お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:2087字 評価:0人

葉先さんと佐々木フローラルさん
「葉先さん、海外に行ったら、ポールダンスとかも見れるのかなあ・・・」
つい先ほどから、口をあんぐりと開けて停止していた佐々木さんが、ロードを終えたのか再び動き出したかと思いきや、唐突に、突然に、なんの脈絡もなく、ポールダンスとか言い出したので、僕は佐々木さんを二度見をせざるを得ない状態になった。

こんなものはもうあれだ、呪詛だ。佐々木さんがポールダンスっていう呪詛を唱えたために、僕はその呪詛により二度見してしまうみたいな、なんかそういうのだよこれは。突然にポールダンスって言われたら二度見だよ。パブロフの犬みたいな事になっちゃうよ僕。ポールダンス&二度見。ポールダンス&二度見ってなっちゃうよ。

「ポ、ポールダンス?」
で、ポールダンスってあれかい?あの棒を中心にして回るやつかい?佐々木さんはポールダンスが見たいのかい?
「イエスポール」
佐々木さんは、僕の事を見てイエスポールと言った。そんでサムズアップした。両手でした。そういうとき笑ってたりしてくれていたら本当に、佐々木さん、愛くるしいよ、佐々木さんって僕の中で心の川柳も出るんだけど、しかしいかんせん、そういうときの彼女は真顔だった。

真顔両手サムズアップ。

そこには一種の圧がある。言葉自体は天元突破グレンラガンみたいな響きがあるかもしれないけども、違う。そんなもんじゃない。そういうロマンとかロマンチックとかそういうのじゃないんだよね。圧がある。両手でサムズアップしているとコクピットにのってレバーを握っているみたいな感じがあるんだけども、でも違うんだ。佐々木さんの場合は特に違う。圧だ。最初見た時遠くにいたはずの後ろ姿が次に見た時には目の前にいたみたいな、そういう圧がある。ホラーだ。

「真面目よ私。マジで言ってるのよ?葉先」
という成分がその瞬間佐々木さんの内部から毛穴とかを介してぶああって出てきて一瞬で周りの空気にくっついて広がってあたり一面がそういう成分を含んだ空気になるみたいな。そういうのが佐々木さんにはある。特殊能力が。そんでその空気はまたいいオイニーだもんで、僕にはすぐにわかるという側面も含まれている。フローラルのにおいがする。これがキュアフローラルだったらどれだけよかったかと思うけども、ああ愛でたい。甘食を買ってあげて、頭を撫でたい。一、二時間頭をなでて過ごしたいって思うんだけども、そういう事にはならない。佐々木フローラルはそういう事にはならない。

そんなことをしたら目を突かれる。
「きゃわわ、きゃわわあ!」
とかおふざけをしたらそらもう鋭利な両手の人差し指が飛んでくる。例え眼鏡のガラス越しにでも目を突いてくる。そのインパクトたるや恐ろしいものがある。ジュラシックパークで車越しにティラノサウルスが鼻息をふーんってやった時くらいの恐怖がある!圧倒的な恐怖。心の中のSEもデーン!ってすごい音量のシンバルとか、大太鼓とかが鳴る。鳴りまくり。

そういうわけで、僕は慎重に対処をしなくてはいけなかった。佐々木さんのお話を一端こちらに預からせてもらって、まずは一度受け取りましたよ。ちゃんと受け取りました。という姿勢を見せなくてはいけなかった。両手でこう、包み込む感じで、ハトヤのCMの魚みたいな感じで。僕は佐々木フローラルのポールダンスを包み込んだ。

心の中で、綺麗な風景とかの事を考えてそのような対応に当たった。Windows10の最初のパスワード入れるときの画面の事や、Bingの検索画面の事や、Gmailの背景に設定できるような美しい情景の描写、そういう事を考えて対応に当たった。

「ポールダンスですか・・・」
「・・・」
今、僕と佐々木さんは対面に向かい合っている。その間にちょうど囲碁盤か、将棋盤が入るくらいの間を開けた状態でいる。佐々木さんは僕の渾身のポールダンスですか・・・を、とてもゆっくりとしたうなずきだけでつぶした。そのうなずきもまたなんか恐怖があった。ゆっくりと、軽く上下するだけの感じ。落ち着き払っている感じ。死をかけて戦う人の落ち着き加減。

「どうして?」
「うん、それはね、葉先さん、私もパンティとかブラの間とかにお金を挟んでみたいからさ」
「はあ・・・」
正直わからなかった。僕はそういうことをしたいと思ったことがない。家にいたい。ゲームとかして、佐々木さんがいれば別にあんまなんか外行きたいとか思わない。たまにネットカフェでワンピースを全巻読みたいとか、とらぶるを全巻読みたいって思う事はあるけども、でも、パンティとかブラとかの間にお金を挟みたいと思ったことはない。海苔と海苔の間に梅干しなんかを挟んでそれをお酒のあてにしたいって思う事はあるけども、お金を挟むという事はまずない。

だもんで、正直対処の仕様がわからなかった。佐々木さんの手はいつの間にかサムズアップから両の手の人差し指が突き出ており、それがさながらミサイルの様に見える。対空ミサイルの様に見える。

もうあまり時間が無い様だった。

その手が飛んできそうだった。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:inout お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:127 人 文字数:3216字 評価:2人
蒸し暑さを風がさらうのを、ぷらぷらと揺らしたサンダルに感じていた。初夏の風はどこか億劫そうだ。小高い丘で、ただ彼は茫然と空を見上げていた。つい先ほどまで書いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:2087字 評価:0人
「葉先さん、海外に行ったら、ポールダンスとかも見れるのかなあ・・・」つい先ほどから、口をあんぐりと開けて停止していた佐々木さんが、ロードを終えたのか再び動き出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:珠代 お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:1989字 評価:0人
小説家になることが夢だった。文字から想像力を膨らませ、楽しませてくれる。読み手によって登場人物のイメージも違えば、捉える心情や風景も異なる。何て素敵なんだろうか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:107 人 文字数:3379字 評価:0人
「私の小説に登場した彼女に、すべての遺産を相続させる」 見せられた遺言状には、そう一言だけ書かれていた。「……これだけですか?」「ええ、そうよ」 小説家・ひじ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:軽い笑い声 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1137字
手の小指があって、それをぽきって鳴らすと、部屋の天井の方から約十秒ほど、泣く声が聞こえる。最近そういう何かしら、わからないけども、最近そうなった。それ以前は小指 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい別居 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1038字
山に住んでいると、不便じゃないですか?的なことをよく聞かれる。山って言っても道通ってるし、道沿いだし。アスファルトの。車があれば、町まで買い物行けるし。たまにア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、成熟 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1169字
「あなたの年収、タイプ別」というサイトがあり、いや、なんだ、アプリメーカーとかっていうので作った類のものなのか、何なのかは知らない。あと、こういう時にこそ、アプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:真実の喪失 必須要素:七五調 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:918字
バレンタインデーが終わったので、チョコを買いに行った。半額でせしめる可能性があるからである。「あったぞ!」果たして半額でチョコは売られており、無残にも値引き品の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕の好きなマンション 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1238字
そんなことはあり得ないと思っていた。私の描いた絵が、人様にパクられるとか、そんな馬鹿なと、私のじゃないだろうと、私が手慰みで描いていた絵が、あなたのどこに、どの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3324字 評価:2人
「この子は将来、不良になります」と、占いの人に言われて、あちゃーってなった。晩婚で授かった子である。名前は晩子。女子。おなごである。昨今ではエントリーネームに子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:壊れかけの銀行 必須要素:節分豆 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:957字
ATMで記帳したら通帳の記入欄がパンパンになって、銀行に行って新しい通帳を作ってくださいと言われた。「あーそう」めんどい。そしてめんどい。しかしこういうのは言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:帝王の血痕 必須要素:牛肉 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1118字
ヴァンパイアっていうと、なんか遠慮感が生まれる。かっこいいじゃない。ヴァンパイアって。バンパイアでもなんかこう遠慮が出る。バンパイアって。バイパスみたいでかっこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とてつもない始まり 必須要素:コンビニ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1384字
公共料金を払いにコンビニに行って、終わって出たら、もう何もなかった。世界が。「は?」ってなった。何じゃいこれは?ってなった。足元から無かった。コンビニの足マット 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:情熱的な空 必須要素:甘栗 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1008字
昔栗山で転んで、イガが刺さったことがあってから栗の類は遠慮している。モンブランは別。栗の炊き込みご飯も大丈夫。しかし甘栗の類は剥き方も知らないし、それをお見舞い 〈続きを読む〉