お題:君のむきだし 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:1350字

たわわな果実
 君のむきだしのたわわな果実を鷲掴みしたい。
 いくらイケメンであっても、こんな変態染みたことを言われたら、誰だって逃げる。
 少なくとも、わたしは逃げた。
「待ってくれ、他意はないんだ!」
 このイケメン、上田というわたしの同級生なのだが、こいつはしつこい性格のようだ。全速力で逃げるわたしを追ってくる。
「ただ、君のむきだしのたわわな果実を鷲掴みしたいだけで!」
 こんなに嫌な「他意はない」が世界にあるだろうか、いやない。
 などと反語表現を使ってしまいたくなるほどに、わたしの中を嫌悪感が駆け巡る。ちょうど今、足を動かしているくらいの速度、つまりは持てる限りのスピードで、だ。
 クソ、変態イケメンめ。どうにかしてまかないと……。
「どうした、平田?」
「下村先輩!」
 そこに通りがかったのは、メガネ系イケメンの下村先輩である。上田はがっついて来るだけあって体育会系だが、この下村先輩は線の細い文化系の美男子だ。
「追われてるんです、助けてください!」
「誰に追われてるんだ?」
 わたしは手短に説明する。手短だが、インパクトが強すぎて「むきだしのたわわな果実を鷲掴みしたい」と言われたことを語ってしまった。
「面白い子だね、上田という子は」
 先輩は笑う。確かに面白い。面白いが、先輩だって「君のむきだしのたわわなバナナを鷲掴みしたい」とかわたしが言ったらドン引きだろう。それと同じことだ。
「部室に来なさい。上田くんも書道部の部室に君がいるとは知るまい」
 そう言ってわたしの手を引いて連れて行ってくれた。

「これでよし、と」
 書道部の部室の扉に固く鍵を掛けて、先輩は一つうなずいた。
「はあ、よかった……。まったく、どうしようかと思いましたよ」
「そうだね」
 下村先輩は穏やかにうなずいて、わたしの隣に座布団を持ってきて座った。
「そもそも、わたしにたわわな果実ってありますか?」
 聞いてみて、しまったこれは逆セクハラだ、と後悔した。先輩は鷹揚に笑って流してくれたが、恥ずかしい……。
「うーん、そうだな……」
 先輩はわたしの胸を一瞥した。
 たわわというには平たいし、かといってないわけではない、普通の胸だ。
「だがな、平田よ。たわわな果実とは、胸部ばかりにつくものではないんだ」
 立って、と言われて立ち上がると、先輩はわたしの背後に回った。
「ヒップ、即ち尻もまた、たわわな果実と言えるだろう」
 ぎくりとして、わたしは振り向こうとしたが、先輩が腰を掴んでそれを阻んだ。
「平田……」
 そっと後ろから抱きかかえられて、わたしはゾッとした。先輩はそんなわたしをよそに、耳元でささやく。
「君のむきだしのたわわな果実を鷲掴みしたい」

 書道部の部室で、わたしは服を剥かれて転がされた。
 先輩は最初から上田とグルで、彼は何と書道部のロッカーから姿を現した。
 わたしは身体の左側面を下に寝かされた。腕は万歳の格好で、足首と手首を縛られている。
「いいぞ、平田のむきだしのたわわな上の果実は……」
「ああ、そうだ。平田のむきだしのたわわな下の果実もだ……」
 上田はわたしの胸を、先輩はわたしのお尻を鷲掴みして恍惚と呟く。
 わたしは脇を剃り忘れてるのばかり考えていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた狼 必須要素:ご飯 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2825字 評価:2人
会議室のカーペットタイルに鮮血が飛び散る。赤いしたたりが顎を通って口から落ちていく。 噛み千切った肉をずるりと飲み込んで、倒れ伏したそれを僕は見下した。 お腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:うるさい眠り 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1229字
君と寝ることはできない、と彼女は言った。 寝る、とは単なる睡眠のことではない。僕らはお付き合いをしていて、肉体関係に対して概ね合意が形成されている。 それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:無意識の笑い声 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1047字
「あいつ、俺を笑いやがったんだ。指差して大声で、笑いものにしやがったんだ」 だから刺し殺した。 そのニュースを聞いた時、物騒な奴もいるもんだな、と思った。 犯人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:8月の同情 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1357字
寒い。先週まで暖かったのに、急激に寒くなりやがった。 最近の気候は極端が過ぎる。まあ、もう十一月だから仕方ないのだが。 衣替えがおっつかず震えていると、同じ大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アブノーマルな地獄 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1110字
モテ薬というものを手に入れた。 その名の通り、飲めば性の別を問わずにモテるようになる薬だという。 同性にモテてどうするんだ、というような意見もあるだろうが、嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の検察官 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1001字
規律にやたらとうるさくて、やたらに注意してくる女子というのは、どこにでもいただろう。 大抵は「委員長」とか「ぶりっ子」だとか揶揄されている。 俺が小学生の時に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:闇の窓 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1339字
先生のアトリエは天井が高いのだけれど、その天井付近の絶対に手が届かないところに窓があった。 小さな窓だ。遠く離れているから目算だが、長辺でも20センチもないだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やば、帝王 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:3675字 評価:2人
ヤバい、帝王だ……! 囁き合うような声が廊下に走り、生徒たちは隅に寄った。 その真ん中を、まさしくのっしのっしという足取りで歩いてくる者がいた。他の生徒よりも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那の四肢切断 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1043字
「いや、だからさ……。何なのこれは?」 とある玩具会社の会議室で、試作中の玩具を挟んで、デザイナーに企画の担当者が詰め寄っていた。「何なのって言われてもね、そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:失敗の孤独 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1265字
一人でいるのはみじめに見える。だから、一昔前には「便所飯」という言葉が流行った。 昼ご飯を一緒に食べる相手がいないと知られるのが嫌だから、トイレの個室で食べる 〈続きを読む〉