お題:ありきたりな猫 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:741字

自由意志
 人を正しくするために必要なのは、人間という動物を理解することにある。なにがどうであれば、人間なのかを議論する必要がある。
 二足歩行すれば人間か、言葉を話せれば人間か、はたして人間というのが本当に生きてるのか。それを定義付けしなければ、人は人間にはなれない。そう認識してない人は生きてはいない。ただのゾンビ。生きる無駄だ。
 誰もが等しく過ごせる現実はない。
 人は他の動物同様に縦社会。上にいるものだけが幸せを掴む。そうでない人間はただの機械と同じ、世界を動かす歯車。自由意志など存在しない。決められた行動のみが許される。
 人は自由気ままに生きる猫ではいられないのだ。
 誰かと違うことをすれば世界に殺される。生きるということは死ぬこと。自由は産まれた瞬間に剥奪される。自分という意志を貫けるのはごく僅かな時間でしかない。その時間を過ぎればあとは停滞し、破滅する。
 そんな人世界は悪だ。
 人を殺しても殺しても、産まれる数に負け役に立たない。人間であるものを見極める法律が産まれてより一層人はものに近くなった。
 人というのを理解してるのはごく一部しかいない。
 解体するものと、富裕層。
 殺人は黙認される。サンプルを富裕層に提供する。悲しむ前に量産され、世界に解き放たれる。あくまでただの電気信号を送る肉体でしかない。
 その認識があるのならば、殺人する前にサンプルとして収集すべきではないかと考えたこともあったが、人の成長は観測できないようだ。
 知性を発揮するもの、肉体を凌駕するもの、それら両方を満たすもの。その条件は未だに特定されていない。見つかればボクが生きる街の構成もすぐに変わるだろう。
 
 この世界は富裕層のためにある。

 ならば、猫は存在できない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岡田朔 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:709字
目の前のキャンパスに向かうこと十五分。全く何も浮かばない。時計の針は回転し続け、俺から命を奪っていこうとしている。比喩ではない。文字通り命を奪われようとしている 〈続きを読む〉

日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:フニャフニャの神様 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1162字
命の成約が神様には存在する。 奇跡の力をつかえないとか、運が悪くなるとか、泳げなくなるとそんな成約。 守らなくても特にこれといって悪いところがないのが特徴だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いもうと ※未完
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:鋭い紳士 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:934字
電話連絡はしてるがさすがに2週間も家をあけてるなれば親が心配する。 まぁ僕の親ではないから問題はない。「そろそろしゃべる気になったか?」 口に押し込んだネクタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:箱の中の抜け毛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:909字
配信生活をはじめて、今日は誕生日。 大量のプレゼントが送られてきた。まだ全然登録数がないのに意外だ。可愛くもキレイでもないのに不思議。私より面白い配信者は多い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:激しい罪人 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:901字
罪を具現化させる技術ができたのは最近のこと。 データとして人が人生で背負う罪はおよそ重さにして1㌧。これは年長者の平均で、政治家なんかは汚ないもので、100㌧ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1193 ※未完
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:オチは修道女 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:814字
『家の前で捨てられてた』と育ててくれた人というか親は事あることに話してくる。 孤児院とかに預ければよかったのにと聞いてみれば、『ちょうど女の子が欲しかった』とサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:小説の中の幻想 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:825字
物語とは妄想だからこそ夢がある。 現実はどれもくそだから夢がない。 どちらも人によっては同じこと。 そう幻想は見えてこない闇に近い。 だから、私は妄想の世界へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:幼い任務 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:922字
友達の子供が嫁に来た。 これだけ聞くと俺がまるでロリコンのように思われるかもしれないが(実際二次元キャラにおいてはその通り)、俺が交際を申し込んだわけじゃない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:清い祖父 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:811字
うちの家計は祖父が管理してる。 他の誰かが管理してもいいのだろうけど、家にある家具やらお金やらを祖父以上完全に理解してる人間はいない。そういうわけで祖父が管理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
553
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:ひねくれた世界 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:811字
正義も悪もたいして変わらない。 正義の名のもとに殺人を犯すのと、誰でも構わないと殺戮する悪。これに違いはない。正しいことが必ずしも正しいとは限らない。そんな世 〈続きを読む〉