お題:男の魔法使い 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:404字
[削除]

君は魔法使いの弟子 ※未完
「魔法が使えるのさ」
あたかも何でもないように嘯く声がする。弟は本当に痩せぎすでその手足が長さでどことなく大袈裟な手振りが似合っている。ゆるりと閃かせ一瞬でトランプを上着の裾から取り出した。そう、"手品"にあの子はきらきらとした熱い視線を注ぐ。私はため息をつく。また始まった。まあ確か…ここでさえなければ。近所に住んでる子と弟の会話はそれは…本来ならほほえましい風景だろう。ここがどことなく消毒液の匂いのする白いシーツが広がる病室のベッドの上でなければ。二人の出会いは病院の中庭のベンチで退屈をしていたところに手品を披露したところ大変なつかれているようだ。溌剌とねえもう一回見せてよと楽しげな声が病室に響く
私はその愉しげな声に若干寂しそうな色が乗っていることを知っている
嘘を付くときは何滴か本当のことを混ぜる
「ね、だから言ったろう」
「僕は魔法使いさ」
あの声が遠く響いた気がした。白いシーツがはためく
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:空月 蒼 お題:男の魔法使い 制限時間:30分 読者:409 人 文字数:1466字
「この世界の魔法使いは、女が大半だ」 私が魔法を使えるとわかって、「じゃあとりあえず魔法使いにすればいいんじゃないか」と勇者さんが言った。「じゃあ魔法使い、頼ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SPICE5 お題:男の魔法使い 制限時間:30分 読者:283 人 文字数:1273字
「ほら、僕の手を取って」 彼が差し伸べたその形の良い指に彼女はおずおずと手を差し伸べかけ、ハッとしたように引っ込めました。「どうしたの? 喉が渇いているのでは? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕が愛したダイエット 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1211字
最近体重が増えてきたので、そろそろダイエットをしなければならない。そんなことを友達に相談したら、減量と言った方がいいと謎の進言をされてしまった。正直、よくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
健気 ※未完
作者:朱根標 お題:ぐふふ、ブランド品 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:512字
場末のバーでも客は来る。ちゃんとそれなりのお金を携えて。いつもの手練、いつもの手管。客とホステスの駆け引きの夜、彼女はたしかに勝利者だった。明け方、夜の蝶は羽を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:調和した暴走 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:154字
今ここに戦争は終わった。争っていた両国は和平の道を選んだのだ。その和平調停書には5,000字を超える両国間の取り決めが書かれている。そこに書いてあるのは簡単に言 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:少年の悲劇 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:872字
朝起きると、部屋の中央中空に渡していた突っ張り棒が落下しており、自分が寝ていたはずの布団の上を直撃してた。「うわあー」しかし無傷であった。理由は寝相が悪くて布団 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗でも…… ※未完
作者:海の庵 お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:268字
小説を書いた。蝉が鳴きうるさくじりじり照りつける陽射しをよそにクーラーが点いた一人部屋で外の出来事が遠くに感じつつ黙々と物語を綴ろうとした。が、上手くできなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:174 人 文字数:653字
「暑い……」 心躍る旅行へ行くために家を出た直後、口から出たのは真夏の常套句だった。暑い。とにかく暑い。 多分、僕がアイスクリームだったら一瞬で溶けるだろう。ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ワイルドな自動車 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:1040字
それを見た瞬間、私は走り出していた。普段、走り出すことなどない私は、その日も道を歩いていた。走り出したりするのは相当な体力を使う為である。体力というのは無限では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霞も食べて生きる お題:暗黒の春雨 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:688字
「今日のご飯は、麻婆春雨にするから」妻の何気ない一言に、身の毛がよだつ。三千年前のあの事件を経験した僕は、やはり、春雨、という食べ物に、恐怖を抱かざるを得ないの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しい虫 必須要素:オリーブオイル 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1483字
猛暑の中スーパーへ行ったのはやはり間違いだったらしい。平日の休みで気分が高揚してしまったのが運の尽きかもしれない。両手に保冷バッグを持ちながら、夏の暑さを凌ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の年賀状 制限時間:2時間 読者:2 人 文字数:2228字
僕が配達業を始めて数年経つ頃には、日本から年賀状というものは姿を消していた。 物心ついた時には既に、物流やらサーバー技術やらが急速な発展をしており、仕事用の文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の武器 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:649字
学校からの帰り道、自分が住んでいるマンションのすぐそばの家がネコを飼っている。 そいつは白い毛で包まれて、目が細くてとても可愛らしいやつだ。初めてそいつを見た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放流 ※未完
作者:匿名さん お題:でかい大地 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:243字
目の前に広がる果てしない地平。清々しいその光景を見て、紗矢は呟く。「……広すぎ」 そして頭を抱え、その場に踞ってしまった。 どこか束縛されない場所に行きたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文鳥先生! ※未完
作者:匿名さん お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1706字
事実は小説よりも奇なり、とはよく言うが。これは一体全体どうしたことだろう。 「うげえ、つまんなっ。逆にどうしてこんなものが書けるんだ!?」 帰宅した私はかばん 〈続きを読む〉