お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:467字

赤い彼方 ※未完
彼はほんとうに怒っていた。
しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。
そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。
うっすらと肌の見える後頭部から盛大に湯気をたちのぼらせ、肩で息をしながら、ただそこに立っている。汗が2〜3粒 滴り落ちた。
手に持った四角く薄いバッグは少し形が崩れている。
「……少し遅れました……」
ぼそっとひとことだけ言うと、バッグをこちらへ投げ出すように手渡し、彼は膝から崩れ落ちるようにその場にうずくまってしまった。
「あの……、大丈夫ですか?」
声をかけても反応はなく、背中を上下させながら苦しい息にあえいでいる。
そもそも、彼を呼んだのはこちらなのだが、もちろんこんなつもりではなかった。
彼の赤いユニフォームは汗と雨で半々くらいに濡れていて、すこしどす黒くなっている。その色がまた彼の怒りを代弁しているように感じた。滴った雨または汗は、階段へと続いていて、コンクリートに残されたその痕跡はまだ当分消えそうにないくらい、たっぷりと水分を含んでいる。
あぁ、彼はいったいどれほどの
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
冷めた修羅場 ※未完
作者:akari お題:賢いドロドロ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:730字
「……珈琲のお代わり、頼みましょうか?」「ええ、お願いします」 この会話を何度繰り返したことだろう。近くを通りかかるウェイターに注文しながら私はそんなことを考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I
作者:ぼた(サブサブ垢) お題:平和と空想 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1549字
見慣れた後姿が、爪先立ちになりながら片手を上へ伸ばしていた。下駄箱の靴を取るのに、そんなに伸びあがる必要はないだろう。「何やってんの?マツハ」 近付いて声を掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識のところてん 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1144字
日本って、世界で最も表現の自由があるんだなと思いました。 サブカルって日本発祥で世界に輸出できるレベルの産業です。コンピュータゲームはすでに登場から30年間経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の飛行 ※未完
作者:akari お題:傷だらけのパイロット 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:697字
空に手をかざす。指の隙間から漏れる光の眩しさに細め、空の藍を自身の目に焼き付ける。 ずっと昔からの変わらない癖だが、その際に抱く心情は随分変わったように思える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きっかけ ※未完
作者:匿名さん お題:男の性格 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:939字
私はやることがなくて、西洋画家兼小説作家になった。この手の職業は皆が憧れるものだ。 住んでいるところが海沿いなので、都会に出たときだけになるが、稀に、弟子にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
間違った冤罪 ※未完
作者:sionsiva お題:昔の冤罪 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:472字
ついに今日だ。ようやく長い務めを終えてついに今日外へ出られる。三ヶ月。短いといえば短い。しかし、自由を奪われる期間としては気が遠くなるくらい長い時間だった。俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉