お題:理想的な宿命 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:633字

知らなくていい
それは誰もが望む最後だった。
地位に名声、富に美貌。美しくたおやかな妻を持ち優秀な娘と息子に見送られた。だから、誰もが彼の死を満たされたものだと疑わない。彼は、本当にしたかったことを何もかも捨て置き、「理想的」という親に決められた道を歩いて死んだのだ。
俺は知っている。彼は本当は小学生が読むような冒険の物語が大好きで、世界中を旅をして回ってみたいと言っていたこと、本当は学校が苦手で、1人で静かに勉強して居たかったこと、切れ長の目でキツそうな外見の割にウサギやネコに大はしゃぎしていたこと。数えきれないほど君は嘘をついて生きてきた。
その中でもとびっきりのゴシップは君が僕を愛していた事だ。
高校2年の夏、蒸し暑い部室の中で謝りながら僕を抱いた君の瞳はいつもの何処か虚ろさは何処かに消え、剥き出しの感情がただ、俺にぶつけられていて拒む事ができなかった。いや、したくなかった。
その日以降、彼と俺との縁は徐々に消えて行ったが誕生日に送られてくるシロツメクサの花だけが俺と彼を繋いでいた。
「毎年毎年性懲りも無く馬鹿なやつだ」
一言言ってくれれば良かったんだ愛してるって、その言葉さえあればお前のために全て捨てても良かったんだから。お前のことを誰よりも思っていたよ。
彼が死んだのは、俺がお前に会うことの出来る同窓会の1日前のことだった。良かったよ、あの時死んで。俺に人生狂わされずに済んだんだから。
玄関に置かれた枯れたスターチスの花言葉なんてお前は知らなくていい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
冷めた修羅場 ※未完
作者:akari お題:賢いドロドロ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:730字
「……珈琲のお代わり、頼みましょうか?」「ええ、お願いします」 この会話を何度繰り返したことだろう。近くを通りかかるウェイターに注文しながら私はそんなことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I
作者:ぼた(サブサブ垢) お題:平和と空想 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1549字
見慣れた後姿が、爪先立ちになりながら片手を上へ伸ばしていた。下駄箱の靴を取るのに、そんなに伸びあがる必要はないだろう。「何やってんの?マツハ」 近付いて声を掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識のところてん 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1144字
日本って、世界で最も表現の自由があるんだなと思いました。 サブカルって日本発祥で世界に輸出できるレベルの産業です。コンピュータゲームはすでに登場から30年間経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の飛行 ※未完
作者:akari お題:傷だらけのパイロット 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:697字
空に手をかざす。指の隙間から漏れる光の眩しさに細め、空の藍を自身の目に焼き付ける。 ずっと昔からの変わらない癖だが、その際に抱く心情は随分変わったように思える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きっかけ ※未完
作者:匿名さん お題:男の性格 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:939字
私はやることがなくて、西洋画家兼小説作家になった。この手の職業は皆が憧れるものだ。 住んでいるところが海沿いなので、都会に出たときだけになるが、稀に、弟子にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

水來の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:水來 お題:理想的な宿命 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:633字
それは誰もが望む最後だった。地位に名声、富に美貌。美しくたおやかな妻を持ち優秀な娘と息子に見送られた。だから、誰もが彼の死を満たされたものだと疑わない。彼は、本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一時 ※未完
作者:水來 お題:小説家のキス 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:421字
日が暮れ繁華街が騒がしくなる頃、俺は原稿が上がったばかりだからというそいつと2人で飲みに来ていた。「やっぱり豚肉より牛肉よね~」そう酒を飲みながらいう彼女の頬は 〈続きを読む〉