬に車で行った時。二回目は本当に風邪を引いた 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:535字
やってしまった‥‥。鋭い刃に着いた血液は、俺がしてしまったことの重大さを物語っていた。あたり一帯に鉄の匂いが漂い、薄暗い空気の中で、俺はただ呆然と目の前のそれを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと食卓 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:653字
「どうしたんだい?食べないのかい?」隣の席のうしくんが微笑みながら言う。えずくのを抑えながら、どうにも食欲がわかなくってね、絞り出す。向かいのとりさんの皿には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉