お題:ねじれたお天気雨 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:886字

赤い蛇




 小さな赤い蛇が水面を泳いでいたよ、と村に帰って母親に話した少女は、そのまま庄屋の家に連れて行かれ、次々と集まってくる各村落の総代たちに囲まれた。

「それはまことなのか」

 夕刻過ぎ、全員がそろったのを確認してから、庄屋は娘の顔を覗き込んで尋ねた。

 少女がちょっと困った顔をしながら首を縦に振るのを確認すると、庄屋は押し黙り、母親は畳に泣き伏した。総代たちも不憫そうに娘を見ながらも、暗い顔でお互いに視線を交わしている。

 庄屋様、赤い蛇を見たことがいけないのですか?不穏な空気に耐えかねた娘が自ら口を開き、突っ伏したままの母親に袖を引いてたしなめられた。

「赤い蛇は不吉なのじゃ」総代の一人が口を開いた。
「見れば必ず池の堰が切れ、村は飢えと渇きに襲われる」
「昔、赤い着物の娘を人柱として堰に埋めたのだが、そやつが十数年ごとに結界を破って蛇の姿で現れ、水害を引き起こすのだ」
「こうなった以上は、責任を取ってもらわねばなるまい」

 薄暗い座敷の真ん中で、大人たちに囲まれた母子の前に、子供用の装束が運ばれてきた。行燈の光に照らされたそれは、元の色以上に血のように赤黒く見えた。

 なかなか受け取ろうとせず、泣き崩れる母親に、無理やり装束が手渡され、「猶予がない。半刻の間に着替えて堰に来られよ」と言い残し、男たちは散会した。

 
 「心配はいりませぬ。娘様は今、お宅様でご無事におられます」

 娘が突っ伏したままの母親の肩に手をかけ、そう語りかけた。
 母親が顔を上げ、娘を見ると、その顔は見慣れた我が子ではなく、真っ青に光る皮膚に大きな瞳が光っていた。

 「わたくしは、この界隈の者たちの性根が変わったか、見に来ただけでございます。ご心配なく、そなたの家は過ぎこされます」

 娘はそう言って、大きな瞳の中で縦長に黒く割れた光彩をさらに細めながらクスクス笑い、次の瞬間には影となって消えていた。



翌日、谷の最上流にある溜池の堰が切れ、十余の村が泥流に沈んだ。


母娘の家田畑だけが無事であった。


むかしむかし、あるところに。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙されたロボット 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:787字
「お嬢様は嘘つきです」 家庭用雑事ロボット、エレーヌに感情はない。感情があるように振る舞えるが、それは0と1が組み合わさって作られる擬似的なものであった。 エレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らげまん お題:名前も知らない風邪 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:1040字
むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんだけがいました。そこにはおじいさんとおばあさんの二人以外は居ません。おじいさんとおばあさん以外、みんな死んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鶴川 お題:日本式の逃亡犯 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:187 人 文字数:1189字
むかしむかし、あるところに白く儚い少女が居たのだという。「なんなんですか、その話は」少女は海の傍の山の中に住んでいた。山はそれらしい豊かさは少なく、実りの季節を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小さな約束 ※未完
作者:匿名さん お題:彼女が愛した略奪 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:764字
むかしむかし、あるところに村中から嫌われる忌み子とよばれる少女がいました。真っ白な目に赤い瞳のその子は、気味が悪いといわれ両親からも見放され村のはずれの地下牢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:oki@創作垢 お題:幼いお嬢様 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:680字
トントンと一定のリズムの響くその部屋に、珊瑚色のワンピースにキューティクル光る琥珀色したロング髪を踊らせ長内少女は舌足らずに空腹を訴えた。「おいぎりちょぉ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の潮風 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:614字
大量の水が、岩に体当たりをしては崩れ落ちていく。白黒のグリフォンはその上を、風切羽をかすかに震わせながら滑空していた。時折打ちあがる水滴が、僅かずつその腹をぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mtknsn お題:どす黒い駄作 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:232 人 文字数:938字
むかしむかし、あるところに、ひとりのえかきがおりました。 りっぱながかになることをゆめ見て、小さないなかの村からげいじゅつのみやこへとやってきました。 同じく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森辺学 お題:不本意な湖 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:990字
「ねぇねぇおじちゃん、お話して!」 甥のユウタに急かされていてるのは、中学二年生になるフミトだ。フミトの姉の子供であるユウタは、会う度に物語をせがまれる。本好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけもも お題:灰色の悪魔 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:253 人 文字数:1344字
むかしむかし、あるところに一人の侍がおりました。侍はよく主君に仕え、誠実で心の優しい若者でした。 ある時、彼が町を歩いていると、一人のみすぼらしい老人に声をかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:煙草と、と彼女は言った 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:278 人 文字数:744字
「煙草と、アレ、買ってきてちょうだい。」 むかしむかし、あるところに聖子ちゃんカットの似合う年頃の女の子がいました。彼女はアイドルをしていました。少し前までは 〈続きを読む〉

たかはしの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:10の消しゴム 必須要素:ドイツ 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1455字
鉛筆削り、というアイテムにはまっていたのは中学生の頃だった。 学校では何故かシャーペンは禁止だったので、皆筆箱の中には鉛筆と消しゴムだけが入っていた時代だ。教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:冷静と情熱の間にあるのは軽犯罪 必須要素:牛肉 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1957字
男子学生寮の調理場には冷蔵庫が2台あり、それを27人の学生で共有していた。だいたいどちらの冷蔵庫のどのあたりを誰が使っているのか、という暗黙則はあったが、ビール 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:100の唇 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:996字
僕はひとり、無言で月面を進んだ。月の表面は岩石だらけで、まっすぐには進めぬのだ。そこで、巨岩の群れをくねくねと避けながら進むのであるが、深刻なのは酸素の残量であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:汚い転職 必須要素:うっ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1030字
ハローワークは今日も賑わっていた。大賑わいというやつだ。僕は検索機につながる列に並びながら、自虐的に考えた。僕の会社にもこれくらいのお客さんが来てくれていれば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:アルパカの処刑人 必須要素:カレー 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:597字
被害者感情を考慮しろ、と言われるが、裁判とは罪の重さを客観的に、感情を排して裁量し、量刑を決める儀式である。裁判は仇討ちではないのだ。 凶悪犯罪の証拠品として 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:忘れたい社会 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:703字
世の中には、生きていくうえで不要なものが多すぎる。その中から生きている間のヒマツブシに値するものを探している間に人生が終わってしまう。 彼女が選んだヒマツブシ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:凛とした計算 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:674字
入学初日に渡された各種検定試験の日程表を見て、商業高校ってもっと勉強楽だと思ってたのに、と遥は落胆した。 簿記や情報処理、電卓、ビジネス用語、ビジネスマナー等 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:小説の秀才 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:678字
むかしむかし、、あるところに、小説の秀才と自称する40過ぎの痛いサラリーマンがいました。 彼は結構有名な大学を卒業し、それなりの大企業で働いでいましたが、会社 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:ねじれたお天気雨 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:886字
小さな赤い蛇が水面を泳いでいたよ、と村に帰って母親に話した少女は、そのまま庄屋の家に連れて行かれ、次々と集まってくる各村落の総代たちに囲まれた。「それはまこと 〈続きを読む〉