お題:理想的な宿命 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:633字

知らなくていい
それは誰もが望む最後だった。
地位に名声、富に美貌。美しくたおやかな妻を持ち優秀な娘と息子に見送られた。だから、誰もが彼の死を満たされたものだと疑わない。彼は、本当にしたかったことを何もかも捨て置き、「理想的」という親に決められた道を歩いて死んだのだ。
俺は知っている。彼は本当は小学生が読むような冒険の物語が大好きで、世界中を旅をして回ってみたいと言っていたこと、本当は学校が苦手で、1人で静かに勉強して居たかったこと、切れ長の目でキツそうな外見の割にウサギやネコに大はしゃぎしていたこと。数えきれないほど君は嘘をついて生きてきた。
その中でもとびっきりのゴシップは君が僕を愛していた事だ。
高校2年の夏、蒸し暑い部室の中で謝りながら僕を抱いた君の瞳はいつもの何処か虚ろさは何処かに消え、剥き出しの感情がただ、俺にぶつけられていて拒む事ができなかった。いや、したくなかった。
その日以降、彼と俺との縁は徐々に消えて行ったが誕生日に送られてくるシロツメクサの花だけが俺と彼を繋いでいた。
「毎年毎年性懲りも無く馬鹿なやつだ」
一言言ってくれれば良かったんだ愛してるって、その言葉さえあればお前のために全て捨てても良かったんだから。お前のことを誰よりも思っていたよ。
彼が死んだのは、俺がお前に会うことの出来る同窓会の1日前のことだった。良かったよ、あの時死んで。俺に人生狂わされずに済んだんだから。
玄関に置かれた枯れたスターチスの花言葉なんてお前は知らなくていい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:情熱的な幻想 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1298字
彼女との出会いは数ヶ月前、それは周期的に月が燃える、その始まりの夜であった。街では老若男女問わずに、燃え盛る月の由来なんて知らずに浮かれ騒ぎ、祭りを楽しんでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りぜ お題:彼女の高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1443字
社会人になって3年目。何事も3年続ければ変わるとはよくいったもので、ようやく仕事にも慣れてきた。働き出して一番嬉しいことは、彼女とデートをするときに支払ってあ 〈続きを読む〉

水來の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:水來 お題:理想的な宿命 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:633字
それは誰もが望む最後だった。地位に名声、富に美貌。美しくたおやかな妻を持ち優秀な娘と息子に見送られた。だから、誰もが彼の死を満たされたものだと疑わない。彼は、本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一時 ※未完
作者:水來 お題:小説家のキス 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:421字
日が暮れ繁華街が騒がしくなる頃、俺は原稿が上がったばかりだからというそいつと2人で飲みに来ていた。「やっぱり豚肉より牛肉よね~」そう酒を飲みながらいう彼女の頬は 〈続きを読む〉