お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:467字

赤い彼方 ※未完
彼はほんとうに怒っていた。
しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。
そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。
うっすらと肌の見える後頭部から盛大に湯気をたちのぼらせ、肩で息をしながら、ただそこに立っている。汗が2〜3粒 滴り落ちた。
手に持った四角く薄いバッグは少し形が崩れている。
「……少し遅れました……」
ぼそっとひとことだけ言うと、バッグをこちらへ投げ出すように手渡し、彼は膝から崩れ落ちるようにその場にうずくまってしまった。
「あの……、大丈夫ですか?」
声をかけても反応はなく、背中を上下させながら苦しい息にあえいでいる。
そもそも、彼を呼んだのはこちらなのだが、もちろんこんなつもりではなかった。
彼の赤いユニフォームは汗と雨で半々くらいに濡れていて、すこしどす黒くなっている。その色がまた彼の怒りを代弁しているように感じた。滴った雨または汗は、階段へと続いていて、コンクリートに残されたその痕跡はまだ当分消えそうにないくらい、たっぷりと水分を含んでいる。
あぁ、彼はいったいどれほどの
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:打算的な青春 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1005字
公園の空気が張りつめているのを感じ取らずにはいられなかった。今日、ある人と出会うために僕はここに居る。平凡な高校生に過ぎないが、見捨てずにはいられなかった。「彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:彼のにわか雨 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1713字
水底のナイフが錆びて腐る。かつてナイフは登山用品店の棚にあった。買ったのは息子に厳しいサラリーマンだった。小学校入学の祝いに、と言って六歳の息子と妻を連れて富 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の躍動 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1324字
日本の組織は軍隊ではなくオウムの様なカルトである。その証拠に、大日本帝国は天皇を崇拝していた。今で言えば北朝鮮だ。この体質が今の日本企業に受け継がれている。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ラメアー お題:恥ずかしい血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:942字
私の血液の色は緑色だ。 まだ物心がつく以前、私はマハナキタル星人という宇宙人に連れ去られその時彼らに自分の血液を緑色にされてしまったのだ。彼らが何故私の血液を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

sionsivaの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:フニャフニャの嘔吐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:514字
大好きな人達と食卓を囲んでゆったりとすごすのが大好きだ。夏はいい。蒸し暑い都会を今日も一日生き抜いた、という感慨を抱えることができる。汗を拭いながら冷えた飲み物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sionsiva お題:間違った悪意 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:833字
朝起きると流しには昨夜の洗い物が少し残っていた。久しぶりに飲んだビール、たったの350mlひと缶だけど、に酔ってしまってそのまま寝込んだようだ。同居人はひとりベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
赤い彼方 ※未完
作者:sionsiva お題:真紅の怒りをまといしハゲ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:467字
彼はほんとうに怒っていた。しかし、その怒りをどこへ向ければいいのか迷っているふうでもあった。そもそも、誰が悪い、ということもなかったのだ。うっすらと肌の見える後 〈続きを読む〉