お題:官能的な土地 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:1241字
[削除]

愛しきオレの大地よ
その土地はしどけなくオレの前に横たわっていた。
何がエロいかと言われると説明に困る。が、住宅街に突如現れた、正方形のだだっぴろい空き地を見た途端、俺の眠っていた官能を呼び覚ましたのだ。
湿っぽい土の香り。時折ぽつぽつと生えている雑草は、少女の生えかけた陰毛を想起させる。
オレは人間の女が好きなはずではなかったのか。なんで土地なんかに欲情している?
わからない。でもきっと土地だったらなんでもいいわけではないのだ。
だって、今まで空き地なんかいくらでも見て来た。なのにオレはただ通り過ぎるばかりだった。
でも、コイツは違う。しっとりとしてよく慣らされているこの地面に横たわり、ひんやりとした土の中に我が身を埋めてしまいたい。そしてコイツと一つになり、永遠に繋がっていたい。
コイツが無機物だからとか、土だとかそういうのは関係ない。そうオレはコイツが人間の男でも、女でも、犬でも猫でも植物でも探し出してきっと見つけてみせる——!
それくらいオレはコイツに惹かれてしまったのだ。

気がつくと、もう辺りは夕暮れ色に染まっていた。
「また明日、会いに来るからな」
オレはヤツにそう呼びかけ、その土地を後にした。
それからオレは、ヤツに毎日会いに行った。
ヤツはいろんな顔を見せてくれた。
雨の日は、たっぷりと水分を含み、瑞々しく潤んだ肢体を。
風が強い日は、草をしならせて乱れる、あられもない姿を、
おれはただ見つめているだけで幸せなはずだった。
あの黒々とした土の香りを嗅いでいるだけで良かった。

しかし、幸福な日々は長くは続かなかった。
「●●邸建設予定地」

いつものようにヤツに会いに行ったある日。
無慈悲な看板がオレの前に立ちはだかった。

なんてことだ。この艶やかな土地が、ブルドーザーに蹂躙されてしまうのだ!
かき回され、穿たれ、杭を打ち込まれて、見知らぬ人間の下に組み敷かれてしまうというのか!

「嫌だ……」

激しい嫉妬がオレの中に渦巻いた。
コイツを誰にも渡したくない。オレのものにしたい……!
これまでひた隠しにしていた欲望が、いっきに噴き上がる。

「よし……」
オレは決意をこめ、土地の周りに張り巡らされているロープをくぐった。

「お前と……ひとつになりたい」
オレは豊穣なる大地に口づけし、ずぶずぶと下半身を埋めていく。
柔らかい土襞は、俺のいきり立ったそれを優しく受け止めてくれた。
快美感がオレの背筋を鋭く貫く。
「たまらねえ……!」
オレは夢中になり、いつしかその身を深く深く、ヤツに埋めていった。

——気づけばオレは、地中奥深くまで来ていた。


ゴゴゴゴ……。

地鳴りが響き、オレの上を何かが通り過ぎて行く音がする。
きっと、ブルドーザー野郎がアイツをぐちゃぐちゃにかき回しているのだろう。
でも、もういいのだ。そんなことはどうでもいい。
今オレは、愛するコイツとひとつになれたのだから。

オレは目を閉じ、土の中で胎児のように身を丸めた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:3月の小説練習 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1174字
「卒業式ってなんで練習するんだと思う?」隣の藤倉がぼやく。俺だってわかんねぇよ。こんなに寒い体育館でぼんやり突っ立ってるのが好きなやつなんてそうそういないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
童話の再現 ※未完
作者:akari お題:ちっちゃなぬくもり 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:679字
全てを捨ててここに来た。 家を捨てた。家族を捨てた。名前を捨てた。しがらみの一切を捨て去った。 身一つとなった私。そんな私には試したいことがあった。 ポケット 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:当たり前の哀れみ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1076字
目の前に子犬がいる。小さな段ボール、その中に彼はぽつんと座っている。 とても愛らしい外見だ。おまけに何かを懇願するような視線を私に向けている。「弱ったな……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
元気な祖母 ※未完
作者:しとお お題:元気な祖母 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1663字
まあ、別に大した問題ではなかったんだ。「…またその恰好で行くの?」「……」”いつも通り”の俺を着て、いつも通り学校に向かう朝。腫れ物に触るように、たった一言それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:とんでもない風邪 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:767字
声がほとんど出ない。頭もぼーっとする。あなたの風邪はどこから?全部だよ全部。某風邪薬のキャッチフレーズを思い浮かべながら、1人ツッコミをする。看病してくれる人間 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:プロの転職 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:665字
私は幾度となく職を転々としている。 営業マン、事務員、秘書、編集者、エンジニア、ウェイター、コック、パイロット。 挙げればきりがないが、そのどれもで私は確固と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:冷たい目 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:608字
「うわ、また学校に来た」「ホント、マジで来るなって感じ」「○ね」「・・・・・」なんでそんな冷たい目で見るの?嫌いなら、私を見なければいいのに。嫌いなら、視界に私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ツユクサの影 ※未完
作者:はるちか お題:平和とデマ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:993字
うっすらとレンズの曇っているゴーグルをかけていても、その巨大な建造物は気になった。私は自転車のペダルを漕いでいた足を地面につけて立ち止まり、ゴーグルを首元へ外す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:苦し紛れの宴 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:2015字
「さあ皆、俺たちの仲だ。遠慮せず楽しくやってくれ」ホストの菊水が音頭を取ると、全員が一斉にグラスを挙げて乾杯した。菊水晴彦。鴻上晃、その妻恵美。天野勝平。菱川英 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:天才の世界 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:518字
昇っていたと思ったら、降りている。 降りていると思ったら、昇っている。 通路をあれこれ行ったり来たりしていると、やがて光が漏れ指す扉が見つかった。 出口と思っ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の儀式 必須要素:美容整形 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:548字
魔物が跋扈している森の奥深くにその塔はあった。 魔女が住んでいると言われているその塔は、付近の国の民の間では「魔女の塔」と呼ばれ、なんでも願いを叶えてくれる魔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:安全な善意 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:860字
純愛にはピザが欠かせない。 男女の関係とはピザに始まりチリソースに終わる。 真っ赤なルージュのような香辛料的ソースに別れを予感し涙した人も多いだろう。 それく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貴族の宿命 ※未完
作者:匿名さん お題:ひねくれた神様 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:545字
ジョーヌ家では、毎週日曜日の朝は教会に行くことになっている。「ねぇ、執事、神様でもひねくれることってあるのかしら」 令嬢であるミモザのこの質問に、執事は彼女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の男祭り! 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
「お前も来るよな? この男根祭りに」 そう言って、一枚のチラシを彼は僕の目の前に突き出す。 眼前に広がるは、屈強な肉体を持った裸の男達がまわし一丁で神輿を担いで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
穏やかな恋 ※未完
作者:匿名さん お題:穏やかな愛 必須要素:ラジオ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:500字
朝。私はいつものように起床する。いつものように服を着替えて、いつものように歯を磨いて、いつものようにラジオをつける。そしていつものように朝ごはんを作って食べるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、殺し 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:284字
深夜、寝静まった住宅街に、くぐもった笑い声と微かな血生臭さが漂っている。ぴちゃ…ぴちゃ…と聞こえる音は他でもない「それ」を明らかに指し示している。ブランコの軋み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
非日常BL ※未完
作者:匿名さん お題:同性愛の水 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:402字
金曜日、俺はジュウゴの家にいた。ジュウゴは後ろから俺に抱きついてきている。「離せったら」「いいじゃんもうちょっとだけ」「いいも何もあるか!」「ケチ」後ろからスリ 〈続きを読む〉