お題:ありきたりな猫 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:741字

自由意志
 人を正しくするために必要なのは、人間という動物を理解することにある。なにがどうであれば、人間なのかを議論する必要がある。
 二足歩行すれば人間か、言葉を話せれば人間か、はたして人間というのが本当に生きてるのか。それを定義付けしなければ、人は人間にはなれない。そう認識してない人は生きてはいない。ただのゾンビ。生きる無駄だ。
 誰もが等しく過ごせる現実はない。
 人は他の動物同様に縦社会。上にいるものだけが幸せを掴む。そうでない人間はただの機械と同じ、世界を動かす歯車。自由意志など存在しない。決められた行動のみが許される。
 人は自由気ままに生きる猫ではいられないのだ。
 誰かと違うことをすれば世界に殺される。生きるということは死ぬこと。自由は産まれた瞬間に剥奪される。自分という意志を貫けるのはごく僅かな時間でしかない。その時間を過ぎればあとは停滞し、破滅する。
 そんな人世界は悪だ。
 人を殺しても殺しても、産まれる数に負け役に立たない。人間であるものを見極める法律が産まれてより一層人はものに近くなった。
 人というのを理解してるのはごく一部しかいない。
 解体するものと、富裕層。
 殺人は黙認される。サンプルを富裕層に提供する。悲しむ前に量産され、世界に解き放たれる。あくまでただの電気信号を送る肉体でしかない。
 その認識があるのならば、殺人する前にサンプルとして収集すべきではないかと考えたこともあったが、人の成長は観測できないようだ。
 知性を発揮するもの、肉体を凌駕するもの、それら両方を満たすもの。その条件は未だに特定されていない。見つかればボクが生きる街の構成もすぐに変わるだろう。
 
 この世界は富裕層のためにある。

 ならば、猫は存在できない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:最強の闇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:482字
秋の終わり、空気の冷え込みだす夕方。重たい夕闇が街を覆っていく中を自転車で駆ける。じわり、じわりと闇がしみ込んでくる。汗ばんだそばから悪冷えし、顔から、手からじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:小さな境界 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:867字
ルームメイトだからこそきっちりしなきゃいけない部分がある。「ここから先はぜったい入っちゃダメだからね!」「えー入れないと眠れないじゃん」 そういって彼は指をさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:絶望的な策略 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:576字
罠というのは、発動しなければただのオブジェクト。「……はぁ」 そのオブジェクトと化したぼくの罠の数々。イノシシやら、鹿やら、クマやらの大型猛獣を絶対にほしいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:日本式の冒険 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1024字
冒険今すぐしたいと思ったのはきっと僕だけじゃない。 同じ状態で、同じ行動を、求めなかったものを手にしたら、考えることは一つ。「なんでかなぁ」 部屋のカーテンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:哀れな微笑み 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:945字
飛び降りる時に見えた彼女の顔は笑ってた。 それがどうしてなのかを考える前に僕は地面とぶつかってた。 即死のはず、誰もがそう思ってた。 意識を取り戻した時、僕は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:わたしの好きな動揺 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:900字
動悸が強くなればなるほど、わたしは彼のことが好きなんだって気付かされる。 優秀な彼はことあることに体育館で表彰される。その姿をみるだけでわたしは赤面した。自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:セクシーな衝撃 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1231字
出会い方は人それぞれ。 私には私の出会いがあったように彼には彼の出会いがあった。 私がその隣に入れないのはとても悔しい。 けど、それは彼女が行動して、私が行動 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:これはペンですか?違うわ、それはピアノ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1059字
旋律を奏でるのに楽器は必要ない。音符を並べればそれだけで音楽はできあがる。作曲なのだから当たり前と言われるかもしれないが現実は違う。「……ん」 出来上がったフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:ぐふふ、エデン 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:889字
「ねぇ最近寒くない?」 薄着のルームメイトは困惑した様子でこちらを見てくる。「薄着をやめたらいいんじゃない?」「そしたら冷房入れられないじゃん」 なぜ冷房なのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:熱い絶望 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:916字
思い出って懐かしさもあって、辛くもある。「……久しぶりだね」 かつて一緒の夢を見てた友だちのお墓にそれぞれお線香。最近はやりの甘い匂いがするタイプ。匂いだけは 〈続きを読む〉