お題:理想的な宿命 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:633字

知らなくていい
それは誰もが望む最後だった。
地位に名声、富に美貌。美しくたおやかな妻を持ち優秀な娘と息子に見送られた。だから、誰もが彼の死を満たされたものだと疑わない。彼は、本当にしたかったことを何もかも捨て置き、「理想的」という親に決められた道を歩いて死んだのだ。
俺は知っている。彼は本当は小学生が読むような冒険の物語が大好きで、世界中を旅をして回ってみたいと言っていたこと、本当は学校が苦手で、1人で静かに勉強して居たかったこと、切れ長の目でキツそうな外見の割にウサギやネコに大はしゃぎしていたこと。数えきれないほど君は嘘をついて生きてきた。
その中でもとびっきりのゴシップは君が僕を愛していた事だ。
高校2年の夏、蒸し暑い部室の中で謝りながら僕を抱いた君の瞳はいつもの何処か虚ろさは何処かに消え、剥き出しの感情がただ、俺にぶつけられていて拒む事ができなかった。いや、したくなかった。
その日以降、彼と俺との縁は徐々に消えて行ったが誕生日に送られてくるシロツメクサの花だけが俺と彼を繋いでいた。
「毎年毎年性懲りも無く馬鹿なやつだ」
一言言ってくれれば良かったんだ愛してるって、その言葉さえあればお前のために全て捨てても良かったんだから。お前のことを誰よりも思っていたよ。
彼が死んだのは、俺がお前に会うことの出来る同窓会の1日前のことだった。良かったよ、あの時死んで。俺に人生狂わされずに済んだんだから。
玄関に置かれた枯れたスターチスの花言葉なんてお前は知らなくていい。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:打算的な青春 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1005字
公園の空気が張りつめているのを感じ取らずにはいられなかった。今日、ある人と出会うために僕はここに居る。平凡な高校生に過ぎないが、見捨てずにはいられなかった。「彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:彼のにわか雨 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1713字
水底のナイフが錆びて腐る。かつてナイフは登山用品店の棚にあった。買ったのは息子に厳しいサラリーマンだった。小学校入学の祝いに、と言って六歳の息子と妻を連れて富 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の躍動 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1324字
日本の組織は軍隊ではなくオウムの様なカルトである。その証拠に、大日本帝国は天皇を崇拝していた。今で言えば北朝鮮だ。この体質が今の日本企業に受け継がれている。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ラメアー お題:恥ずかしい血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:942字
私の血液の色は緑色だ。 まだ物心がつく以前、私はマハナキタル星人という宇宙人に連れ去られその時彼らに自分の血液を緑色にされてしまったのだ。彼らが何故私の血液を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

水來の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:水來 お題:理想的な宿命 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:633字
それは誰もが望む最後だった。地位に名声、富に美貌。美しくたおやかな妻を持ち優秀な娘と息子に見送られた。だから、誰もが彼の死を満たされたものだと疑わない。彼は、本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一時 ※未完
作者:水來 お題:小説家のキス 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:421字
日が暮れ繁華街が騒がしくなる頃、俺は原稿が上がったばかりだからというそいつと2人で飲みに来ていた。「やっぱり豚肉より牛肉よね~」そう酒を飲みながらいう彼女の頬は 〈続きを読む〉